東芝 トルネオVコードレスに使えるおすすめスタンド

トルネオVは壁に穴をあけないと立てかけて収納できなくなった

トルネオVの収納方法●2015年以前のトルネオVは[充電スタンド]が標準付属
●2016年以降のトルネオVは[壁掛け用ホルダー]に変更
●[壁掛け用ホルダー]は壁にネジ止めする必要がある

東芝ライフスタイルはスティックコードレス掃除機のシェアが急上昇した2014年に[トルネオVコードレス]を発売開始。それ以降も軽い操作性にこだわった新モデルを毎年発売しており、使い勝手の面やメンテナンス性の高さで市場を独占していたダイソンに対抗してきた。

2014年~2015年に発売されたトルネオVには本体を立てかけながら充電ができる[充電スタンド]が標準付属されていた。しかし、2016年以降のモデルは充電スタンドの代わりに[壁掛け用ホルダー]が同梱されるようになり、比較的新しいモデルは収納方法が変更されている。

この[壁掛け用ホルダー]が標準付属されるようになってから問題になってきたのが収納問題。壁掛け用ホルダーは壁にネジ止めする必要があるため、壁に穴をあけられない賃貸物件などでは立てかけて収納することができなくなったのだ。

そこでコードレス掃除機以外にクリーナー専用スタンドも紹介している当サイトでは、収納方法に壁掛け用ホルダーを採用しているトルネオVコードレスシリーズのモデルを省スペースに収納することができるおすすめのスタンドを紹介したい。

.

壁掛け用ホルダーを固定できるスタンド

東芝 トルネオVコードレスクリーナーに使えるスタンド

山崎実業のプレートシリーズ(3559)

こんな人におすすめ●アタッチメントも収納したい
●省スペースに収納したい
●安定力のあるものを探してる
●予算に余裕がある
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

壁掛け用ホルダーを固定できるスタンドでおすすめなのが、山崎実業から販売されているプレートシリーズのコードレスクリーナースタンド[3559]だ。このスタンドはダイソン専用のスタンドとして販売されているが、実は2016~2018年に発売されたトルネオVとダイソンに付属されている充電ホルダーのネジ穴のピッチ(距離)は同じになっているため流用することが可能。

数あるダイソン専用スタンドの中からこのスタンドをおすすめする理由は、壁掛け用ホルダーを固定できるスタンドの中で価格がリーズナブルだからだ。どこに置いても似合うシンプルなデザインなうえ、埃が付着しても目立たないホワイトだから清潔感がある。さらに[3559]はヘッドが2個付属されているdyson Absolute用に作られているので、布団用ブラシも収納可能。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(ノズル収納)

スタンドのフレームにはノズルを収納するフックがあり、下位モデルと上位モデルに標準付属されている[すき間ノズル]と[丸ブラシ]を収納することが可能。ダイソン専用となっているため、少々きつかったり、本体に軽く接触するものの、本体を取り出したり収納する際は邪魔にはならなかった。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(土台)

一番上のネジ穴に壁掛け用ホルダーを固定すると床用ヘッドとスタンドの土台の間にスペースが開くため、上位モデルに付属されている[ふとん用ブラシ]と[エアブローノズル]を収納することができた。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(延長ホース収納)

スタンドは金属製のフレームで作られているため、S字フックを利用すれば上位モデルに付属されている長い延長ホースも引っ掛けて収納することが可能だった。
.
1500円でコードレス掃除機のスタンドを自作できる「ディアウォール」

簡単にスタンドを自作できるディアウォール

こんな人におすすめ●低予算でホルダーを固定できるスタンドが欲しい
●省スペースに収納したい
●絶対に倒れないスタンドを探してる
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

比較的新しいトルネオVと同じようにダイソンのコードレス掃除機にも壁にネジ止めするタイプの壁掛け用ホルダーが採用されており、壁に傷をつけられない賃貸住宅などに住んでる人は「本体を立てかけて収納できない…」という同じ悩みを持っている。しかし、ダイソン専用のスタンドは割高のため、手がだせない人も決して少なくない。そこで、予算重視の人におすすめしているのが若井産業から販売されているディアウォールだ。

このディアウォールとホームセンターで販売されている2×4材(SPF)を組み合わせれば、簡単に部屋に柱をつくることができるのだ。2×4材の幅は8.9mmなのでトルネオVの壁掛け用ブラケットをぴったり固定することができるうえ、バネの力で2×4材を突っ張っているので倒れにくい高い安定力を持っている。さらに、ディアウォールの価格は約800円、2×4材は約300円ほどで販売されており、どのスタンドよりもリーズナブル。

ディアウォールのレビュー記事」はこちからどうぞ

 

.

壁掛け用ホルダーを使用しないスタンド

東芝 トルネオVコードレスクリーナーに使えるスタンド(ハンガー式)

山崎実業のプレートシリーズ(3275)

こんな人におすすめ●圧倒的に安いものを探してる
●省スペースに収納したい
●本体だけ収納できればいい
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

とにかく低価格で本体だけでも立てかけて収納したいという人におすすめなのが、山崎実業から販売されているプレートシリーズ(3275)。価格は約1,500円と延長管をハンガーにもたれさせるタイプのなかでは群を抜いてリーズナブル。ただし、A4ノートの面積より小さいスペースに収納できるメリットがあるものの、質量が軽く、床との接地面が少ないがため、少しぶつかっただけでぐらつくというデメリットも存在する。安定力が弱いので部屋の隅や家具と家具とのあいだに設置するとよいだろう。

 

.
東芝 トルネオVコードレス掃除機に使えるスタンド2(ハンガー式)

伸晃株式会社(BKCSW/BKCSBR)

こんな人におすすめ●ハンガータイプで安定力の高いものを探してる
●他メーカーに乗り換えた時にも使い回したい
●省スペースに収納したい
●本体だけ収納できればいい
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

クリーナーの延長管をハンガーに倒して収納できるタイプのスタンドで高い安定力を求める場合は、伸晃株式会社から販売されているクリーナースタンド(BKCSW)がおすすめだ。床との接地面が広いうえに質量も重たいので、ちょっとぶつかったりしたくらいでは倒れない安定力を持っている。また、延長管を引っ掛けるハンガーの幅が広いうえ、ハンガーの高さを自由に変えられるため、東芝以外のスティックコードレス掃除機に乗り換えても使い回すことが可能。

 

.

スタンドを購入する前に知っておくと便利な情報

ダイソンと東芝(トルネオV)の壁掛けホルダー

ダイソンとネジ穴のピッチが同じだから→ダイソン専用スタンドが使える

2015年以前に発売されたトルネオVの収納方法は、本体と延長管を分割して充電台に立てかける必要があったが、2016年以降に発売されたトルネオVの収納方法はダイソンのような壁掛け用ブラケットに変更された。

実はダイソンの[収納用ブラケット]と、東芝のトルネオVの[壁掛け用ブラケット]のネジ穴のピッチ(穴の距離)は同じになっているため、ダイソン専用のスタンドを流用することが可能となっている。

ただし、トルネオVの全長はダイソンより短くなっており、スタンドに収納したときにヘッドが土台から浮いてしまうので、当サイトでおすすめしている以外のスタンドを購入する場合は口コミやレビューを参考にして安定感のあるものを選ぶとよいだろう。

トルネオVコードレスの壁掛け用ブラケット

2016~2018年のトルネオVのブラケットは同じだから→同じスタンドを使い回せる

写真の壁掛け用ブラケットは左からVC-CL1300/300、VC-CL1400/400、VC-CL1500/500に付属されているものだ。どのモデルのブラケットも外見やネジ穴の位置が同じになっているので、各業者が販売しているダイソン専用のスタンドを全て流用することができると考えてよい。そして、新しいモデルに買い換えても同じスタンドを使い回すことも可能。

ちなみに、ダイソンに付属されている収納用ブラケットのネジ穴の位置も全モデル[DC36(2011年)~V10(2018年)]共通である。なので、例えば2015年に発売されたDyson V6専用のスタンドにトルネオVの壁掛け用ブラケットを固定して収納することは可能となる。

.

トルネオVコードレス 延長管のサイズ

トルネオVの延長管は細いから→マキタ専用のスタンド(ハンガータイプ)が使える

東芝のトルネオVコードレスとシャープのラクティブエアは軽さにウェイトを置いているため、他のハイエンド機を販売している競合メーカーの延長管が細くなっている。その細さはサブ機として人気がある電動工具メーカーのスティッククリーナーのように細くなっているため、電動工具メーカーのコードレスクリーナーを立てかけて収納できるクリーナースタンド(ハンガータイプ)を使用することが可能になっている。

特に電動工具メーカーの中でマキタのスティックコードレスクリーナーは人気があり、マキタのスティック機に使えるスタンドは複数の業者が販売しており種類が豊富。ただし、ハンガータイプのスタンドはアタッチメントなどは収納できないため、他のところに収納しておく必要がある。

.
東芝のトルネオVコードレスシリーズは2014年から販売されており、毎年新しいモデルが発売されています。トルネオVの性能や付属品がひとめで分かる「東芝のトルネオV 性能比較表」は上のボタンからどうぞ。