メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ
スポンサーリンク

R36DAの排気をクリーンにする方法(互換性のあるHEPAフィルター)

R36DAの排気を綺麗にする方法ブログ

R36DAの排気を綺麗にする方法

R36DAはパワフルだが排気が汚い!?

ハイコーキのマルチボルトシリーズ(36V)から新しく発売されたR36DAは、マキタクリーナー愛好家の筆者がCL181FDから鞍替えするほど吸込仕事率の仕様が高く、実際に強い吸引力には大変満足している。

特にダストケース集じん方式のR36DAは、小型のノーマルヘッドにはオーバースペックではないかと思うほど吸引力が強く、吸込仕事率(155W)は家電メーカーの吸引力重視タイプのハイエンド機に匹敵するほどだ。

しかし、R36DAはHEPAフィルターが採用されている2段サイクロン式ユニットのR36DA(SC)と違い、濾布制のフィルターが採用されているため、目に見えないハウスダストの捕集効率が劣るのがネックとなる。

そこで、同社の従来の14.4V/18Vシリーズ専用のHEPAフィルター(別販売)や、マキタのHEPAフィルターが、R36DAと互換性があるのか調べてみた。

HEPAフィルターで排気がクリーンになる

マキタのコードレスクリーナーの排気を綺麗にする方法[ハウスダスト・アレルゲン]/makita cleaner smoke test

HEPAフィルターとは、大手家電メーカーが販売している空気清浄機のフィルターにも採用されているエアフィルターの一種で、JIS規格(日本産業規格)では「0.3µmの微細な粒子を99.97%以上捕らえながら、初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルタ」と規定されている。

電動工具メーカーのHEPAフィルタがJIS規格で定められた条件を満たしたエアフィルタなのかわかりかねるが、HEPAフィルタを装着したクリーナーにスモークマシーンの煙を吸わせたところ、布製のフィルターと違い、煙の漏れが確認できなかったことから、排気性能は大きく向上していると考えられる(上動画参照)。

Hikokiのハイクリーンフィルター(376509)+HEPAフィルター(372726)

Hikokiのハイクリーンフィルター(376509)+HEPAフィルター(372726)

従来モデルのR18DA/R14DAのページには、別売のR18DA/R14DA専用[HEPAフィルター(372726)]が掲載されているが、このHEPAフィルターを持っていたので、R36DAに取り付けてみたところ普通に装着することができた。

R36DA ハウジングのフィルターを組み込む箇所の突起部

同社のダストケース集じん方式のモデルは、電圧に関係なくハウジングのフィルターを組み込む箇所の突起部が同じ設計になっているため、R14DSL/R18DSLを除くすべてのモデルとHEPAフィルターは互換性があった。

ハイクリーンフィルタと布フィルタセット

HEPAフィルター(372726)を使用する場合、濾布製のフィルターはR36DAに標準付属されているハイクリーンフィルター(376509)と組み合わせたほうがいいだろう。なぜなら、従来の布フィルタセット(0037-1315)だと、ツーリングとフィルターが一体化していないため、お手入れ時の着脱に一手間がかかるからだ。

HEPAフィルター(372726)とマキタの高機能フィルターEX(A-68965)

HEPAフィルター(372726)とマキタの高機能フィルターEX(A-68965)の組み合わせは相性が悪かった。なぜなら、高機能フィルターの内径より、HEPAフィルター外径のほうが大きいため、しっかりとはめ込むことができないからだ。

【楽天市場】HiKOKI/ハイコーキ(日立電動工具) ハイクリーンフィルタ No.376509: ケンチクボーイ
『コードレスクリーナー用 別売部品』。HiKOKI/ハイコーキ(日立電動工具) ハイクリーンフィルタ No.376509

Makitaの高機能フィルターEX(A-68971)+HEPAフィルター(A-68965)

Makitaの高機能フィルターEX(A-68971)+HEPAフィルター(A-68965)

日立工機やハイコーキのモデルは、マキタの充電式クリーナーに採用されているフィルターと互換性があるのは以前から知っていたので、R36DAにマキタのHEPAフィルター(A-68965)を取り付けてみたところ、しっかりと装着することができた。

マキタのHEPAフィルター(A-68965)とハイコーキのハイクリーンフィルター(376509)を組み合わせることはできたが、HEPAフィルターの外径とハイクリーンフィルタの内径が同じなので、力技ではめ込まなければいけなかった。

このため、新規で濾布製のフィルターを購入する場合は、すんなり取り付けられるマキタの高機能フィルターEX(A-68965)を選んだほうがよいだろう。

ハイコーキのコードレスクリーナーに取り付けられるHEPAフィルターのまとめ

ハイコーキのコードレスクリーナーに取り付けられるHEPAフィルターのまとめ

R36DAのようなハイコーキのダストケース集じん方式のモデル*1に、同社のHEPAフィルタやマキタのHEPAフィルタを取り付けて排気をクリーンにすることは可能であった。ただし、HEPAフィルターにかぶせる布製のフィルターはメーカーを揃えて組み合わせたほうが相性がよかった。

個人的にはマキタのHEPAフィルターのほうが着脱が簡単だったので、マキタのHEPAフィルターと高機能フィルターEXとの組み合わせをおすすめしたい(力技でハイクリーンフィルタとの組み合わせも可能)。

以前から販売されていたハイコーキのHEPAフィルター(372726)と一緒に組み合わせて使用する[布フィルタセット(0037-1315)]は着脱が面倒なので避けたい。新しいハイクリーンフィルタと組み合わせたほうがよい。

HEPAフィルターを装着しても吸引力はあまり低下した感じがしないので、ハウスダストを少しでも除去したい場合はHEPAフィルターを取り付けてみよう!

*1:R14DSL/R18DSLを除くダストケース集じん方式のモデル(R7DA/R7DL/R12DA/R10DAL/R10DL/R14DA/R14DSAL/R18DTB/R18DB/R18DA/R18DSAL/R36DA)

コメント

タイトルとURLをコピーしました