ダイソンのコードレスクリーナーに採用されているフィルターの種類とお手入れ方法を分かりやすく解説!

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

ダイソンのコードレスクリーナーに採用されているフィルターの種類とお手入れ方法を分かりやすく解説!


ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)

アイコン モデル名 発売日&仕様
Dyson DC35 レビュー DC35
レビュー記事
発売日:2011年2月
吸込仕事率:通常28W/MAX65W
Dyson DC45 レビュー DC45
レビュー記事
発売日:2012年9月
吸込仕事率:通常28W/MAX/65W
Dyson DC62 レビュー DC62
レビュー記事
発売日:2013年10月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson DC74 レビュー DC74
レビュー記事
発売日:2014年10月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson V6 レビュー V6
レビュー記事
発売日:2015年5月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson V8 レビュー V8
レビュー記事
発売日:2016年5月
吸込仕事率:通常28W/MAX115W
ダイソンV7 メニュー V7
レビュー記事
発売日:2017年5月
吸込仕事率:通常21W/MAX100W
ダイソン V10 アイコン V10
レビュー記事
発売日:2018年3月
吸込仕事率:省電力13W/通常28W/MAX130W
.

メニュー

ダイソンコードレスクリーナーの選び方 特徴 ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由
ダイソンコードレスクリーナーの吸引力を検証 吸引力 ダイソンのコードレスクリーナーをよくCMで見るけどそんなにいいの?吸引力を徹底調査
ゴミの捨て方 ゴミの捨て方 ダイソンはダストボックスの底にフタが付いているから、他のメーカーより、ゴミの捨て方が簡単
フィルターのお手入れ方法 フィルター
お手入れ方法
フィルターは引き抜くだけだから簡単に着脱可能。分離能力が優れているから、お手入れの頻度も少ない
ダイソンのノズル一覧 ノズル一覧 掃除の用途が広がる専用ツール!ダイソンのクリーナー本体に装着できるノズル・アクセサリの特徴をまとめたページです。
ダイソンコードレスクリーナーの性能比較表 性能比較表 コードレスクリーナーの〔主要スペック〕〔モーター〕〔サイクロンの種類〕〔付属品〕が一目で分かる性能比較表

多くのゴミを吸い取る4つのテクノロジー

ダイソンデジタルモーター ダイソン
デジタルモーター
パワフルな吸引力を発生させる毎分最大110,000回転する350Wのダイソンデジタルモーター(DDM)
サイクロンテクノロジーの種類 サイクロン
テクノロジー
フィルターに到達する前に微細なゴミを分離する!吸引力が落ちにくい独自のサイクロンテクノロジー
ヘッドの種類 ヘッドの種類 フローリングや絨毯から多くの微細なゴミを取り除くためにカーボンとナイロンのブラシを組み合わせた3種類の床用ヘッド
リチウムイオンバッテリー バッテリー 21.6Vのリチウムイオンバッテリー(ニッケルマンガンコバルトバッテリー)により、高い吸引力が続きます
.

ダイソンのサイクロンの構造

2段式構造のサイクロンだから面倒なフィルターのお手入れから解放される!

一般的なフィルター式掃除機は吸い込んだ空気とゴミを直接フィルターで受け止めて分離しているため、すぐにフィルターが目詰まりしやすいデメリットが存在する。一方、ダイソンのコードレス掃除機は、吸い込んだ空気とゴミを「クリアビン」と「サイクロン部」で遠心分離するため、フィルターが目詰まりしにくいメリットを持っている。このため、ダイソンの製品は一般的なフィルター式の掃除機と違い、ゴミ捨ての際に行っていたうんざりするフィルターのお手入れから解放されるのだ。

毎日掃除をしてもフィルターのお手入れは1ヶ月に一回で十分!

前述したとおり、ダイソンの製品は吸い込んだ空気とゴミを遠心分離する性能が優れている。フィルターが目詰まりしにくく、吸引力が低下しにくい長所を持っているため、フィルターのお手入れは2~3ヶ月行わなくても大丈夫である。しかし、マニュアルには、フィルターの洗浄は1ヶ月毎を推奨しているため、毎日掃除をする場合は1ヶ月に一回は行ったほうがよいだろう。フィルターが目詰まりした状態で使用するとモーターに負荷がかかり故障の原因となるため必ず定期的に水洗いしよう。

何度も繰り返し水洗いできるから紙パック式より経済的

コードレス掃除機には紙パック式を採用している製品も存在するが、紙パック式のキャニスター掃除機と違い、ゴミを溜められる容量が少ないため、ランニングコストがかかる欠点が存在する。ダイソンの製品に採用されている「プレモーターフィルター」や「ポストモーターフィルター」は水洗いすることができ、繰り返し使用することができるため経済的である。フィルターの交換は「話そうダイソンお客様相談室」から注文することができるが、アマゾンなどで販売されている「並行輸入品」のほうが価格が安いため、ネットで購入するユーザーも多い。

.

上は私が初めて購入したマキタのコードレス掃除機だ。レビューの評価は高いものの、集じん方式がフィルター式のため、ゴミを捨てるたびにフィルターをダスター刷毛でお手入れしなければいけない。フィルターのお手入れは面倒なうえ、ホコリやチリが舞いあがりやすいため、長く使っていると掃除を終えてのお手入れが億劫になるのだ。
.

プレモーターフィルター(楕円形)

◉採用されているシリーズ:DC16,DC31,DC34,DC35,DC45
◉配置場所:本体とサイクロンのあいだ
◉お手入れ目安:1ヶ月毎
◉水洗い可能

サイクロンと本体の間に配置されてる「フラットなフィルター」

ルートサイクロンが搭載されている古いモデルには、楕円形のプレモーターフィルターが採用されている。このフィルターはサイクロン部分と本体部分の間に配置されているため、フィルターを着脱する場合は、本体とサイクロン部分を切り離すというちょっとしたひと手間がかかる。ルートサイクロンは新しいモデルに比べると空気とゴミを遠心分離するサイクロン数が少ないものの、すぐに目詰まりするわけではないので、頻繁にお手入れする必要はありません。(動画参照

 

.

プレモーターフィルター(円柱形)

◉採用されているシリーズ:DC61,DC62,DC74,V6,V7,V8
◉配置場所:サイクロン上部
◉お手入れ目安:1ヶ月毎
◉水洗い可能

つまんで引き抜くだけの「差込式のフィルター」

「2ティアーラジアルサイクロン」を搭載しているモデルには、差込式のプレモーターフィルターが採用されている。従来モデルの本体とサイクロンのあいだに配置されていた楕円形のフィルターとは違い、形状は先の尖った円柱形となり、サイクロンの中央部に配置されている。フィルターは手で引き抜くことができるため、従来モデルよりフィルターを簡単かつスムーズに着脱することが可能となった。

 

.

ポストモーターフィルター

◉採用されているシリーズ:V6,V7,V8
◉配置場所:本体後部
◉お手入れ目安:1ヶ月毎
◉水洗い可能

空気清浄機のように綺麗な空気を排出

2015年以降に発売されたモデル(V6,V7,V8)には、差込式のプレモーターフィルターに加え、新しく”ポストモーターフィルター”が排気口に搭載された。ポストモーターフィルターは、空気清浄機などにも採用されているHEPAフィルターと同等の性能を持っているため、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえることができる。V6以降のモデルは、CMで流れるキャッチコピー通り、部屋の空気より綺麗な空気を排出することができるのだ。

アレルギー体質の人や小さな子供にも安心

鼻や目を不快にさせる花粉の粒径が30ミクロン、そして、さらに小さいPM2.5の粒径は2.5ミクロン。ポストモーターフィルターは、アレルギーの原因となるハウスダストをも捕獲する性能を持っている。他メーカーの掃除機を使用してアレルギー症状やクシャミがでたり、排気の臭いが気になる人には、ポストモーターフィルターが搭載されているV6以降のモデルがおすすめしたい。

上はV6シリーズの排気のデモンストレーションを実施したときの動画である。このデモンストレーションではフィルターと本体全体のフィルトレーションを見るために、スモークマシーンで大量のスモーク(煙)を発生させて、吸引口からスモーク吸引している。

このスモークマシーンは、0.25~60ミクロンのスモーク粒子サイズが放出される機械だそうだ。アレルギーの原因となるハウスダストは小さすぎて目に見えないので、ハウスダストの可視化をこころみるためにスモークを掃除機に吸わせている。

競合メーカーの製品は排気口からだけでなく、製品の継ぎ目からもスモークの漏れがたくさん発生している。一方、ダイソンの掃除機は、後部の排気口からスモークが排出されていないので、スモークをクリアビンやサイクロンで遠心分離し回収していることがわかる。さらに、製品全体の継ぎ目からも煙の漏れが発生していないことから、隙間がまったくない高い密閉性も備えていることも伺える。

 

.

プレモーターフィルター+ポストモーターフィルター

◉採用されているシリーズ:V10
◉配置場所:本体後部
◉お手入れ目安:1ヶ月毎
◉水洗い可能

最新のV10シリーズは2つのフィルターが一体型になった

2018年に発売された最新のV10シリーズには、「プレモーターフィルター」と「ポストモーターフィルター」が一体型になった”フィルターユニット”が搭載されている。サイクロン中央部に配置されていたプレモーターフィルターは、本体後部に配置されているポストモーターフィルターと一体化したことにより、V6,V7,V8よりフィルターのお手入れが簡単になった。

フィルターの排気性能は、0.3ミクロンまでの微粒子を99.97%も捕集することができるため、従来モデルと同等の性能を持っている。

さらに、V10には新たにフィルターの洗浄が必要であることをお知らせしてくれる”ライト”が搭載された。フィルターが目詰まりしたり、フィルターユニットが正しく設置されていない場合は、バッテリーの左右に配置された2つのライトが点灯する。フィルターが目詰まりしたり、フィルターが正しく設置されてない場合は、スイッチを入れることができない。

 

.

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表