コードレス掃除機のスタンド自作する方法

躊躇なく壁に穴を開けられないから立てかけて収納できない

日本ではなじみ深いキャニスター型掃除機が全盛期をむかえた後、2014年から手軽にサッと掃除ができるスティック型コードレス掃除機が人気となり市場を拡大。今では、マキタのようにちょいがけ用に便利なローエンドタイプの製品だけでなく、ダイソンのように本格的な掃除ができるハイエンドタイプの製品が家電量販店にズラッと並んでいることからも、その人気がうかがいしれる。

しかし、高機能タイプのコードレス掃除機には、エレクトロラックス日立アプライアンスのような、掃除機を立てかけて収納できる専用スタンドが付属されていない製品も多い。そのかわり、壁に固定するタイプの「収納用ブラケット(ホルダー)」が標準付属されているが、壁にネジ止めする必要があるため、壁に穴をあけられない賃貸住宅では使用することが難しい。

そこで、今回、壁に傷をつけなくても、簡単にスタンドを自作する方法を紹介したい。

ディアウォールを使って柱を立てる方法

ディアウォールを使って柱を立てる方法

壁に穴をあけずに簡単かつ省スペースに柱を立てられるから借家でも安心

コードレス掃除機を立てかけて収納できずに困っている人も多いと思うが、壁に傷をつけずに簡単に柱を立てられる「ディアウォール」を使って自作スタンドを作ってしまえば、その悩みは一瞬で吹き飛んでしまう。これほど低価格かつシンプルな専用スタンドは他にはないだろう。

ディアウォールとは、ホームセンターで販売されている2×4材の両端にパッドをはめ込むだけで、ネジ・釘を使わずに柱を床と天井に突っ張ることができる商品だ。パッドの中には強力なバネが入っているので、つっぱり棒のように、しっかりと固定することができる優れもの。

また、左の画像のようにディアウォールにフックをつければ、壁に穴をあけずに時計、カバン、衣類などをかけたり、2本の柱を立てて板を渡せば「飾り棚」を作ることも可能だ。中には、ディアウォールを利用して壁を作ってしまう人もおり、DIYユーザーにとって人気商品となっている。

.

SPF(2×4材)

ディアウォールに使用する「2×4材」を用意する

2×4とは木材の規格サイズ(幅89mm×厚み38mm)をあらわしており、ホームセンターで「SPF」という商品名で販売されている。SPFは、2×4工法(建築工法)で家を建てる際に使われる材料の1つで、木の種類はやわらかい「パイン」「スプルース」「ファー」などの針葉樹が使われているため、加工がしやすく、安価で販売されている。

SPFは表面がツルツルしているうえ、面取りされているのも嬉しいところ。丸太が製材され、鉋がけされていない荒材の場合、材料の表面がザラザラしているため、ささくれが手に刺さったり、角で手を切ったりすることがある。そのため、材料が荒材だと、鉋をかけたり、サンドペーパーで研磨しなければいけないのだ。

一方、SPFは、製材された材料をプレーナー(自動鉋)にかけているので、木肌は鉋をかけたようにツルツルになっている。また、尖った角も面取り(丸く加工)されているので、ささくれなどが手に刺さって怪我をする必要もない。そのため、サンドペーパーで粉まみれになりながら研磨する面倒な作業をしなくて済む。

.

2×4切断

長さ(ft) 長さ(mm) 価格
6フィート 1820mm 300円前後
8フィート 2438mm 500円前後
10フィート 3050mm 700円前後

どれくらいの長さで切ればいいの?(壁の高さ - 45mm)

2×4材の長さには上記の規格がある。わたしがよくDIYで使う6フィートの長さが約1800mmなので、柱を設置する天井の高さが1845mm以上ある場合は、8フィート(2438mm)の長さのものを使おう。もし、近くのホームセンターに8フィートの長さが置いていなければ、2本の2×4材を接合できる「2×4アジャスター」を使うとよいだろう。接合する方法は他にもあるのだが、電動工具などが必要になるので割愛したい。

ディアウォール 材料を切断する長さ

まず、床から天井までの長さをメジャーで測り、天井の高さから45mm短い2×4材を用意する。例えば、柱を突っ張りたい天井の高さが1800mmの場合は、45mmを引いた1755mmで切断。木材を切断できるノコギリを持っていない場合は、カットサービスを行っているホームセンターで2×4材を購入するとよいだろう。店舗によってカット料金は異なるが、1カット100円前後ほどで機械で真っ直ぐに切断してくれる。

ディアーウォール 仕組み

ディアウォールはつっぱり棒のような構造になっており、上側のパッドには強力なバネが入っているので、パッドにはめこんだ2×4材を押し戻そうとする。なので、もし、2×4材を多少短く切断してしまって強度が弱い場合でも、パッドの中に付属されているスペーサーや厚紙などを敷けば、バネの力を強められ、しっかりと固定することができるので安心だ。

.

ディアウォール 収納用ブラケットの固定

設置は誰でも簡単にできる?

天井の高さより40mm短い2×4材を用意し、上下のキャップを両端にはめ込んで突っ張るだけなので、誰でもできるほど簡単だ。また、収納用ブラケットもドライバー1本でネジ止めすることが可能。一般的な木造の家の柱に使われている桧より柔らかい材質なので、電動ドライバーがなくても、手回しドライバーでネジ止めすることができる。

ネジ

コードレス掃除の本体質量は2〜3kgほどなので、収納用ブラケットを固定する木ネジは長さ1.5cm〜2cmくらいのもので十分だろう。もし、力がなくて手回しドライバーでネジを締め付けられない場合は、100円ショップで販売されているような錐を用意し、あらかじめ下穴を開けておくことで、力を入れずにネジを締め付けることもできる。

電動ドライバー

ちなみに、電動ドライバーは安価な物で3000円前後で販売されていたりする。電動ドライバーがあれば、フォスナービットホールソーなどの先端工具を使えば、コードを通す大きな穴も開けられるので、さらに見栄えが良くなることだろう。

.

コードレスクリーナー各メーカーの充電台

ダイソン以外のスティックコードレス掃除機も収納できる?

2×4材の幅は89mmあり、ほとんどのメーカーの壁掛けホルダーは細長いタイプなので、柱にしっかり固定することができる。ちなみに、ダイソンV8の収納ブラケットは幅が9.4mmあるので、2×4材より少し幅広くなるが、特に違和感なく固定することができた。ちなみにV6の収納用ブラケットの幅は、2×4材にぴったり収まるサイズとなっており、V6以前のシリーズの収納用ブラケットの幅も同じサイズとなっている。写真のモデルは左からダイソン(V8)→ダイソン(V6)→パナソニック(iT)→東芝(トルネオvコードレス)→シャープ(FREED

.

ディアウォール 壁を破損させない注意点

天井を破損させないための注意点

床と天井に柱を突っ張る前に、ディアウォールの上キャップにはバネが内蔵されているので、2×4材がどこまで押し込めるのか、あらかじめ目立たないところに印をつけておくことをおすすめする。なぜなら、その印まで2×4材を押し込んだ状態で、無理に柱を垂直に突っ張ろうとすると、天井が破損してしまう可能性があるからだ。特に天井の材質が破損しやすい石膏ボードや木の家は注意したい。

.

1500円という低価格でお洒落に収納できた

ホームセンターまで長物の2×4材(SPF)を買いにいく手間がかかるものの、材料代を含め、約1500円という低価格でコードレス掃除機専用のスタンドを自作することができた。ここ最近、高機能タイプのコードレス掃除機を立てかけて収納できるスタンドが色々販売されているが、ここまで低価格かつ省スペースに収納できるものはおめにかかれない。

写真で使用しているディアウォールは「ホワイト」だが、現在、ディアウォールのカラーは「ライトブラウン」「ダークブラウン」「ホワイト」の3色が用意されているので、部屋にあった色を選ぶことも可能になった。

LABRICO「2×4 JOINT」

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4ジョイント オフホワイト DXO-4

8フィート(2438mm)の2×4材が売ってないんだけど?

ホームセンターによっては、8フィート(2438mm)の長さのSPFを置いていないところもあるようで、「ディアーウォールを使って柱を立てられない」という問い合わせをいただいた。


そこで、平安伸銅工業株式会社のLABRICOシリーズから販売されている「2×4 JOINT(ジョイント)」という商品を購入してみた。このジョイントを使えば、2本の2×4材を縦方向に接合することができるというもの。つまり、6フィート(1820mm)の2×4材を2本を用意すれば、柱を立てることができる便利商品。


ちなみに、同社は「2×4 JOINT(ジョイント)」のほかに、「ディアウォール」と同じ2×4材を床と天井に突っ張ることを目的としたアジャスターを販売していたので、今回はディアーウォールではなく、「2×4 ADJUSTER(アジャスター)」を装着して、柱を立てることにしてみた。

.

どれくらいの長さで切ればいいの?

2×4材の両端に「2×4アジャスター」を装着すると(95mm)、2本の2×4材を接合する「2×4ジョイント」を装着すると(26mm)長くなる。従って、天井の高さから(95mm+26mm)短い2×4材を用意する必要があった。

「ディアウォール」と「2×4ジョイント」を組み合わせる場合は、天井の高さから(45mm+26mm)短い2×4材を用意。追記:現在は、「ディァウォール専用の中間ジョイント」も販売されているようだ。

.

2×4アジャスター 使用方法

アジャスターとジョイントの取り付け方

2×4アジャスターはディアウォールと同じで、2×4材の両端に差し込むだけなので、かんたんに柱を立てることができた。

2×4アジャスター ジャッキ部分

上キャップはディアウォールと違い長さを調整できるジャッキ式になっており、調整ネジを回すことにより18mm伸ばすことができた。

LABRICO 2×4ジョイント 取り付け方

2×4ジョイントには2つのパーツが入っており、それぞれを2×4材同士を接合する端にのせ、ネジで4箇所を固定しなければいけない。ネジは電動ドライバーを使えば力をかけずにすぐに締め付けられるが、2×4材は柔らかいので手回しドライバーでも締め付けることができた。もし、力がなくて最後まで締め付けられない場合は、錐で下穴を開けてから締め付けるとよいだろう。

LABRICO 2×4ジョイント 取り付け方

2つのパーツをネジで固定したら、それぞれのパーツを噛み合わせるようにスライドさせれば完成。

樹脂製のジョイントで接合したので、1本の材料で作ったものより強度が落ちるだろうが、「2×4アジャスター」と「2×4ジョイント」を使って、短い2×4材同士を接合して柱をつっぱることができた。ジョイント部分もさほど目立たないし、逆にアクセントとなっていい感じになった。

写真のものは「オフホワイト」だが、「ブロンズ」「ヴィンテージグリーン」の3色が用意されているので、和室や洋室に関係なくどんな壁の色にも合わせやすい。