固形石鹸

ボディソープより固形石鹸派

1972年に最初のボディソープが登場してはや46年、現代では固形石鹸よりボディソープを使用している人の割合のほうが多いようだ。家では未だに自分だけが入浴の際に固形石鹸を使っていたりする。ボディソープだと洗った気がしないのだ。毎日、石鹸をタオルに擦りつけて体を洗わないと気がすまない。おそらく死ぬまで石鹸で体を洗い続けることだろう。死ぬときも石鹸を踏んでツルンと滑って頭を強打して逝くのかもしれない。

以前は石鹸なんてスーパーで適当なものを買ってきてもらってたのだが、最近は楽天市場から自分がまとめて注文している。そして、自分がポチった石鹸を使い続けて気がついたのだが、石鹸をものすごいスピードで消費しているようだ。ネットでどれくらいの期間で石鹸を消費しているのか調べてみると、早い方では10日、遅い方では1ヶ月程度のようである。そんなバカな、私は一週間もしないうちに溶かしてしまう。

石鹸がぬるぬるする原因

石鹸がぬるぬるしてすぐに溶ける原因

どうして、1日1回しか体を洗わないのに一般の人より早く石鹸を消耗してしまうのか考えてみると、どうも石鹸の保管方法に問題があるようだ。石鹸は石鹸置きに置いているのだが、水を切る穴が石鹸によって塞がってしまうため、常に石鹸がぬるぬるの状態になってしまうのだ。石鹸をぬめぬめの状態でタオルにこすりつけるのですぐに消耗する。さらに家の風呂場は換気扇がついておらず、窓を開けて換気しているのですぐに湿度が下がらない環境も関係しているかもしれない。

ダルトン マグネティック ソープホルダーのレビュー

宙に浮かせるから、ぬるぬるにならない石鹸置き

そこで石鹸をすぐに乾燥させた状態で保管できる画期的な容器がないか調べていると、私が好きなブランド「ダルトン」が販売している「ソープホルダー」という斬新な商品が目に飛び込んできた。「石鹸が宙に浮いてる」どうやら磁石の力を利用して浮かしながら保管できるようだ。これならいつもヌルヌルしている石鹸とお別れできるかもしれないと思い早速購入して使ってみることに。

既にソープホルダーを購入してから85日が経過している。実は1つの石鹸がどれくらい持つのか日数を数えていたのだが、けっこう長持ちするので正直ど忘れしてしまった。ただ、石鹸を宙に浮かせるためには、石鹸に王冠みたいな金属を差し込まなければいけない。この金属を新しい石鹸に3回差し込んだ記憶があるので、単純計算ではあるが1つの石鹸を消耗するのに28日ほどかかっていることになる。以前の4倍でかなりの節約になっている。

DULTON ソープホルダー(吸盤)

土台はタイルに吸盤を使って固定できるので穴をあけたりする必要はない。タイルの汚れを掃除してきちんと乾燥させて貼り付ければ重たい石鹸を付けても落ちることはなかった。ちなみに、2ヶ月以上使用しているが一度も落ちたことはない。

DULTON ソープホルダー(磁石部分)

土台のL字先端に強力な磁石が埋め込まれており、王冠状のホルダーを石鹸に差し込むことで、石鹸を浮かせた状態で保管できるというもの。恐らく土台はアルミ、ホルダーはステンレス鋼なので錆びにくい素材。なので今のところ一切錆びていない。

ダルトン ソープホルダー 差し込み方

王冠状のホルダーのギザギザした面を石鹸に強く押し込んでセット完了。使用中にホルダーから石鹸から抜けることは一度もなかった。力がなくて石鹸にホルダーを差し込めない場合は、ホルダーを少しだけ差し込んだ状態で裏返し、硬い床の上に置いて上から体重をかければ差し込める。

ソープホルダー設置

土台のL字部分に埋め込まれている磁石に、王冠状のホルダーを差し込んだ石鹸を引っ付ければ設置完了だ。夜、入浴して次の日の朝に石鹸を見ると、新品の石鹸のようにサラサラ乾燥していて感動したのを覚えてる。石鹸の重みで落ちたことは一度もなし。

薄い石鹸

このまま使い続けると石鹸が薄くなってくるのだが、こんなに薄い石鹸を家で見たことがない。以前は写真のように石鹸が薄くなるとドロドロにすぐ溶けてしまってたからだ。さらに、こんなに薄くても乾燥して硬いままなので、この状態から何回も泡立てて体を洗うことができた。

石鹸 ネット

いよいよ泡立てにくいほど薄くなったら、王冠状のホルダーを抜いて、小さくなった石鹸をネットの中に入れて使用している。ダルトンの商品はお洒落でアメリカンという感じの家具・雑貨が多いが、この商品はお洒落で便利なので、私のように石鹸派の人にはおすすめのアイテムだ。
今気づいたが写真の撮影日を見ればよかったのだ。ホルダーを石鹸に差し込んだ写真が(11/14)。石鹸が薄くなった写真を12月20に撮影しているようなので、やはり上で単純計算した通り1つの石鹸を約一ヶ月は使い続けていることになる。(ちなみに3~4回石鹸を使わない日もあったはず)