メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ

CL003G

スポンサーリンク
ダイソン

【2022年版】マキタとダイソンの運転音はどっちが静かなのか検証してみた!

マキタとダイソンの掃除機はどっちがうるさい? コードレス掃除機が主流になってからというものの、掃除機に費やす時間が増えたため、清掃中の騒音が気にするようになった人も多いようです。 そのためか、運転音の大きさで定評があったダイ...
ブログ

マキタの「CL003G」を3ヶ月使ってみた感想を正直レビュー!メリットとデメリッを分かりやすく解説

40Vmaxシリーズから充電式クリーナー(CL003G)が新登場 2021年のラインナップ数 2022年のラインナップ数 今後、マキタが最も注力するシリーズ(40Vmax) 最近のマキタは同社が展開する電動工具の40Vm...
ブログ

マキタのCL003Gでカーペットについた猫の毛を吸い取りたいならフロア・カーペットノズルが最適!

標準装備されている床用ヘッドの欠点 マキタのCL003Gを建築現場や商業施設でなく、家庭用の清掃で使ってみたいものの、カーペットをしっかり掃除ができるのか気になる人もいるのではないでしょうか? 同社の充電式クリーナーを使った...
ブログ

CL003GにHEPAフィルターをつけたらどれくらい吸引力は低下する?

HEPAフィルタを取りつけたら吸引力が低下しないか心配 CL003Gに標準付属されている高機能フィルター(30~35μm微粒子を95%捕集)は、目に見えない微細な粉じんをキャッチする捕集効率が低いため、クリーナーから排出される排気...
ブログ

サイクロン装着時の「CL001G」と「CL003G」の吸引力はどっちが強いのか検証

吸引力の差ってどれくらいあるの? マキタの充電式クリーナーは、空気とゴミを遠心分離し、吸引力を長続きさせるサイクロンアタッチメントを装着して使用することが主流になっていますが、サイクロンユニットを本体部分と一体化したモデルが40V...
ブログ

マキタのCL003Gの集じん容量を増やす方法(250ml→400ml)

CL003Gは集じん容量が小さい(250ml) マキタの40Vmaxシリーズに新しくラインナップされたCL003Gは、サイクロンアタッチメントを外付けしていたCL001GやCL002Gと違い、サイクロンユニットを本体部分を一体化し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました