マキタクリーナー-ノーマルヘッドの欠点

標準付属品 – ノーマルヘッドの特徴●フローリングのような平たい床面の掃除が得意
●カーペット(絨毯)やラグの掃除は苦手

マキタクリーナーの弱点は絨毯!

電動工具でトップメーカーのマキタが販売している軽くて使い回しの良いスティックコードレスクリーナー。現在は清掃現場で使用する業者だけでなく、家庭でサブ機として使用するユーザーも増えているほど人気だ。電動工具に使われている直流モーターを内蔵しているクリーナーは、家庭のフロアに毎日発生する埃・塵・髪の毛のような軽いゴミから、ペット用のトイレ砂・ドライフードのような重たいゴミも吸い上げるほど吸引力が強く頼れる存在。

しかし、そんな軽くてパワフルなマキタクリーナーにも弱点がある。それは高機能タイプのコードレスクリーナーのようにモータ駆動で回転するブラシを搭載した「モーターヘッド」ではなく、ゴミをダイレクトに吸引するシンプルな「ノーマルヘッド」を採用しているため、カーペット(絨毯)に絡みついたゴミや奥深くに入り込んだ微細なゴミを集じんすることが苦手なのだ。人気のマキタがメイン機として使えないのはヘッドに原因があるのだ。

じゅうたん用ノズル(A-37546)の特徴

A-37546

硬いブラシが搭載されているから絨毯からゴミを掻き出せる

じゅうたん用ノズルの特徴●硬いブラシが髪の毛やペットの毛を絡み取れる
●硬いブラシが奥深くに入り込んだゴミを掻き出せる

マキタから販売されている「じゅうたん用ノズル」はカーペット(絨毯)に対応したじゅうたん用ヘッドだ。同社が販売している7.2V~18Vシリーズのモデル全てに装着して使用することが可能である。色は「アイボリー(A-37546)」と「レッド(A-52504)」の2種類が用意されている。

床との接地面には硬いナイロンブラシが配置されており、カーペットやラグに絡みついた髪の毛やペットの毛を絡み取ったり、絨毯の奥深くに入り込んだゴミを掻き出しながら吸引することができる。

ただし、髪の毛やペットの毛のような長いゴミはブラシに絡みつくため掃除をするたびにお手入れが必要である。また、ヘッドは首は左右にしか回転しないため、標準装備されているヘッドのように小回りが効かない。

じゅうたん用ノズル-ブラシ部分

絨毯に絡みついた猫の毛に大活躍当初、我が家ではまったく出番のなかった「じゅうたん用ノズル」。非常に古臭い感じで小回りも効かないので軽視していた。第一印象はほとんどの方がわたしと同じ印象をうけることだろう。

 

しかし、抜け毛の多い長毛の猫を飼いはじめてから、尋常じゃない抜け毛が毎日カーペットやマットに絡みつき悩んでいた時に、このじゅうたん用ノズルを装着して掃除をすると効率よくブラシに絡め取りながら集じんすることができた。

 

ブラシに猫の毛や綿埃が絡みつくので掃除をするたびにお手入れが必要になるが、標準装備されていたノーマルヘッドで何度もヘッドを前後に往復させて「取れない取れない」と絨毯を掃除する労力に比べると全く苦にはならない。

じゅうたん用ノズル(A-37546)ペットの毛

何度もヘッドを前後にストロークさせても取れなかったカーペットに絡みついた猫の抜け毛は簡単にブラシで集じんすることができた。ブラシは後ろに向いて倒れた角度で植毛されているので、ヘッドを後ろに動かしたときにペットの毛・髪の毛・糸くずのような長いゴミが引っかかるようになっている。絡みついたゴミは意外に簡単に取り除くことができた。

マキタ ハウスダスト じゅうたん用ノズル

微細なゴミの集じん力DysonやElectroluxのような硬いブラシをモーターヘッドに採用している掃除機を使い始めてから気づいたが、柔らかいブラシを採用した国内メーカーの製品より、硬いブラシを採用している海外メーカーのほうがカーペットの奥深くに入り込んだ微細なゴミを集じんする性能が優れていることを知った。

 

さらに吸引したゴミが見える「サイクロンアタッチメント」を装着して使用するようになってから気づいたが、じゅうたんノズルを装着して絨毯を掃除したほうが目に見えない微細なゴミをたくさん浮かせて吸引していることに気づいた。マキタで広いカーペットを掃除する場合は常に備えておきたいノズルだ。

マキタのじゅうたんノズルDX レビュー

新しいじゅうたん用ノズルが発売されるまき

2016年にマキタはカーペットだけでなくフローリングにも対応した新しいタイプの「じゅうたんノズルDX」も発売している。新しいノズルが気になるかたは「マキタのじゅうたんノズルDXのレビュー記事」を御覧ください。

.