東芝 コードレス掃除機の口コミや性能をまとめた比較表

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

東芝 コードレス掃除機の口コミや性能をまとめた比較表

東芝 トルネオV コードレス

東芝のトルネオVコードレスの選び方のポイント

基本的に東芝のトルネオVコードレスのモデルは、アタッチメントの有無などで大きく2種類に分けられる。モデル名の数字が三桁のモデルが「下位モデル」、数字が4桁のモデルが「上位モデル」となっている。

どちらも基礎的なスペック(吸引力・連続運転時間・充電時間・重量)は同じなので、家のフロアを掃除する用途のみでの使用であれば、基本的なアタッチメントが付属されている下位モデルを選ぶとよいだろう。

フロア(床)の掃除だけでなく、布団や車内の隅々まで掃除をしたい場合は、寝具の掃除に便利な「ふとんブラシ」や、狭い場所の掃除に便利な「延長ホース」が付属されている上位モデルを選ぶとよいだろう。

また、2016~2017年の上位モデルにはブロワ機能が搭載されており、「エアブローノズル」を本体に装着することで、砂・ゴミを吹き飛ばす風を吹き出すことができる。※2018年モデルには下位モデルにも付属。

基本的に型落ちのモデルは安くなるが、トルネオVコードレスは新モデルが発売されると前モデルは生産中止となる。そのため、在庫が希少になってくると逆に価格があがったり、入手困難となるので買い時が難しい。

.

東芝のトルネオVコードレス スタンド

トルネオVコードレスに使える収納スタンド

2014年~2015年に発売されたトルネオVコードレスは「床置用充電スタンド」が付属されていたので、本体を省スペースに充電しながら収納することができた。しかし、2016年以降のトルネオVコードレスの収納方法は、壁にネジ止めする必要がある「壁掛け用ホルダー」が採用されるようになり収納法が変更された。

そのため、賃貸物件などで壁に穴を開けられない家では、掃除機本体を立てかけて収納することができなくなった。そこで当サイトでは、壁に傷をつけられない環境の人のために東芝のトルネオVコードレスに使えるスタンドをまとめた記事を作成。本体を省スペースに収納したい場合はこちらの記事を参考にして下さい。

.

2014年トルネオVコードレス ラインナップ一覧

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
vc-cl100-icon VC-CL100 標準:20分
強:8分
5時間 2.3kg 0.25L 充電台
すき間ノズル
ブラシ
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

Point●バーティカルトルネードシステム(6気筒)を搭載
●軽量の「パワーヘッド」と「延長管」を搭載
●「節電ストップ機能」を搭載
●「伸縮ホース」を本体に収納
●床置き「充電スタンド」を付属
●充電回数2,100回(温度20℃/満充放電試験の場合)

 

2014年2月に第1弾目となるトルネオVコードレスが誕生。トルネオV1号機はビームライフルのようなフォルムで、ダイソンやエレクトロラックスなどの海外勢が独占するスティックコードレスクリーナー市場に進撃した。

 

最大の特長はフィルターの目詰まりの原因となる微細なゴミを6気筒のサイクロンで遠心分離する「バーティカルトルネードシステム」。コンパクトで軽い「軽量パワーヘッド」とカーボン素材の「延長管」を採用していることから軽さにもウェイトを置いてる。また、本体には「伸縮ホース」が収納されており、ノズルを着脱することなく狭い場所や家具を掃除することができる。

.

2015年トルネオVコードレス ラインナップ一覧

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
vc-cl200-icon VC-CL200 弱:20~25分
自動:6~20分
強:6分
5時間 1.9kg 0.2L 充電台
すき間ノズル
丸ブラシ
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
vc-cl1200 VC-CL1200 弱:20~25分
自動:6~20分
強:6分
5時間 1.9kg 0.2L 充電台
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
洋服布用ブラシ
延長ホース
収納バッグ
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
前モデル[VC-CL100]との違い●「上位モデル」と「下位モデル」をラインアップ
●「サイクロン数」が8気筒に増える
●「ゴミ残しまセンサー」を搭載
●「らくわざフリーグリップ」を搭載
●「重量」が軽くなる
●本体に収納されていた「伸縮ホース」がなくなる
●充電回数:2,100回→2,000回(温度20℃/自動モード時)
.

2016年トルネオVコードレス ラインナップ一覧

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
vc-cl300-icon VC-CL300 弱:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
vc-cl1300-icon VC-CL1300 弱:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
延長ホース
エアーブローノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

前モデル[VC-CL200/VC-CL1200]との違い●「重心の配置を改善」持ち上げる手の負担が軽減
●「らくわざフリーグリップ」をさらに持ちやすく改良
●「強モード」の連続運転時間が2分アップ
●上位モデルに「ブロワ機能」を搭載
●収納方法が「床置き充電スタンド」から「壁掛け用ホルダ」となる
●充電回数:2,000回→2,000回(温度20℃/自動モード時)
.

2017年トルネオVコードレス ラインナップ一覧

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 重量 集じん容量 付属品-ノズル レビュー
VC-CL400-アイコン VC-CL400 標準:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
VC-CL1400-アイコン VC-CL1400 標準:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
エアーブローノズル
延長ホース
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

前モデル[VC-CL300/VC-CL1300]との違い●ヘッドが自走式「ラクトルパワーヘッド」になる
●ヘッドの「ゴミの吸込幅」が広くなる
●ヘッドの「質量」が軽くなる(390g)
●ヘッドの「回転ブラシ」が改良される
●充電回数:2,000回→3,100回(温度20℃/おまかせモードを1回につき6分使用時)
.

2018年トルネオVコードレス ラインナップ一覧

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
VC-CL500-アイコン VC-CL500 標準:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
エアーブローノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
VC-CL1500-アイコン VC-CL1500 標準:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダ
すき間ノズル
丸ブラシ
エアーブローノズル
ふとん用ブラシ
延長ホース
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

前モデル[VC-CL400/VC-CL1400]との違い●「トルネードプラス」でゴミの圧縮率が向上
●「エアーブローノズル」を下位モデルにも付属
●「充電回数(寿命)」を表記しなくなる(誤解を招いたため)
.

ジャパネットオリジナルトルネオVコードレス

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
ジャパネットたかた-VC-JCL30 VC-JCL30
2016年
セーブ:20~25分
自動:6~20分
強:6分
5時間 1.9kg 0.2L 充電台
すき間ノズル
丸ブラシ
延長ホース
管理人レビューレビュー
ジャパネットたかた-VC-JCL10000 VC-JCL10000
2018年
セーブ:20~25分
自動:8~20分
強:8分
5時間 1.9kg 0.2L すき間ノズル
丸ブラシ
延長ホース
管理人レビューレビュー

[VC-JCL30]と[元モデル]との違い前モデルのVC-JCL30は(VC-CL200)がベースとなっており、付属品に延長管がプラスされている。VC-CL200は2015年に東芝から発売されたトルネオVコードレスの下位モデル。従って、性能や使い勝手のよさの口コミが知りたい場合は、VC-CL200やVC-CL1200のレビューを参考にするとよいだろう。
[VC-JCL30]と[VC-JCL10000]の違い新モデルのVC-JCL10000も(VC-CL200)がベースとなっているが、バッテリーの容量が増えているため連続運転時間が2分延びている。「充電台」や「収納用ブラケット」が付属されていないため、充電時に充電アダプターを本体から抜き差しする必要あり。専用の充電スタンド(VJ-ST1)はジャパネット別売されている。
.

東芝のコードレス掃除機(トルネオVコードレス)の特徴

株式会社東芝どんなメーカー

2014年にスティック型コードレス掃除機市場に参入

スティック型コードレスクリーナーの市場で、「エレクトロラックス」や「ダイソン」などの海外メーカーが火花を散らしている中、東芝は2014年に第一号となる(VC-CL100)を投入しており、その後、毎年、新しいモデルを発売しています。今年(2016年)のモデルがまだ発売されていないので、前モデル(VC-CL200/VC-CL1200)を安く購入したいのであれば、新しいモデルが発売されるのを待ったほうがよいでしょう。
2段式サイクロン構造

2段式サイクロン構造を採用している

他の国内の大手電機メーカーは、フィルターが目詰まりしやすい「1段式サイクロン構造」を採用しているのため、フィルターが目詰まりしやすく、頻繁にフィルターのお手入れをしなければいけません。一方、東芝のトルネオVコードレスシリーズはダイソンと同じ「2段式サイクロン構造」を採用しているので、他の国内メーカーよりフィルターが目詰まりしにくくなっています。従って、他の国内メーカーの製品より吸引力が低下しにくくなり、面倒なフィルターお手入れの頻度が少なくなります。
充電台

スリムに収納&充電が行なえる充電台

トルネオVコードレスシリーズのモデルは、コンパクトに収納できる充電スタンドが付属されているのも大きな特徴です。一般的に東芝のような重心が上にあるハンディタイプのスティック型コードレス掃除機は、充電スタンドが付属されていないが、トルネオVコードレスシリーズには、延長管を本体から取り外す一手間が必要なもののコンパクトに収納しながら充電が行なえるのが魅力となっている。
リチウムイオンバッテリー

バッテリーの寿命が長い

また、現在はどこのメーカーもリチウムイオンバッテリーを搭載しているのが主流になってきていますが、大半のメーカーが毎日バッテリーの残量を使い切った場合、約2年でバッテリーに寿命が訪れます。しかし、東芝のバッテリーの寿命が何処よりも長く、バッテリーの交換なしで約2000回満充放電(東芝による試験、周辺温度20℃/自動モード、)を繰り返せるので、毎日、満充放電したとしても、5年以上も長く使える強みがあります。

.

「株式会社東芝」ってどんなメーカーなの?

株式会社東芝どんなメーカー

日本の大手電機メーカーである株式会社東芝、私たちが普段から接する機会が多い家電も多く流通しており、日本人のあいだで株式会社東芝という名前を知らない人はいないほど有名なメーカーです。

日立製作所に次ぐ総合電機メーカー第2位で、2016年度に総合電機の看板を下ろすことが決定したことは記憶に新しいニュースだと思います。

情報通信や公共事業に至るまで幅広く事業を展開している株式会社東芝は、その精巧な技術を基に日本だけでなく世界に流通している家電も手がけており、世界的にも知名度が高い日本の企業の一つです。

株式会社東芝と聞くとテレビや半導体などをメインに事業展開しているイメージが強いと思いますが、実は 重電機、軍事機器、鉄道車両などの重工業分野にも事業展開しており、数十年前には日立製作所と 株式会社 東芝の2強と言われる時代があったのも事実ですし、2000年代には当時まだあまり認知されていなかったモバイル端末を普及させた企業の一つでもあり、現代のスマートフォンデバイスの開発にも今なお続いています。

また、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジ炊飯器などのいわゆる白物家電は株式会社東芝がパイオニアであることも有名で、現代で使われている白物家電の基礎を構築したのは 株式会社 東芝だと言っても過言ではないでしょう。

最近では創業当初から力を入れていた、テレビ家電もシェアを徐々に伸ばしてきており、中でもハードディスクやネットワークと連携し、テレビの映像を簡単に録画することができる液晶テレビ「REGZA」は、 株式会社 東芝の液晶テレビのシェアを大きく広げる一旦を担いました。

それに伴い2015年には映像事業を抜本的に見直し、話題の4Kテレビなどの画質や録画機能などに注力し、海外メーカーとの価格競争に打ち勝つ姿勢を見せています。今後は日用家電だけでなく、電子部品、 ITメディア関連事業も発展することが予想されている日本の大手家電メーカーといえるでしょう。