メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ
スポンサーリンク

掃除機マニアがジャパネットたかたのダイソンは買いなのか本気で調べてみた【チャレンジデー】

ジャパネット(Dyson V10 SV12 MH YE)ジャパネットたかた
スポンサーリンク

GW特別価格 ダイソンコードレスV8スリムは安いの?5/8〆

ジャパネット V8 Slim Fluffy
現在、「ジャパネットたかた」からGW特別価格として販売されているV8スリムは、ダイソンから2019年に発売されたV8 Slim Fluffyに「フトンツール」と「ハードブラシ」が付属されたモデルです。

V8はダイソンから2016年に発売されたシリーズで、2016~2017年までの基礎的なスペック(パワーやスタミナ)が高いフラッグシップ機(最上位モデル)を務めていました。

そして、V8 Slim Fluffyは2019年にV8シリーズから新しくラインナップされた軽量タイプのモデです。従来のV8と本体仕様に相違点はありませんが、クリーナーヘッドが小型+軽量化された他に、ストレートパイプが約6cm短縮化されています。

V8 slim ラインナップ

公式でラインナップされている軽量化されたV8 Slimは、「V8 Slim Fluffy」と「V8 Slim Fluffy+」の2機種がラインナップされており、今回ジャパネットたかたからGW中に販売された「V8 Slim Fluffy」より、公式仕様の「V8 Slim Fluffy+」のほうが付属品が豊富です。

そして、この「V8 Slim Fluffy+」は現在40,000円(価格ソース)まで下がっているため、お支払総額 41,340円(送料990円/下取手数料550円)のジャパネット「V8 Slim Fluffy」はお買い得だと感じません。わたしなら、迷わず「ミニモーターヘッド」や「LED隙間ノズル」が付属された「V8 Slim Fluffy+」を選びます。

マキタ菌
マキタ菌

今回のジャパネットダイソンは流したほうがよさそうです。

ジャパネットなどの通販サイトから、ダイソンや他社のコードレスクリーナーが特価で発売されたらつぶやくアカウントはこちらからどうぞ。

.

ジャパネットチャレンジデーのV10は安いの?3/20〆

ジャパネット(Dyson V10 SV12 MH YE)

マキタ菌
マキタ菌

2021年の春分の日(3/20)に開催されたジャパネットチャレンジデーにDyson V10が登場しました。このページはジャパネット限定モデルの(V10 SV12 MH YE)の特徴や価格が安いのかをまとめています。ジャパネットなどの通販サイトから、ダイソンや他社のコードレスクリーナーが特価で発売されたらツイートしているアカウントはこちらからどうぞ。

V10ってDysonからいつ発売されたシリーズなの?

V10とV11の発売日と位置付け
V10シリーズはDysonから2018年に発売されたシリーズで同年のフラッグシップ機となります。現在、基礎的なスペックが一番高いフラッグシップ機は2019年に発売されたV11となるため、V10はパワー重視タイプの1つ型落ちのシリーズとなります。

Dyson(Micro1.5kg/Digital Slim/V10/V11)

マキタ菌
マキタ菌

ダイソンは2018年まで愚直に吸引力の強いモデルを毎年発売してきましたが、現在は消費者のニーズに合わせ「軽量タイプ」「バランスタイプ」「吸引力重視タイプ」を用意しています。

 

V10が発売された2018年は、現在のようにまだ3極化が進んでいませんでした。V10はV11と同じ電圧の高いバッテリーを搭載しているため、現在の「吸引力重視タイプ」V11の前身となるモデルです。

ジャパネット限定仕様(V10 SV12 MH YE)が搭載しているクリーナーヘッドの特徴

ダイソン-ダイレクトドライブクリーナーヘッド(Animal)」の特徴

DYSON-クリーナーヘッドの特徴
現在、Dysonに搭載されているクリーナーヘッドは「ソフトローラークリーナーヘッド」「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」3種類に大別され、チャレンジデーに登場した[V10 SV12 MH YE]は、カーペットに特化した「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」を標準装備しています。

このヘッドの特長はカーペットの深部に入り込んだ微細なゴミや、カーペットに絡みついた髪の毛・ペットの毛を掻き出す集じん力が、ほかのどのモデルよりも優れていることです。また、ヘッドは幅広なワイドタイプなので、広い床面を効率よく掃除ができるメリットも存在。

V10とV11のクリーナーヘッドの違い

マキタ菌
マキタ菌

絨毯清掃に特化したダイレクトドライブクリーナーヘッドは、カーペットにおける集じん力が高い硬いナイロンブラシと、毛足が長いカーペットでもローラーが停止しにくいブラシパワーを兼ね備えているので、ハウスダストで悩んでいるアレルギー体質の方や、抜け毛の多いペットを飼っている家庭におすすめのモデルです。

 

ちなみに、大小のゴミを同時に吸い取ることができる人気のソフトローラークリーナーヘッドは公式の[掃除機ツール]のページから単品で注文することが可能です。自己責任となりますが、Amazonで出品されている[並行輸入品]であればさらに安く買い求めることもできます。

最新のパワータイプ(V11シリーズ)との大きな違い

ダイソン V11 バッテリーの残り時間確認方法(液晶ディスプレイ)
  • 液晶ディスプレイを搭載(V11)
  • MAXモードの吸引力が25%向上(V11)
  • 運転音11%低減(V11)
  • 本体にツールを収納できるツールクリップ付属(V11)
  • ストレートパイプを10cm短縮化(ジャパネットV10 )

V10とV11シリーズの違いは上記となりますが、大きな違いは「液晶ディスプレイ」の有無です。液晶ディスプレイの最大の利点は、各運転モードの詳細な運転時間が表示されることです。残りの運転時間がリアルタイムで表示されることにより、掃除の途中でバッテリー切れを起きることがなくなりました。

V10とV11の残量表示

なぜなら、残りの運転時間が少なくなった場合、節電効果のある運転モードに切り替えることができるからです。V10にはバッテリーの残量が分かるインジケーターが搭載されていましたが、バッテリー残量がざっくりとしかわからないため、突然バッテリー切れを起こすことがよくありました。

女性にも使いやすいDYSON

また、ジャパネットオリジナルモデルのV10は、ストレートパイプがDyson公式のV10やV11(2019年モデル)と違い、約10cm短縮化されています。このため、背丈が低いアジア人でも使いやすくなっており、平均身長が低い女性やお年寄りでも抵抗なく使える設計になっています。

V10とV11の吸引力の違い

マキタ菌
マキタ菌

型落ちと言ってもV10はV11と同じ25.2Vのバッテリーを搭載しているため、吸引力は強い部類に入るモデルです。詳細な運転時間が分かる液晶ディスプレイが必要ないのであれば、アタッチメントが全て付属された39,340円のV10は予算重視の方にはおすすめです。V11は安いモデルでも6万円台となるからです。(価格.com調べ)。

 

ジャパネット限定仕様(V10 SV12 MH YE)って安いの?

ダイソン:フトンツールフトンツール4,400円
ダイソン:ハードブラシハードブラシ5,500円
ダイソン:ミニソフトブラシミニソフトブラシ5,500円
ダイソン:延長ホース延長ホース5,500円
ダイソン:スキマノズル隙間ノズル1,650円
ダイソン:ミニモーターヘッドミニモーターヘッド8,800円
ダイソン:コンビネーションノズルコンビネーションノズル1,980円
Dyson-ローリーチアダプタローリーチアダプタ不明
公式モデルにないツール
収納用ブラケット収納用ブラケット4,400円

上は(V10 SV12 MH YE)に付属されている付属品と価格(公式ページ参照)です。ボタン1つでパイプを曲げることができ、腰を曲げずに立ったまま家具下などの奥まった場所も掃除ができる「ローリーチアダプタ」だけ、日本モデルには付属されなかったので、価格はわかりかねますが、その他の付属品の合計金額だけでも37,730円になることを考えると、ジャパネット仕様の39,340円という価格は安いです。V10やV11でもこれだけアタッチメントが付属されたモデルを安く買うことは難しいです。

ジャパネット 下取り対象掃除機

マキタ菌
マキタ菌

20,000円の下取り割引を受けるには、不要になった掃除機(キャニスター/充電式/ロボット式等)を用意しておく必要があり、下取りをしなかった場合は57,800円となるので注意が必要です。下取りにだす掃除機は、破損の有無やメーカーは問われませんが、箱に引き取り品を入れて準備しておく必要があります。※下取りについては、離島など一部地域は対象外となります。

まとめ

V10とV11の発売日と位置付け

現在がDyson公式が推しているシリーズは、最も軽い[Micro 1.5kg]、軽くて強い[Digital Slim]、最も強い[V11]となります。今回ジャパネットのセールで登場したV10はV11の前年モデルとなり、V11との大きな違いは詳細な運転時間が確認できる「液晶ディスプレイ」の有無となります。

Dysonのパワー重視タイプが欲しいけれど、最新のV11は高くて手がだしにくい人には、39,340円のジャパネット仕様(V10 SV12 MH YE)はお買い得だと思います。V10は全長が長くて使いにくいという批判も散見されますが、短縮化されたパイプが採用されているので、女性や年配者にも使いやすくなっています。

マキタ菌
マキタ菌

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ジャパネットなどの通販サイトから、ダイソンや他社のコードレスクリーナーが特価で発売されたらつぶやくアカウントはこちらからどうぞ。

 

V10とV11の仔細な違いが知りたい場合は、「Dyson V10とV11の違い」のページをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました