DC45 バッテリー交換

DC45のスイッチが入らない

DC45のトリガースイッチを握ってもうんともすんともいわなくなられた。バッテリーの残量がなくなったのかと思い、アダプター(充電器)をさして充電してみたが、アダプターの充電ランプがつかない。そのまま1日充電して放置してみたが、次の日もスイッチは入らなかった。

バッテリーが劣化するには早すぎる

500回以上充放電を繰り返して、バッテリーが故障したのなら納得はいくが、このDC45はレビューのため一ヶ月しか使っていない。また購入してから2ヶ月も経っていないので、おそらくバッテリーを無料で交換していただけるだろうと思い問い合わせてをしてみた。

ダイソン バッテリー無料交換

バッテリーを無償でいただく

すると、アダプターが故障しているかもしれないので、アダプターを送ってくれることになった。しかし、互換性のあるDC35のアダプターで充電しても、充電ランプができないことを説明すると、バッテリーが故障していると言われバッテリーを送ってもらうことになった。

すると2日後にバッテリーがクロネコヤマトから届いて、この新品のバッテリーを装着すると無事にスイッチが入るようになった。充電ランプも点灯し、充電もちゃんとできた。

というか壊れたバッテリーは確認しなくてもいいのだろうか。シリアル番号と症状を聞かれただけで、領収書も保証書の確認もなかった。ダイソンさん太っ腹すぎるから、神サポートを悪用されていないのか心配になったという話でした。

「ロジクール 神対応」「アップル 神対応」ですると分かりますが、神対応する企業というのは口コミで広まっていき信頼度があがります。日本のメーカーも見習ってほしい。例えば東芝やシャープなんかは、故障するとサービス修理部門や販売店に持ち込まないといけないので手間がかかります。また、製品の送付にも対応してくれません。出張、引揚げを依頼すると3000円前後かかります。良い製品を売っているが修理を依頼した際に手間がかかるので残念だ。

DC45のバッテリー取り外し方

DC45のバッテリーの外し方

ちなみにDC35とDC45のバッテリーは2つの止めねじで固定されています。止めネジの位置はハンドルの後部と、フィルターを外したところにあります。プラスドライバーを使って外します。

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表