スポンサーリンク

紙パック式キャニスター掃除機にサイクロンアタッチメントを装着する方法

紙パック式キャニスター掃除機にサイクロンアタッチメントを装着する方法ノズル・アクセサリ

キャニスター掃除機

まだキャニスター掃除機の吸引力は我が家に必要!!

コードレス掃除機を使いはじめてからというものの、一時はコード式のキャニスター掃除機の使用頻度が少なくなったが、飼いはじめた猫が成猫になってから、コードレスでは取り切れない猫の毛やトイレ用の砂が発生するようになったため、キャニスター掃除機の使用頻度がまた高くなった。

ちなみに、コードレスクリーナーはサイクロン式のものを愛用しているが、キャニスター掃除機の場合は集じん方式がサイクロン式だとコードレスクリーナーよりゴミ捨て時に埃が舞い上がりやすいため、ゴミ捨てが簡単な紙パック式のBe-K(TC-FXD5J-A)を使用している。

.

上級の紙パックを使うとランニングコストがかかる…

現在、Be-Kの紙パックは5種類がラインナップされており、ランニングコストがかかるものの、全盛期は「抗菌」+「消臭」+「アレルパンチ」で排気がクリーンな[MP-9]や[MP-7]を使用していた。

ところが2020年から収入が大きく減少したため、アレルギーの原因となるアレルゲンを制御する天然ポリフェノールが採用されてない安価な紙パック[MP-3]を使用し続けている。

.

マキタ-サイクロンアタッチメント

サイクロンアタッチメントを装着すれば、紙パックの消費が軽減されるから上級の紙パックに戻れる!?

さらに今後、新型コロナウィルスの影響により収入が下がりそうなため、「抗菌」「消臭」効果もない[MP2]に成り下がる可能性が高い。

このため、紙パック式のキャニスター掃除機に紙パックの消費を抑えることができるマキタのサイクロンアタッチメント装着してみることに。

うまくマキタのサイクロンアタッチメントを取りつければ紙パックの消費が大幅に軽減するため、以前使っていた「抗菌」+「消臭」+「アレルパンチ」効果が搭載されている[MP-9]を取り付けることも可能だろう。

.
スポンサーリンク

キャニスター掃除機にサイクロンアタッチメントを取り付ける方法

サイクロンアタッチメント

サイクロンアタッチメントを購入する

現在、自社の充電式クリーナー専用サイクロンアタッチメントはマキタやリョービのような電動工具メーカーだけでなく、開発元でないサードパーティ製も販売されている。

ダストカップを簡単に着脱できるラッチ式を採用したマキタの(A-67169)がおすすめだが、予算を抑えたい場合は安価な「HFeng」「Bisoff」のものを選ぶとよいだろう。

現在、マキタのサイクロンアタッチメントは(A-67169)(A-70063)(A-68856)の2種類のモデルがでており、接続部分が長くて抜けにくい旧モデル(A-67169)のほうがキャニスターに適している。

マキタ ストレートパイプ(延長管)[451241-5]

ストレートパイプ(延長管)を購入する

サイクロンアタッチメントに装着するストレートパイプはマキタのものを使用。前述したメーカーのサイクロンアタッチメントもマキタ用に設計されているため、マキタのものを取り付けることができる。

マキタの充電式クリーナーに標準付属されているストレートパイプは単品でも販売されており、型番は[451241-5]となっている。

Amazonや楽天市場でも販売されているが、定価は300円前後くらいのものなので価格が変動して割高になっている場合は、モノタロウ・ヤフーショッピング・ヨドバシ等で検索してみよう。

マキタ 充電式クリーナー 床用ヘッドの種類

フロアに適した床用ヘッドを購入する

  • 標準付属ヘッド[23486-2
  • フロアカーペットノズル[A-59950
  • じゅうたん用ノズル[A-37546
  • 切替ノズル[A-61335

現在、マキタの充電式クリーナーに取り付けられる床用ヘッドは、[標準付属ヘッド][フロアカーペットノズル][じゅうたん用ノズル][切替ノズル]の4種類がラインナップされている。

DIYや建築現場等で木材の切り屑を吸引する場合は、同社の充電式クリーナーに標準付属されている[標準付属ヘッド]が最適である。なぜなら、[フロアカーペットノズル]より吸込口の奥行きが広く、不定形なゴミを効率よく吸引できるからである。

家庭で使用する場合は、[フロアカーペットノズル]がおすすめである。なぜなら[標準付属ヘッド]よりヘッドを軽い力で前後に滑らせることができるうえ、エチケットブラシでカーペットに絡みついた髪の毛やペットの毛等を集じんできるからである。

基本的にマキタの充電式クリーナーの床用ヘッドは幅が狭いため、広い場所を効率よく掃除ができないデメリットが存在。掃除をする範囲が広い場合は、全幅が320mmある[切替ノズル]がおすすめである。ナイロンブラシを出し入れすることができ、絨毯に絡みついた毛や奥深くに入り込んだ塵を掻き出せる。

サイクロンアタッチメント(ゴムロール)

サイクロンアタッチメントにゴム板を接着する

基本的にDIYでは集じんホースと集じんアダプターのサイズが微妙に合わない場合はテープなどを巻きつけて微調整するのだが、キャニスター掃除機の吸込口とサイクロンアタッチメントの接続部のサイズに約2mmほどの大きな差があったためテープを巻きつける方法を断念。
色々模索した結果、ゴムロール(ゴム板)を巻きつける方法がベストだと感じた。ゴムロールだと色々な厚みのサイズがあるので各種メーカーの掃除機に合わせやすい。また、ゴムは弾性力があるので差込口にテーパーがついていてもしっかり差し込めることができ、ヘッドに負荷のかかる絨毯等を掃除してもサイクロンアタッチメントが抜け落ちることもなかった。価格も数百円と安価で販売されているので経済的。

集じん接続アダプター

家には写真以外にも様々な集じん接続アダプターがあるのだが、どれをつかってキャニスター掃除機とサイクロンアタッチメントを接続しても、掃除中にサイクロンアタッチメントが抜け落ちることがあった。特にカーペットのようにヘッドをストロークさせる際に負荷のかかりやすい床面で抜けることが多かった。その他に、キャニスター掃除機の吸引力が強すぎてマキタのヘッドだと床面に張り付きやすい設計になってるのも要因の1つ。

サイクロンアタッチメントとキャニスター掃除機の直径

後述するゴムロールを購入する前にサイクロンアタッチメントを差し込むキャニスター掃除機の吸込口の内径をノギス等(100円ショップでも入手可能)で測る。家のキャニスター掃除機は若干テーパーがついており、おそらく奥の方の内径は約36mmであった。そして、サイクロンアタッチメントの接続口の外径は約32mmなので、厚さ2mmのゴム板かゴムロールをサイクロンアタッチメントの接続口に巻きつければぴったりのサイズとなる。

ゴムロール 切断

サイクロンアタッチメントに巻きつけるゴムは東京防音の天然ゴムロールを使用(購入したときの価格は巾50mm・長さ1mで158円)。ゴムロールやゴム板は色々なサイズの厚みが販売されているので、メーカー各種の掃除機や集塵機にも対応。ゴムの長さ=サイクロンアタッチメントの外径(約3.2cm)×円周率(3.14cm)となる(約10cm)。

ボンド/両面テープ

ゴム板をサイクロンアタッチメントに接着する方法は、ゴムと樹脂に対応したボンドか強力な両面テープを使用。今回はナイスタックの超強力タイプの両面テープを使って接着することに。ゴムはテープにひっつきにくいが、ドライヤーやヒートガンで温めながら貼り付けることでしっかり固定することができた。ボンドを使用する場合はプラスチック部分を粗いヤスリで小さい傷をつけたほうが剥がれにくい。

両面テープ 圧着

熱で温めて柔らかくなった粘着剤が冷めて固まるまでタイラップを利用して圧着。もちろんボンドの場合も硬化するまで圧着したほうがしっかりと接着される。タイラップがない場合は紐などでぐるぐるにきつく縛るとよいだろう。不安症なのでこの状態で1日放置した。

キャニスター掃除機にサイクロンアタッチメント装着

キャニスター掃除機に取り付けて1週間ほど使用しているが、サイクロンアタッチメントが掃除中に落ちることはなかった。また、両面テープも剥がれることなくゴム板はしっかりと固定されている。
強モードYoutube アイコン4:56
現行の充電式クリーナーでは決して体感できない吸引力!これならストレスフリーで掃除ができると思ったものの、あまりに吸引力が強すぎるため、コンパクトなマキタの床用ヘッドでは逆に床に張り付く力が強すぎてヘッドを前後に滑らせにくい結果に。特にヘッドにかかる負荷はカーペット・ラグ・ジョイントマットで発生し、吸引モードを下げないとヘッドを動かせないほど。また、紙パックがゴミで一杯になっている状態で強モードを使用すると、運転音が目詰まりしたような高音になり吸引モードが自動で切り替わったことから、モーターに負荷がかかっていると考えられる。紙パックにゴミが詰まってない状態だとこの減少は怒らなかった。
中モードYoutube アイコン5:16
強モードで説明したようにマキタの床用ヘッドはヘッドと床との隙間が狭いうえ、コンパクトな設計になっているため、床に張り付こうとする力が強い。中モードでは強モードより軽い力でヘッドを前後に滑らせやすくなり、個人的には中モードのほうが掃除がしやすかった。なお、フロアカーペットノズル[A-59950]だと、カーペットやフローリングでさらに軽い力でヘッドをストロークさせるこことができることから、家庭用として使う場合はフロアカーペットノズルのほうがおすすめである。
弱モードYoutube アイコン5:35
弱モードは運転音が静かなので、早朝や深夜にやむを得ず掃除機をかけるときに使用することがあった。一番吸引力が弱いモードであるものの、家庭に落ちているゴミやDIYで発生する木屑は、ヘッドをゆっくり滑らせればしっかり吸引することができる。

ダストケース内のゴミ

床用ヘッドから吸い込んだ空気とゴミはサイクロンアタッチメントのダストケース内で強力に遠心分離されるため、紙パックもすぐには一杯にならないだろう。ダストケースの集じん容量が小さいため、ゴミをこまめに捨てる必要はあるが、このまま紙パックの消費が劇的に軽減されれば、排気が綺麗な備長炭配合の紙パック[MP-9]を掃除機本体にセットしたい。

サイクロンアタッチメント(ゴミの分離能力)

6/12追記:キャニスター掃除機にサイクロンアタッチメントを装着してから23日が経過した。あれから、毎日キャニスター掃除機で家中まるごと掃除をしていたが、マキタのサイクロンアタッチメントをくぐり抜けて紙パックに到達した目に見えるゴミは写真に写ってるものだけであった。この分離能力なら紙パックの消費は大幅に軽減することはできるだろう。ただし、超微細なゴミ(粉塵)も紙パックの中の表面に付着していたため、運転音が目詰まりをしたときのような高音になった場合は、ゴミが一杯でなくとも紙パックを交換したほうがよいだろう(モーターに負荷がかかっているため)。

サイクロンアタッチメント 電動工具 集じん

SANEIやカクダイの「洗濯機用排水ホース」に接続すれば、電動工具や木工機などで発生する木屑や大鋸屑の集じんもすることができた。ただし、ダストケースの集じん容量が小さいため、手押しカンナや自動カンナ等のように一瞬で木屑が大量に発生するような木工機の集じんには不向きである。ホースの固定には「手締めホースバンド 25-40」を使用。
.
紙パック式キャニスター掃除機をサイクロン方式にする方法(ランニングコストゼロ化計画)
この記事の動画はこちらからどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました