スポンサーリンク

ダイソンコードレスクリーナーに搭載されているデジタルモーター(DDR)の種類と仕様

ダイソンデジタルモーター-DDM


ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)

アイコンモデル名発売日&吸込仕事率
Dyson DC35 レビューDC35
レビュー記事
発売日:2011年2月
吸込仕事率:通常28WA/MAX65WA
Dyson DC45 レビューDC45
レビュー記事
発売日:2012年9月
吸込仕事率:通常28WA/MAX/65WA
Dyson DC62 レビューDC62
レビュー記事
発売日:2013年10月
吸込仕事率:通常28WA/MAX100WA
Dyson DC74 レビューDC74
レビュー記事
発売日:2014年10月
吸込仕事率:通常28WA/MAX100WA
Dyson V6 レビューV6
レビュー記事
発売日:2015年5月
吸込仕事率:通常28WA/MAX100WA
Dyson V8 レビューV8
レビュー記事
発売日:2016年5月
吸込仕事率:通常28WA/MAX115WA
ダイソンV7 メニューV7
レビュー記事
発売日:2017年5月
吸込仕事率:通常21WA/MAX100WA
ダイソン V10 アイコンV10
レビュー記事
発売日:2018年3月
吸込仕事率:MAX130WA

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

.

スポンサーリンク

メニュー

.

ダイソンデジタルモーター(DDR)

ダイソンデジタルモーター-DDM

F1のカーエンジンもノックアウト

ダイソンのコードレスクリーナーは一般的なブラシモーターとは違い、消耗材であるカーボンブラシを必要としない。エネルギー効率の悪いカーボンブラシの変わりに、強力なネオジム磁石を採用しているため、回転子はどこにも接触せずエネルギー効率が80%以上と非常に高くなっている。

デジタルモーターは強力な磁力によって毎分約11万回で高速回転し、従来の掃除機に使用されているモーターの約3倍、F1のレーシングカーエンジンの回転数の約5倍もの速さで回転し、安定したモーターパワーはバッテリーの電圧や駆動速度が変化しても最大の性能を維持することが可能となっている。

高電圧のリチウムイオンバッテリーとデジタルモーターによって、従来のコードレスクリーナーでは成し得なかった圧倒的な吸引力を生み出し、その吸引力はヘッドを変えることによりカーペットや布団の奥深くに入り込んだ微細なゴミも吸引する。

.
Imageモーター回転数min-1出力機種
ダイソン-デジタルモーターV2デジタルモーターV2
2009~2012
104,000200WDC31/DC34
DC35/DC45
ダイソン-デジタルモーターV6デジタルモーターV6
2013~2015
110,000350WDC61/DC62
DC74/V6
ダイソンデジタルモーターV7デジタルモーターV7
2017
110,000350WV7
ダイソン デジタルモターV8デジタルモーターV8
2016
110,000425WV8
ダイソン デジタルモーターV10デジタルモーターV10
2018
125,000525WV10
ダイソン デジタルモーター V11デジタルモーターV11
2019
125,000WV11

デジタルモーターの種類

2011年に発売されたDC34とDC35には、「ダイソンデジタルモーターV2」と「ルートサイクロンテクノロジー」が搭載され、安定した吸引力を実現している。そして2012年にはDC45が登場、こちらのモデルも前モデルと同じ「デジタルモーターV2」と「サイクロンテクノロジー」が搭載され、連続使用時間が前モデルより5分長くなり、20分間使用できるようになった。

そして、2013年に画期的な動きがあり、この年に発売されたDC61とDC62には、ダイソンデジタルモーターV2より高回転かつパワフルパワフルな「ダイソンデジタルモーターV6」を搭載すると同時に、キャニスター型掃除機に採用されている「2ティアーラジアルサイクロン技術」が採用された。前モデルよりさらに強い吸引力と分離能力を兼ね備えている。

2014~2015年に発売されたDC74とV6のモデルにも、前モデルと同じ「デジタルモーターV6」と「2ティアーラジアルサイクロン」が搭載されているので、DC61/DC62/DC74/V6の吸引力やゴミの分離能力は同等となる。違いは標準装備されている「床用モーターヘッド」や「排気性能」に違いがある。

2017年に発売されたV7はV8より後に発売されたモデルであるが、2016年モデルのV8に搭載されているモーターのほうが出力が高く、バッテリー容量も大きいため、吸引力や運転時間はV7より上である。従って、現在登場している現行機種の中でフラッグシップモデル(最上位機種)は、「V8シリーズ」のモデルとなる。

2018年に発売されたV10には、「デジタルモーターV8」の性能を凌駕する「デジタルモーターV10」が搭載され、現行機種のフラッグシップモデルとなる。モーターはよりパワーを高めるために前モデルよりマグネットと固定子の数を倍に増やした。さらに、より多くの空気が流れるようにするため、インペラーの羽根同士を部分的に重ね合わせて大きな表面積を生み出し効率を向上。モーターの回転軸には、毎分125,000回転もの回転速度に耐えられるセラミックを採用。スチールの3倍の硬度を持ちながら、重さは約半分の軽量。

2019年に発売されたV11シリーズには新しい「デジタルモーターV11」が搭載された。モータのー回転数は、前モデルに搭載されていた「デジタルモーターV10」と同等の毎分125,000回となるが、モーターの先端に排気の流れを整える3段階のディフューザー(整流板)を搭載したことにより、MAXモードの吸引力がV10より約25%向上。さらにノイズの低減とモーター周りの静音設計により運転音が11%静かになっているという。

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

タイトルとURLをコピーしました