メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ!
PR

リステリンの紫(ノンアル)で味覚障害になるのまき

掃除機がけ並に口の掃除にも時間を費やしてたところ味覚障害になる

リステリンで味覚障害

朝食時にお寿司を食べていたところ、醤油とわさびの辛味を感じない舌になっていることに気づいた。味覚障害になったのかと思い、蜂蜜を舐めてみたところ甘さも感じなかった。

どうやら、前日の朝昼晩の食後に口にリステリン(青)を含みながら、10分間振動ブルブルマシンにのるというルーティンを繰り返していたことが原因のようだ。

Twitterでも「リステリン 味覚障害」で検索すると、自分と同じようにリステリンで長時間うがいをした人が味覚障害になったという口コミが散見された。

低刺激タイプ(ノンアルコール)でも味覚障害になる

リステリンの成分

ちなみに味覚障害になったリステリンはトータルケア歯周クリアのアイスミントタイプ。以前はアルコールが入っているトータルケアプラス(紫)を使用していたが、刺激が強すぎて辛かったので、ノンアルコールの低刺激タイプに変えた。

低刺激タイプのリステリンの2本目を消費したところで味覚障害になったので、おそらくいつもより長い時間をかけて口にふくんでいたことが原因だと考えられる。Twitterでもやはり口に10分以上ふくんで味覚障害になった人が散見される。

味覚障害になった原因


リステリンの紫やアルコール入りタイプでも味覚障害になったという口コミがTwitterで見られるので、味覚障害になる原因成分はアルコールの有無や色に関係はなく、リステリンに含まれている他の成分を長時間口に含むことが問題だと考えられる。

色々調べてみると、舌の表面には味蕾(みらい)という味を感じる器官が数千~数万も存在し、その味蕾を構成する細胞がリステリンに含まれている成分によって麻痺or破壊され、味覚障害が起こったのではないかと予想される。

 

リステリンの味覚障害は何日で治る?

 

1日目味覚の消失
辛い・甘さがほとんどわからない
2日目舌先と両端の味覚が少し戻る
舌の中央は味覚消失のまま
3日目舌先と両端の味覚が昨日より戻る
起床時口の中が少し気持ち悪かった
4日目舌の中央は味覚消失のまま
普通に食事を味わえるようになった
5日目舌の中央に味蕾がないことを知る

リステリンで味覚がなくなった部位

1日目:当初、すぐに味覚は戻るだろうと思っていたが、夕食時も味覚が減退したままだったので、毎朝、醤油と蜂蜜をつけた指を舌にあて、味覚がどれくらいの期間で戻るのか備忘録を記したい。

このあいだブラッシング時に使用していたリステリンは中止し、フッ素(1450ppm)配合したクリニカのみでブラッシング。

先述した味覚を感知する味蕾は10~14日という周期で再生するようなので、味覚細胞が死んでいる場合、味覚が元の状態に戻るまでには、それくらいの期間を要すると考えられる。

味蕾の細胞の再生には亜鉛が重要な働きをしているため、1日でも早く元の味覚に戻したいため、味蕾の再生に必要な亜鉛のサプリを1日の摂取基準(10mg)を摂った。

2日目:リステリンを中止しているのに起床時の口の気持ち悪さを感じられなかった。おそらく味覚がなくなったことで感じることができないのだろう。舌先と両端の味覚が少し戻る。

3日目:1~2日目の起床時は何も感じなかったが、3日目は少し口の中が気持ちいと感じた(ちなみに、リステリンを始めたきっかけは、就寝中に雑菌が増えて起床時に口の中が気持ち悪いのが嫌だからだ)。舌先と両端の味覚が昨日より少しよくなった。舌の奥も味覚が少し感じるようになり、食べ物を飲み込むときに味を感じるようになった。一方、舌中央の味覚は指につけた醤油や蜂蜜を接触させても何も感じないまま。

4日目:就寝前に重曹で10分ほどうがいをしてから、歯磨き粉でブラッシングしたおかげか、先日の様に起床時は口の中が気持ち悪くなかった。舌の中央の味覚は戻らないままだが、味覚障害になる前と同様に食べ物や飲料を味わうことができるようになった。

5日目:ひょっとして、「元から舌の中央で味を感じることができなかったのでは?」と色々調べてみたところ、どうやら舌の中央には味蕾が存在しないようだ。つまり、自分の場合は4日目で味覚が戻ったという結果に。今回、息を止めて甘いものや辛いものを舌に接触させて気づいたことだが、食材を味わうには風味を感じる嗅覚が如何に大事なのか思い知らされた。

一番刺激が少ないリステリン

これまでの使用で味覚障害になったことはないので、やはり原因はリステリンを約10分ほど口にふくんだことが原因だと考えられる。今後は、リステリンの使用方法に記載されているとおり、30秒だけ口に含むようにして、ブラッシングをするようにしたい。

追記:メーカーにトータルケアシリーズの中で一番刺激が少ないリステリンを聞いたところ、2023年8月に発売された「リステリントータルケア歯周マイルド」を教えていただいた。今までのミントの味とは異なりフレッシュで透明感のあるフルーティな味わいが口いっぱいに広がるのが特徴。

LISTERINE(リステリン) リステリン トータルケア歯周マイルド マウスウォッシュ 液体歯磨 低刺激 原因菌殺菌 ノンアルコール 1500ml お徳用 医薬部外品 薬用 フレッシュブーケ味
LISTERINE(リステリン)
¥2,271 (¥2 / ミリリットル)(2024/05/26 19:22時点)
【バイオ殺菌*¹のリステリン】有効成分がお口のすみずみまでゆき渡り、バイオフィルムの中まで浸透殺菌。トラブルの原因となる悪玉菌を減少させます。歯周病(歯肉炎・歯周炎の総称)や口臭予防にどうぞ。 *¹バイオフィルム内の悪玉菌(口臭等の原因菌)を殺菌すること。

コメント

タイトルとURLをコピーしました