この記事は約 5 分で読めます ( 約 2634 文字 )

ダイソンのアタッチメント収納方法

ダイソンはアタッチメントをまとめて収納できない

ダイソンのアタッチメント収納問題

●「収納用ブラケット」は2個しかアタッチメントを収納できない
●「V11専用充電ドック」は1個しかアタッチメントを収納できない
●「ツールクリップ」は2個しかアッタチメントを収納できない
●収納できないアタッチメントを他の場所に保管しなければいけない
●使いたいときすぐに掃除機本体にアタッチメントを取り付けられない

基本的にダイソンのスティックコードレスクリーナーに付属されている「収納用ブラケット」は、アタッチメントを2個しか収納することができないため、付属されているアタッチメントすべてを1ヶ所にまとめて収納することができない。このため、収納できないアタッチメントを別の場所に保管するため、使いたい専用ツールをすぐに使えなかったり、付属品を省スペースに収納できないことが問題となっている。

掃除機本体と複数のアタッチメントをまとめて収納できる他社の「ダイソン専用スタンド」を利用している場合は問題とならないが、収納用ブラケットを壁・ディアウォールに固定して収納していたり、V11専用充電ドックで収納している場合は、アタッチメントを省スペースにまとめられなかったり、使いたい専用ツールをすぐに取り付けられないため、不満を抱いている人も多いのではないだろうか。

ダイソンのアタッチメントを1ヶ所にまとめて収納できる収納ホルダー

アタッチメント1ヶ所にまとめて収納できる「収納ホルダー」

収納ホルダーのメリット

●アタッチメント収納部を増設できる(2個分→6個分)
●アタッチメントを省スペース+一箇所にまとめられる
●使いたいアタッチメントをすぐに掃除機本体に取り付けられる
●床用モーターヘッドも収納できるからAbsoluteに対応

そこで、前述した収納問題やちょっとしたひと手間を解決してくれるのが、アタッチメントを収納する箇所を簡単に増やすことができるダイソン専用の収納ホルダーだ。この収納ホルダーを収納用ブラケットのアタッチメントを収納する部分に差し込むと、アタッチメントの収納部を2ヶ所から6ヶ所に拡張することができるのだ。このため、アタッチメントの種類が豊富なV11 AbsoluteProに付属されている専用ツールや床用ヘッドもすべて一箇所にまとめてすっきり収納することができるのだ。

.


LANMU-ダイソン収納ホルダー(V7/V8/V10/V11専用)

V7/V8/V10/V11専用

LANMUの収納ホルダーはV7/V8/V10用として販売されているが、V11も前モデルと同じ「スムーズフィット機構」が採用されているため、V11シリーズに付属されているアタッチメントを収納することが可能であった。わたしが購入したときはAmazonで価格が1,699円で販売されていた。この手のホルダーは海外では他にも販売されているため、おそらく日本でも類似商品が出回ってくると考えられる。


LANMU-ダイソン収納ホルダー(V6以前専用)

DC35/DC45/DC62/DC74/V6専用

同社のダイソン収納ホルダーは「スムーズフィット機構」が採用されていない従来モデルに使用できるタイプも販売されていた。AmazonではV6専用と販売されているが、V6と従来モデルのアタッチメントは互換性があるため、V6以前のシリーズにも使用することが可能だろう。実際に米Amazonでは同じ商品が(DC30/DC31/DC34/DC35/DC45/DC44/DC45/DC58/DC59/DC62)にも使用できると記載されていた。現在(2019/7)の時点ではAmazonでしか販売されておらず、約1,600円で販売されている。

.

LANMU(ダイソン収納ホルダー)レビュー

わたしが購入したときは収納用ホルダー(V7/V8/V10/V11用)が2個入りで約1,700円。横幅が16cmほどコンパクトなサイズになっているうえ、収納用ブラケットに取り付けても両サイドが約13cmほど広がる程度なので省スペースにアタッチメントを収納することができた。また、収納用ホルダーは社外品となるが、ダイソンの収納用ブラケットやアタッチメント同じグレー色になっているため、収納用ブラケットと組み合わせてもまったく違和感がなく、まるでダイソンが別売している純正パーツのようだ。

ダイソン 収納ホルダー

ご覧のように1ヶ所にアタッチメントを6個収納できるため、使いたいアタッチメントをすぐに掃除機本体と組み合わせて掃除することができるようになった。また、家の場合は収納できないアタッチメントを押入れのカゴの中に保管していたため、収納スペースに余裕ができたのも嬉しいポイント。ただし、V10シリーズのFluffy+/Animal+/Absoluteは専用ツールが7個付属されているため、1つだけ収納することができない。

LANMU(ダイソン収納ホルダー)フトンツール&ミニモーターヘッド収納

収納用ブラケットに収納しにくい「フトンツール」と「ミニモーターヘッド」も2つまめて収納することができた。ただし、幅のあるアタッチメントを上の収納部に装着すると他のアタッチメントと干渉して2つ収納できなくなるため、下の収納部に装着したほうがよいだろう。ちなみに、フトンツールとミニモーターヘッドはギリギリ干渉しているが、問題なく着脱することができた。

LANMU(ダイソン収納ホルダー)にモーターヘッドを収納

収納ホルダーに床用のモーターヘッドも収納することができた。Absoluteには「ソフトローラークリーナーヘッド」と「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」2つのモーターヘッドが付属されているため、使ってないほうのヘッドを床の隅に置いていたり、邪魔にならないように他の場所に収納している人も多いのではないだろうか。

LANMU(ダイソン収納ホルダー)をDyson V11™コードレスクリーナー専用充電ドックに装着

「Dyson V11™コードレスクリーナー専用充電ドック」にも収納ホルダーを取り付けてアタッチメントやモーターヘッドを収納することもできた。ダイソンV11シリーズのFluffy+とAbsoluteのモデルには「Dyson V11™コードレスクリーナー専用充電ドック」が同梱されており、本体を立てかけながら壁に穴をあけずに好きな場所に充電できるため大変便利であるものの、アタッチメントを1つしか収納できないのがネックだった。しかし、ツールクリップを支柱に取り付ければ、2つの収納ホルダーをスタンドに取り付けることができるため、付属されているアタッチメント5つと床用ヘッドを全て収納することができて不満は解消された。
.