メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ

R36DA

スポンサーリンク
ブログ

R36DAの排気をクリーンにする方法(互換性のあるHEPAフィルター)

R36DAはパワフルだが排気が汚い!? ハイコーキのマルチボルトシリーズ(36V)から新しく発売されたR36DAは、マキタクリーナー愛好家の筆者がCL181FDから鞍替えするほど吸込仕事率の仕様が高く、実際に強い吸引力には大変満足して...
ブログ

ハイコーキのR36DAを二ヶ月間使用した正直な感想

R36DA(SC)の実機レビュー 業界初となる36Vのスティックコードレスクリーナー 2020年10月22日に工機ホールディングス株式会社の電動工具ブランドから、新しいコードレスクリーナーが発売された。新モデルは集じん方式が異な...
ブログ

ハイコーキの一段式サイクロンユニットを使った感想

18Vシリーズに1段式サイクロン構造のモデルがラインナップ 2020年12月17日にハイコーキの18Vシリーズから新しいコードレスクリーナーが3モデル発売された。18Vシリーズに新しくラインナップされたモデルの大きな違いは集じん方...
ノズル・アクセサリ

[2段サイクロン式ユニット]と[サイクロンアタッチメント]の吸引力比較(ハイコーキ/マキタ)

と吸引力比較 ハイコーキのR36DA(SC)に標準装備されていると、マキタの外付け式の吸引力比較を行ってみた。サイクロンを2段式にすることにより、1段式よりフィルターが目詰まりしにくくなるメリットがあるものの、強い吸引力や慣れたゴ...
ブログ

ハイコーキ R36DA(SC)の2段サイクロン式ユニットを他のモデルに取り付けられるのか試してみた

2段サイクロン式ユニットを搭載した36Vコードレスクリーナーを購入したものの、木工で使用すると、ダストケースのお手入れが面倒に感じたり、集じん容量が小さくてゴミがすぐに一杯になるため、このまま使い続けるとうんざりしてくるだろうなと悟った...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました