パナソニックが発売してきたコードレス掃除機一覧【歴代モデル】

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

パナソニックが発売してきたコードレス掃除機一覧【歴代モデル】

パナソニックの歴代モデル(コードレス掃除機)

イメージ… モデル名 発売日 備考
MC-BU100J MC-BU100J 2014年12月 ニッケル水素
MC-BU1JE3 MC-BU1JE3 2015年*月 ニッケル水素
MC-BU110J MC-BU110J 2016年6月 ニッケル水素
MC-BU500J MC-BU500J
iT(イット)
2016年6月 以降リチウム
サイクロン
MC-PBU510J-アイコン MC-PBU510J
iT(イット)
2017年 紙パック
MC-SBU510J-アイコン MC-SBU510J 2017年 サイクロン
MC-SBU410J-アイコン MC-SBU410J
POWER CORDLESS
2017年 サイクロン
充電台有
MC-SBU310J-アイコン MC-SBU310J
POWER CORDLESS
2017年 サイクロン
充電台無
MC-SBU820J-アイコン MC-SBU820J
POWER CORDLESS
2018年 サイクロン
親子ノズル
MC-SBU620J-アイコン MC-SBU620J
POWER CORDLESS
2018年 サイクロン
付属品少
MC-PBU520J-アイコン MC-PBU520J
iT(イット)
2018年 紙パック
MC-SBU520J-アイコン MC-SBU520J
iT(イット)
2018年 サイクロン
.

2014~2015年重心が床下近くにあるスタンドタイプのコードレス掃除機をメインに発売。メモリー効果の影響を受けるニッケル水素電池を採用しており、おすすめできるモデルは存在しなかった。

2016年新しく登場したiTはヘッドに「くるっとパワーノズル」「ガバとり構造」を搭載。「ハウスダスト発見センサー」は競合メーカーのセンサーより見やすい。吸引力は従来モデルより大幅にアップしており、ダイソンや日立のパワーブーストサイクロンと戦えるレベル。フィルターの上にスポンジフィルターをかぶせているため、フィルターのお手入れが面倒。スティック形状は使い勝手がよいが、本体が長くてハンディ形状では使いにくい。

2017年国内電機メーカーのハイエンド機では初となる紙パック式のモデルをiTにラインアップ。樹脂のメッシュフィルターが斜め穴加工された「ステンレスガード」に改良。フィルターにスポンジフィルターはかぶされたまま。新しいシリーズ(POWER CORDLESS)を発売。集じん方式はサイクロン式、iTと同様フィルターの上にスポンジフィルターをかぶせている。吸引力はiT同様かなり強い。

2018年「iT」と「POWER CORDLESS」シリーズの新モデルを発売。iTに大きな改良点は見られないが、POWER CORDLESSは同社のキャニスターにも採用されている「親子ノズル」を搭載。ペダルを踏むだけでヘッドを取り外すことができ、隙間の掃除ができる子ノズルに変身。
.

パナソニックのコードレスクリーナーの特徴

パナソニックは2014年からコードレス掃除機を販売開始。以前はスタンドタイプとハンディタイプの2種類を販売していたが、現在は重心が手元にあるハンディタイプのスティック機をメインで発売している。

独自の特徴は、アレルギーの原因となる微細なゴミの有無が分かる「ハウスダストセンサー」。壁際の掃除もしっかりできる「ガバとり構造」を搭載している。また、2017年の「iTシリーズ」では、ハイエンド機初となる待望の紙パック式モデルが登場。さらに、2018年の「POWER CORDLESS」シリーズでは、ノズルを付け換えることなく狭い場所の掃除ができる「親子ノズル」を採用したモデルも登場した。吸引力は国内の大手電気メーカーの中では強い部類にはいる。