メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ

マキタ

スポンサーリンク
ダイソン

【2022年版】マキタとダイソンの運転音はどっちが静かなのか検証してみた!

マキタとダイソンの掃除機はどっちがうるさい? コードレス掃除機が主流になってからというものの、掃除機に費やす時間が増えたため、清掃中の騒音が気にするようになった人も多いようです。 そのためか、運転音の大きさで定評があったダイ...
ブログ

マキタの「CL003G」を3ヶ月使ってみた感想を正直レビュー!メリットとデメリッを分かりやすく解説

40Vmaxシリーズから充電式クリーナー(CL003G)が新登場 2021年のラインナップ数 2022年のラインナップ数 今後、マキタが最も注力するシリーズ(40Vmax) 最近のマキタは同社が展開する電動工具の40Vm...
ブログ

マキタのCL003Gでカーペットについた猫の毛を吸い取りたいならフロア・カーペットノズルが最適!

標準装備されている床用ヘッドの欠点 マキタのCL003Gを建築現場や商業施設でなく、家庭用の清掃で使ってみたいものの、カーペットをしっかり掃除ができるのか気になる人もいるのではないでしょうか? 同社の充電式クリーナーを使った...
スポンサーリンク
ブログ

CL003GにHEPAフィルターをつけたらどれくらい吸引力は低下する?

HEPAフィルタを取りつけたら吸引力が低下しないか心配 CL003Gに標準付属されている高機能フィルター(30~35μm微粒子を95%捕集)は、目に見えない微細な粉じんをキャッチする捕集効率が低いため、クリーナーから排出される排気...
ブログ

サイクロン装着時の「CL001G」と「CL003G」の吸引力はどっちが強いのか検証

吸引力の差ってどれくらいあるの? マキタの充電式クリーナーは、空気とゴミを遠心分離し、吸引力を長続きさせるサイクロンアタッチメントを装着して使用することが主流になっていますが、サイクロンユニットを本体部分と一体化したモデルが40V...
ブログ

マキタのCL003Gの集じん容量を増やす方法(250ml→400ml)

CL003Gは集じん容量が小さい(250ml) マキタの40Vmaxシリーズに新しくラインナップされたCL003Gは、サイクロンアタッチメントを外付けしていたCL001GやCL002Gと違い、サイクロンユニットを本体部分を一体化し...
ブログ

新幹線の清掃員が使ってるマキタのモデルを調べてみた。

新幹線の掃除に使われているマキタのモデルはどれ? -中略 -ちなみに新幹線や商業施設で使われてるのはだいたい品番は分かりますか?先日スーパーで営業中にマキタのコードレスで掃除している従業員の方がいましたが、凄く静かで驚きました。 ...
ブログ

マキタのコードレスクリーナーに取り付けられるパワーヘッドの販売も近いか!?

マキタクリーナーのヘッドには回転ブラシがついていない 大手電機メーカーが販売している高機能タイプのコードレスクリーナーは、床用のヘッドの吸込口にモーター駆動の回転ブラシを搭載しているのに対し、マキタやハイコーキなどの電動工具メーカーが...
ブログ

3Dプリントされたシェードを取り付けてみた!(マキタのサイクロンアタッチメント用 目詰まりしにくいシェード)

シェードの役割 フィルターが目詰まりしにくくなる カプセルのゴミ捨て頻度が軽減される メッシュフィルタに毛・髪が絡みにくくなる ゴミが圧縮される(他社製品の場合) シェードとは国内のメーカー各社...
ブログ

サイクロンアタッチメントの改造!フィルター目詰まりによる吸引力低下をさらに抑える方法

分離された微細なゴミが飛散して本体に流入 マキタのコードレスクリーナーに外付けできる空気とゴミを遠心分離する「サイクロンアタッチメント」が発売されてから早くも3年以上が経った。最初のモデル(A-67169)は本体から抜け落ちやすい...
ブログ

使って分かったCL107FDSHWとCL108FDSHWの違い!軽量マキタを買う前に知ってほしい7つのこと

徹底的に使って分かったCL107FDSHWとCL108FDSHWの違い マキタを買う前に知ってほしい6つのこと 重量の違い 集じん容量の違い 吸引力の違い 集じん方式の違い 高機能フィルター ...
ブログ

マキタのCL001Gの運転音が静かすぎたので分解してみた。

先月購入したマキタの40maxシリーズのCL001GRDCOがあまりにも静かだったので分解して調べてみた。CL001Gは18V従来機(CL280FD/CL281FD/CL282FD)と同じ「穴あき吸音スポンジ」や「エラストマ...
ノズル・アクセサリ

マキタのブラシノズル(A-71205)の使用レビュー!家具・家電・布製品・布団・壁すべてに対応!

床・家具・凸凹・布製品・布団・壁・天井すべてに対応! マキタ菌 マキタから新しく発売されたアタッチメント(ブラシノズル/A-71205)は、“衣類に付着した花粉等の吸込みに便利”という触れ込みで発売されたが、...
ノズル・アクセサリ

伸縮性が向上したマキタのロック付クリーナ用伸縮フレキシブルホース(A-70362)

マキタからは同社の充電式クリーナー専用のフレキシブルホース(A-66260)が別売されている。フレキシブルホースは柔軟性に優れているため、アタッチメントと組み合わせることで、車内などの狭い場所から卓上・棚などの高い場所の掃除に便...
ブログ

マキタの40Vmaxからコードレス掃除機が初登場(CL001GRDW/CL001GRDO/CL001GRDCW/CL001GRDCO)特徴を解説しながら実機レビュー!

マキタの40Vmaxシリーズから発売された充電式クリーナ(CL001G)の特徴や使い方を動画や写真で分かりやすく解説しながら実機レビューした記事です。同社の性能比較表も用意しているので、今お使いのモデルや従来機との比較にも役立ちます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました