メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ
スポンサーリンク

Shark-EVOFLEX[S10][S20][S30]の特徴と違いを分かりやすく解説

Shark-EVOFLEX[S10][S20][S30]の特徴と違いを分かりやすく解説シャーク
スポンサーリンク

[S10][S20][S30]の違い

Shark Vacuum Cleaners – Anti-Hair Wrap Technology

ダイソンキラーと言われるSharkどんなメーカーなの?

マキタ菌
マキタ菌
シャークニンジャ株式会社はアメリカ(ボストン)に本社を置く大手電機メーカーの日本法人。ダイソンキラーの異名を持つSharkはアメリカの掃除機市場で台数シェア1位を達成しており、米国ではSharkの掃除機を知らない人がいないほどブランド力の高いメーカー。土足文化が根付いてない日本でどのように展開していくのか楽しみである。
辛口ちゃん
辛口ちゃん

海外のネトゲやってたとき「Dyson cyclone」って名前でプレイしてたんだけど、「№1はSharkだ!」って毎日突っ込まれてたからね。Sharkってなんぞやとググったらアップライト掃除機の売上ランキングの上位がSharkだったという。それくらい米国では親しまれてるメーカーなんだろうね。

なんで鮫(サメ)なの?

Princess Turbo Tiger Vacuum Test.avi
マキタ菌
マキタ菌

上の動画はSharkの前身(Euro-Pro)から最初に発売されたコード式のハンディクリーナー。ハンディといえど約5.5kgのペットボトルを持ち上げるほどパワフルだ。このモデルが鮫(サメ)に似ていることと、百貨店のバイヤーから消費者からインパクトがあって覚えやすい名前をつけたほうが良いと提案されたことで、現在のSharkブランドが誕生したそうだ。

EVOFLEX(S10・S20・S30)はいつ発売されたの?

S10S20S30
Shark-EVOFLEX-S10Shark-EVOFLEX-S20Shark-EVOFLEX-S30
2018年7月1日2018年7月1日2018年7月16日
マキタ菌
マキタ菌

シャークが日本市場に参入したのは2018年。同年に発売されたこの(EVOFLEX)が日本初上陸のスティックタイプのコードレスクリーナーとなる。EVOFLEXの上位モデルの[S30]とエントリーモデルの[S10]は7月1日に予約販売され、直販限定モデル(S20)は7月16日にAmazonのプライムデーで先行販売された。現在、S20は販売終了しているため、新品での入手は難しい。

EVOFLEXを安く買う方法

Shark EVOFLEXの最安値

マキタ菌
マキタ菌
EVOFLEX(S30)は当初7~8万円と強気な価格で販売されていたが、現在(2021年)は3万円を切っているので、キャニスター掃除機の代わりになりうるハイエンド機が欲しくて、予算を抑えたい人にはおすすめのモデルだ。
辛口ちゃん
辛口ちゃん

なみに、Sharkが運営しているオンラインストアではアウトレット品も販売しており、実勢価格より安く販売されていることがある。パッケージの破損が気にならないのであれば、公式のアウトレット品もチェックしたい。価格.comの最安値より安いモデルが販売されていることもあったぞい。

EVOFLEXの[S10][S20][S30]の違いはなに?

S10S20S30
Shark-EVOFLEX-S10Shark-EVOFLEX-S20Shark-EVOFLEX-S30
ブラック
コーラルピンク
ブラック
オリーブグリーン
ブラック
スターシルバー
運転時間
ヘッド装着時
標準:19分
強:12分
標準:38分
強:24分
充電時間3.5時間
バッテリー1個2個
充電ドック×
充電アダプタ
マキタ菌
マキタ菌

[S10][S20][S30]の本体は同じになっているため、基礎的な仕様(スペック)に相違点はなく、それぞれの違いは色と付属品の有無となる。色は黒ベースで本体のラインやソフトローラーの色がそれぞれ異なるようだ。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

本体が同じにも関わらず運転時間に差があるのは、EVOFLEXは着脱式バッテリーが採用されているため、バッテリーが1個しか付属されていないS10は運転時間が短いのだ。S20とS30の運転時間はバッテリー2つの駆動時間ね。

S10S20S30
Shark-EVOFLEX-S10Shark-EVOFLEX-S20Shark-EVOFLEX-S30
抗アレルゲンホコリ取り用ブラシ
ロングフレキシブル隙間ノズル
布団ツール
ミニモーターヘッド××

Shark-EVOFLEX(アタッチメント)

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXのモデルには[抗アレルゲンホコリ取り用ブラシ][ロングフレキシブル隙間ノズル][ミニモーターヘッド]が標準付属されており、棚や卓上のような繊細な表面から、家具の隙間のような狭い場所までしっかり掃除をすることができる。布団ツールはマットレスや布団などの寝具だけでなく、ソファーやカーテンのような布製品にも対応。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

布製品表面の奥深くに入り込んだハウスダストをしっかり掻き出し場合は、モーター駆動の回転ブラシが搭載された[ミニモーターヘッド]がついたS30を選びたい。ちなみに、ミニモーターヘッド(3581FLI180J)は単品販売されているから、あとから購入することも可能だ。

[S10][S20][S30]の特徴

パイプが曲がるMultiFlex機能

EVOFLEX(MultiFLEX 機能)

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXで最も目を引く特徴は[MultiFlex]機能だ。ボタン1つで延長管を折り曲げることができるため、楽な姿勢で家具の下の奥まった場所の掃除ができるという。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

腰や膝にまだガタが来てないからかがんだほうが早いような気もするけど、足腰に負担をかけずに家具下の掃除ができるから、腰痛持ちの人やシニアの人には便利な機能だね。

EVOFLEX(収納)

マキタ菌
マキタ菌

また、掃除機本体を折りたたんで自立させることができるため、収納用ブラケットを壁にネジ止めしたり、クリーナースタンドを使用しなくてもコンパクト+省スペースに収納することができる。スタンド付きのモデルは割高になるし、クリーナー専用のスタンド買うと出費が嵩むから嬉しいポイント。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

掃除機を折りたたんで収納したら、サッと掃除ができるコードレスの長所が失われるよね。延長管を取り外して収納する昔のトルネオVもちょっとしたひと手間がかかってストレスだったし。あと、掃除機を置くだけで充電ができる充電スタンドがないと、充電しようとしたときにひと手間かかるのもネック。収納性の高いスタンドがないとアタッチメントを一箇所にまとめて収納できないのもマイナス。

2種類のローラーを搭載した[DuoClean®ヘッド]

EVOFLEX(DuoClean®ヘッド)

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXは2つのローラーを搭載したDuoClean®ヘッドを標準装備。前側には柔らかなローラーが配置されており、一般的なヘッドでは押し出してしまうような大きなゴミもヘッドを滑らせる動作で吸引することができるという。いわゆる最近流行りのソフトローラーを前面部分に搭載しており、拭き取り効果が高い+髪の毛が絡みにくい+比較的嵩のあるゴミも簡単に集じんできる特長がある。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

柔らかなローラーで大小のゴミを同時に吸引することができても、カーペット深部に入り込んだ細かなゴミや、絡みついた髪の毛やペットの毛はかきだせない。しかし、後ろ側にはナイロンブラシが配置されているから、微細なゴミや頑固に絡みついた毛も集じんできるね。いちいちダイソンのように床に合わせてヘッドを交換する手間が省けるのは嬉しいかも。奥行きが広くなって使い勝手が悪くなるのがネックだけど。

長時間の掃除に対応できる着脱式バッテリー

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXはワンタッチで取り外せる着脱式バッテリーを採用しているため、バッテリーの寿命が来たときは自身でセルフ交換することができる。また、S20やS30はバッテリーが2個付属されているため、バッテリーを交互に使用することで長時間の掃除にも対応。予備バッテリーがあると掃除中にバッテリーが切れないかなという不安が解消される。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

S10はバッテリーが1個しか付属されてないから注意!バッテリの残量が0になると、フル充電するのに3.5時間かかってすぐに掃除を開始することができないから、掃除機に費やす時間が長い場合は、バッテリが2個付属されたS20やS30を選びたいところ。ただし、バッテリー(XBAT200AS)は単品販売されているため、後で必要になっても買い足すことができる。

着脱式バッテリーの充電方法

EVOFLEX(バッテリー)

Shark-EVOFLEX-充電ドック

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXは充電プラグを本体やバッテリーに差し込んで充電することができる。バッテリーは取り外して単体で充電することも可能なので、本体の収納場所がコンセント周りに縛られないメリットが存在。S20とS30には、バッテリーを置くだけで充電することができる[充電ドック]が付属されており、充電ドックで充電することも可能。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

S10はバッテリーを置くだけで充電できる[充電ドック]が付属されてないから注意ね。充電プラグをバッテリーに抜き差しして充電する必要があり。

吸引力って強いの?

ダイソンキラー上陸!Shark EVOFLEXがキター!
マキタ菌
マキタ菌

吸引力はYoutuberの方が同年に発売されたダイソンV10と比較を行っているが、体感ではダイソンのほうが強いようだ。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

床のダストピップアップ率(ゴミ除去率)て、クリーナーヘッドの設計によって大きく変わるので、吸引力が弱いからと言ってダストピップアップ率が勝るとは限らないからね。あと強モードの運転時間が短いと使い物にならないから、連続使用時間もチェックしておきたい。

絨毯深部に入り込んだ小麦粉[カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド][ソフトローラークリーナーヘッド]比較
マキタ菌
マキタ菌

例えば同年に発売されたDyson V10Fluffyに搭載されているソフトローラークリーナーヘッドだと、カーペット深部に入り込んだ微細なゴミや、カーペットに絡みついたペットの毛の集じん力が低い。一方のEVOFLEXが搭載しているDuoClean®ヘッドは前述したとおり、後方に硬いナイロンブラシが採用されたブラシローラーが配置されているため、カーペット深部から微細なゴミやペットの毛を掻き出す集じん力は間違いなくEVOFLEXのほうが上だろう。

ダイソン-ダイレクトドライブクリーナーヘッド(Animal)」の特徴
マキタ菌
マキタ菌

Dysonにはカーペットに特化したダイレクトドライブクリーナーヘッドを搭載したモデルもあるが、ヘッドと床との隙間が狭い設計になっているため、ペットの餌のような固形のゴミはうまく吸い取れない欠点が存在する。DuoClean®ヘッドなら広い開口部と柔らかなローラーでヘッドを滑らせる動作で効率よく吸引することができる。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

つまりEVOFLEXのDuoCleanヘッドは、Dysonのソフトローラークリーナーヘッドとダイレクトドライブクリーナーヘッドを合体させたようなヘッドなので、床に合わせてヘッドを付け替える手間がかからない。2021年に東芝から発売されたトルネオV(VC-CL3000X)もWローラー採用したけど、どうなるのか楽しみだね。個人的には軽くて取り回しやすいヘッドのほうが好み。

モデルDyson V10 FluffyDyson V11 AnimalEVOFLEX S20/S30
強モード8分7分12分×2

 

マキタ菌
マキタ菌

また、比較しているDyson V10の強モードの連続使用時間は8分のため、強モードを使用しながら掃除するとすぐに充電がきれる欠点も存在。EVOFLEXなら強モードが12分間使用できるうえ、S20やS30には予備バッテリーが付属されているため、強モードの使用時間は2倍の24分となる。このため、強モードでしっかり掃除をしたいタイプの人は、吸引力が競合よりやや弱くても妥協できるのではないだろうか。

重量って重たいの?

EVOFLEXDyson V11 FluffyElectrolux PQ92-3
3.33kg2.72kg2.9kg
電圧:25.2V
マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXは本体に延長管とヘッドを取り付けた状態で3.33kg。3.3kgを超えるコードレスクリーナーは珍しく、同じ海外勢+同クラス(25.2V)の製品と比べても重たい部類にはいる。高電圧のバッテリーや集じん力の高いパワーヘッドを搭載すると、キャニスター掃除機の代わりになりうるレベルになるが、どうしても本体やヘッドの重量が重たくなるのがネックとなる。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

Dysonのフラッグシップ機(V10~V11)使ってきた自分も今は軽量タイプのDigital Slimが愛機になってるからね。軽いと掃除機がけをするハードルが下がるんよ。EVOFLEXの下がった価格は魅力的だけど本体から先まで重たそうだから悩ましいね。3.3kgってDysonの中で一番重たいV11(2.72kg)より重いからね!?

ゴミ捨てって簡単なの?

【ダイソンキラー掃除機!】Shark EVOFLEXの良い点、悪い点|1年間使用レビュー
マキタ菌
マキタ菌

ゴミ捨て方法は延長管を取り外して、ダストカップ側面にあるボタンを押すと底にあるフタを開くというもの。ゴミの捨て方は簡単であるが、長く使用した人のレビューを見ていると、ダストカップ内でゴミが詰まってすんなり落ちなかったり、ゴミがメッシュフィルターに絡みついたりするため、面倒だと感じている人が多いようだ。またダストカップを本体から取り外せないため、メンテナンス性の低さが残念だと指摘する意見も多く見られた。フィルターは水洗い可能。

辛口ちゃん
辛口ちゃん

メーカー各社の掃除機を実機レビューしてきたから、ダイソンのように詰まったゴミが簡単に捨てられないのは購入する前から分かっていた。個人的にEVOFLEXに魅力が感じられなかったのは、3kgを超える重量とゴミ捨てが面倒なこと。2018年って消費者はパワーだけじゃなく軽さを求め始めた時期だったので、Sharkは日本ではこけると予想していたが、ハンディのEVOPOWERがシェア1位を獲得。現在はEVOPOWERをスティックに改良した軽量タイプ(EVOPOWER SYSTEM)が人気となっている(素晴らしい舵切り)。

EVOFLEXはどんな人におすすめ?

Shark-EVOFLEX[S10][S20][S30]の違い

マキタ菌
マキタ菌

EVOFLEXは25.2Vの高電圧バッテリーと、集塵力の高いクリーナーヘッドを搭載しているパワー重視タイプのモデル。パワフルにあらゆるところ(フローリング、カーペット等)を清掃する用途では最適と言える。ゴミの集じん力やスタミナは国内の大手家電メーカーやダイソンなどのフラッグシップ機に拮抗する性能を持っているので、予算を抑えたい人や重たい重量・ゴミの捨てにくさを妥協できる人にはおすすめのモデルとなる。

現在シャークは軽量タイプのモデルに注力しています。また、EVOFLEXより軽いシリーズ(EVO)も安価で販売されています。同社のラインナップと比較したい場合は性能比較表を参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました