ダイソンコードレスクリーナーに採用されているバッテリーの特徴

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

ダイソンコードレスクリーナーに採用されているバッテリーの特徴



ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)

アイコン モデル名 発売日&仕様
Dyson DC35 レビュー DC35
レビュー記事
発売日:2011年2月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード65WA
Dyson DC45 レビュー DC45
レビュー記事
発売日:2012年9月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード65WA
Dyson DC62 レビュー DC62
レビュー記事
発売日:2013年10月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード100WA
Dyson DC74 レビュー DC74
レビュー記事
発売日:2014年10月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード100WA
Dyson V6 レビュー V6
レビュー記事
発売日:2015年5月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード100WA
Dyson V8 レビュー V8
レビュー記事
発売日:2016年5月
吸込仕事率:通常モード28WA / MAXモード115WA

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

.

メニュー

ダイソンコードレスクリーナーの選び方 特徴 ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由
ダイソンコードレスクリーナーの吸引力を検証 吸引力 ダイソンのコードレスクリーナーをよくCMで見るけどそんなにいいの?吸引力を徹底調査
ゴミの捨て方 ゴミの捨て方 ダイソンはダストボックスの底にフタが付いているから、他のメーカーより、ゴミの捨て方が簡単
フィルターのお手入れ方法 フィルター
お手入れ方法
フィルターは引き抜くだけだから簡単に着脱可能。分離能力が優れているから、お手入れの頻度も少ない
ダイソンのノズル一覧 ノズル一覧 掃除の用途が広がる専用ツール!ダイソンのクリーナー本体に装着できるノズル・アクセサリの特徴をまとめたページです。
ダイソンコードレスクリーナーの性能比較表 性能比較表 コードレスクリーナーの〔主要スペック〕〔モーター〕〔サイクロンの種類〕〔付属品〕が一目で分かる性能比較表

多くのゴミを吸い取る4つのテクノロジー

ダイソンデジタルモーター ダイソン
デジタルモーター
パワフルな吸引力を発生させる毎分最大110,000回転する350Wのダイソンデジタルモーター(DDM)
サイクロンテクノロジーの種類 サイクロン
テクノロジー
フィルターに到達する前に微細なゴミを分離する!吸引力が落ちにくい独自のサイクロンテクノロジー
ヘッドの種類 ヘッドの種類 フローリングや絨毯から多くの微細なゴミを取り除くためにカーボンとナイロンのブラシを組み合わせた3種類の床用ヘッド
リチウムイオンバッテリー バッテリー 21.6Vのリチウムイオンバッテリー(ニッケルマンガンコバルトバッテリー)により、高い吸引力が続きます
.

リチウムイオンバッテリーの特徴

ダイソン-リチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリーだから軽くてコンパクト

ダイソンから販売されているコードレスクリーナーには、電圧が21.6Vのリチウムイオンバッテリーが搭載されています。DC45以降のモデルのバッテリーには「ニッケルマンガンコバル技術採用」と表記されていますが、これは改良されたリチウムイオンバッテリーなので、2011年に発売された一番古いスティック型コードレス掃除機(DC35)もリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

リチウムイオンバッテリーに使われているエネルギー物質(リチウムイオン)は小さくて高エネルギーを出力できるので、従来のコードレス掃除機に採用されていた「ニカドバッテリー」より質量が軽くなり、大きさもコンパクトになっています。最近ではスマフォやタブレットなど小型の携帯端末にも使われています。

自己放電率が低いから使いたいときにすぐ使える

2,000年頃からニカドバッテリーが搭載された充電式ハンディークリーナーを使用していました。しかし、ニカドバッテリーは自己放電よる容量低下により、フル充電をしたにもかかわらず、いざ掃除しようと思ったときにすぐに充電がなくなってしまい、また何時間もかけて充電しなければいけませんでした。

リチウムイオンバッテリーは、ニカドバッテリーより自己放電率が低いので、一度フル充電しておけば使いたいときにすぐ使えるメリットがあります。使ってもいないのに残量が無くなってしまうことがないので、使うたびに充電し直す必要もありません。しかし、リチウムイオンも自己放電するので長期間放置する場合は、半年に一度くらいはフル充電して保管するようにしましょう。バッテリーは残量が空の状態になって放置していると劣化スピードが早まるので寿命にもかかわってきます。

メモリー効果の影響を受けないから継ぎ足し充電しても劣化しない

昔の携帯電話やPHSなどで、フル充電したにも関わらず、すぐにバッテリーの残量メモリが減っていった経験をしたことはないでしょうか?フル充電したのにすぐに残量が無くなる原因は、バッテリーが劣化しているか、ニカド電池やニッケル水素電池が使われているため「メモリー効果」の影響を受けているからです。

メモリー効果とは残量がある状態で継ぎ足し充電を繰り返すことにより、バッテリーの容量が減ったように見える現象のことです。簡単に説明すると、完全に放電しないうちに充電していると、少し使って再充電し始めたとろこからいきなり電圧がおちます。そのため、メモリー効果が現れると充電しても使える時間が短くなります。

リチウムイオンバッテリーは、従来のコードレスクリーナーに採用されていた〔ニカドバッテリー〕〔ニッケル水素バッテリー〕と違いメモリー効果の影響を受けません。従って、残量がある状態で繰り返し継ぎ足し充電を行っても、電池の使える時間が短くなってしまう現象が発生しません。

.

ダイソン連続使用時間

モデル名 発売年 充電時間 稼動時間
DC35 2011年 3.5時間 通常:13分
MAX:6分
DC45 2012年 5.5時間 通常:20分
MAX:8分
DC62 2013年 3.5時間 通常:17分
MAX:6分
DC74 2014年 3.5時間 通常:16分
MAX:6分
V6 2015年 3.5時間 通常:16分
MAX:6分
V8 2016年 5時間 通常:30分
MAX:7分

ダイソンの連続使用時間ってどれくらい使えるの?

ダイソンコードレスクリーナーの連続使用時間はよく「20分間」と言われていますが、この時間は標準装備されているモーターヘッドを装着せずに「通常モード」で使用した場合の時間です。通常、床の掃除をするときはモーター駆動で回転するブラシが備わった床用ヘッドを装着して掃除するので20分も持ちません。モーターヘッドを装着して20分稼動するのは、2012年に発売されたDC45と、2016年に発売されたV8のみです。

現行機種の大半が「通常モード」よりさらに吸引力の強い〔MAXモード〕に切り替えると「6分間」しか使えません。そのため、通常床を掃除するときは〔通常モード〕で掃除をして、吸い取りにくいゴミや床の場合だけ〔MAXモード〕に切り替えます。

〔通常モード〕といっても、床とヘッドの隙間が狭い設計のため、強い吸引力があり、回転ブラシをモーターで高速回転させているので高いダストピックアップ率(ゴミの除去率)があります。そのため、毎日床に発生する埃や髪の毛から、微細なハウスダストまで〔通常モード〕でも問題なく吸い取ることができます。

ちなみに公式ページによると日本の家庭で行われた377回のお掃除のデータを分析したところ、20分以内に全ての掃除が完了している割合が約90%であるという結果がでています。しかし、掃除をする範囲が広いと、コードレスクリーナー1本では途中で充電が切れてしまい、充電時間に3時間近くかかる欠点があります。

一度、家にある掃除機で掃除にかかる時間を測ってから、コードレス掃除機を選んだほうがよいでしょう。ダイソンの連続使用時間では、一度に掃除ができないような広いスペースを掃除する場合は、セパレートチャージが採用されているメーカーの掃除機がおすすめです。バッテリーがワンタッチで取り外せるので、予備バッテリーを用意することができるからです。

ちなみにDC45やV8はダイソンの現行機種の中で最も連続使用時間が長いモデルです。モーター駆動のヘッドを装着して掃除をしても20分以上稼動します。ただし、充電時間も5.5時間と一番長くなる欠点も存在します。

.

ダイソン バッテリーの充電時間

機種 充電時間
V6/DC74/DC62/DC35 3.5時間
DC45 5.5時間
V8 5時間

バッテリーの充電時間

バッテリーの充電時間はDC35や比較的新しいモデルは3.5時間、DC45やV8は5時間以上かかります。掃除をする範囲にもよりますが、2~3部屋の掃除をするのに20分間も使用しませんし、スイッチがこまめにON/OFFできるトリガー式で節電できるので、途中で充電がきれることはありません。

しかし、家が広くて一度に広範囲を掃除をする場合は、連続使用時間が短いダイソンのコードレス掃除機は適していません。一度、掃除機をかける際についやす時間は測ってから、連続運転時間の長い製品や、予備バッテリーが使える着脱式のバッテリーが採用されている製品を選らんだほうがよいでしょう。

.

ダイソン バッテリーの充電方法

バッテリーの充電方法

ダイソンのコードレス掃除機は、充電しながら使用することが出来ないので、すぐに充電する必要があります。充電方法は本体取っ手の後ろにアダプターの端子を差し込む場所があるので、ここに充電アダプターの端子を差し込んで充電します。「収納用ブラケット」を使うと、壁に立てかけられるので、収納しながら充電することも可能です。収納用ブラケットは壁にネジ止めする必要があるため、壁に穴をあけられない賃貸住宅では、家に柱を簡単に立てられる「ディアウォール」の使用をおすすめします。

.

ダイソン バッテリーの寿命

バッテリーはどれくらいで寿命がくるの?

以前、ダイソンは充電回数500回がバッテリー交換の目安と記載していました。バッテリーは充放電を繰り返すことにより劣化していきますが、500回充電したからと言って、501回目から使えなくなるわけではありません。

バッテリーが劣化すると少しずつ容量が減っていくので、連続使用時間も徐々に短くなっていきます。20分使えたものが19.18.17…10分と短くなっていくので、掃除をする範囲が狭いと劣化したバッテリーでも支障なく掃除をすることが出来ます。

ちなみにバッテリーは寿命がくると充電をしたにも関わらず、すぐにスイッチが切れて使えなくなってしまいます。ダイソンの場合、毎日、バッテリーの容量を使い切るまで使った場合、約2年ほどで寿命がくるでしょう。サブ機として仕様した場合は、使用頻度や一回の稼働時間にもよりますが、3年~5年近く持ちます。

バッテリーを長持ちさせるコツ

バッテリーを長持ちさせるコツ

ダイソンは2000mAhの容量のバッテリーを〔MAXモード〕で運転させると、約5分と尋常じゃないスピードで消耗してしまいます。わたしの経験上、短時間で放電させてしまうツールにバッテリーを使用すると、負担が大きいので劣化スピードが早まります。なので、〔MAXモード〕を使わなくても掃除をできるところは、なるべく〔通常モード〕で掃除するようにしたほうがよいでしょう。

また、一回の掃除でバッテリーを使い切るような使い方をしているとバッテリーに負担がかかるので、モーターヘッドが不要なフロアでは、電力の消費しない別販売品のノーマルヘッドを装着して掃除をすることにより、バッテリーの消耗スピードを抑えることが出来ます。個人的に回転ブラシのついていないノーマルヘッドは、モーターヘッドより軽いので、フローリングや畳のような平たい床面の掃除におすすめです。

リチウムイオンバッテリーは容量がすっ空かんの状態で放置しているとどんどん劣化していきます。なので、長期間使用しない場合は、なるべくフル充電してから保管するようにしましょう。また、リチウムイオンバッテリーは熱に非常に弱いので、暑くなるような場所に掃除機を設置しないようにしましょう。特に夏場の車内はかなり危険です。

.

バッテリーの交換方法

バッテリーの注文方法

バッテリーは消耗品なので充放電を繰り返すことで寿命が訪れます。正規品のバッテリーは『話そうダイソンお客様相談室』でしか注文できません。注文の際にシリアルナンバーは必須となるので電話する前に確認しておきましょう。
(2015年調べ バッテリーの価格¥8640 送料¥648 合計¥9288)

Amazonなどで販売されている安い互換バッテリー

Amazonなどで販売されているダイソンのバッテリーは「互換バッテリー」と言って、ダイソン以外の違う会社が販売しているバッテリーです。つまり、純正品ではないので、互換バッテリーを装着して本体が故障した場合は、メーカーの保証を受けられなくなります。個人的にお勧めはしませんが、もし購入するのであれば、よくレビューを確認してから選んだほうがよいでしょう。互換バッテリーのメリットは正規品より価格が安いうえに、蓄電容量(Ah)が正規品より多いので稼働時間が延びるようです。

今確認してみたところ、DC45以前の機種の互換バッテリーが販売されており、比較的新しいDC62/DC74/V6/V8の互換バッテリーは販売されていないようです。今後、市場に出回ってくる可能性もあるかもしれません。なお、DC35にはボタンを押して取り外せるバッテリーと、ネジ止めされているバッテリーの2種類があるので、DC35の互換バッテリーを購入する場合は、差込口の形状をよく確認してから購入したほうがよいでしょう。

.

DC62/DC74/V6 バッテリーの交換方法

バッテリー 止めネジ

バッテリーの取り外し手順

ダイソンから初めて発売されたコードレス掃除機(DC35初期)のバッテリーは、ボタンを押すことによりワンタッチで取り外すことが可能でした。しかし、接触不良で電源が頻繁に落ちるという症状が多発したため、現在市場に出回ってるダイソンのコードレス掃除機は、バッテリーがネジで固定されています。そのため、バッテリーの着脱にはプラスドライバーが必要になります。

.

止めネジの位置

止めネジの位置

止めネジを外す

バッテリーは2つの止めネジで固定されています。1つはクリアビンを外さないと止めネジを緩めることができません。ネジ溝がなめりやすい小ネジなのでサイズがあったドライバーを使いましょう。押す力と回す力の比率は7:3程度。

.

バッテリーを外し方

バッテリーを外し方

バッテリーを取り外す

2箇所の止めネジを外したらバッテリーを本体から取り外します。バッテリーは差込式になっているので、矢印のほうに引っぱれば簡単に抜けます。新しいバッテリーを取り付けの際は逆の手順を踏んで固定します。

.

DC35/DC45 バッテリーの交換方法

DC35/DC45 バッテリーの取り外し方

2つの止めネジを外して、バッテリー引き抜く

DC35とDC45のバッテリーを固定している止めネジの位置や取り外し方は同じです。2つの止めネジで固定しており、止めネジの位置はグリップの後部とフィルターをめくったところにあります。

この2箇所の止めネジをプラスドライバーで左回しで緩めて外してから、バッテリーを本体から引き抜きます。新しいバッテリーを取り付ける場合は、逆の手順を行います。

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表