パナソニック|コードレス掃除機の性能比較表

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

パナソニック|コードレス掃除機の性能比較表

2014年~2015年のラインナップ

MC-BU100J

MC-BU100J/MC-BU1JE3の特徴

●スティック+ハンディとしても使える2in1タイプ
●本体を立てた状態で置いておくことができる自立構造
●壁際の掃除力が優れている「ガバとりパワーノズル」搭載
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:16.8V/1800mAh
●MC-BU100Jの交換バッテリー:AMC95BECROU/AMC95BECWOM/AMC95BECXOR
●MC-BU1JE3の交換バッテリー:AMC95BEEVOW
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
●取扱説明書:MC-BU100J/MC-BU1JE3
Youtube アイコンCM動画

第一弾目 2in1タイプ(サイクロン式)

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-BU100J MC-BU100J 2.7kg 0.6L 強:15分
弱:30分
5.5時間 すき間用ノズル
たな用ブラシ
充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-BU1JE3 MC-BU1JE3 2.7kg 0.6L 強:15分
弱:30分
5.5時間 すき間用ノズル
たな用ブラシ
充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
パナソニックの第一弾目となるスティックコードレスクリーナーは重心が床下に配置されたスタンドタイプ。エレクトロラックス社と同じスティックから本体を取り外してハンディとしても使える2in1タイプを採用。バッテリーの電圧が低いうえ、時代遅れのニッケル水素電池を採用しているため、コードレス掃除機市場でブームであったエレクトロラックスやダイソンなどの海外メーカーに太刀打ちできるものではなかった。
.

2016年のラインナップ

mc-bu110j-特長

前モデル(MC-BU100J)との違い

●前モデルと大きな違いはなし
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:16.8V/1800mAh
●交換バッテリー:AMC95BEFUOK
●取扱説明書:MC-BU110J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコン:CM動画なし

第一弾目 2in1タイプ(サイクロン式)

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-BU110J MC-BU110J 2.7kg 0.6L 強:15分
弱:30分
5.5時間 すき間用ノズル
たな用ブラシ
充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
前モデルと同じメモリー効果の影響をうけやすいニッケル水素電池を採用しているうえ、パワー面や機能面で海外メーカーを凌駕することはできずパナソニックのコードレスクリーナーの影はうすいままかに思えた。しかし、同時期にようやくパナソニックらしい特長を持ったクリーナー iTを発売(後述)。スタンドタイプのクリーナーはMC-BU110Jを最後に投入されなかった。
.

mc-bu500j-特長

iT(イット)の特徴

●パナソニック初となるハンディタイプのコードレスクリーナー
●従来機種とは吸引力が比べ物にならないほど強い
●I字型とT字型に切り替わる「くるっとパワーノズル」搭載
●壁際の掃除力が強い「ガバとり構造」採用
●ゴミの有無がわかる「ハウスダスト発見センサー」搭載
●ゴミの有無でパワーを制御する「自動モード」搭載
●ヘッドの回転ブラシを停止する機能搭載
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:21.6V/1850mAh
●交換バッテリー:AMV97V-LH
●取扱説明書:JMC-BU500J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコンCM動画

第一弾目 iT(イット)サイクロン式

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-BU500J MC-BU500J 2.2kg 0.2L 自動:15~30分
強:10分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
これまで特に目立った特長や差別化を図ったクリーナーは発売されていなかったが、さすがに焦りが見えたのか、2016年に投入されたiTではメモリー効果の影響を受けないリチウムイオンバッテリー(21.6V)を搭載。それまで一強状態を続けてきたダイソンの吸引力に匹敵するのはもちろんのこと、「ハウスダスト発見センサー」「くるっとパワーノズル」「回転ブラシ停止機能」などパナソニック独自の特長を打ち出してきた。
.

2017年 ラインナップ

MC-SBU510J/MC-PBU510Jの特徴

前モデル(MC-BU500J)との違い

●iTシリーズに紙パック式のモデルが追加(MC-PBU510J)
●紙パックの型番:S型 AMC-U2(10枚入)
●サイクロン式のフィルターにステンレスガードを採用(MC-SBU510J)
●サイクロン部(樹脂部分)をストレート形状に変更(MC-SBU510J)
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:21.6V/1850mAh
●MC-SBU510Jの交換バッテリー:AMV97V-LH
●MC-PBU510Jの交換バッテリー:AVV97V-PA
●取扱説明書:MC-SBU510J/MC-PBU510J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコンCM動画

第ニ弾目 iT(イット)サイクロン式/紙パック式

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU510J-アイコン MC-SBU510J
サイクロン式
2.2kg 0.2L 自動:15~30分
強:10分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-PBU510J-アイコン MC-PBU510J
紙パック式
2.3kg 0.5L 自動:15~30分
強:10分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
これまでどのメーカーもモーターヘッド(パワーヘッド)を搭載したハイエンドタイプのスティックコードレスクリーナーの集じん方式はサイクロン式を採用してきた。このため、紙パック式のコードレスクリーナーはマキタなどの電動工具メーカーやアイリスオーヤマが展開するローエンドタイプの製品しか選択肢がなかった。しかし、2017年にパナソニックのiTから紙パック式のモデルがラインアップ。メイン機として本格的な掃除ができる紙パック式のスティック機を探してる場合は迷わずMC-PBU510Jを選びたい。
.

MC-SBU410J-MC-SBU310J-features

MC-SBU410J/310Jの特徴

●吸込仕事率:数値で表記なし
●iTより軽量設計(スティック:1.9kg/ハンディ:1.2kg)
●壁際の掃除に強い「ガバとりパワーノズル」採用
●ゴミの有無がわかる「ハウスダスト発見センサー」搭載
●ヘッドの回転ブラシを停止する機能搭載
●吸引力の強い中央にゴミを集める「V字ブラシ」採用
●置くだけで充電できる「充電台」付属(MC-SBU410Jのみ)
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:21.6V/1600mAh
●交換バッテリー:
●取扱説明書:MC-SBU410J/MC-SBU310J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコン:CM動画なし

第一弾目 コードレススティック掃除機

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU410J-アイコン MC-SBU410J 1.9kg 0.3L 自動:15~30分
強:8分
3.5時間 ブラシ付きすき間ノズル
充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-SBU310J 1.9kg 0.3L 自動:15~30分
強:8分
3.5時間 ブラシ付きすき間ノズル amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
パナソニックのハイエンド機はiT一筋で攻めるかと思われたが、2017年からパワータイプの「POWER CORDLESS」の前身と思われるモデルを投入。パワータイプと言ってもバッテリーの仕様と駆動時間から推測するにiTと同等程度の吸引力となる。本体の全長がダイソンのように短いことから、ハンディタイプとして多用する場合は、iTより「POWER CORDLESS」シリーズのほうが使い勝手がよい。このシリーズだけバッテリーの交換が自身で行えないためおすすめしない。
.

2018年 ラインナップ

MC-SBU520J-MC-PBU520J-特徵

前モデル(MC-SBU510J/MC-PBU510J)との違い

●前モデルと大きな違いはない
●紙パックの型番:S型 AMC-U2(10枚入)
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:21.6V/1850mAh
●MC-SBU520Jの交換バッテリー:AMV97V-LH
●MC-PBU520Jの交換バッテリー:AVV97V-PA
●取扱説明書:MC-SBU520J/MC-PBU520J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコンCM動画

第三弾目 iT(イット)サイクロン式/紙パック式

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU520J-アイコン MC-SBU520J
サイクロン式
2.2kg 0.2L 自動:15~30分
強:10分
3時間 すき間用ノズル
ぺタすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-PBU520J-アイコン MC-PBU520J
紙パック式
2.3kg 0.5L 自動:15~30分
強:10分
3時間 すき間用ノズル
ぺタすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
第3弾目となるiTに革新的な動きはなく、前モデルと比べると大きな違いは見られなかった。今のところiTの2019年モデルは発売されていないため、最新のiTは2018年に発売されたMC-SBU520J/MC-PBU520Jとなるが、予算を抑えたい場合は価格が下がっている前モデルもおすすめである。
.

mc-sbu820-mc-sbu620-特徵

(MC-SBU410J/310J)との違い

●ハイパワーモーター搭載で吸引力アップ New
●長い時間の掃除に便利な「ロングモード」搭載 New
●ノズルを付け替えずに隙間の掃除ができる「親子ノズル」搭載 New
●軽さと剛性を兼ね備えた「セルロースファイバー樹脂」 New
●ゴミの有無がわかる「クリーンセンサー」搭載
●ヘッドは壁際の掃除に強い「ガバとり構造」
●ヘッドの「回転ブラシを停止する機能」搭載
●スティック時の重量が600g重たくなる New
●吸込仕事率:200W~約10W
※強モードで約6分が200W、6分後は100W
●バッテリーの仕様:28.8V/1600mAh
●MC-SBU820J/620Jの交換バッテリー:AVV97V-QQ
●取扱説明書:MC-SBU820J/MC-SBU620J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコン:CM動画 1/2/3

POWER CORDLESS(サイクロン式)

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU820J-アイコン MC-SBU820J
MC-VGS8000
2.5kg 0.2L 自動:18~40分
ロング:50分/65分*
強:6分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
ふとん清潔ノズル
ロングホース
スタンド式充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-SBU620J-アイコン MC-SBU620J
MC-VGS6000
2.5kg 0.2L 自動:18~40分
ロング:50分/65分*
強:6分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
ふとん清潔ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

*ヘッドの回転ブラシを停止させて使用した運転時間

第一弾目となるPOWER CORDLESSは高電圧+大容量のバッテリーを搭載したことにより、同社のスティックコードレス史上最高の吸引力を実現。このモデルから吸引力の目安となる吸込仕事率を公表しており、同じく吸込仕事率を公開しているダイソンの2018年モデル(V10)を凌駕する200Wとなっている。ただし、吸引力を向上させるために高トルクブラシレスモーターとリチウムイオン電池を8セル搭載したことにより、重量が従来モデル(MC-SBU410J/MC-SBU310J)より約600gも重たくなっている。その他にノズルを延長管に着脱することなく狭い隙間を掃除ができる「親子ノズル」を搭載。
.

2019年 ラインナップ

mc-sbu530j-mc-sbu430j-特徵

前モデル(MC-SBU820/MC-SBU620)との違い

●プリーツフィルタが「8気筒遠心分離ユニット」変更 New
●吸引力が20%ダウン New
●重量が100g軽くなる New
●ノズルを付け替えずに隙間の掃除ができる「親子ノズル」不採用 New
●本体を立て掛けて収納できる「充電台」が付属されてない New
●ヘッドは壁際の掃除に強い「ガバとり構造」採用
●ゴミの有無がわかる「クリーンセンサー」搭載
●吸込仕事率:140W~約10W
※強モードで約6分が140W、6分後は約90W
●バッテリーの仕様:28.8V/1650mAh
●交換バッテリー:AVV97V-TY(セルフ交換可)
●取扱説明書:MC-SBU530J/MC-SBU430J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコン:CM動画なし

POWER CORDLESS(サイクロン式)2019/6

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU530J MC-SBU530J
2019年6月
2.4kg 0.1L 自動:9~25分
ロング:40分/60分*
強:6分
3時間 ブラシ付きすき間ノズル
ペタすき間ノズル
ふとん清潔ノズル
3段伸縮ロングすき間ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-SBU430J MC-SBU430J
2019年6月
2.4kg 0.1L 自動:9~25分
ロング:40分/60分*
強:6分
3時間 ブラシ付きすき間ノズル amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-SBU430J/MC-SBU530Jは、前年モデルの(MC-SBU820/MC-SBU620)や同年に発売された(MC-SBU830/MC-SBU630)と同じ「POWER CORDLESSシリーズ」となるが、特徴が異なるタイプのモデルと考えたほうがよいだろう。従来モデルはダストカップ内で大きなゴミを遠心分離し、微細なゴミはフィルターで分離していたのに対し、新モデルではダストカップ内で遠心分離できなかった微細なゴミを8つの円錐形サイクロンで遠心分離。ダイソンと同じフィルターが目詰まりしにくい「2段式サイクロン構造」を採用したため、フィルターのお手入れの頻度が減る+強い吸引力を維持できる特長を持っている。同シリーズの他機種より吸引力が約30%低下しているものの、うんざりするフィルターのお手入れをしたくない人にはメリットは大きい。

*ヘッドの回転ブラシを停止させて使用した運転時間

.

mc-sbu830-mc-sbu630-特徵

前モデル(MC-SBU820J/620J)との違い

●ハイパワーモーター搭載で強モードの吸引力アップ New
●スティック時の重量が100g軽くなる New
●延長管を3.5cm短くし持ち上げ時の負担を20%軽減 New
●ハンドルグリップ部に滑り止め加工、握りやすさが向上 New
●バッテリー容量20%アップ→自動モードとロングモードの運転時間が向上 New
●ヘッドは壁際の掃除に強い「ガバとり構造」採用
●ノズルを付け替えずに隙間の掃除ができる「親子ノズル」を搭載
●ゴミの有無がわかる「クリーンセンサー」搭載
●ヘッドの「回転ブラシを停止する機能」搭載
●吸込仕事率:205W~約10W
※強モードで約6分が205W、6分後は130W
●バッテリーの仕様:28.8V/1,950mAh
●交換バッテリー:AVV97V-TU(セルフ交換可)
●取扱説明書:MC-SBU830J/MC-SBU630J
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
Youtube アイコン:CM動画 1/2/3

POWER CORDLESS(サイクロン式)2019/8

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU630J MC-SBU830J
2019年8月
2.4kg 0.2L 自動:23~50分
ロング:60分/90分*
強:6分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
ふとん清潔ノズル
ロングホース
スタンド式充電台
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
MC-SBU830J MC-SBU630J
2019年8月
2.4kg 0.2L 自動:23~50分
ロング:60分/90分*
強:6分
3時間 すき間用ノズル
ペタすき間ノズル
ふとん清潔ノズル
amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー

*ヘッドの回転ブラシを停止させて使用した運転時間

本体フォルムや型番からMC-SBU620J/MC-SBU820Jの後継モデルと考えて間違いないだろう。前モデルとの大きな違いはモーターの軽量化と延長管の長さを見直したことで、手首や腕にかかる負担を軽減させたこと。さらにファン回転数を約30%アップしたことで、クラストップの吸込仕事率を実現している。ただし、吸引力や重量に大きな差がないうえ、機能面に革新的な動きはなかったため、予算を抑えたい場合は前モデル(MC-SBU620J/MC-SBU820J)もおすすめである。
.

MC-SB30J

MC-SB30Jの特徴

●腕に負担がかかりにくい軽量タイプ
●吸込仕事率:100W~約20W
●運転時間:通常20分/強6分
●軽さと吸引力のバランスに配慮した直線レイアウト
●用途に応じて握る位置が変えられるマルチグリップ
●「壁ぎわ集じん」搭載の小型軽量パワーノズル
●吸引力の強い中央にゴミを集めるV字ブラシ
●フローリングを綺麗にする床の接触点数が多いY字ブラシ(緑)
●絨毯深部のゴミを掻きとる硬いナイロンブラシ(白)
●プラグを直接本体に差し込んで充電ができる立てかけ充電
●壁に立てかけても倒れにくい「際ピタゴム」
●公式ページ:商品概要/プレスリリース
●バッテリーの仕様:18V/1,650mAh
●交換バッテリー:AVV12V-U9(セルフ交換可)
●取扱説明書:MC-SB30J
Youtube アイコン:CM動画 1/2

POWER CORDLESS(サイクロン式)2019/10

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SB30J MC-SB30J-W
MC-SB30J-H
2019年10月
1.6kg 0.15L ON:20分
HIGH:6分
3.5時間 すきま用ノズル amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
2018年までのパナソニックのハイエンド機は、吸引力や運転時間を重視したタイプのみの発売であったが、2019年から吸引力と運転時間を重視した「パワータイプ」だけでなく、MC-SB30Jのようなメイン機として使える吸引力を持ちつつ、軽さや使い勝手にウェイトを置いた「軽量タイプ」の両タイプを揃えてきた。
.

MC-SBU1F-特徵

ざっくりまとめると

●広範囲から狭い隙間まで掃除ができる「たてよこノズル」を搭載
●フックに引っ掛けられるストラップ搭載
●ごみ捨て+フィルタお手入れを知らせる「ごみ捨てランプ」搭載
●吸込口からフィルタへと一直線に空気が流れる構造
●吸込仕事率:数値での表記なし
●バッテリーの仕様:10.8V/1600mAh
●交換バッテリー:AVV97V-TB
●取扱説明書:MC-SBU1F
●公式ページ:商品概要/プレスリリース/
Youtube アイコン:CM動画なし

ハンディスティック掃除機(フィルター式)

イメージ モデル 重量 集塵容量 運転時間 充電時間 付属品 口コミ
MC-SBU1F MC-SBU1F 0.75kg 0.06L 強:7分
弱:30分
4時間 極細すき間用ノズル amazonレビューレビュー
楽天レビューレビュー
管理人レビューレビュー
2019年にキャニスター掃除機のサブ機として最適なコンパクト+軽量なハンディ・スティック掃除機を発売。同社の「iT」や「POWER CORDLESS」のようなハイエンド機と違い、低電圧(10.8V)のバッテリーを搭載しているため、本格的な掃除はできないが、目についたゴミをサッと吸い取る用途では最適。ヘッドには車輪がついていないため、カーペットやラグのような抵抗のかかる床面の掃除には不向きとなる。微細なゴミを吸引するとフィルターがすぐに目詰まりする設計のため、お手入れの手間を軽減させるためにフィルターとダストカップのあいだにティッシュを挟むことをマニュアルで推奨している。
.

よくある質問

どういったモデルが吸引力が強いの?

基本的にパナソニックのコードレスクリーナーは電圧の高いバッテリーを搭載したモデルのほうが吸込仕事率の指標となる吸引力が高くなっている。このため、現行機種の中から吸引力にウェイトをおきたい場合は、28.8Vのバッテリーを搭載しているモデルを選ぶとよいだろう(電圧は比較表に掲載)。ちなみに、2019年に発売された「JMC-SBU530J/MC-SBU430J」は前モデルである「MC-SBU820/MC-SBU620」より吸引力が20%低下しているが、2段式サイクロン構造を採用しているため、フィルターが目詰まりしにくい特長を持っている。また、ダイソンの電圧より高いため、比較的新しいモデル「V10/V11」に匹敵するほどの吸引力を持っていると考えてよいだろう。
.

バッテリーは自分で交換できるの?

基本的にパナソニックのコードレスクリーナーは自分でバッテリーを交換することができる。バッテリーは「Panasonic Store」や「楽天市場」などで注文することができ、説明書を見ながらドライバー1本で交換することができる。※ただし、2017年に発売された「MC-SBU410J/MC-SBU310J」については、バッテリーが販売されておらず自身での交換を行うことができない。このため、クリーナーを購入した販売店や、購入した販売店に行けない場合・不明な場合は同社による相談窓口(0120-878-554)から依頼する必要がある。
.

POWER CORDLESSの強モードの連続運転時間は6分なのに6分後に吸引力が半減するってどういうこと?

2018年以降に発売されたPOWER CORDLESSシリーズのモデルには吸引力の目安となる吸込仕事率が表記されている。しかし、例えば「MC-SBU820」の場合、強モードの連続運転時間が6分にかかわらず、「吸込仕事率が強モードで約6分が200W、6分後は100W」という説明がされているため6分以上使用できるのかと疑問に思ってしまう。基本的に強モードの使用時間はスペックに記載している通り約6分となるが、ゴミの量や種類によって6分以上使用できることもあり、その際に吸引力が半減するようである。ちなみに、残量が0になるまで使用する行為は、バッテリー劣化の要因となるため、パワーが弱くなったと感じたらすぐに充電するようにしよう。
.