コードレス掃除機マニアの比較サイト(マキタ菌)

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

記事一覧

高機能フィルターEX(A-68971)と高機能フィルター(A-58207)の違い

従来モデルに(A-68971)を取り付けられるのか試してみた

高機能フィルター(A-68971)は従来モデルに取り付けられるのか?

マキタの新モデルを使っていて「高機能フィルターEX」は従来機に取り付けられないのか気になったまき

最近は2月にマキタから発売された18Vシリーズの最新モデル(CL280FD/CL281FD/CL282FDの実機レビュー記事)を完成させるために、毎日を新モデルを使い倒している。

マキタの新モデル3機種を使っていて気になった点はいくつがあるが、付属品で気になったのが、カプセル式のモデル(CL280FD/CL281FD)に標準装備されている「高機能フィルターEX」だ。

この高機能フィルターEXの微細な粒子の集じん捕集効率は従来の高機能フィルターと同じのようだが、フィルター内部にフレームが付いており形状が崩れないようになっている。このため、従来の高機能フィルターに比べると、フィルターの着脱が簡単になっていたり、フィルター表面に付着した粉じんのお手入れに手間がかからなくなっているのだ。

高機能フィルターEXから得られるメリット

「A-58207」と「A-68971」の違い

「A-58207」より「A-68971」のほうがメリットが大きい

A-68971の得られる5つのメリット●フィルターの誤取付防止
●形状を維持できるから吸引力+捕集効率の向上
●着脱が簡単にできるようになった
●粉じんをブラシで払い落としやすい
●フィルターの生地がHEPAフィルタに張り付かない

従来のフィルターになかったフレームがあることにより、カプセルを本体に取り付けるときに、カプセル内部に設けられている2つのリプが、フィルターをしっかり押さえてくれるため、誤取付防止の効果があるようだ。

しかし、個人的には前述したフィルターの着脱が素早くできるようになったり、フィルターのお手入れが楽になったほうが嬉しいメリットであった。さらにはHEPAフィルターと併用したときも、日立工機のように布フィルターの生地がHEPAフィルターに張り付かないのも高ポイント。(いや日立工機の布フィルターも干渉しないようにフレームがついていたでござる。)

CL280FD/CL281FD 誤取付防止構造

フィルターの誤取付防止構造

18Vの新モデル3機種には新しく「誤取付防止構造」が採用されている。紙パック式のCL282FDは紙パックをセットしないとカバーが閉められなくなっているのですぐに理解できたが、カプセル式のCL280FDとCL281FDのほうは、「誤取付防止構造」という文字だけを見ても意味がよくわからなかった。

どうやら、カプセル式にはフィルターを抑える2枚のリプが設けられており、このリプが高機能フィルターEXのフレームを押さえながらカプセルを固定するようだ。このため、フィルターをきちんとセットしていなくとも、カプセルを取り付けたときに正しい位置まで押してくれるため、本体内部へのゴミ侵入を防止できるらしい。

しかし、紙パック式のCL282FDと違って、フィルターを付け忘れてもカプセルを取り付けられるため、フィルターをセットし忘れても気づかない。なんと私は過去に何度もフィルターをセットし忘れて掃除をしたときがあるので、フィルターをつけていないとカプセルが取り付けられない構造であったらなおグッドであった。

.

高機能フィルターEX(A-68971)のメリット

形状を維持できるから→吸引力+捕集効率の向上

ただの個人サイトなので正確な検証を行うことはできずただの妄想となってしまうが、高機能フィルターEXは従来品と違ってスイッチを入れた時に形状が崩れないため、フィルターの表面積に大きな変化が生じない。このため、わかずかではあるが、従来品より吸引力の持続力やゴミの捕集効率が向上しているのではないだろうかと考えている。実際にマキタのカタログでも捕集効率アップと記載されているようだ。ただし、どのフィルターと比較しているのかは分からない。

Youtube アイコン 時運転中のフィルタ形状の比較動画はこちら
.
ここにタイトルを入力してください

フレーム付きだから→フィルターの着脱にサッとできるようになった

従来の高機能フィルターは差込口の先端を掴みながら取り外さなければいけないため、フィルターの着脱が困難なうえ(手で掴みにくい)、手も汚れやすかった。高機能フィルターEXは丈夫なフレーム付きになっているので、フレームをしっかり掴みながらフィルターの着脱が行えるようになった。以前より容易にフィルターの着脱が行えるようになったうえ、手も少し汚れにくくなったのは誤取付防止効果より嬉しい。

Youtube アイコン フィルター着脱時の比較動画はこちら
.

高機能フィルターEX(A-68971)のお手入れ

形が崩れないから→ブラシで粉じんを払い落としやすくなった

フレームが付いていなかった従来の高機能フィルターと違って、高機能フィルターEXは常時フィルターの形が崩れず、生地がピーンと張った状態。このため、フィルターに付着した粉じんをダスター刷毛で払い落としやすくなったのも嬉しいポイント。ちなみにフィルターお手入れ時の埃の舞い上がりが苦手なので、別の掃除機でフィルターを掃除することもがあるが、こちらの方法でもお手入れがしやすかった(動画参照)。

Youtube アイコン フィルターのお手入れ比較動画はこちら

従来のサイクロンアタッチメント(A-67169)にストレートパイプ340は取り付けられるのか試してみた

サイクロンアタッチメント(A-67169)にロック付ストレートパイプ340は取り付けられるのか?

短い延長管のストレートパイプ340(459481-9)が近日発売

ざっくりまとめると!●2019年2月に18Vの新モデルが発売された
●型番に「FDFCW」がつくセット品には短い延長管が付属
●短い延長管=「ストレートパイプ340(459481-9)」
●ストレートパイプ340は単品でも販売される予定

2019年2月にマキタからパワーアップした18V充電式クリーナー(CL280FD/CL281FD/CL282FD)が発売された。新モデルのセット品(FDFCW)には吸い込んだ空気とゴミを遠心分離する「ロック付サイクロンアタッチメント」と、標準の延長管より短い「ストレートパイプ340」が付属されており、この「ストレートパイプ340」は近日単品でも販売されることから、従来のサイクロンアタッチメントに取り付けられるのか気になっている人も多いのではないだろうか。

.

サイクロンアタッチメント A-67169

サイクロンアタッチメント(A-67169)は多くの人が使用してる

2018年1月に発売されたサイクロンアタッチメント(A-67169)は本体に取り付けてゴミを吸い取ることにより、すぐにフィルターが目詰まりする欠点が解消され、強い吸引力を維持できるようになった。このため、面倒なフィルターのお手入れが低減。さらに、紙パックなどの消耗品の低減に加え、ゴミ捨ても簡単になるメリットもあることからサイクロンアタッチメントは口コミで広がりヒット商品となった。

.

サイクロンアタッチメント(A-67169)の欠点

サイクロンアタッチメントには全長が長くなる欠点が存在

しかし、いいことだらけのサイクロンアタッチメントにも欠点も存在した。それはサイクロンアタッチメントを取り付けるとクリーナーの全長が長くなってしまうことだ。このため、高評価の口コミの中には「全長が長くなって使い勝手が悪い」という批判レビューも目立った。延長管を切断して先端にテーパーをつけるのは工具を持っていない人には難易度が高いと思い、当サイトでも短い延長管を販売してくれないかとマキタに要望を出していた。

.
従来のサイクロンアタッチメントにストレートパイプ340は取り付けられるのか?

従来のサイクロンアタッチメント(A-67169)にストレートパイプ340は取り付けられるのか?!

そんなこともあり、「ストレートパイプ340」が従来のサイクロンアタッチメントに装着できるのか個人的にも気になっていた。いつもは新モデルが発売されると、バッテリーと充電器を持っているため、本体のみを購入するのだが、今回は新しく発売されたNewモデル(3機種)の1機種だけストレートパイプ340が同梱されているセット品を購入したので、早速従来のサイクロンアタッチメントに取り付けられるのか試してみた。

サイクロンアタッチメントにストレートパイプ340取り付け

従来のサイクロンアタッチメントにストレートパイプ340を加工なしで取り付けることができた。ストレートパイプには新モデルの「パイプ取り外しボタン」に対応したストッパーが付いているため、ストッパーにサイクロンアタッチメントの差込口が干渉しないか不安であったが、ストッパーにぎりぎりぶつかることなく装着することができた。また、新モデルの床用ヘッドは従来モデルと同じものが採用されているため、Tヘッドや各ノズルのも細工なしで装着可能であった。

通常時の全長

本体に標準付属されている「ストレートパイプ」と「ヘッド」を装着した全長は1014mm(101.4cm)。
※ヘッドの前側を壁に密着して測定

サイクロンアッタッチメントを装着した長さ

本体に従来「サイクロンアタッチメント-A-67169
」と標準付属されている「ストレートパイプ」「ヘッド」を装着すると1156mm(115.6cm)になった。142mm(14.2cm)も全長が長くなることから、使い勝手が悪く感じる人がいた。逆に身長が高い人にとっては使い勝手が良くなるメリットも。

サイクロンアッタッチメントとストレートパイプ34を装着した長さ

本体に「サイクロンアタッチメント-A-67169
」と新しく発売される「ストレートパイプ340」を装着した長さは1010mm(101cm)となった。通常時の全長と比べるとわずか4mmなので体感で差は感じないだろう。また、各接合部をさらに強く差し込めば4mm程度なら縮められるだろうが、あまりに強く差し込みすぎると差込口に亀裂が入るので注意。

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の違いを主婦にも分かりやすく解説

.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の違い

同クラスで最強だったCL107FDに強力なライバルが出現

早見ポイント●【CL107FD】:電圧10.8V(紙パック式)2016年9月発売
●【マキタターボ60】:電圧10.8V(紙パック式)2019年1月発売
●【CL107FD】は10.8Vシリーズで吸引力№1だったので人気が高い
●【CL107FD】の吸引力を超えるマキタターボ60が2019年に登場

マキタのCL107FDは、ダイソンのような電圧の高いバッテリーを搭載したハイエンドタイプのコードレス掃除機に比べると吸引力は劣るものの、そのコンパクトなフォルムと軽い操作性から、キャニスター型掃除機のサブ機として家庭で愛用されている。吸引力の目安となる吸込仕事率は、同クラス(10.8Vシリーズ)の中で一番強いことから、価格.comのコードレス掃除機ランキングで常に上位に君臨しているほど人気が高い。

そんな同クラスでは向かうとこ敵なしだったCL107FDに強敵があらわれた。それは競合の電動工具メーカーではなく、同社から発売された通販生活限定モデルの「マキタのターボ・60」だ。マキタのターボとはマキタが通販生活限定で生産しているコードレス掃除機。2013年から3年ごとに(10.8V)のバッテリーを搭載したモデルを発売しており、毎年、通販生活ランキングの首位の座を守っているベストセラー品である。

2019年1月に発売されたマキタのターボ60は、CL107FDより吸引力が強いうえ、どちらも口コミやレビューの評価が高いことから、どちらを購入しようか迷ってる方も多いことだろう。このページはどちらのモデルも持っているマキタ信者のわたしが、用途やライフスタイルにあったモデルを選べるように比較しながら紹介していきたい。

.
通販生活限定モデル(マキタのターボ60)の重量

「重量」の違い!どっちが軽いの?

吸引モード CL107FD マキタターボ60
本体 1,140g 1,053g
延長管 123g 110g
ヘッド 139g 136g
合計 1,402g 1,299g

10.8Vシリーズのマキタクリーナーはどのモデルも1.5kgを切る重量のため、力の弱い女性や子供でも軽々と持てる軽さとなっている。また、高機能タイプの製品と違い、ヘッドに回転ブラシやモーターを搭載していないので、ヘッドを上げ下げする動作を繰り返しても手に負担がかかりにくい。さらには、コンパクトなヘッドを標準装備しているので、小回りが効き、使い勝手がよい特長を持っている。

CL107FDとマキタのターボ60の重量を比較すると、延長管とヘッドの重量に大きな差はないが、本体(バッテリー含)の重さに87gの差があった。ハンディタイプのスティッククリーナーは、重心が手元に集中するため、約100gの差は数字で見ると小さいが、5~10分と掃除をすると手首がだるくなってくるため、軽さに少しでもウェイトを置きたい場合はマキタのターボ・60のほうがおすすめである。

.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の吸込仕事率(吸引力)の違い

吸引モード CL107FD マキタターボ60
標準モード 5W 5W
強モード 20W 20W
MAXモード 32W 35W

「吸込仕事率」の違い!どっちが吸引力が強いの?

早見ポイント●吸引モードは3段階に切り替えできる
●MAXの吸込仕事率はマキタターボ60の方が強い
●体感では吸引力に大きな差はない
●マキタでさらなる上の吸引力を求めるなら18Vシリーズ

新規でマキタクリーナーを購入した場合、吸引力の評価は2つに分かれる。なぜなら、CL107FDやマキタのターボ60は、業務用モデル(14.4V/18V)を家庭でも使えるように、軽い操作性に特化したモデル。軽くて電圧の低いバッテリー(10.8V)を採用しているため、塵・埃・髪の毛・お菓子の食べこぼしのような目についたゴミをサッと掃除するチョイ掛け用としては最適だが、ダイソンのようにメイン機の代わりになりうるレベルのハイスペック機ではないからである。

マキタターボ60とCL107FDの吸引力を比較した場合、吸引力の目安となる吸込仕事率の数値は後発で発売されたマキタターボ60のほうが上であるが、体感ではそこまで大きな差を感じなかった。しかし、集じん方式はどちらもこまめにゴミ捨てができない「紙パック式」を採用しているため、少しでも強い吸引力を持続させたい場合、迷わずマキタのターボ60を選んだほうがよいだろう。

マキタ|CL107FDSHWの吸引力を検証(色々なゴミを吸い取ってみた)
通販生活限定モデル マキタのターボ・60(CL113FD)の吸引力比較
上は当サイトがCL107FDとマキタターボ60を購入したときに吸引力を検証した動画である。使用頻度の高い[強モード]の吸込仕事率は同じなので、掃除機の生命でもある吸引力に差はない。たいていのゴミは[強モード]でほとんど吸引できるが、ノーマルヘッド(回転ブラシ無し)が苦手なカーペットを掃除する場合は、吸引力が強いモード[パワフル/ターボ]に切り替えて掃除をするとよいだろう。[標準モード]の吸引力は弱いため使用頻度は低いが、吸引力が強くてマットがヘッドに張り付く場合や、掃除機をかけにくい夜遅くに運転する時に便利だ。
通販生活限定モデル マキタのターボ・60(CL113FDW)にサイクロンアタッチメントを取り付けてみた
ちなみに、別販売品のサイクロンアタッチメントはCL107FDだけでなく、マキタターボ60にも取り付けて使用することができた。サイクロンアタッチメントは吸い込んだ空気とゴミを遠心分離するアタッチメント。これを装着すれば、埃や粉じんによる目詰まりを防ぐことができ、吸引力を下げることなく使い続けることができる。紙パックの消費も抑えられるため、ランニングコストをかけたくない人にも高ポイントだ。(CL107FDにサイクロンアタッチメントを取り付けてゴミを吸い取った動画はこちらからどうぞ。)

 

.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の連続運転時間の違い

吸引モード CL107FD マキタターボ60
標準モード 25分 60
強モード 12分 20
MAXモード 10分 12

「連続運転時間」の違い!家中まるごと掃除できるの?

早見ポイント●床掃除でよく使用する吸引モードは[強モード]と[MAXモード]
●連続運転時間はマキタターボ60のほうが長い
●CL107FDは外付式バッテリーだから連続使用時間を延ばせる
●予備バッテリーは「CL1015」と「CL1040」は単品販売

コードレス掃除機はコード式のキャニスター掃除機と違って、本体に搭載しているバッテリーを電源としているため「連続使用時間」に制限がある。連続運転時間が短いと、家中まるごとを掃除をしたときに、途中でバッテリーの残量がなくなってしまうことがあり、焦って掃除をしなくてはいけないうえに、充電切れになったときにすぐに掃除を開始することができないデメリットが存在する。このため、本体仕様の中で吸引力の次に重要視されるスペックでもある。

CL107FDとマキタのターボ60の使用時間を比較すると、CL107FDSHWには容量が1.5Ahのバッテリーが搭載されているため、容量が2.5Ahにアップしたマキタのターボ60に比べると各モードの連続運転時間が短い弱点が存在する。特にフロアの掃除でよく使用する強モードは20分も使えるため、3LDKの家を掃除したときに途中で充電切れを起こす不安や心配がないメリットは大きい。このため、一回の充電でなるべく長く使用したい場合はマキタのターボ60がおすすめとなる。

CL107FD 連続使用時間

CL107FDは同社の10.8V(スライド式)電動工具と同じ外付式バッテリーを採用しており、同じスライド式バッテリーを使用する電動工具との間で使いまわしができる特長を持っている。このため、単品販売されているバッテリー(BL1015)を用意すれば、連続使用時間を2倍以上に延ばすことができるのだ。さらに、10.8Vのバッテリーには大容量タイプ(4.0Ah)のバッテリー(BL1040)もラインナップされており、これを使用すると一回の充電で[標準67分/強32分/MAX27分]の使用が可能となっている。

 

※最初から4.0Ahのバッテリーのみで使用したい場合は、本体にバッテリーと充電器が付属されたCL107FDSHWを買わずに、本体(CL107FD)と充電器(DC10SA)と4.0Ahのバッテリー(BL1040を単品で注文したほうが経済的に揃えられる。

.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の充電時間と充電方法の違い

「充電時間」と「充電方法」の違い

早見ポイント●[マキタターボ60]は内蔵式バッテリーを採用
●[CL107FD]は外付式バッテリーを採用
●[マキタターボ60]本体に充電プラグを差して充電(2時間半)
●[CL107FD]バッテリーを取り外して充電器で充電(約22分)
●[充電時間]はCL107FDのほうが圧倒的に早い

マキタターボ60は「内蔵式バッテリー」を採用しているため、コンセントに差し込んだ充電アダプターのプラグを本体に差し込んで充電を行う。充電時間はバッテリーの残量が空の状態からだと2.5時間かかるが、前モデルであるマキタターボⅡが4時間もかかっていたことから大幅に短縮されている。また、内蔵式バッテリーを採用している充電式クリーナーで充電時間が3時間を切るのは珍しい。

一方のCL107FDは「外付バッテリー」を採用してるため、本体からバッテリーを取り外して充電器で充電を行う。バッテリーを着脱しなければいけないため、ちょっとした一手間がかかるが、冷却機能を搭載した充電器で充電を行うため、約22分という驚異的なスピードでフル充電することが可能となっている。このため、途中でバッテリー切れになってもすぐに掃除を開始できるメリットがある。

.
モデル名 マキタターボ60 CL107FD
バッテリタイプ 内蔵式バッテリ 外付式バッテリ
交換方法 自分で交換可能 自分で交換可能
バッテリー代 5,832円
送料378円
5,400円
送料270円
上記のバッテリーの価格は2019年2月に通販生活の公式サイトで確認したもの。CL107FD用のバッテリー(BL1015)はAmazonや楽天市場でも販売されており、通販生活の公式サイトより安く販売しているショップもあり。

バッテリーの「交換方法」と「交換費用」の違い

コードレス掃除機のおかげで手軽に掃除ができるようになるものの、長く使い続けていると携帯電話やカメラの電池と同じようにバッテリーに寿命がくるのがネックとなる。

2017年に発売された東芝のVC-CL1400は、自身で交換することができない内蔵式バッテリーを採用しているため、バッテリーを交換する場合は、同社のサービスステーションか家電量販店に本体を持ち運ぶ必要がある。交換費用にかかる費用はバッテリー代(13,000円)+技術料(3,800円)=18,144円(税込)と、かなりの割高になることから、バッテリーの交換方法や交換費用を重視したい人も多いのではないだろうか。

CL107FDのバッテリー交換方法と交換費用

CL107FDのバッテリー交換方法CL107FDは前述した通り、同社の電動工具と同じ外付式バッテリーを採用しているため、ワンタッチで着脱することが可能。このため、バッテリーに寿命がきても単品販売されているバッテリーを購入すれば、自身で簡単に交換することができる。バッテリーはAmazonや楽天市場などでも販売されており入手がしやすい。

マキタターボ60のバッテリー交換方法と交換費用

マキタのターボ60のバッテリー交換方法一方のマキタターボ60は内蔵式バッテリーが採用されているものの、工具を使用せずに自身でバッテリーを取り外すことができる(取り外し方の動画はこちらからどうぞ)。また、マキタのターボ用のバッテリーは通販生活の公式サイトで注文することができるため、マキタの営業所や代理店に本体を持ち込む手間も不要だ。
.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の充電時間と驟雨人方式の違い

「集じん方式」の違い!ゴミ捨てかんたんなの?

早見ポイント●「マキタターボ60」と「CL107FD」の集じん方式は同じ
●集じん方式は「紙パック」と「ダストバッグ」から選べる
●紙パックの型番は(A-48511)使い捨て
●ダストバッグの型番は(A-43957)水洗い可能
●ダストバッグは生地の目が荒く排気性能が低い
●「サイクロンアタッチメント」で紙パックの消費が軽減

マキタターボ60とCL107FDの集じん方式は同じとなっており、紙パック式とダストバッグ式の2種類から選択が可能となっている。

紙パックは消耗品のためランニングコストがかかるものの、埃を舞い上がらせずにゴミ捨てを簡単に行えるため人気が高い。一方のダストバッグはゴミ捨ての際にゴミをほじくりださないといけないため埃が舞いやすいものの、水洗いすれば繰り返し使うことができるので経済的。

マキタターボ60とCL107FDの紙パックやダストバッグは共通品となっているため、消耗品にかかる費用は同じである。ただし、通販生活の通販サイトで紙パックを購入すると割高なので送料無料のAmazonで注文したほうがお買い得である。楽天市場では20枚セットを販売しているショップもあり、1枚の単価はAmazonより安くなる。

マキタコードレス掃除機 従来ダストバッグの排気性能
標準付属されている白いダストバッグは、生地の目が荒く微細なゴミが本体に侵入しやすいので個人的にはおすすめできない。どうしても使いたいのであれば別販売されている、「高機能ダストバッグ(A-58257)」のほうがおすすめである。なぜなら、標準付属品のダストバッグよりさらに目が細かいため、微細なゴミが本体側に侵入しにくくなるからである。
通販生活限定モデル マキタのターボ・60(CL113FDW)にサイクロンアタッチメントを取り付けてみた
その他にランニングコストを抑えたい場合は、「サイクロンアタッチメント」の装着がおすすめである。本体と延長管のあいだで空気とゴミを遠心分離するため、フィルターが目詰まりしにくくなり、強い吸引力を持続することができるからである。また、ゴミ捨ても簡単にできるようになりストレスフリーに。サイクロンアタッチメントと紙パックの組み合わせで排気が綺麗になるのも高ポイント。
.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の機能の違い

「機能」の違い!どっちが高機能なの?

2019年モデルのマキタターボにも暗い場所のゴミを照射する「LEDライト」が搭載されたため、マキタターボ60とCL107FDの機能に差はない。しかし、マキタターボ60は本体と延長管の差し込みが「ロック式」になったうえ、紙パックやダストバッグを本体にセットしないと「フロントカバー」が閉められなくなったことから、力のないお年寄りや、うっかり紙パックのセットを忘れてしまう人にはマキタターボ60のほうが最適である。

マイナーチェンジされたストレートパイプ(ロック付)
マキタターボ60は延長管の取り付けがロック式となり、延長管を取り付ける場合は「カチッ」と音が鳴るまで差し込むだけ。また、延長管を取り外す場合はボタンを押しながら引き抜けだけなので、簡単に延長管を着脱できるようになった。掃除をしている際に延長管が外れたり、力を入れずにハンディクリーナーとしても使えることから力の弱いご年配の方にも最適なモデルとなっている。ヘッドや別販売品のアタッチメントも装着可能。

マキタターボ60(フロントカバー)

マキタターボ60は紙パックやダストバッグを本機にセットしていないとフロントカバーが閉まらない機構が搭載された。私は紙パックを捨てた際に新しい紙パックを取り付けないで掃除をしたことが何度かあるのでこの機構は高ポイントである。
.
「マキタターボ60」と「CL107FD」の音の大きさを比較(騒音値)

「運転音」の違い!音の大きさはどれくらいなの?

近隣の住民とのトラブルや不満でも最も多いのが「騒音問題」。ご近所さんの生活音が聞こえてくるアパートのような集合住宅だと、なるべく近所迷惑にならない音の大きなの掃除機を選びたい人も多いのではないだろうか。

マキタのターボやCL107FDの運転音は電動工具のような甲高い音がするため決して静かとは言えないが、吸引力が強い[ターボモード]から[強モード][標準モード]に切り替えることにより、騒音値を下げることが可能。使用頻度の高い[ターボモード]に比べると吸引力は低下するものの、辺りが静まり返った早朝や夜間など掃除機がかけにくい時間帯に便利である。

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の騒音値

当サイトでマキタターボ60とCL107FDの騒音値を測定してみると、数値には大きな差は見られなかったものの、体感ではCL107FDのほうがわずかに甲高い音が耳についた。従って、少しでも静かな運転音にウェイトを置くなら、迷わずマキタターボ60を選んだほうがよいだろう。

.

「マキタのターボ60」と「CL107FD」の収納方法

収納方法の違い!立てかけて収納できるの?

ハンディタイプのスティッククリーナーで問題になりがちなのが収納問題。マキタターボ60やCL107FDには本体後部にハンガーやストラップが付いているため、壁に取り付けたフックに引っ掛ければ立てかけて省スペースに収納することができる。しかし、賃貸住宅などで壁に傷がつけられない場合やクリーナーを設置したい場所の壁にフックを取り付けられない場合は、クリーナー専用のスタンドを利用するのが一般的となっている。マキタのような電動工具メーカーのクリーナーに使えるスタンドをまとめたページは下記のボタンからどうぞ。

.

マキタターボ60 VS CL107FD まとめ

選び方のまとめ

軽さで選びたい場合少しでも軽いモデルを選びたい場合は迷わずマキタターボ60がおすすめ。ハンディタイプは手元に重心が集中しており、掃除をしている際はすべて手首に負荷がかかるため、100gという差は数字では小さいが、使用時間が長いと大きな負担となるからである。(特に力の弱い人の場合)
吸引力で選びたい場合吸引力を重視したい場合は、吸引力の指標となる吸込仕事率が高いマキタターボ60がおすすめ。ただし、体感では[MAXモード]の吸引力に大きな差はないので、CL107FDの特長(電動工具を使い回せる・予備バッテリーが用意できる・バッテリー代が安い)に魅力があるなら、妥協できるレベルである。
運転時間の長さで選びたい場合一回のフル充電で使える時間を重視したい場合は、使用頻度の高い[強モード]が20分間使えるマキタターボ60が断然有利。ただし、フロア掃除が20分で終わらない場合は、予備バッテリーを用意できて、充電時間(22分)が圧倒的に早いCL107FDのほうが充電切れの心配がない。
バッテリーの交換費用で選びたい場合バッテリーにかかる交換費用で選びたい場合はCL107FD一択。どちらもバッテリーに寿命が来たときは、自身で交換することが可能なので工賃はかからない。バッテリー代を比較するとCL107FDのほうが安いうえ、互換バッテリーが純正バッテリーの半値で販売されているからである。
騒音値でモデルを選びたい場合少しでも運転音が静かなモデルを選びたい場合はマキタターボ60一択。どちらも電動工具のような甲高い運転音がするが、体感でも数値でもわずかにマキタターボ60のほうが甲高い音が軽減されているからである。少しでも運転音を下げたい場合は、[強モード]や[標準モード]を使用するとよいだろう。ただし、[標準モード]は髪の毛のような軽いゴミしか吸引できないので、目についたゴミを吸引する以外の用途では向いてない。
.

2019年 通販生活限定モデル「マキタのターボ・60」の口コミレビュー

.

通販生活限定モデルのマキタのターボ・60を口コミレビュー

通販生活のマキタのターボがパワーアップして新登場!

前モデル(マキタターボⅡ)との違い・吸引力の指標となる「吸込仕事率」がアップ
・標準と強モードの「連続使用時間」がアップ
・「充電時間」が4時間から2.5時間に短縮
・ゴミを照射する「LEDライト」を搭載
・「収納付きスタンド」がラインアップ(別販売)

毎日家事をする主婦たちに定評がある通販生活限定モデルの[マキタのターボ]がパワーアップして新登場。キャニスター型掃除機の予備機(チョイ掛け用)として人気のあるマキタターボの新モデル[マキタのターボ・60(CL113FD)]が2019年1月に通販生活のサイトにラインアップ。従来モデルと同じ軽さを保ったまま、最長連続使用が約60分と2倍にアップ。さらに使用頻度の高い「強モード」や「ターボモード」の吸引力がさらにアップし、長かった充電時間も2.5時間に短縮。さらには、従来のマキタのターボに搭載されていなかったLEDライトが採用された。

.

「マキタのターボ・60」の特徴を分かりやすく解説

通販生活(カタログハウス雑誌)

通販生活の「マキタのターボ」ってなんぞや?

ざっくりまとめると・通販生活から限定で販売されているマキタクリーナー
・吸引力が大幅にアップする「ターボモード」を搭載

マキタのターボとは、電動工具メーカーのマキタが通販生活限定で製造している「ターボ」付きの充電式クリーナーである。以前は、通販生活の公式通販サイトやカタログでしか注文することができなかったが、2017年頃から一部の家電店などでマキタターボの目撃情報あり。また、2019年には通販生活がAmazonに出店、Amazonからも注文できるようになった。

マキタのターボは電圧の低いバッテリー(10.8V)を搭載しているため、当サイトで紹介しているマキタの業務用モデル(14.4V/18Vシリーズ)や、大手家電メーカーが販売している高機能タイプの製品に比べると吸引力は劣るものの、埃や髪の毛のような軽いゴミから、米粒や猫砂のような重いゴミをサッと吸引することができることから、チョイ掛け用のサブ機として非常に人気が高い。

.

マキタのターボ2(CL103DX)

モデル名 CL103DW
マキタターボ
CL103DX
マキタターボⅡ
CL113FD
マキタターボ60
発売日 2013年1月 2016年1月 2019年1月

いつ購入したらお買い得なの?最安値は?

ざっくりまとめると・基本的に価格が変動することはない
・通販生活公式サイトもAmazonも同じ価格

基本的に通販生活で販売されているマキタのクリーナーは、家電メーカーが販売している製品のように価格が変動することがない。このため、いつ購入しても価格は同じと考えたほうがよいだろう。

ただし、通販生活限定のマキタターボの比較的新しいモデルは、3年ごとにモデルチェンジしている。従って、次の新モデルは2022年まで発売されない可能性が高いため、2022年に近い場合は新モデルが発売するまで待ったほうがよいだろう。

ちなみに、2013年以降に発売されたマキタターボには10.8Vの内蔵バッテリーが採用されており、モデルチェンジするごとに吸引力や連続運転時間がアップしている。それ以前のモデルには7.2Vの内蔵バッテリーが採用されていた。

通販生活限定モデル「マキタのターボ・60」のカラー色

本体カラーは何色あるの?

マキタのターボ60の型番とラインナップ・マキタのターボ60の型番は「CL113FD」
↓カラーは3色がラインナップされている
・アイボリー(CL113FDWI
・オレンジ(CL113FDWO
・ブラック(CL113FDWB

インテリアを邪魔しないシンプルなボディのカラーは、「アイボリー」「オレンジ」「ブラック」の3色がラインナップされている。なお、立てかけて省スペースに収納することができる「専用スタンド」も3色用意されているため、スタンドも一緒に注文する場合は本体と同じ色を選ぶとよいだろう。

クリーム色に近いアイボリーはナチュラルスタイルや和風の部屋にぴったり、本体に埃や塵が付着しても目立ちにくい。マキタ感を消したい場合は、高級感のあるブラックがおすすめ、擦れ傷がついても目立ちにくいメリットも存在する。存在感をアピールしたい場合は、発色がよく目立つオレンジがおすすめ、女性に人気のカラーとなっている。

.

マキタのターボ60(ハンディクリーナー)

ハンディクリーナーとして使えるの?

ざっくりまとめると・延長管を取り外せばハンディクリーナーとして使える
・本体吸込口が斜めにカットされてるのでゴミが吸いやすい
・本体に各ノズルを装着してハンディとして使うことも可能

マキタのターボは、ハンディクリーナー本体に「延長管」と「床用ヘッド」を装着したハンディタイプのスティックコードレスクリーナーなので、ハンディクリーナーとして使用することは当然可能となる。

本体に床用ヘッドを装着して階段を安全スムーズに掃除したり、すき間ノズルを装着してサッシの溝を掃除することができる。また、本体の吸込口は斜めにカットされているため、本体にノズルやヘッドを装着しなくとも、食べこぼしなどのゴミをサッと吸引することも可能。

フローリングだけでなく、家具・家電・ソファー・車内の掃除まで幅広く使いたい人は別販売されている各ノズルも揃えておきたい。(写真4~5参照)

マイナーチェンジされたストレートパイプ(ロック付)
従来のマキタターボやマキタの現行機種と違い、本体の差込口がロック付きに変更されていた。「パイプ取り外しボタン」を押すことにより、本体からストレートパイプを簡単に着脱し、ハンディクリーナーとして使うことができるようになった。今後、マキタから発売される充電式クリーナーはロック付きが採用されるだろう。ちなみに、ストッパーが付いてない「床用ノズル」「隙間ノズル」や、別販売品の各アタッチメントも差し込めるようになっている。
.

マキタのターボ60(LEDライト)

LEDライト機能はついてるの?

従来のマキタのターボにはLEDライトが採用されていなかったが、新モデルにはLEDライトが搭載された。LEDは運転スイッチを入れると照射、机や椅子のような家具の下から、電気や日が当たらない薄暗い場所の床面を照射してくれる。「LEDライトは別になくてもいい」という声もあるが、目視しずらい微細なゴミが反射するため、ゴミの有無がひとめでわかる便利な機能である。

.
通販生活限定モデル(マキタのターボ60)の重量

重量はどれくらいなの?重い?軽い?

各パーツの重さ本体の重量(電池含む):1,053g
延長管の重量(すき間ノズル含む):110g
床用ヘッドの重量:136g
合計:1,299g(約1.3kg)

ダイソンのように吸引力を追求したハイエンド機は電圧の高いバッテリー(21.6V↑)を搭載しているため、本体重量が重たくなる製品が多い。ハンディタイプのスティッククリーナーは重心が手元に集中するため、本体が床にあるキャニスター掃除機より手首や肘に負担がかかりやすくなるのだ。実際にダイソンの口コミでは重たいと批判しているレビューも多く見られる。

一方のマキタのターボ・60は、(10.8V)の軽いバッテリーを採用しているため、本体は1000mlのパック牛乳に近い重さの(1053g)となる。子供を抱えながら片手で掃除ができる重さなので、掃除機がけ=重労働という概念がなくなるほどの軽さ。一家に一台設置しておけば、目についたゴミを家族の者が積極的に掃除をしてくれるようになり、家事も時短+楽になる。

さらには、延長管はマウス(大)と同じ重さ(110g)、床用ヘッドの重さは単一電池と同じくらいの重さ(136g)なので、ヘッドを持ち上げする動作をしても重さをほとんど感じない。ヘッドはコンパクト+軽量設計のため、広範囲の場所は効率よくできないものの、階段や狭い部屋の掃除では使い勝手がよいメリットも存在する。

.

通販生活限定モデルのマキタのターボ・60(吸込仕事率と連続使用時間)

CL103DW
2013年発売
内蔵式バッテリ
CL103DX
2016年発売
内蔵式バッテリ
CL113FD
2019年発売
内蔵式バッテリ
CL107FD
2016年発売
外付式バッテリ
標準:5W/30分 標準:5W/30分 標準:5W/60 標準:5W/25分
強:14W/15分 強:16W/15分 強:20W/20 強:20W/12分
ターボ:20W/10分 ターボ:27W/12分 ターボ:35W/12分 ハイパワ:32W/10分

「吸込仕事率」や「連続使用時間」どれくらい?

標準モード(60分)従来モデルと吸引力の指標となる吸込仕事率は変わっていないものの、連続使用時間は2倍もアップ。吸引力が頼りないほど弱いため、フロアでの使用頻度は低くなるのの、運転音が他のモードに比べると圧倒的に静か。このため、掃除機がかけにくい時間帯の使用に最適だった。髪の毛・塵・埃のような軽いゴミは吸引できる。
強モード(20分)使用頻度の高いモードなので、吸込仕事率や連続使用時間が前モデルよりアップしたのは嬉しい。埃や塵のような微細なゴミから、ペット用の餌や砂のような重たいゴミも吸引できるほどパワフル。掃除をする範囲が広い場合はターボモードではなく、節電効果のある強モードで掃除をすると充電切れの不安は解消される。
ターボモード(12分)通販生活限定モデルにだけ搭載されているターボモード運転時間は前モデルと同じものの、吸込仕事率は8Wもアップ。同クラス(10.8V)の中で最も吸引力が強い「CL107FD」を超えるパワーだ。吸引力は硬貨も勢いよく吸い上げるほど強いが、12分の使用時間となっているため、広範囲の掃除をする場合は運転時間の長い強モードの使用がおすすめ。

通販生活から発売された「10.8V内蔵式バッテリー」を採用したモデルは2013年から登場。従来モデルから吸引モードは[標準][強][ターボ]の3段階から選べる。

一番吸引力の弱い[標準モード]の吸引力は従来から変わりはないもの運転時間は2倍にアップ。使用頻度の高い[強モード]や[ターボモード]の吸引力は従来のマキタターボや、同クラスの中で一番吸引力が強かったCL107FDより強いものとなっているため、軽い10.8Vシリーズの中から吸引力を重視する場合は、迷わずマキタターボ60を選ぶとよいだろう。

CL107FDとマキタターボ60の違い

購入する前に知っておきたい2016年にマキタから発売された「CL107FD」は、キャニスター掃除機の予備機として使うローエンド機だが、発売された年から価格.comの「コードレス掃除機 人気ランキング」で、ダイソンなどのハイエンド機と並んで上位に君臨しているほど人気が高い。

 

マキタターボ60との大きな違いは、同社の電動工具に使われている「外付式バッテリー」を採用していること。このため、同社の「10.8Vシリーズの電動工具」との間で使い回しができたり、予備バッテリー(BL1015)を用意すれば充電切れの心配がない。さらに急速充電器で充電するため充電時間(22分)が圧倒的に早い。電動工具を購入する予定があったり、予備バッテリーを使って使用時間を延ばしたい場合は、CL107FDのほうがおすすめである。

.
通販生活限定モデル マキタのターボ・60(CL113FD)の吸引力比較

色々なゴミを吸引してみた動画

マキタターボのヘッドの特徴・フローリングや畳のようなフラットな床面の掃除が得意
・パワーヘッドが弾き飛ばす固形のゴミの吸引が得意
・カーペットやラグの掃除が苦手

通販生活-マキタのターボ60(床用ヘッドノズル)

掃除機の吸引力の強さを言葉で伝えることが難しいため、我が家で発生する色々なゴミを吸引する動画をYoutubeにアップロード。キャニスター掃除機のサブ機として軽さを売りにしたモデルのため、高価格帯のハイエンド機に比べると吸引力やカーペットの集じん力はどうしても劣る弱点が存在する。しかし、目に入ったゴミをサッと掃除したいチョイ掛け用や、フローリングや畳のようなフラットな床面の掃除にはもってこいの一台となる。

マキタのターボ・60で大鋸屑を吸引

オガクズYoutube アイコン1:04
木材をマルノコで切断する際に発生する大鋸屑(オガクズ)のような小さいゴミは、1ストロークで吸引することができた。フローリングの溝に入ったゴミもしっかり吸引。大鋸屑はフィルターを目詰まりさせる原因となる小さなゴミだが、紙パックがパンパンになるまで吸引することができた。

マキタのターボ・60で木材の切り屑を吸引

木材の切り屑Youtube アイコン2:05
木材をプレーナーで加工した際に発生する切り屑も、ほぼ1ストロークで吸引することができた。ただし、動画のように床一面にゴミが落ちていると、吸引力が強すぎてサイドのゴミを引き寄せてしまい、1ストロークでうまく吸引できないこともあった。オガクズと同様に紙パックがパンパンになるまで吸い上げることができた。

マキタのターボ・60でシュレッダーにかけた紙を吸引

シュレッダーにかけた紙Youtube アイコン3:19
シュレッダーにかけた紙くずも1ストロークで吸引することができた。しかし、動画のようにゴミが重なっていたりするとヘッドの前面で押し出してしまい、ヘッドを滑らせる動作ではうまく吸引できないことも。この場合は、ゴミに対してヘッドをかぶせるように吸引すれば簡単に吸引できた(個人的に許容範囲)。紙くずのようなゴミも紙パックが一杯になるまで吸引することができた。

マキタのターボ・60でお米を吸引

米つぶYoutube アイコン4:08
ネットには「マキタは米粒も吸わない」という批判的な口コミも散見されるが、紙パックが一杯になるまで目一杯吸込み続けるパワーを持っていた。ただし、小麦粉のような超微細なゴミを吸引して紙パックが目詰まりした場合は話は別となる)。米粒のような嵩のあるゴミは、回転ブラシを搭載したモーターヘッドを採用しているハイエンド機だと弾き飛ばしていしまう製品が多いが、回転ブラシがついてないマキタのヘッドなら簡単に吸い込むことができストレスフリー。

マキタのターボ・60でペットフードを吸引

ペット用ドライフード(ニュートロ)Youtube アイコン4:35
ペット用ドライフードのような固形のゴミは床とヘッドとの隙間が狭いため、ヘッドの前面で押し出してしまった。しかし、ドライフードに対してヘッドをかぶせるようにすれば軽々と吸い上げることができた。大小のゴミを同時に吸い取れる「ダイソンFluffy」以外のハイエンド機は、大半の製品が固形のゴミを回転ブラシで弾き飛ばしてしまうが、建築現場で活躍するマキタのようなチープなヘッドは、このような固形なゴミの吸引を得意としている。

マキタのターボ・60でペット用トイレの砂を吸引

ペット用トイレの砂(常陸化工-トイレに流せる木製猫砂)Youtube アイコン5:08
ペット用のトイレの砂もドライフードと同様にヘッドの前面で押し出してしまったが、ゴミに対してヘッドをかぶせながら吸引すれば、軽々と吸い上げることができた。下手なモーターヘッドを搭載したハイエンド機より、はるかに効率がよくイライラすることもなし。当サイトの検証ではマキタのヘッドと床との隙間は約2mm。高さが3mm以上のゴミはヘッドの前面で押し出してしまうと考えておこう。

マキタのターボ・60で小麦粉を吸引

小麦粉Youtube アイコン5:40
小麦粉のように単体だと目視できない超微細なゴミを大量に吸引すると、紙パックが一杯になる前に吸引力が低下、虫の息となってしまった。また、小麦粉より重たいゴミは軽々と吸引できるにもかかわらず、溝に溜まった小麦粉はうまく吸引することができなかった。静電気で付着しているのが原因なのか分からないが、別販売されている柔らかなブラシが搭載された「じゅうたんノズルDX」を使用することで集じんすることができた。「小麦粉なんて床には落ちてない!」というツッコミが入りそうだが、実はフローリングやカーペットには小麦粉より小さいハウスダストが毎日発生していて、紙パックやフィルターの目詰まりの原因となるのだ。

マキタのターボ・60でカーペットの奥に入り込んだ小麦粉を吸引

カーペットの奥に入り込んだ小麦粉Youtube アイコン11:20
カーペットに奥に叩き込んだ小麦粉もうまく吸引することができなかった。紙パックがすぐに目詰まりして吸引力が落ちるのも要因の1つだが、マキタのようなローエンド機は回転ブラシがついてない「ノーマルヘッド」を採用しているため、カーペットにおける集じん性能が高機能タイプのハイエンド機より劣ってしまうのだ。カーペットの奥深くから微細なゴミをなるべく集じんしたい場合は、別販売されている「じゅうたんノズル」がおすすめだ。硬いナイロンブラシを搭載しているため、カーペットに絡みついた髪の毛や奥深くに入り込んだ微細なゴミの集じん性能が向上。

マキタのターボ・60でペットの毛(犬・猫)を吸引

カーペットに絡みついたペットの毛Youtube アイコン14:57
フローリングのような平な床面の上に落ちている猫の抜け毛を吸引することは造作もないことだが、カーペットに絡みついた猫の毛を吸引することはできなかった。カーペットに絡みついて取れにくいペットの毛・綿埃・髪の毛・糸くずの集じん力を向上させたい場合は、別販売されている「じゅうたんノズルDX」がおすすめだ。じゅうたんノズルDXの吸込口の前後にはエチケットブラシ2枚が逆目に配置されているため、ヘッドを前後に滑らせるだけで、頑固に絡みついたペットの毛も簡単に集じん。

マキタのターボ・60で壁際のゴミを吸引

壁際のゴミYoutube アイコン18:52
マキタクリーナーは簡素なヘッドが装備されているが、床とヘッドとの隙間が狭い設計になっているため、ヘッドを装着した状態でも吸引力が殺されない特長を持っている。このため、正面に落ちている壁際のゴミは一発で吸引することができた。サイドに落ちているゴミは1ストロークで取れないこともあったが許容の範囲である。ただし、ゴミの高さが3mm以上であったり、長年こびりついたような塵の吸引はできないと考えておこう。
.
通販生活限定モデル マキタのターボ・60(CL113FDW)に従来サイクロンアタッチメントを取り付けてみた

サイクロンアタッチメントは取り付けられるの?

ざっくりまとめると●紙パックが目詰まりしにくくなる
●紙パックの消耗が大幅に軽減
●ゴミを溜められる量が増える
●サイクロンアタッチメントはマキタターボ60に装着可能
●サイクロンアタッチメントは2種類存在する
●新規で買うなら迷わずロック付サイクロンアタッチメント

紙パックは簡単かつ衛生的にゴミを捨てられるメリットがあるものの、集じん容量が330mlと小さいため、毎日家中掃除をしているとすぐに紙パックがいっぱいになりランニングコストがかかるデメリットが存在する。また、小麦粉のような微細なゴミを吸引すると、すぐにフィルターが目詰まりを起こし吸引力が低下、早々に紙パックを交換することも。

そこで、当サイトがおすすめしているのが集じん方式をサイクロン式に変えられる「サイクロンアタッチメント」だ。本体に装着することで吸い込んだ空気とゴミを遠心分離。フィルター目詰まりの原因となる微細なゴミから大きなゴミまで青いカップ内で遠心分離するため、フィルターが目詰まりしにくくなり、強い吸引力を持続させることができるのだ。

クリーナーの用途が「フロアの掃除のみ」「ゴミを大量に吸引する」「微細なゴミをよく吸引する」「紙パックの消耗を抑えたい人」は、ぜひ買い揃えておきたいアタッチメントだ。

マキタターボ60 A-68856(サイクロンアタッチメント)

購入するなら新しい「ロック付サイクロンアタッチメント」●A-67169(ロック無し)
●A-68856(ロック付き)
●ロック付きは簡単に着脱できる
●ロック付きは使用中に外れない

2019年2月にマキタの18Vシリーズからパワーアップした新作(CL280FD、CL281FD、CL282FD)が発売された。実は、この新モデルにはマキタターボ60と同じロック式の差込口を採用しており、セット品には「ロック付サイクロンアタッチメント(A-68856)」が付属されているのだ。このサイクロンアタッチメントはおそらくマキタターボ60と互換性があるはずなので、マキタターボ60に取り付けられるか、当サイトでは検証を行ってみることに。

マキタのターボ・60に「ロック付サイクロンアタッチメント」と「ストレートパイプ340(ロック付)」は取り付けられるのか?

追記(3月6日):発売されたばかりで手に入れるのに苦労したがようやく入手。早速、マキタターボ60の本体や延長管にロック付サイクロンアタッチメントを取り付けてみたが、やはり思った通り装着可能であった。ロック式なので簡単に着脱できるうえ、使用中に外れたりしないのも高ポイントだ。また、マキタのカタログでは分かりにくいが、アタッチメントの差込口の上下に「ストッパー」が付いているため、ダストケースを延長管の上下に配置することも可能であった(左右に配置することは不可)。

一番最初に販売されたサイクロンアタッチメント(A-67169)は、ストッパーがついていないため、着脱するときにねじりにながら抜き差ししなければいけない。また、しっかり差し込まないと使用中にサイクロンアタッチメントが本体から外れてしまうという批判レビューも散見される。このため、新規でサイクロンアタッチメントを購入する場合は、後発で発売された「ロック付サイクロンアタッチメント(A-68856)」のほうがおすすめである。

.

マキタターボ60にストレートパイプ340(45848-9)を装着

マキタターボ60にストレートパイプ340(45848-9)を装着

ストレートパイプ340(459481-9)は取り付けられるの?

ざっくりまとめると●ストレートパイプ340(ロック付)は装着可能
●通常時:955mm(95.5cm)
●サイクロンアタッチメント装着時:1095mm(1m9.5cm)
●↑+ストレートパイプ340装着時:950mm(95cm)
※サイズは壁に立てかけた高さです
Youtube アイコン取り付けた動画

マキタから発売されたサイクロン方式に変えられるサイクロンアタッチメントは非常に人気があり便利なものであるものの、サイクロンアタッチメントを取り付けた分、掃除機の全長が長くなってしまい、アタッチメント未装着時より使いにくくなったという口コミも多く存在する。

例えば、マキタターボ60を立てかけた高さは95.5cmだが、サイクロンアタッチメントを装着すると1m9.5cmになるため、伸長の高さによって意見は異なるが、使いにくくなる人も多く存在する。このため、付属品の延長管を切断+加工して短くするユーザーもネットで散見された。

しかし、2019年に同社から標準付属品の延長管より短い「ストレートパイプ340(459481-9)」が登場した。このショートパイプは、18Vの新モデルのセット品に付属されているものだが、近日発売予定と記載されているため、近いうち単品でも販売されるだろう。

当サイトで検証を行ったところ、ストレートパイプ340(459481-9)の長さは340mm。ロック付サイクロンアタッチメントに取り付けて全長を測ってみたところ、通常時の全長と5mmほどしか変わらない長さとなり使いやすくなった。さらにストッパー付きなので、簡単に着脱することも可能であった。

.

マキタのターボ60(紙パック&ダストバッグのゴミ捨て方法)

集じん方式は?集じん容量はどれくらいなの?

選べる2種類の集じん方式・紙パック(集じん容量:330ml
・ダストバッグ(集じん容量:500ml

マキタのターボ60の集じん方式は、「紙パック」と「ダストバッグ」の2種類から選ぶことができる。あらかじめ水色の「紙パック」が10枚と、白色の不織布製の「ダストバッグ」が標準付属されている。

マキタのターボ・60 ゴミの捨て方と紙パックの取り付け方(紙パックの場合)
紙パックの特徴とゴミの捨て方紙パックはダストバッグに比べると、ゴミが一杯になると取り外してゴミ箱に捨てるだけなので、簡単かつ衛生的にゴミ捨てができる特長がある。また、生地の目が細かく、抗菌仕様なのでダストバッグより綺麗な空気を排出するメリットも存在。ただし、ゴミを溜められる集じん容量が小さくいうえ、使い捨ての紙パックを定期的に購入するためのランニングコストがかかるデメリットも存在する。
マキタのターボ・60 ゴミの捨て方とダストバッグの取り付け方(ダストバッグの場合)
ダストバッグの特徴とゴミの捨て方ダストバッグは紙パックに比べると、集じん容量が大きくなり、水洗いして繰り返し使うことができるのでランニングコストがかからず経済的。ただし、ゴミ捨て時に埃が舞い上がりやすいうえ、目詰まりするたびに水洗いをして乾かさないといけないので、お手入れに手間がかかるのがネック。その他に、微細な粉じんの捕集率が悪いので、排出する空気が紙パックより汚いデメリットも存在する。

バルブステーコンプリート(ゴミストッパー)142650*6

上は紙パックやダストバッグと重ね合わせて本機にセットするオレンジ色の「ゴミストッパー(バルブステーコンプリート)」。私が購入した前モデルのマキタターボ2(CL103DX)のゴミストッパーと紙パックのあいだにはわずかな隙間が生じていたため、微細な粉じんが漏れていてゴミを捨てる度にお手入れをする必要があった。新モデルでは粉じんが漏れないように改良されたゴミストッパーが同梱。紙パックの厚紙と重ね合わせる面にはスポンジが貼られており密閉性が向上、微細な塵や埃が漏れないようになっている。
マキタコードレス掃除機 従来ダストバッグの排気性能
マキタターボ60に付属されているダストバッグで小麦粉を吸引すると、本体は真っ白に粉を吹いた状態となった。これは紙パックでは同じ症状にならなかったことからダストバッグのほうが微細な集じん捕集率が低いことが考えられる。実際に小麦粉を入れたダストバッグを叩いてみると浮遊するような塵が生地からすり抜けて落ちていった。アレルギーや小さい子供が居て排気が気になる場合は紙パックを使用したほうがよいだろう。どうしてもダストバッグを使用したい場合は、生地の目が細かい「高機能ダストバッグA58257」のほうがおすすめである。
.

マキタのターボ60の紙パック

紙パックはどれを使えばいいの?値段はどれくらい?

Point●マキタターボ・60の紙パックは「A-48511
●直近は10枚入りが600円前後で販売されている
●通販生活よりAmazonや楽天のほうがお買い得

マキタターボ60には紙パックが10枚付属されている。しかし、紙パックは消耗品のため、なくなれば買い足す必要がある。マキタターボ60の紙パックは通販生活のサイトで注文することが出来るが、この紙パックはマキタのクリーナー全般に使用できる「A-48511」なので、送料無料で注文することができるAmazonや楽天市場で購入したほうが経済的である。

ちなみに家の場合、毎日家中(3LDK)の床を掃除すると、一週間に一回の割合で新しい紙パックに交換となった。抜け毛の多い猫を飼っており、一般の家よりゴミを吸引する量が多いため、紙パックがいっぱいになる前に吸引力が低下して、新しい紙パックに交換するという感じだ。紙パックの交換頻度は、掃除をする頻度や吸い取るゴミの種類・量によって変わる。

ただし、別販売品の「サイクロンアタッチメント」を装着すれば、紙パックは交換頻度は劇的に減るため、ランニングコストをかけたくない場合は、サイクロンアタッチメントの装着をおすすめしたい。サイクロンアタッチメントのレビュー記事はリンク先(マキタから発売されたサイクロンアタッチメント(A-67169)の使用レビュー)からどうぞ。

.

マキタのターボ60のバッテリー

CL103DW
2013年発売
CL103DX
2016年発売
CL113FD
2019年発売
CL107FD
2016年発売
3時間 4時間 2.5時間 22分
内蔵式バッテリ 内蔵式バッテリ 内蔵式バッテリ 外付式バッテリ

充電時間はどれくらいかかるの?

通販生活限定モデルのマキタクリーナーは「内蔵式のバッテリー」が採用されているため、同社の電動工具と同じ「外付式バッテリー」を採用しているモデルに比べると充電時間が遅いデメリットが存在する。

例えば、前モデルのCL103DXはバッテリー容量が増えたことにより、充電時間が従来の3時間から4時間に延びている。急速充電器で充電する「外付式バッテリー」が採用されたモデル(22分)に比べるとどちらも長い時間となる。

しかし、新モデルではバッテリー容量が増えて使用時間や吸引力がアップしたにもかかわららず、電子回路の見直しにより2.5時間に短縮された。内蔵式バッテリーを採用した製品はたくさん存在するが、3時間を切るスピードは内蔵式タイプの中では珍しい。

CL107FD 充電スピード

外付式バッテリーを採用したモデルはどうして充電時間が早いの?外付式バッテリーを採用しているモデルは、電動工具と同じバッテリーが採用されており、急速充電器で充電するので充電時間が早い。なぜマキタ・日立・リョービのような電動工具メーカーが競うように充電スピードを追求しているかというと、建設現場で仕事をする職人たちに愛用されており、仕事中にバッテリーが切れると仕事にならないからである。

 

このため、電動工具メーカーのバッテリーは充電スピードが異常に早かったり、予備バッテリーを用意すれば使用時間を延ばすことができるのだ。すぐに掃除が開始できる充電スピードを求めていたり、予備バッテリー(BL1015)を用意して充電切れの心配をなくしたい場合は、現在の同クラスの現行機種(紙パック式)であれば「CL107FD」がおすすめである。

 

ただし、今後、CL107FDのスペックを超える仕様の製品が登場することもあるので、購入を考えている場合は、10.8Vシリーズの「マキタクリーナーの比較表」もチェックしておこう。

.

通販生活-マキタのターボ60の充電方法

充電方法はどのようにするの?

Point・充電プラグを本機に差し込んで充電する
・スタンドを使用すれば立てかけて充電可能

マキタのターボは内蔵式バッテリーが採用されているため、付属されている充電アダプター(DC1002)で充電を行う。

充電のしかたは、本体にある「充電器プラグ差込口」に「給電プラグ」を差し込めば充電がはじまる。充電中はスイッチ前側にある充電ランプが赤く点灯し、充電が完了すれば充電ランプが消える。

バッテリーの残量を標示する機能はないが、掃除機の使用中にバッテリーの残量がなくなるとバッテリー切れお知らせランプが点灯して教えてくれる。充電しながら使用することはできない。

ご高齢者の方にプレゼントする場合は内蔵式のほうがおすすめ充電時間が早く、予備バッテリーを用意できる「外付式バッテリー」が採用されたマキタクリーナーは人気が高い。しかし、口コミに目を通していると、高齢の方はバッテリーを取り外すことができなかったり、充電のしかたがよくわからないというレビューが散見される。シニアの方にプレゼントしたり、バッテリーを着脱して充電するのが手間と考える人には、個人的に「内蔵式バッテリー」が採用されたマキタターボのほうがおすすめである。家の親も外付式バッテリーが採用されたマキタは、面倒だと感じるのか自分でバッテリーを充電しようとしなかったりする。
.
マキタのターボ・60 バッテリーの取り外し方(電池交換方法)

バッテリーの交換方法はどするの?充電回数はどれくらい?

青色・内蔵式バッテリーだが自身での交換が可能
・充電回数500回
・毎日充電した場合(約1年4ヶ月)
・週に3回充電した場合(約3年5ヶ月)
※500回目で寿命がくるわけではない

マキタのターボ60は内蔵式バッテリーが採用されているが、比較的新しいモデルは自身で交換することができるようになっている。CL113FD用のバッテリーは「通販生活の公式通販サイト」から注文することが可能で、価格は税込5,832円(送料378円別)。修理部品は10年間保有されており、長いあいだ安心して使用し続けることができる。

バッテリーは携帯電話やカメラの電池のように使い続けてると必ず寿命がくる。マニュアルに耐用充電回数は約500回と記載されおており、毎日フル充電した場合は約1年半、1週間に3回フル充電で約3年で交換目安となるが、必ずしも500回目の充電で寿命がくるとは限らず、バッテリー残量や吸引モードによって劣化スピードは変わってくる。

基本的に電池は残量が空になるまで使用した状態で満充電すると1回と数える。例えば、バッテリー残量を50%残して満充電した場合は0.5回と数え、このような充電をした場合は500回以上充電しても使い続けることが可能。また、電池はいきなり寿命がきて使えなくなるのではなく、徐々に使用時間が短くなっていくため、使用時間が極端に短くなったときが交換時期となる。

保証期間は5年となっているがバッテリー劣化は保証対象にはならない。電池はリサイクル可能なリチウムイオンバッテリーが採用されているため、寿命がきたときはそのまま破棄せず、お住まいの自治体の回収方法に沿ってリサイクルに回す。その他にホームセンターや家電量販店でも回収サービスを行っており、バッテリー回収BOXを設置している。

マキタの内蔵バッテリーを長持ちさせる方法・吸引力が弱くなったと感じたら充電を行う
・フル充電したバッテリーをすぐに充電しない
・半年以上使用しない場合は、バッテリーを満充電してから保管
・必要以上にハイパワーモードを使用しない
.

マキタのターボ60(収納方法)

立てかけて収納できるの?

青色・ハンガー付きだからフックに引っ掛けて収納できる
・収納スタンドを使用すれば立てかけて収納できる

マキタのターボ60には本体後部にフックなどに引っ掛けられる「ハンガー」があるため、掃除機本体を立てかけて収納したり、立てかけながら充電することができる。賃貸住宅などで壁にフックを取り付けられなかったり、収納しておきたい場所にフックを取り付けられない場合は、後述するクリーナー用のスタンドを使って収納することおすすめしたい。

当サイトでは、他のページで「電動工具メーカーに使えるクリーナースタンド」もまとめています。他社が販売しているクリーナースタンドも興味があったり、安価な方法でクリーナーを収納したい人は参考していただければ幸いである。

.

マキタのターボ60(専用スタンド)

マキタターボ60専用の収納スタンドはあるの?

Point・通販生活から専用スタンドが2種類販売されている
・他社が販売しているクリーナースタンドも使える

壁に穴をあけられないけど、掃除機本体を省スペースに収納したい場合におすすめなのがクリーナースタンドである。以前から通販生活ではマキタ充電式クリーナー専用スタンドもクリーナーと一緒に販売しており、通販生活限定で購入できるスタンドとなっている。

そして、今回新モデルと一緒に新しい「収納付きスタンド」もラインアップしている。新しいスタンドは従来スタンドと違い、「じゅうたんノズル」や「ブラシノズル」から「紙パック」まで収納することができるようになっている。

.
通販生活 – マキタクリーナー用スタンド(スチールスタンド)
安定力の高いスタンド「マキタクリーナー用スタンド(スチールスタンド)」は、従来からマキタターボと一緒に販売されていたスタンドである。金属製で重量があるため、ちょっとやそっとでは倒れないほど高い安定力があるのが特長。別販売されているノズルを収納できる機能がないため、用途が床のみの掃除の家庭におすすめのスタンドである。
サイズ:幅26×奥行23×高さ38(cm)
重さ:1.2kg
素材:スチール
通販生活 – マキタクリーナー用スタンド(収納つきスタンド)
収納性の高いスタンド2019年1月に通販生活公式ページでマキタのターボ60と同時に登場した新しい「マキタクリーナー用スタンド(収納つきタンド)」。新しく登場したスタンドは、ベース(土台)の後ろ側に「じゅうたんノズル」「棚ブラシ」「ラウンドプラシ」「紙パック×10枚」を収納することができる機能付き。スタンドの素材は軽くて丈夫なABS樹脂で作られている。裏面にはゴムクッションが6つ配置されており、掃除機を出し入れしてもずれにくいうえ、床面に傷がつきにくい。
サイズ:幅30.2×奥行25.3×高さ40(cm)
重さ:700g
素材:ABS樹脂
マキタターボ60を山崎実業のクリーナースタンド(プレート 3275)に収納
価格が安いスタンド通販生活で販売されているマキタクリーナー専用のスタンドは、価格が3,000~4,000円(送料込)するため、少々割高に感じている人もいるのではないだろうか。そんな人におすすめしたいのが、山崎実業が販売している「クリーナー専用スタンド (プレートシリーズ/3275)」だ。マキタ専用として販売しているスタンドではないが、通販生活で販売されているスタンドの価格より1/2も安くリーズナブル、電動工具メーカーの充電式スティッククリーナーにも使えることから人気が高い。低価格の他に、軽くてコンパクトなのも特長であるが、安定力は3種類の中で一番劣るため、とにかく立てかければいい人、価格を重視したい人におすすめのスタンドだ。
サイズ:幅15×奥行24×高さ38(cm)
重さ:680g
素材:スチール
.
「マキタターボ60」と「CL107FD」の音の大きさを比較(騒音値)

音の大きさはどれくらいなの?

マキタのコードレス掃除機の運転音は電動工具のような甲高い音がするため、いつでも掃除ができるほど静かな掃除機と紹介することは難しい。個人的に一戸建ての家で使用する場合は運転音は気にならないが、近所の生活音がわずかでも聞こえてくるようなアパートだと、ご近所さんのことを考えると朝や夜に使用するのは躊躇してしまう。ただし、吸引力が弱い「標準モード」の運転音はテレビの騒音値(dB)と同じなので、掃除機を使いにくい時間帯にサッと掃除するときに便利であった。

新モデルと前モデル「マキタターボⅡ(CL103DX)」の各モードの運転音を比べると、数値に差はでなかったものの、吸引力が向上した「標準モード」と「強モード」は新モデルのほうが少し甲高く聞こえた。同クラスで人気のある「CL107FD」と比べると、どの吸引モードも「CL107FD」のほうが少し五月蝿く感じた。前モデルのマキタターボⅡを注文することはできないため、運転音だけを重視する場合はマキタのターボ60のほうがおすすめである。

.

マキタ|クリーナー用ノズル一覧

どんなアタッチメントがあるの?

先端アタッチメントの種類●じゅうたん用ノズル(絨毯から髪や糸くずを絡め取る)
●じゅうたんノズルDX(絨毯からペットの毛を絡め取る)
●シートノズル(車内のシートやソファの掃除)
●棚ブラシ(棚や卓上の掃除が手軽に)
●ラウンドブラシ(キーボードのような入り組んだ場所に)
●フレキシブルホース(車内の狭い場所の掃除に)

マキタターボ60には、フロアの掃除ができる「床用ヘッド」と、サッシやソファの隙間にたまったゴミを吸引できる「スキマノズル」のみが標準付属されている。フロアのみの掃除であれば同梱されているノズルで十分だが、フロアだけでなく卓上、家具、ソファ、ブラインド、自動車内まで幅広く掃除がしたいのであれば別販売されている専用ノズルをぜひ揃えておきたい。マキタが販売している各アタッチメントの一覧は下のリンク先からどうぞ。

.

マキタコードレス掃除機の性能比較表

マキタの現行モデルを分かりやすく比較!

マキタの古いモデルからの買い換えや新規でマキタのモデルを買いたいけど、どれくらい性能があるのか分からないと困っている人のために、通販生活限定モデルやマキタが販売しているスティックタイプのコードレスクリーナーのスペックを分かりやすく表にしました。選び方のポイントとなる性能を比較する際にご利用いただければ幸いです。

日本で初めて発売された掃除機を調べてみた(掃除機の歴史)

日本を変えた千の技術博

日本を変えた科学・技術の貴重資料や重要文化財が各地から大集結。科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードと一緒に紹介。
開催期間:10月30日(火)~2019年3月3日(日)
公式ページ

まるわかり!日本を変えた千の技術博

明治改元から150年を記念して国立科学博物館で”日本を変えた千の技術”を紹介する展覧会が行われているようだ。(2018年10月30日~2019年3月3日)まで、上野の国立科学博物館で開催されているようなので、平成が終わる前に足を運んでタイムスリップを堪能してみたはいかがだろうか。

本展は200年以上も続いた江戸幕府の崩壊(明治維新)から、大正・昭和・平成に至るまで、日本を大きく変えた科学や技術の遺産が各地の大学・研究機関・企業から大集合。そんな数多くの展示物の中には、我々の生活をより快適で便利に変えた電化製品も並んでいる。

.

東芝 アップライト型掃除機 VC-C型(日本で初めて発売された掃除機)

1931年:日本で初めて発売された掃除機は東芝のアップライト型(縦型)だった

現在、国立科学博物館で展示されている掃除機は、東芝ライフスタイルの前身(東京芝浦電気)から、1947(昭和22)年に発売された[VC-C型]のようだ。意外なことに日本で初めて発売された掃除機は慣れ親しんだ横型のキャニスター掃除機ではなく、縦型のアップライト掃除機だったようだ。東芝未来科学館によるとゼネラル・エレクトリック社のアップライト掃除機をモデルにしたとのこと。

アメリカの一般家庭ではアップライト型(縦型)の掃除機が主流となったが、日本ではアップライト型の掃除機は普及せず、車輪のついた本体に延長管とヘッドを搭載したキャニスター型(横型)が主流となった。(詳細は後述)

日本で初めて発売されたアップライト型の掃除機(東芝-VC-A型とVC-C型)

展示されている[VC-C型]は、1931年(昭和6)年に東芝から初めて発売された[VC-A型]の改良モデルとなり、ヘッドの車輪が取り除かれて小型+軽量化されている。この時代の掃除機の集じん方式は、微細なゴミの捕集率が高い目の細かいフィルターや紙パックが採用されておらず、簡素な布製の集じん袋で吸い込んだ空気とゴミを分離していたようだ。

昔の家の床
国立国会図書館デジタルコレクション

日本初となる電気掃除機[VC-A型]の価格は110円(現代換算:50万円前後)。当時の大卒初任給が50円なので、約2か月分の給料に相当する超高級家電。さらに、この時代の家の床は畳や板間が一般的で、ホウキでゴミを外へ掃き出していたため、高額で効率の悪い掃除機は普及しなかったようだ。その後、日中戦争や太平洋戦争で兵器の生産に必要な金属資源が不足したため”金属類回収令”が制定。原型をとどめたVC-A型を見ることは難しいのかもしれない。
.
昭和31年 住宅.wmv

1960年代:フィルター式のキャニスター型掃除機(横型)が普及

高度経済成長期に合わせて、大規模な住宅団地がブームになると同時に我々が慣れ親しんだ横型の掃除機がようやく普及しはじめる。団地ではゴミをホウキで外へ掃きだすと近所迷惑になるため、本体に車輪のついたキャニスター型掃除機がウケたようだ。

さらに新しい家の住宅様式も和風から洋風に変化。窓の敷居は木製からアルミサッシに変わり、ゴミを外へ掃きだすことが難しくなる。さらには、畳やフローリングの上に絨毯を敷くことが大流行。カーペットから微細なゴミを簡単に集じんできるキャニスター掃除機の需要は一気に高まった。

.
'80-93 家電CM集 vol.3 掃除機

1980年:紙パック式のキャニスター掃除機(横型)が登場

高度経済成長期の登場した初期のキャニスター掃除機は、吸い込んだゴミをフィルターで濾して回収する方式がとられていた。そのため、ゴミ捨て時に埃が舞い上がりやすいうえ、定期的にフィルターを水洗いしなければいけない欠点が存在した。

ゴミを捨てる際の面倒な手間と埃が舞う不衛生な欠点を解決したのが、1980(昭和55)年に日立が発売した紙パック式のキャニスター掃除機(CV-8500)だ。こうして、手間のかかる不衛生なフィルター式のキャニスター掃除機は市場から追いやられた。

.

ダイソン サイクロン掃除機(DC12)

2004年:サイクロン式のキャニスター掃除機(横型)が大ヒット

掃除機の革命児ことジェームズ・ダイソン氏は、当時使っていた掃除機の吸引力に不満を抱き、5年に渡る研究の末に1986年世界初となるサイクロン式掃除機を開発。1995年から日本でキャニスター式[DC02]を販売開始。そして、2004年に発売した日本住宅にフォーカスしたモデル[DC12]は、”吸引力が変わらない唯一の掃除機”として話題となり国内で大ヒットした。

その後、紙パック式の掃除機でダイソンを迎え撃った国内の掃除機メーカーも続々とサイクロン式掃除機を投入。現在では大手家電メーカーが販売するキャニスター掃除機の集じん方式は、簡単かつ衛生的にゴミ捨てが行える[紙パック式]と、フィルターの目詰まりを防ぐことができ、吸引力を下がりにくい[サイクロン式]の2種類に大別されるようになった。

.

コードレス掃除機とロボット掃除機

2013年:コードレス掃除機のシェア率がキャニスターを猛追

2013年頃からキャニスター掃除機の変わりになりうるレベルのコードレス掃除機が台頭。それまで、コードレス掃除機といえばキャニスター型掃除機の予備機と位置づけられていたが、バッテリーの軽量化や吸引力の向上、そして、キャニスターに勝てない吸引力をカバーしたモーターヘッドを搭載したことにより、メイン掃除機として使う家庭が増えている。

当初、高機能タイプのコードレス掃除機市場を独占していたのは、エレクトロラックスやダイソンなどの海外メーカー。その後、国内の大手電機メーカーもスティック掃除機に力を入れ始め、独自の特徴を打ち出したラインアップを充実させた。海外メーカー一強の時代が終わったいま、コードレス掃除機市場は激戦状態となっている。

現在では人工知能(AI)を搭載したり、デバイスと連携することができるロボット掃除機が登場。スティックコードレス掃除機と組み合わせて使う家庭も増えているという。今後、テクノロジーの進化の恩恵を存分に受けられるロボット掃除機や、先祖返りしたスティック掃除機とフィルター掃除機がどのように進化していくのか非常に楽しみである。

東芝 トルネオVコードレスクリーナーに使えるおすすめのスタンドまとめ

東芝 トルネオVコードレスに使えるおすすめスタンド

トルネオVは壁に穴をあけないと立てかけて収納できなくなった

トルネオVの収納方法●2015年以前のトルネオVは[充電スタンド]が標準付属
●2016年以降のトルネオVは[壁掛け用ホルダー]に変更
●[壁掛け用ホルダー]は壁にネジ止めする必要がある

東芝ライフスタイルはスティックコードレス掃除機のシェアが急上昇した2014年に[トルネオVコードレス]を発売開始。それ以降も軽い操作性にこだわった新モデルを毎年発売しており、使い勝手の面やメンテナンス性の高さで市場を独占していたダイソンに対抗してきた。

2014年~2015年に発売されたトルネオVには本体を立てかけながら充電ができる[充電スタンド]が標準付属されていた。しかし、2016年以降のモデルは充電スタンドの代わりに[壁掛け用ホルダー]が同梱されるようになり、比較的新しいモデルは収納方法が変更されている。

この[壁掛け用ホルダー]が標準付属されるようになってから問題になってきたのが収納問題。壁掛け用ホルダーは壁にネジ止めする必要があるため、壁に穴をあけられない賃貸物件などでは立てかけて収納することができなくなったのだ。

そこでコードレス掃除機以外にクリーナー専用スタンドも紹介している当サイトでは、収納方法に壁掛け用ホルダーを採用しているトルネオVコードレスシリーズのモデルを省スペースに収納することができるおすすめのスタンドを紹介したい。

.

壁掛け用ホルダーを固定できるスタンド

東芝 トルネオVコードレスクリーナーに使えるスタンド

山崎実業のプレートシリーズ(3559)

こんな人におすすめ●アタッチメントも収納したい
●省スペースに収納したい
●安定力のあるものを探してる
●予算に余裕がある
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

壁掛け用ホルダーを固定できるスタンドでおすすめなのが、山崎実業から販売されているプレートシリーズのコードレスクリーナースタンド[3559]だ。このスタンドはダイソン専用のスタンドとして販売されているが、実は2016~2018年に発売されたトルネオVとダイソンに付属されている充電ホルダーのネジ穴のピッチ(距離)は同じになっているため流用することが可能。

数あるダイソン専用スタンドの中からこのスタンドをおすすめする理由は、壁掛け用ホルダーを固定できるスタンドの中で価格がリーズナブルだからだ。どこに置いても似合うシンプルなデザインなうえ、埃が付着しても目立たないホワイトだから清潔感がある。さらに[3559]はヘッドが2個付属されているdyson Absolute用に作られているので、布団用ブラシも収納可能。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(ノズル収納)

スタンドのフレームにはノズルを収納するフックがあり、下位モデルと上位モデルに標準付属されている[すき間ノズル]と[丸ブラシ]を収納することが可能。ダイソン専用となっているため、少々きつかったり、本体に軽く接触するものの、本体を取り出したり収納する際は邪魔にはならなかった。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(土台)

一番上のネジ穴に壁掛け用ホルダーを固定すると床用ヘッドとスタンドの土台の間にスペースが開くため、上位モデルに付属されている[ふとん用ブラシ]と[エアブローノズル]を収納することができた。

東芝 トルネオVコードレス スタンド(延長ホース収納)

スタンドは金属製のフレームで作られているため、S字フックを利用すれば上位モデルに付属されている長い延長ホースも引っ掛けて収納することが可能だった。
.
1500円でコードレス掃除機のスタンドを自作できる「ディアウォール」

簡単にスタンドを自作できるディアウォール

こんな人におすすめ●低予算でホルダーを固定できるスタンドが欲しい
●省スペースに収納したい
●絶対に倒れないスタンドを探してる
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

比較的新しいトルネオVと同じようにダイソンのコードレス掃除機にも壁にネジ止めするタイプの壁掛け用ホルダーが採用されており、壁に傷をつけられない賃貸住宅などに住んでる人は「本体を立てかけて収納できない…」という同じ悩みを持っている。しかし、ダイソン専用のスタンドは割高のため、手がだせない人も決して少なくない。そこで、予算重視の人におすすめしているのが若井産業から販売されているディアウォールだ。

このディアウォールとホームセンターで販売されている2×4材(SPF)を組み合わせれば、簡単に部屋に柱をつくることができるのだ。2×4材の幅は8.9mmなのでトルネオVの壁掛け用ブラケットをぴったり固定することができるうえ、バネの力で2×4材を突っ張っているので倒れにくい高い安定力を持っている。さらに、ディアウォールの価格は約800円、2×4材は約300円ほどで販売されており、どのスタンドよりもリーズナブル。

ディアウォールのレビュー記事」はこちからどうぞ

 

.

壁掛け用ホルダーを使用しないスタンド

東芝 トルネオVコードレスクリーナーに使えるスタンド(ハンガー式)

山崎実業のプレートシリーズ(3275)

こんな人におすすめ●圧倒的に安いものを探してる
●省スペースに収納したい
●本体だけ収納できればいい
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

とにかく低価格で本体だけでも立てかけて収納したいという人におすすめなのが、山崎実業から販売されているプレートシリーズ(3275)。価格は約1,500円と延長管をハンガーにもたれさせるタイプのなかでは群を抜いてリーズナブル。ただし、A4ノートの面積より小さいスペースに収納できるメリットがあるものの、質量が軽く、床との接地面が少ないがため、少しぶつかっただけでぐらつくというデメリットも存在する。安定力が弱いので部屋の隅や家具と家具とのあいだに設置するとよいだろう。

 

.
東芝 トルネオVコードレス掃除機に使えるスタンド2(ハンガー式)

伸晃株式会社(BKCSW/BKCSBR)

こんな人におすすめ●ハンガータイプで安定力の高いものを探してる
●他メーカーに乗り換えた時にも使い回したい
●省スペースに収納したい
●本体だけ収納できればいい
対応モデルVC-CL200/VC-CL1200/VC-CL300/VC-CL1300/VC-CL400/VC-CL1400/VC-CL500/VC-CL1500

クリーナーの延長管をハンガーに倒して収納できるタイプのスタンドで高い安定力を求める場合は、伸晃株式会社から販売されているクリーナースタンド(BKCSW)がおすすめだ。床との接地面が広いうえに質量も重たいので、ちょっとぶつかったりしたくらいでは倒れない安定力を持っている。また、延長管を引っ掛けるハンガーの幅が広いうえ、ハンガーの高さを自由に変えられるため、東芝以外のスティックコードレス掃除機に乗り換えても使い回すことが可能。

 

.

スタンドを購入する前に知っておくと便利な情報

ダイソンと東芝(トルネオV)の壁掛けホルダー

ダイソンとネジ穴のピッチが同じだから→ダイソン専用スタンドが使える

2015年以前に発売されたトルネオVの収納方法は、本体と延長管を分割して充電台に立てかける必要があったが、2016年以降に発売されたトルネオVの収納方法はダイソンのような壁掛け用ブラケットに変更された。

実はダイソンの[収納用ブラケット]と、東芝のトルネオVの[壁掛け用ブラケット]のネジ穴のピッチ(穴の距離)は同じになっているため、ダイソン専用のスタンドを流用することが可能となっている。

ただし、トルネオVの全長はダイソンより短くなっており、スタンドに収納したときにヘッドが土台から浮いてしまうので、当サイトでおすすめしている以外のスタンドを購入する場合は口コミやレビューを参考にして安定感のあるものを選ぶとよいだろう。

トルネオVコードレスの壁掛け用ブラケット

2016~2018年のトルネオVのブラケットは同じだから→同じスタンドを使い回せる

写真の壁掛け用ブラケットは左からVC-CL1300/300、VC-CL1400/400、VC-CL1500/500に付属されているものだ。どのモデルのブラケットも外見やネジ穴の位置が同じになっているので、各業者が販売しているダイソン専用のスタンドを全て流用することができると考えてよい。そして、新しいモデルに買い換えても同じスタンドを使い回すことも可能。

ちなみに、ダイソンに付属されている収納用ブラケットのネジ穴の位置も全モデル[DC36(2011年)~V10(2018年)]共通である。なので、例えば2015年に発売されたDyson V6専用のスタンドにトルネオVの壁掛け用ブラケットを固定して収納することは可能となる。

.

トルネオVコードレス 延長管のサイズ

トルネオVの延長管は細いから→マキタ専用のスタンド(ハンガータイプ)が使える

東芝のトルネオVコードレスとシャープのラクティブエアは軽さにウェイトを置いているため、他のハイエンド機を販売している競合メーカーの延長管が細くなっている。その細さはサブ機として人気がある電動工具メーカーのスティッククリーナーのように細くなっているため、電動工具メーカーのコードレスクリーナーを立てかけて収納できるクリーナースタンド(ハンガータイプ)を使用することが可能になっている。

特に電動工具メーカーの中でマキタのスティックコードレスクリーナーは人気があり、マキタのスティック機に使えるスタンドは複数の業者が販売しており種類が豊富。ただし、ハンガータイプのスタンドはアタッチメントなどは収納できないため、他のところに収納しておく必要がある。

.
東芝のトルネオVコードレスシリーズは2014年から販売されており、毎年新しいモデルが発売されています。トルネオVの性能や付属品がひとめで分かる「東芝のトルネオV 性能比較表」は上のボタンからどうぞ。

ジャパネットの型落ちトルネオVコードレス(VC-JCL10000)が安いのか調べてみた

ジャパネットのトルネオVは安いのか検証

ジャパネットのトルネオVコードレス(VC-JCL10000)お買い得なのか調べてみた

「ジャパネットたかた」が毎年開催している「利益還元祭」がスタートした。利益還元祭とはジャパネットが一年間の感謝の気持ちを込めて人気の商品を大特価で紹介するセール。開催期間は2018年10月22日~12月27日と通常セールに比べると長めとなる。プレゼント企画も用意されており、今年は「ジャパネットクーポン100万円分」と「憧れの宿ペアご招待」の2つが用意されている。利益還元祭は毎年恒例となっており、今年で20回目を迎える。

2019年の2月18日~4月6日に「じゃぱねっとたかた」で実施されている「春の家電祭り」に東芝のスティックコードレス掃除機(トルネオVコードレス-VC-JCL10000)が特価と称して登場。ここ数年ジャパネットのセールに登場した掃除機をオチしているが、基本的に実施されている期間が長いセールはあまり特価じゃないような…。

 

ジャパネット-トルネオVコードレス(VC-JCL10000)

コードレス掃除機は「東芝」と「ダイソン」に力を入れている

ジャパネットが力をいれて紹介するコードレス掃除機のメーカーは決まっており、現在は「東芝」や「ダイソン」の製品をメインに紹介している。TVやラジオなどのメディアでハイテンションな劇団員みたいな人が赤いトルネオの掃除機を紹介しているシーンを見た人も多いのではないだろうか。

去年の「第20回利益還元祭」でも超目玉品として登場したトルネオVコードレス(VC-JCL10000)が、「春の家電祭り」でも再び登場。そこで、このページではジャパネットオリジナルのトルネオVコードレスが本当にお買い得なのか調べてみることに。

.

VC-JCL10000はお買い得なの?

 

発売日 モデル 実勢価格
2014年 VC-CL100 入手困難
2015年 VC-CL200(下位)
VC-CL1200(上位)
入手困難
2016年 VC-CL300(下位)
VC-CL1300(上位)
おすすめ安
在庫希少
2017年 VC-CL400(下位)
VC-CL1400(上位)
おすすめ
同価格
2018年 VC-CL500(下位)
VC-CL1500(上位)
割高

予算重視なら価格comで最安値で販売されている「VC-CL300」のほうがおすすめ

VC-JCL10000の価格値引き期間終了価格:54,800

還元祭特価:25,000円引き

値引き後価格:29,800

税込価格:32,184円

送料:972円(税込)

合計額:33,156円(税込)
VC-JCL10000は、2015年に東芝から発売されたトルネオV(VC-CL1200/VC-CL200)がベースとなったモデル

VC-JCL10000の詳細は後述するが、2015年に東芝から発売されたトルネオVコードレスシリーズの「VC-CL200/VC-CL1200」がベースとなったモデルである。付属品(アタッチメント)が「すき間ノズル」「丸ブラシ」しか同梱されてない下位モデル(VC-CL200)に「延長ホース」を追加したモデルなので、(VC-CL200)の実勢価格と大きな開きがあるのであれば、VC-JCL10000はお買い得と言える。

(VC-CL1200/VC-CL200)はとっくの昔に生産中止になってるから希少

しかし、東芝のコードレス掃除機は新モデルを発売すると前モデルは生産中止となるので、型落ちモデルが安い期間は新しいモデルが発売されてから1~2年ほど。逆に在庫が希少となると価格が上がったり、新品を購入することが難しくなる。実際にベースとなっている2015年モデルは「VC-CL200」「VC-CL1200」は品切れ状態。2016~2017年モデルも生産中止となっており市場に残っているのみ。

従って、お買い得なのか調べたい場合は、市場に残っている1~2年前のトルネオVコードレスの下位モデルと価格を比較するとよいだろう。個人的にはVC-JCL10000はあまりに古いモデルなので、予算を重視するならVC-CL300、予算に余裕があるならヘッドがワイドになった2017~2018年に発売されたトルネオVを選ぶだろう。東芝の歴代モデルが分かるページは下のページからどうぞ。

フロアメインの掃除ならVC-CL300(下位モデル)のほうが安くておすすめ

家の床掃除メインで使用する場合、VC-JCL10000に付属されている「延長ホース」の出番はないので、個人的には2016年~2017年に発売されたトルネオVコードレスの下位モデルのほうが安くておすすめである。本体重量は同じ1.9kgだが、重たいモーターやバッテリーの位置が見直されているので体感重量は2015年モデルより軽い。さらに2017年以上のモデルはヘッドの幅が広くなっており、広い場所も効率よく掃除ができる特長も。

Amazonや楽天市場で在庫がなくなっている場合や、価格が変動して割高になっている場合は、価格comからモデル名を検索して最安値のショップから注文するとよいだろう。
基本的にトルネオVコードレスは付属品の違いで「下位モデル」と「上位モデル」の2種類を発売。本体の性能は変わらないのでフロアの掃除だけで使用するなら、価格の安い下位モデルを選べばOKだ。床以外に布団や車内、ゴミを吹き飛ばすブロワ機能を使用したい場合は、「布団ノズル」「延長ホース」「エアブローノズル」が付属された上位モデルを選びたいが割高となる。

2016年下位モデル↑

2017年下位モデル↑

.

VC-JCL10000の口コミの調べ方

 

発売日 モデル レビュー
2015年 VC-CL200(下位) アマゾン1
アマゾン1
2015年 VC-CL200(下位) 楽天なし
2015年 VC-CL200(下位) 価格.com
2015年 VC-CL1200(上位) アマゾン1
アマゾン1
2015年 VC-CL1200(上位) 楽天なし
2015年 VC-CL1200(上位) 価格.com

ベースとなってるモデル(VC-CL1200/VC-CL200)の使用レビューを参考にしよう

ジャパネットのサイトでは購入した商品のレビューを自分で投稿することができない仕様となっており、ジャパネット側が選んだお客様の声が10件ほど紹介されているのみ。VC-JCL10000は2015年に東芝から発売されたトルネオVコードレス(VC-CL200)がベースとなってモデルなので、掃除機の選び方のポイントとなる吸引力、重さ、使い勝手などは大手通販サイトのVC-CL200のレビューを参考にするとよいだろう。なお、本体やヘッドの仕様は上位モデル(VC-CL1200)と同じなので、付属品以外のレビューも参考になるだろう。

ちなみに、わたしもレビューや口コミに目を通したが、発売当初は評価が高かったものの、現在は2,000回充電できると謳いながらバッテリーの基盤が故障するというレビューが目立っている。VC-JCL10000は連続使用時間(2分アップ)と充電回数(3,100回)が向上しているため、ベースとなっている2015年モデルに採用されているバッテリーと異なる可能性があるが…

ジャパネットでトルネオVコードレスを長期保証に入って購入をする場合、充電回数に達するまでにバッテリーに寿命がきたり、故障したときに保証の対象となるのか確認したほうがよいだろう。ちなみにメーカーの場合、バッテリーに寿命がきた場合は保証期間内だろうと保証対象に入らない。また、充電回数に達するまでにバッテリーが故障しても保証期間が過ぎていた場合、無料で修理をしてくれないようだ。2018年モデルでは充電回数を表記しなくなっており、お客との間でトラブル(誤解等)があったと見られる。

.

VC-JCL10000っていつのモデルなの?

 

発売日 モデル シリーズ
2014年 VC-CL100 トルネオV1号機
2015年 VC-CL200(下位)
VC-CL1200(上位)
トルネオV2号機
2016年 VC-CL300(下位)
VC-CL1300(上位)
トルネオV3号機
2017年 VC-CL400(下位)
VC-CL1400(上位)
トルネオV4号機
2018年 VC-CL500(下位)
VC-CL1500(上位)
トルネオV5号機

第二弾目のトルネオVコードレス

トルネオVコードレスのVC-JCL10000はVC-JCL30の後継機種。2018年5月に発売されたジャパネットオリジナルのモデルである。このモデルは一部のサイトで2017年に発売された[VC-CL1400/VC-CL400]がベースになっていると記載されているが、本体は2015年に発売されたトルネオV2号機[VC-CL1200/VC-CL200]である。らくわざフリーグリップが改良される前の形状をしていることと、バッテリーが内蔵されている箇所が円柱状になっているのが、[VC-CL1200/VC-CL200]と比較的新しいモデルの決定的な違いだ。

.

VC-JCL10000とメーカー品の違い

ジャパネットオリジナル(VC-JCL10000)とメーカーの違い

VC-CL1200 付属品 VC-JCL10000
充電台 ×
すき間ノズル
丸ブラシ
洋服布用ブラシ ×
ふとん用ブラシ ×
付属品用ホース
エアブローノズル

付属品の有無が違うだけ

VC-CL1200との違い●衣類の掃除ができない(洋服用ブラシがない)
●寝具の掃除ができない(ふとん用ブラシがない)
●砂ゴミを吹き飛ばせない(エアブロー機能がない)
●立てかけて収納できない(充電台別売り)

ジャパネットオリジナルの[VC-JCL10000]と元のベースとなっている[VC-CL1200]の大きな違いは付属品の有無にある。VC-CL1200は同時リリースされたVC-CL200の上位モデルなのでアクセサリーが全て付属されているのに対して、VC-JCL10000は「洋服布用ブラシ」「ふとん用ブラシ」「エアブローノズル」が同梱されていない。そのため、衣類などに付着した花粉・埃を除去、布団や枕などの寝具の掃除、砂ゴミを吹き飛ばしたりすることができない。

また、VC-CL200(下位モデル)とVC-CL1200(上位モデル)には掃除機本体を立てかけて充電&収納することができる「充電台」が付属されていた。しかし、VC-JCL10000には充電台が付属されていないので、省スペースに収納することができないうえ、充電する際は充電アダプターを本体に差し込んで充電しなければいけない。

ちなみに、VC-JCL10000専用の充電台はジャパネットたかたで別売されているので省スペースに収納したい場合は、ジャパネットで専用の充電台(VJ-ST1(R))を注文するか、電動工具メーカーの製品に使用できる「クリーナー専用スタンド」を使用するとよいだろう。トルネオの延長管は細いので電動工具メーカーのスタンドを流用することが可能。

.

VC-CL200/VC-CL1200 バッテリーの交換方法

VC-CL1200 付属品 VC-JCL10000
強:6分
自動:6~20分
セーブ:20~25分
運転時間 強:8
自動:8~20分
セーブ:20~25分
5時間 充電時間 5時間
2,000回 充電回数 3,100

バッテリーの性能が向上している

Point●強モードの駆動時間が2分間延びた
●バッテリの寿命が1,100回分延びた

連続使用時間や充電回数の仕様を見ると[VC-CL1200/VC-CL200]に搭載されていたバッテリーより向上していることから、2016年以降のトルネオVコードレスのモデルに搭載されているバッテリーと同等の電池が採用されているようだ。

どちらも充電時間は5時間となるが、[VC-CL1200/VC-CL200]の連続使用時間は強モード6分/自動モード6~20分、充電回数は2,000回なのに対し、VC-JCL10000は強モード8分/自動モード8~20分、充電回数は3,100回となっている。

ただし、この充電回数はおそらく自動モードを6分間使用した回数なので、リチウムイオンバッテリーの寿命は一般的なものと同等と見たほうがよいだろう。この東芝のうん千回も充電ができるという表現は、ユーザーから多くの誤解を招いたため、2018年以降のモデルでは充電回数を掲載しなくなっている。

.

VC-JCL10000の吸引力は強いの?

型落ちだけど吸引力は管理人のお墨付き

ジャパネットたかたで紹介されているトルネオVコードレス(VC-JCL30)(VC-JCL10000)のベースとなっているVC-CL1200はわたしが初めて購入したトルネオのモデルだ。東芝のトルネオVコードレスの最大の特徴は、家中丸ごと掃除をしても手が痛くならない軽さと、取り回しやすいコンパクトなヘッド、そしてフィルターが目詰まりしにくく吸引力が持続するサイクロンシステムを搭載していることである。

上はわたしがVC-CL1200を購入した時にアップロードした吸引力検証動画である。東芝のトルネオVシリーズは18Vのバッテリーを採用しているため、吸引力は21.6V以上のバッテリーを採用している日立の「パワーブーストサイクロン」、パナソニックの「iT」、海外メーカーの「ダイソン」に比べると劣るものの、吸込口の風路を狭めていたり、ヘッドと床の隙間を狭くした工夫をしているので、吸引力は床に張り付く力を感じるほど強くなっている。

国内の大手家電メーカーで唯一ペットの毛を集じんできる

現在はすべての大手電機メーカーが高級タイプのスティックコードレス掃除機市場に参入しており、海外勢に負けない独自の特徴を打ち出している。しかし、モーターヘッドに搭載したブラシバーにダイソンの「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」のような硬いブラシを搭載しているメーカーは東芝のトルネオVコードレスのみなので、ほとんどのメーカーが頑固に絡みついたペット(犬・猫)の毛を集じんすることができない欠点が存在する。

東芝のトルネオVコードレスは国内メーカーで唯一ペットの抜け毛を集じんできる硬いブラシを搭載しているので、カーペットやラグに絡みついたペットの毛を効率よく集じんすることができる。また、負荷のかかる硬いブラシを高速回転させる強いブラシパワーを備えているので、絨毯の奥深くに入り込んだ微細なゴミを掻き出す集じん性能も高い。ペットを室内で飼っている家庭や、アレルギーの原因となるより多くのハウスダストを集じんしたい人におすすめである。

.

VC-JCL10000のサイクロンテクノロジー

VC-CL1300 デュアルトルネード
VC-CL1300 ミクロトルネード

国内メーカーのハイエンド機の中で一番目詰まりしにくい

トルネオと言えばキャニスター掃除機もコードレス掃除機もサイクロンを売りにしているが、コードレス掃除機のトルネオは唯一大手家電メーカーの中でダイソンと同じ2段式構造のサイクロン(バーティカルトルネードシステム)を採用している。

そのため、埃や微細なゴミによるフィルターを防ぐことができ、吸引力を下げることなく使い続けることができる。每日掃除をしても月に一度のお手入れで十分なので、ゴミ捨て時の面倒なメンテナンスから解放される。

また、ダストカップ上部に配置されいている円錐形のサイクロン部は粉じんが付着して汚れやすい短所があるが、ダイソンと違ってトルネオVコードレスはダストカップもサイクロン部も水洗いすることができるので衛生的である。

.
歴代のトルネオVコードレスや「性能」「付属品」「機能」がひとめで分かる性能比較表はこちらからどうぞ。VC-JCL10000との比較にも役立ちます。VC-JCL10000の本体は2015年に発売されたVC-CL200/VC-1200がベースとなっています。東芝は毎年トルネオVを発売しているので、比較的新しい型落ちもおすすめです。

コジマ&ビックカメラでセールしているDC62MHは安いのか調べてみた

コジマ×ビッグカメラ DC62MHセール

「コジマ×ビックカメラ」でDC62MHを特別セール

コジマモデル:DC62MH
価格:22,800円(税抜)
セール期間:11月05日まで
ビックカメラモデル:DC62MH
価格22,800円(税抜)
セール期間:11月11日まで

先日から「DC62」のキーワードで検索してきてるユーザーが増えている。何事かとSNSなどで情報を収集してみると日本の大手家電量販店の通販サイト[ビックカメラ.com]や[コジマネット]でダイソンの製品[スティックコードレスクリーナー]や[ファンヒーター]の期間限定セールを行っているのが原因のようだ。掃除機のほうは、どちらも2013年に発売された[DC62MH]を22,800円(税抜)で販売しているようだ。ちなみに、DC62が発売された前の年にコジマはビッグカメラの子会社となっている。

.

ダイソン DC62MH 最安値
DC62MH アマゾン最安値

DC62MH(22,800円)はお買い得なの?

青色税抜:22,800円
税込:24,624
5年保証:+1,231円

ビッグカメラで掲載されている価格(22,800円)は税抜なので、税込にすると(24,624円)。なので、コジマネットやビッグカメラ.comで販売されている価格は同じである。ちなみにデフォルトでダイソン公式の2年保証がつくが、家電量販店が提供している長期保証(5年)に入ると(1,231円)プラスされるようだ。

売上ランキング№1の通販サイト(アマゾンジャパン)でDC62MHの価格変動を調べてみると、去年まで45,000円前後で販売されていたDC62MHは、今年も徐々に下がりはじめて30,000円前後まで下がっている。なので、5年保証に入ったとしても[ビック+コジマ]で購入したほうがお買い得である。アマゾンの最安値は8月に3日ほど25,020円までストンと下がっているが、それと比較してみても安いといえる。

一方、ネットショップの価格を比較できる[価格.com]で最安値のショップを調べてみると、1位は現在セールを行っている[ビックカメラ.com]と[コジマネット]の他に「ソフマップドットコム」の3社が上位を首位している。コジマとソフマップはビックカメラの子会社なので現在の価格は一時的にセールで下がっている価格と判断してよいだろう。ということで、今回のDC62MHの特価24,624円(税込)はどこと比べてもリーズナブル。

.

DM62MHってどんなモデルなの?

モデル 発売日
DC35 2011年
DC45 2012年
DC62 2013年
DC74 2014年
V6 2015年
V7 2017年
V8 2016年
V10 2018年

発売時期は?

ダイソンのスティックタイプのコードレス掃除機は2011年から登場しており、今回セールで出品されているDC62MHは2013年に発売されたモデルである。5年前に発売された型落ちではあるものの、従来モデルには採用されていなかった新しいテクノロジーを搭載しており、キャニスター掃除機の代わりになりうるレベルとして脚光を浴びた。これをきっかけに翌年から遅れをとっていた国内大手電機メーカーも次々に独自の特徴を打ち出したハイエンド機を発売し、スティック掃除機市場は激戦状態となった。

.

モデル 吸引力
DC35 標準:28W
MAX:65W
DC45 標準:28W
MAX:65W
DC62 標準:28W
MAX:100W
DC74 標準:28W
MAX:100W
V6 標準:28W
MAX:100W
V7 標準:21W
MAX:100W
V8 標準:28W
MAX:115
V10 標準:28W
MAX:130W

吸引力は強いの?

DC62は従来モデルよりパワーアップした「デジタルモーターV6」を搭載したことにより[MAXモード]の吸引力が大幅にアップ。比較的新しいモデルと比べても引けを取らないパワーの持ち主であり、キャニスター掃除機の代わりになりうるレベルと認知されたモデルでもある。基本的に掃除をする部屋が複数だと駆動時間の長い「標準モード」を使用するため、フロアを掃除する際の吸引力は最新モデルの[V10]と同等と言っても過言ではない。

.

2ティアーラジアルサイクロンとルートサイクロンの違い

モデル サイクロン
DC35 6個
DC45 6個
DC62 15個
DC74 15個
V6 15個
V7 15個
V8 15個
V10 14個

吸引力は本当に持続するの?

DC62の発売は画期的な動きがあった年でもあり、従来モデルに採用されていた6気筒の「ルートサイクロン」から15気筒に増えた「2ティアーラジアルサイクロン」を搭載。ダストカップ内で捕らえきれなかった微細なゴミは、強い遠心力が発生している15個のサイクロンで強力に遠心分離される。マニュアルにはフィルターのお手入れ目安は一ヶ月と記載されているが、実際は数ヶ月お手入れをしなくても吸引力が低下した感じはしない。DC62が発売された2013年は、ダイソンが「吸引力が変わらない掃除機」として認知されはじめた年になった。

.

フローリング カーペット 固形のゴミ ペットの毛
フローリング
ペットの毛
カーペット

床用ヘッドのダストピックアップ率はどうなの?

DM62シリーズのラインアップには「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」というモーター駆動でブラシが回転するヘッドが標準装備されている。このモーターヘッドはV6シリーズの一部のモデルにも採用されており、ダイソンのスタンダードモデル。

ヘッドの特徴は小型・軽量なので、狭い部屋や机や椅子の下でも取りまわしの良い設計となっている。従来モデルよりパワーアップしたブラシバーには、少し硬めの「ナイロンブラシ」と「カーボンファイバーブラシ」を搭載しているので、フローリングに付着した微細なゴミから、カーペットの奥深くに入り込んだゴミも効率よく掻き出すことができる。

ただし、ヘッドと床との隙間が狭いので、米粒のように少しでも嵩のあるゴミだとヘッド前面で押し出してしまう欠点も存在する。固形のゴミはゴミに対してヘッドをかぶせるように吸引する必要があるが、量が多いと動画のように弾き飛んでいく。また、コンパクトで取りまわしの良い利点があるものの、広い部屋の掃除は比較的新しいヘッドに比べると効率が悪い欠点も存在する。

ダイソンのモーターヘッドの種類」はこちらのページからどうぞ
.

フィルターのお手入れは簡単なの?

掃除機を使い続けていると面倒になってくるのがフィルターのお手入れ。前述したとおり、ダイソンのコードレス掃除機はフィルターが目詰まりしにくい構造になっているので、吸引力を下げることなく使い続けることができる。そのため、すぐに吸引力が低下する製品のように、ゴミを捨てるたびにお手入れをする必要はない。

DC62からV8までのプレモーターフィルターはサイクロンの中央上部に配置されているため、手を汚さず簡単に着脱することが可能。筒状のフィルターを本体から引き抜くだけなので、小さい子供やご年配の方でも説明書を見なくても取り外すことができる。お手入れ方法も水でサッと洗浄するだけなので簡単。每日使った場合は月に1度のお手入れで十分だ。

.

DC62MHに弱点はないの?

「ポストモーターフィルター」が搭載されてないから排気性能が…

ダイソン掃除機のCMを見ていて「部屋の空気より綺麗な空気を排出します」というコピーを聞いたことはないだろうか。ダイソンのコードレス掃除機が綺麗な空気を排出するのは、空気が漏れない「精密な製品設計」と、空気清浄にも採用されているHEPAフィルターと同等の「ポストモーターフィルター」を搭載しているためである。

実はポストモーターフィルターが採用されたのはV6以降のモデルなので、それ以前のDC74/DC62/DC45/DC35には搭載されていないのだ。そのため、DC62と比較的新しいモデルを比べると排気性能が劣っているので、アレルギー体質であったり、小さなお子様がいる家庭ではV6~V10のモデルのほうがおすすめである。

.

「ゴミ捨て機構」が古くてゴミが詰まることが…

DC35~V6のモデルはレバーを下方向に押すとダストカップのフタがパカっと開いてゴミを捨てる仕様だった。しかし、ワンタッチでゴミが捨てられると謳っていても、実際はダストカップとシュラウドのあいだにゴミが挟まったり、シュラウドにゴミが絡みついたりして、スムーズにゴミ捨てが行えないこともあり不満が残っていた。

一方、V7~V10といった比較的新しいモデルは、ダストカップのフタが開くと同時にダストカップ内に詰まったゴミやシュラウドに絡みついたゴミをこそぎ落としながら押し出すスクレイパーが搭載されているので、簡単かつ衛生的にゴミ捨てが行えるようになっている。ゴミ捨てをストレスフリーにしたい場合は、V7~V10のモデルを選ぶとよいだろう。

2018年11月1日にアマゾンタイムセールで出品された「Dyson V8 Absolute SV10 ABL EXT」は安いのか?

2018年11月1日アマゾンタイムセール(ダイソンV8 Absolute)

Dyson V8 Absoluteがタイムセールで1日限定特価

10月31日~11月4日に開催されたアマゾンのタイムセール祭りの2日目(11月1日)にダイソンのスティックコードレスクリーナーが出品されていることを確認した。1日だけ特別価格で出品されているモデルは2016年に発売されたV8シリーズのAbsolute。2年前に発売されたモデルとなるが、2017年までフラッグシップ機として活躍したシリーズで、現在も価格comの「売れ筋ランキグ」や「満足度ランキング」で上位に君臨しているほど人気が高い。

 

.

新ゴミ捨て機構を採用したモデルだからストレスフリーでゴミ捨てができる

V8は一番最初にダストカップに溜まったゴミをレバーを上に引き上げることで簡単かつ衛生的に捨てられる「新ゴミ捨て機構」を採用したモデル。このゴミ捨て機構は翌年に発売されたミドルレンジモデルの「V7」や、2018年に発売されたハイエンドモデルの「V10」にも受け継がれており、面倒なお手入れが嫌いなわたしも個人的に気に入っている。

V6以前の従来モデルはワンタッチでゴミが捨てられるものの、ダストカップに溜まったゴミが中で詰まってでてこないことがあった。V8は半手動の操作を加えることにより、ダストカップのフタが開くと同時に「スクレイパー」がゴミをこそぎ落とすので、ストレスフリーでゴミ捨てが行えるようになった。

.
モデル V6 V7 V8 V10
標準モード 16分 20分 30分 20分
MAXモード 7分 7分 7分 7分
充電時間 3.5時間 3.5時間 5.0時間 3.5時間

家中丸ごと掃除ができるスタミナとパワーを持っている

さらにバッテリーの容量が増えたことにより駆動時間も大幅に増えている。一般的に家の各部屋のフロアを「MAXモード」で掃除するとすぐに充電が切れてしまうので、「標準モード」で掃除をするユーザーが多い。V8の「標準モード」の連続使用時間は最新モデルのV10より長く使うことができるほどスタミナを持っている。ただし、バッテリー容量が増えた分、フル充電するのに5時間かかるので、使い終わったら充電を忘れないようにしたい。

.

dyson V8 Absoluteに付属されているモーターヘッド(パワーヘッド)

Absoluteは[Fluffy]や[Animal]のモーターヘッドが付属されている

現在、V8シリーズにラインアップされているモデルを大別すると「Fluffy」「Animalpro」「Absolute」の3種類が発売。タイムセールで販売されているAbsoluteは、Fluffyに標準装備されている微細なゴミと大きなゴミを同時に吸い取れる「ソフトローラークリーナーヘッド」と、カーペットから最も多くのペットの毛やアレルゲンを吸い取るAnimalproに標準装備されている「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」どちらも同梱されている最上位モデルとなる。

.

 

フロアから家具・布団・車内の掃除の掃除ができる専用ツール付き

さらに付属されている専用ツール(アセクサリー)は、標準付属品である「ミニモーターヘッド」「コンビネーションノズル」「スキマノズル」の他に、「フトンツール」「ハードプラシ」「延長ホース」も同梱されているので、フロアだけでなく卓上、寝具、自動車内の掃除まで幅広く使えるのが魅力となっている。

.

ダイソンV8 Absolute 価格履歴

直近の実勢価格と比較してみた

これまでアマゾンで販売された価格と比較してみると今回の価格は2番目に安い。一番安い時は7月に行われたタイムセールで49,800円。今回のタイムセールでは50,980円で販売されているので、9月に3回行われたタイムセールと同じ価格になっている。これまでアマゾンで販売された価格の中では安い部類と言えるだろう。ここ三ヶ月以内だと55,980円で販売されているので、今回購入するか、年末年始の特価セールに登場するのを期待するか悩みどころである。

 

.

掃除機マニアがジャパネットたかたのダイソンは買いなのか本気で調べてみた

この記事の目次

2019年 ダイソンV6(SV07 WH ENT FU)の特徴

ジャパネットチャレンジデー(ダイソン V6(SV07 WH ENT FU)

一年で一番ジャパネットのダイソンが安くなる日(チャレンジデー)

チャレンジデーの特徴●チャレンジデーは1年に1回しか行われない
●一年で一番ダイソンが安くなる可能性大
●一年で一番電話がなるほど注目される
●最新のダイソンに拘らない人にはおすすめ
一年に一度だけ開催されるジャパネットたかたの「チャレンジデー」が本日(2/11)に行われた。今年もチャレンジデーで対象になった商品はダイソンのコードレスクリーナー「デジタルモーターV6(SV07 WH ENT FU)」。TV、ラジオ、インターネット、新聞チラシなどの4媒体で大きく宣伝していることから気になっている人も多いのではないだろうか。今回のモデルはこれまでのセールで登場したモデルと違い、床用モーターヘッドが2つ標準付属されていることから注目度も高い。このページでは2大ヘッドが付属された(SV07 WH ENT FU)がどんなモデルなのか、ダイソンの製品が初めての人にも分かりやすく解説。
なお、ダイソンのスティックコードレスクリーナーのスペックや付属品が一目で分かる「性能比較表」や、毎年、新モデルに買い替えている「管理人がおすすめするダイソン」は下記のリンク先からどうぞ。
.

ジャパネットのダイソンV6(SV07 WH ENT FU)

いつ発売されたモデルがベースとなってるの?

モデル V6 V7 V8 V10
発売日 2015年 2016年 2017年 2018年

2019年2月11日にチャレンジデーで登場した(SV07 WH ENT FU)というモデルは、2015年にダイソンから発売されたV6シリーズの本体がベースとなっている。ちなみに、(SV07 WH ENT FU)というモデルはダイソン公式のV6シリーズにはラインナップされていないため、ジャパネットからでしか購入できない限定モデルとなる。

V6は約4年前に発売されたモデルとなるため、最新のモデルに比べると備わっていない機構などがあるものの、比較的新しいモデルに比べると重量が軽いため、当サイトの「ダイソンおすすめランキング」では、予算や軽さを重視している人にはV7に次いでおすすめしているモデルである。

.

ジャパネットのダイソンV6(SV07 WH ENT FU)は安いのか?

本当に衝撃価格で安いの?お買い得?

早見ポイント●V6 SV07 WH ENT FU(32,184円)ジャパネット
●V6 Fluffy(32,890円)
●V6 Motorhead(37,500円)
●ソフトローラークリーナーヘッド(10,800円)
●カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド(9,980円)

現在(2/11)、価格.comに掲載されている「Dyson V6 Fluffy」の最安値が32,890円だということを考えると、床用ヘッドが2つ標準付属されている(SV07 WH ENT FU)の価格はそれよりも安い価格(32,184円税込)で販売されているため割安といえる。

現在の実勢価格と比較すると最安値の「Dyson V6 Motorhead」や「Dyson V6 Fluffy」を購入してから、(SV07 WH ENT FU)に同梱されているモーターヘッドを単品で購入しても、軽く40,000円を超えてしまうため、国内でジャパネットの32,184円(税込)より安く購入することは難しい。

さらに、(SV07 WH ENT FU)に付属されている「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」は、標準品より幅が広くなったワイドタイプなので流通していないのだ。このヘッドは最新のヘッドに比べると軽いため、個人的に好きなモーターヘッドである。

チャレンジデーが実施される日に大手家電量販店が対抗してV6や比較的新しいモデルの価格を急に下げることがあるので、さらに安くダイソンを購入したい場合は、夜まで注文は控えたほうがよいだろう。
.
Dyson V6 Fluffyの吸引力を検証!色々なゴミを吸い取ってみた動画
モデル V6 V7 V8 V10
省電力モード なし なし なし 13WA
標準モード 28WA 21WA 28WA 28WA
MAXモード 100WA 100WA 115WA 130WA

吸引力は強いの?メイン機として使える?

どうしても、コードレス掃除機はコード式のキャニスター掃除機に比べると吸引力は劣ってしまうものの、従来モデルであった「DC35」や「DC45」に比べるとモーターヘッドのブラシパワーが圧倒的にアップしているため、ダストピックアップ率(ゴミの除去率)が高い。「高速回転するブラシ」によって掻き上げられたゴミは全て吸引されてしまうのだ。

また、上の表を見ていただけると分かりやすいと思うが、フロア掃除で使用頻度が高いV6「標準モード」の吸込仕事率は最新モデルや比較的新しいモデルと同等(28WA)のため、メイン機の代わりとして使うことができるレベルの吸引力を備えている。従って一回の掃除機掛けに費やす時間が(17分以下)の場合、キャニスター掃除機の出番は減ると考えてよいだろう。

.

2ティアーラジアルサイクロンとルートサイクロンの違い

吸引力は本当に変わらないの?

吸引力が1mmも変わらないというと嘘になるが、2013年以降のモデルには「2ティアーラジアルサイクロン」が採用されており、V6にも最新モデルに搭載されているサイクロンテクノロジーが採用されていることから、吸い込んだ空気とゴミを遠心分離する能力は比較的新しいモデルと大差ない。むしろ、わたしの実機レビューでは、最新のV10とV6を比較すると、微細なゴミを遠心分離する性能はV6のほうが上である。

V6のサイクロンシステムは「2段式サイクロン構造」となっており、目に見えるようなゴミや髪の毛のような長いゴミはクリアビン内で遠心分離し、フィルターの目詰まりの原因となるような微細なゴミは、上部に配置された2層に配置された15個のサイクロンで強力に遠心分離される。このことから、吸引力の持続力は国内のサイクロン式掃除機より上である。

また、説明書ではフィルターのお手入れ目安は一ヶ月に一度と記載されているが、数ヶ月フィルターのお手入れをサボっても強い吸引力が持続することから、定期的なフィルターのお手入れが面倒だという人にはダイソンは最適である。例えば、ダイソンの場合、毎日家中まるごと掃除をしてもフィルターお手入れは一ヶ月に一回で十分である。しかし、これが、東芝を除くスティック機だと一ヶ月に4回必要となる。

.

ジャパネットのダイソンV6(SV07 WH ENT FU)ヘッドの種類

どんなモーターヘッドなの?ハウスダストやペットの砂は吸える?

今回チャレンジデーに登場した「ダイソンV6(SV07 WH ENT FU)」は2つの床用ヘッドが標準付属されている。チラシや画像で本体に取り付けられているヘッドはV6シリーズ以前の一部のモデルに標準装備されていた「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」、そして、同梱されているもう一つのヘッドは、最新のV10シリーズのFluffyに標準装備されている「ソフトローラークリーナーヘッド」となる。

フローリング カーペット 固形のゴミ ペットの毛
フローリング
ペットの毛
カーペット
カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッドの特徴
メリット●小型なので使い勝手がよく取り回しやすい(タカタのは4cm広い)
●軽量なので持ち上げした際に手首に負担がかかりにくい
●カーペットにおける集じん力はFluffyより優れてる
デメリット●嵩のある固形のゴミはヘッド前面で押してしまう
●幅が狭いので広い場所を効率よく掃除ができない(タカタのは4cm広い)
●V7~V10以降のモデルには採用されなくなった
こんな人におすすめ●ダイソンの中で軽いモデルを探している
●カーペットから多くのハウスダストを吸引したい
●カーペットに絡みついたペットの毛を効率よく吸引したい

「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」は、V6以前のシリーズに採用されていたモーターヘッドとなり、2011~2015年までダイソンのスティックコードレスクリーナーのスタンダードモデルであった。ちなみに、現在、スタンダードとなっているヘッドは、柔らかなフェルトに包まれたローラーを搭載した「ソフトローラークリーナーヘッド」であるが、V6(SV07 WH ENT FU)にはこのヘッドも同梱されている。

カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッドは、ペット用の餌・砂や米粒のような比較的嵩のあるゴミはヘッドの前面で押し出してしまったり、回転ブラシで弾き飛ばしてしまったりするデメリットがあるものの、硬いナイロンブラシが搭載しているため、カーペットの奥に入り込んだ微細なゴミや、絡みついた髪の毛やペットの毛の集じん能力は「ソフトローラークリーナーヘッド」よりはるかに優れている。

また、ブラシバーには硬いナイロンブラシだけでなく、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシを搭載しているため、静電気によってフローリング表面に付着した微細なゴミ(ハウスダスト・アレルゲン)も集じんすることができる。その他に、ダイソンの公式モデルと違い、ヘッドの幅が広いワイドタイプとなっているため、広い場所も効率よく掃除ができる特長を持っている。

 

フローリング カーペット 固形のゴミ ペットの毛
フローリング
ペットの毛
カーペット
ソフトローラークリーナーヘッドの特徴
メリット●ヘッドを前後に滑らせる動作で大きなゴミを吸引できる
●拭き取り効果が高くフローリングがピカピカになる
●ローラーに髪の毛やペットの毛が絡みつきにくい
●幅が広いので広い場所を効率よく掃除ができる
デメリット●カーペットにおける集じん性能が3種類の中で一番低い
●幅が広いので狭い場所では使い勝手が悪い
●ヘッドを持ち上げたとき手に負荷がかかる
こんな人におすすめ●カーペットを敷いている面積が狭い
●掃除機をかけながら拭き掃除がしたい
●ブラシに絡みついた髪・ペットの毛の手入れをしたくない

ソフトローラークリーナーヘッドは(DC74)以降のシリーズに採用されているモーターヘッドとなり、モデル名に”Fluffy”が付くモデルに装備されている。現在の標準モデルとなっており、ダイソンのCMなどでもよく「ソフトローラークリーナーヘッド」を搭載したモデルが登場するため、ダイソンを持ってない人でも知っている人は多いのではないだろうか。あの理髪店の前で赤・白・青の螺旋模様が回転する棒状の装置(有平棒)を彷彿させるヘッドのことである。

ソフトローラークリーナーヘッドの大きな特長は、柔らかなフェルトと広い開口部によって、他のモデルが苦手としていた大きなゴミをヘッドを滑らせる動作で吸引することができることだ。また、硬いナイロンブラシを搭載していないため、ペットの毛や髪の毛が絡みにくくなっており、面倒なお手入れの頻度が劇的に軽減されるメリットも。その他に、他のモデルと違い、フローリングや畳の乾拭き効果も高いため、ペットや小さい子供がいる家庭にも最適なモデルとなる。色の違うナイロンフェルトの継ぎ目には、カーボンファイバーブラシが植毛されているため、静電気によってフローリング表面に付着する微細なゴミも効率よく集じんすることが可能。

他のヘッドよりメリットの多いソフトローラークリーナーヘッドであるが、ローラ部に硬いナイロンブラシを搭載していないため欠点も存在する。それはカーペットの奥深くから微細なゴミを掻き出す集じん性能が低いことと、カーペットに絡みついた髪の毛やペットの毛を掻き取ることが苦手なことだ。ただし、今回のチャレンジデーのV6(SV07 WH ENT FU)は上で説明した「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」が付属されているため、ソフトローラークリーナーヘッドが苦手としているゴミを吸引する場合は、モーターヘッドを交換することで解決、フロアにカーペットを敷いている面積が広い家庭にも対応できるモデルとなる。

.
Беспроводные пылесосы Dyson V6 – Замена контейнера (RU)

ゴミ捨てやお手入れは簡単なの?

早見ポイント・V6はワンタッチでゴミを捨てられる
・V6は詰まったり、絡みついたゴミは手で除去する必要がある
・V7/V8/V10はカップ内のゴミを確実にこそぎ落とす機構を採用

V6はワンタッチでゴミが溜まったクリアビン(ダストカップ)のフタをぱかっと開けて簡単に捨てることができるものの、クリアビンとシュラウドのあいだにゴミが詰まったりした場合は、箸のような細い棒状のもので掻き出す必要がある。また、シュラウドに髪の毛のような長いゴミや綿埃が絡みつた場合は、クリアビンを本体から取り外して手入れする必要があるため、ちょっとしたひと手間がかかる。このような面倒なお手入れをしたくない場合は、なるべくこまめなゴミ捨てをこころがけるようにしよう。

ダイソン V7 ゴミの捨て方

比較的新しいモデル(V7/V8/V10)には「簡単ゴミ捨て機構」が採用されており、半手動の動作を加えることにより、クリアビンの中のゴミを全てゴミ箱に落とすことができるようになった。クリアビンの周りにはゴム製スクレイパーが配置されているため、半手動の操作でサイクロン部を引き上げた際に、クリアビンとシュラウドのあいだに挟まったゴミや、シュラウドに絡みついたゴミもこそぎ落とすことができるのだ。V6と比較的新しいモデルの大きな違いはこの機構が採用されてないことである。

.

ポストモーターフィルター

本当に部屋の空気より綺麗な空気を排出するの?

早見ポイント・V6以降には「ポストモーターフィルター」が採用されている
・空気清浄機に採用されている「HEPAフィルター」と同等
・0.3μmまでの微粒子を99.7%トラップできる
・花粉:30~40μm/黄砂:4μm/カビ胞子:2μm/PM2.5:1.2~2.5μm

2015年に発売されたV6以降のモデルには、従来モデルに採用されていた「プレモーターフィルター」に加え、新しく「ポストモーターフィルター」が搭載された。本体後部に配置された「ポストモーターフィルター」は、空気清浄機にも採用されているHEPAフィルターと同等の捕集効率を誇り、0.3ミクロンまでの微粒子を99.7%も捕らえることができる。

このため、アレルギーの原因となる杉花粉・ハウスダスト・黄砂・PM2.5・カビの胞子のような目に見えないゴミもキャッチすることができることから、「部屋の空気より綺麗な空気を排出する」というキャッチコピーは本当で、アレルギー持ちの人や小さいお子さんがいる家庭では高ポイントとなる。

Dyson V6 Fluffy 粒子集塵率デモ
動画のデモンストレーションではスモークが各パーツの継ぎ目から漏れてないことから気密性が高いことも伺える。ちなみに左でディスられてる赤いモデルは、ダイソンと同じ2段式サイクロン構造を採用している東芝のトルネオVコードレスである。その他に競合メーカーであるエレクトロラックスもデモンストレーションで比較されたことがあり、東芝のようにスモークがダダ漏れになっていた。
.
Dyson V6 cord-free vacuums – Washing the filters (UK)

フィルターのお手入れは簡単なの?

早見ポイント●競合メーカーの製品より最速でフィルターを着脱できる
●水洗いできるから繰り返しつかえて経済的
●目詰まりしにくいから面倒なお手入れから解放される

V6シリーズのモデルには前述した通り「プレモーターフィルター」と「ポストモーターフィルター」2つのフィルターを搭載している。このフィルターは競合メーカーの製品のようにダストカップに組み付けられていないため、いちいちダストカップを分割しなくても、簡単に着脱することが可能となっている。また2つのフィルターは丸洗いすることが可能なので、繰り返し使えて経済的。さらに、2ティアーラジアルサイクロンを採用しているV6は、フィルター目詰まりの原因となる微細なゴミまでも遠心分離するため、面倒なフィルターのお手入れから解放されるメリットは面倒くさがりの人には大きい。毎日こまめに掃除をしてもフィルターのお手入れは月に一度で十分である。

.

ダイソン V6(SV07 WH ENT FU)のスタンド

どうやって収納するの?立てかけて収納できる?

早見ポイント収納用ブラケットが標準付属されている
・収納用ブラケットを使用すれば立てかけて収納できる
・収納用ブラケットは壁にネジ止めする必要がある
・収納スタンドを使えば壁に穴を開ける必要がない
・ジャパネットの「収納スタンド」は高い
・Amazonや楽天市場で2倍も安いスタンドが買える

基本的にダイソンのスティックコードレス掃除機にはダイソンを立てかけて収納することができる「収納用ブラケット」が標準付属されており、V6(SV07 WH ENT FU)にも同梱されている。しかし、この収納用ブラケットは壁にネジ止めする必要があるため、壁に穴をあけられない賃貸住宅などでは使用することができないのだ。そこで、ジャパネットたかたでは、ダイソン専用の収納スタンドも販売しており、このスタンドを使用すればダイソンを壁に穴を開けなくとも好きな場所に立てかけて収納することができる。

山崎実業 コードレスクリーナースタンド プレート Plate 3559(ダイソン V10)

ダイソンの掃除機を充電しながら立てかけて収納したい人には収納スタンドはおすすめだが、ジャパネットたかたで販売されているスタンドは同時購入しても7,980円と割高。予算を抑えたい場合は、Amazonや楽天市場でも販売されているダイソン専用のスタンドのほうが割安である。例えば当サイトでおすすめしている「山崎実業のスタンド」なら、ジャパネットのスタンドより2倍も安く購入することができるうえ、アタッチメントやヘッドを2個収納することができる。

.
モデル V6 V7 V8 V10
省電力モード なし なし なし 40分
標準モード 17分 20分 30分 20分
MAXモード 6分 6分 7分 5~8分
充電時間 3.5時間 3.5時間 5時間 3.5時間

「充電時間」や「運転時間」はどれくらい?家中丸ごと掃除できるの?

早見ポイント・残量0からの充電時間は3.5時間かかる
・最大使用時間20分はモーターヘッド未装着時
カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッドを装着した使用時間は17分
ソフトローラークリーナーヘッドを装着した使用時間は16分
・6畳の部屋を8回掃除できる(1畳に20秒費やした場合)

V6(SV07 WH ENT FU)の最大使用時間は20分と記載されているが、この使用時間は床用のモーターヘッドを装着せずに使用した時間である。「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」を装着してフロアを掃除した場合の使用時間は、使用頻度の高い「標準モード」が17分、「MAXモード」が6分となる。ジャパネット公式には記載されていないがソフトローラークリーナーヘッドを装着した場合はおそらく1分短い16分。

このため、「標準モード」で畳1枚に20秒かけて掃除した場合、6帖の部屋を8回分掃除できる計算となるため、一般的なアパートや戸建ての家をまるごと掃除することは可能である。ただし、充電時間に3.5時間かかるため、充電切れになるとすぐに掃除を開始できないため、常に充電するように心がけたい。ちなみに充電時間はハイエンド機の中では平均的な時間である。充電時間が飛び抜けて早い製品はシャープのFREEDやRACTIVE Airの80分。

一回の掃除機がけに費やす時間が軽く20分以上かかる場合は、焦って掃除をしたり、途中で充電切れになるため、バッテリー容量が大きく「標準モード」の運転時間が一番長いV8や、節電効果が高い「省電力モード」を搭載しているV10のほうがおすすめである。

.

2018年 ジャパネットたかたオリジナルモデルのダイソンを精査

ジャパネットたかたのダイソンは安いのか?性能は?

ジャパネットたかたがダイソンセールをするとアクセスが増大

当サイトの過去の1日のアクセス数は1~2万PVほど。しかし突発的にアクセスが数倍に跳ね上がる日があり、過去には10倍位上のアクセスが発生し、レンタルサーバーから規制を実施されたこともあった。アクセス解析やSNSなどで原因を調べるてみると、通信販売を行っている「ジャパネットたかた」がダイソンのコードレス掃除機のセールを行うとアクセスが増大するようである。わたしはこれをジャパネット砲の爆風と呼んでおり、毎回4マス媒体の影響力には驚愕している。

 

発売日 イベント モデル 価格
2015/3/21 チャレンジデー DC45 29,800円
2016/3/21 チャレンジデー DC45M0 29,800円
2017/3/20 チャレンジデー DC62WH 29,800円
2018/3/21 チャレンジデー SV07 WH ENT FU 28,800円
2019/2/11 チャレンジデー SV07 WH ENT FU
(ヘッド2個付き)
29,800円
2017
9/5~9/17
グラチャンバレー DC62WH 29,800円
2018
9/29~10/19
世界バレー SV07 WH ENT SV 29,800円

ジャパネットはいつダイソンの掃除機を安くセールしている?

過去にジャパネットがダイソンのコードレス掃除機をいつ安くセールしているのか調べてみると、毎年、3月の祝日(春分の日)に行われている”チャレンジデー”で2015年から登場しているようだ。従って次回のチャレンジデーは2019年3月21日(2月11日に実施された?)に行われるので、その時にSV07と同等、もしくはそれ以上のモデルが販売される可能性が高い。

その他に、2017年9月に行われた「グラチャンバレー」や、今回の「世界バレー」が開催されている期間にもダイソンのセールを行っており、バレー試合の休憩中に突然ジャパネットが生放送で掃除機や布団をハイテンションで紹介するシーンがSNSではちょっとした話題となっている。ジャパネットは2011年から春の高校バレーでも冠スポンサーに付いている。

 

広告を見た人が思ってる疑問●本当に最新モデルなのか?型落ちではないのか?
●ジャパネットのダイソンは本当に安いのか
●ジャパネットのダイソンの性能が気になる
●購入者の口コミ・レビューが気になる

TV・ラジオ・新聞・チラシで広告を見た人が疑問に思ってること

ジャパネットたかたの広告をTVやチラシを見て気になった人は、セール中の製品が本当に安いのかと疑ってる人と性能が気になっている人が多いようである。確かにセール品と言っても決して安い買い物ではないので、タカタオリジナルのダイソンのコードレス掃除機と市場に回っている現行機種の価格と性能の違いが気になったり、どれくらい能力があるのかは気になるところ。正直なところ公式(メーカー)が販売していないモデルに興味はなかったが、需要があるようなので中立的な観点で批評をしたい。

.

ダイソン スティッククリーナー V7モーターヘッド SV11 ENTの特徴

ジャパネットたかたのダイソンV7モーターヘッド(SV11 ENT)

先取り 初売特化で登場したダイソンV7 モーターヘッド(SV11 ENT)

10月26日~12月27日までジャパネットたかたで行われていた利益還元祭も終わり、セール対象であった東芝のスティックコードレスクリーナー【トルネオVコードレス(VC-JCL10000)】も通常価格に戻った。現在、ジャパネットたかたの公式ページでは、新春初売りセールの商品が掲載されており、様々な人気商品がラインアップされている。

この中には「ダイソンが驚きの価格という」キャッチコピーを打ったダイソンV7 モーターヘッド(SV11 ENT)も登場。ジャパネットと言えば型落ちのダイソンを安く売ることで認知されているが、ダイソンのスティック機を全シリーズ持っている私がV7の特徴を誰にでも分かりやすく解説。また、本当に驚きの価格なのか調べてみることに。

.

V7シリーズはいつ発売されたモデルなの?

モデル名 発売日
V6シリーズ 2015年
V8シリーズ 2016年
V7シリーズ 2017年
V10シリーズ 2018年

2017年に発売されたV6とV8の中間モデル

基本的にダイソンは毎年新しいスティック型コードレスクリーナーを発売しており、今回初売りセールで登場したダイソンV7は2017年に発売されたシリーズとなる。これまでジャパネットのセールで登場した一番新しいモデルはV6をベースとした(SV07 WH ENT SV)なので、今回登場したV7はジャパネットがセールで紹介したモデルの中では一番最新となる。

ひとつ注意点があり、ダイソンのV7シリーズは去年(2017年)発売された比較的新しいモデルであるが、2016~2017年の同社のフラッグシップモデル(最高戦力)は、2016年に発売されたV8シリーズとなる。そのため、基礎的なスペック(連続使用時間・連続使用時間・吸込仕事率)はV8のほうが上。V7はV8より容量の小さいバッテリーが採用されており、基礎的スペックが削られているものの、最新のテクノロジーを搭載しながら、重量が軽いという特長を持っている。

.

V7シリーズの種類と違いが知りたい

機種名(モデル) モーターヘッド サイクロン 吸込仕事率 連続使用時間 標準付属品アイコン
V7 Fluffy
SV11 FF
重量(2.47kg) 充電時間 ダイソンデジタルモーターV7
ソフトローラークリーナーヘッド 2 Tier Radial (ティアーラジアル) サイクロン 通常:21WA
強:100WA
通常:30分
通常★:20分
強:6分
ダイソン:ミニモーターヘッド ダイソン:コンビネーションノズル ダイソン:スキマノズル
V7 Animalpro
SV11 AN
重量(2.40kg) 充電時間 ダイソンデジタルモーターV7
ダイレクトドライブクリーナーヘッド 2 Tier Radial (ティアーラジアル) サイクロン 通常:21WA
強:100WA
通常:30分
通常★:20分
強:6分
ダイソン:ミニモーターヘッド ダイソン:コンビネーションノズル ダイソン:スキマノズル
V7 Motorhead
SV11 FF ENT
重量(2.40kg) 充電時間 ダイソンデジタルモーターV7
ダイレクトドライブクリーナーヘッド 2 Tier Radial (ティアーラジアル) サイクロン 通常:21WA
強:100WA
通常:30分
通常★:20分
強:6分
ダイソン:ミニモーターヘッド ダイソン:コンビネーションノズル ダイソン:スキマノズル
V7 Absolute
直販限定
充電時間 ダイソンデジタルモーターV7
ソフトローラークリーナーヘッド&ダイレクトドライブクリーナーヘッド 2 Tier Radial (ティアーラジアル) サイクロン 通常:21WA
強:100WA
通常:30分
通常★:20分
強:6分
ダイソン:ミニモーターヘッド ダイソン:コンビネーションノズル ダイソン:スキマノズル
ダイソン:ミニソフトブラシ

「色」と「アタッチメント」と「床用ヘッド」に違いあり

現在、国内で販売されているV7シリーズのラインアップは4種類。上の表を見ていただいたほうが各モデルの違いが分かりやすいと思うが、基礎的なスペックは同じになっており、それぞれの大きな違いは標準装備されている「モーターヘッド」と、付属されている「アタッチメントの有無」となっている。

どのモデルにも標準付属されているアタッチメントは、「すき間ノズル」「コンビネーションノズル」「ミニモーターヘッド」となる。ミニモーターヘッドでも布団などの寝具の掃除ができるが、その他の専用ツールが必要であれば、アマゾンで販売されている「並行輸入品の専用ツール」を購入したほうがお買い得である。

フローリング カーペット 固形のゴミ ペットの毛
フローリング
ペットの毛
カーペット
ソフトローラークリーナーヘッドの特徴V7「Fluffy」から始まるモデルに標準装備されているモーターヘッドは「ソフトローラークリーナーヘッド」。柔らかなソフトローラーを搭載しているため、フローリングにおける乾拭き効果が高くゴミを吸引しながら床をピカピカにしてくれる。また、広い開口部によって従来モデルが苦手であった、比較的大きなゴミ(ペットの餌や砂等)をゴミに対してヘッドをかぶせることなく吸引することができる。その他にナイロンブラシが搭載されていないため、カーペットの奥深くからゴミを掻き出す能力は低いが、髪の毛やペットの毛のような長いゴミが絡みつかないメリットも存在する。
.

フローリング カーペット 固形のゴミ ペットの毛
フローリング
ペットの毛
カーペット
ダイレクトドライブクリーナーヘッドの特徴V7「Animal」や「Motorhead」から始まるモデルに標準装備されているモーターヘッドは「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」。歯ブラシのような硬いナイロンブラシを搭載しており、スタンダードなソフトローラークリーナーヘッドより、カーペットに絡みついたペットの毛や、絨毯奥深くに入り込んだ微細なゴミを掻き出す能力が優れている。掃除をするフロアがフローリングメインであれば、「Fluffy」ほうがおすすめだが、カーペットを敷いている面積が広かったり、ペットとお住まいの家庭では「Animal」「Motorhead」のほうがおすすめである。なお、「Animal」と「Motorhead」の違いは色である。
.

「連続運転時間」や「充電時間」はどれくらいなの?

モデル名 使用時間 充電時間
V6 Fluffy 通常モード:20分
MAXモード:6分
3.5時間
V6 Animal 通常モード:20分
MAXモード:6分
3.5時間
V7 Fluffy 通常モード:20分
MAXモード:6分
3.5時間
V7 Animal
V7 Motorhead
通常モード:20分
MAXモード:6分
3.5時間
V8 Fluffy 通常モード:30分
MAXモード:7分
5時間
V8 Animal 通常モード:25分
MAXモード:6分
5時間
V10 Fluffy 省電力モード:40分
通常モード:20分
MAXモード:5~8分
3.5時間
V10 Animal 省電力モード:35分
通常モード:20分
MAXモード:5~8分
3.5時間

一回の充電(3.5時間)で約20分使用できる

ダイソンV8までの吸込モードは「通常モード」と「MAXモード」の2段階があり、「MAXモード」は圧倒的にパワーは強いものの使用時間が極端に短いため、一般的にフロアの掃除は「標準モード」を使用するユーザーが多い。

V7のモーターヘッドを装着した状態の連続運転時間は「標準モード」が20分のため、我が家では6帖の部屋を4室掃除しても充電が途中で切れることはなかった。ちなみに、一般家庭で主婦が掃除機に費やす時間は20分以下というデーターが多い。

掃除をする範囲が広くて、20分の駆動時間では家中丸ごと掃除ができないという場合は、バッテリー容量が大きいV8シリーズのほうがおすすめである。スペックはV7より上ではあるものの、バッテリー容量が増えた分、重量が重たくなっているうえ、充電時間が5時間に延びてる欠点も存在する。

.

ゴミの捨て方は簡単なの?

ダイソン V7 ゴミの捨て方

V8と同じゴミ捨て機構が採用されているから簡単

コードレス掃除機で面倒になりがちなのがゴミ捨て問題。コードレス掃除機はキャニスター掃除機に比べると集じん容量が小さいため、掃除をするたびにゴミ捨てをしなければいけない製品が多い。ゴミの捨て方が面倒だったり、ゴミを捨てるたびにお手入れが必要な製品は何度もコードレス掃除機を乗り換えてきたヘビーユーザーには敬遠されやすい。

ダイソンの製品はゴミが詰まってでてこなかったり、シュラウド(メッシュ部)にゴミが絡みついて、ゴミ捨てやお手入れが大変という批判的なレビューも散見される。しかし、このデメリットが存在したのはV6以前の古いモデル。比較的新しいモデル(V7,V8,V10)には新しいゴミ捨て機構が搭載されており、ゴミ捨てが面倒だという欠点は解消されている。

2016年に発売されたV8から、クリアビン内に溜まったゴミをゴム製スクレイパーでこそぎ落としながらゴミ捨てが行える機構が搭載されており、この機構はV7やV10にも受け継がれている。これにより、ゴミ捨て時にクリアビンに詰まったゴミを割り箸などで掻き出したり、シュラウドにゴミが絡みつかなくなったため、従来モデルよりストレスフリーでゴミ捨てが行えるようになっている。

.

フィルターのお手入れは簡単なの?水洗いできる?

Aspiradoras inalámbricas Dyson V8 – Lavado de los filtros (MX)

目詰まりしにくいからフィルターがついてることを忘れる

国内メーカーのサイクロン掃除機は「1段式サイクロン構造」が採用されているうえ、ダストカップ内に溜まったゴミが飛散しやすいため、すぐにフィルターが目詰まりを起こし、吸引力が低下しやすなる。そのため、毎日掃除をしていると早い段階でフィルターのお手入れが必要となるため、フィルターのお手入れが面倒だと感じているユーザーも多い。

ダイソンはフィルター目詰まりの原因となる微細なゴミまでも遠心分離する「2段式サイクロン構造」を採用。面倒なフィルターのお手入れから解放されるため、汚いフィルターに触れたり、吸引力が低下する心配はなくなるのが特長。とはいえ、吸い込んだゴミを全て遠心分離できるわけではないので、毎日掃除をした場合は月に一度はフィルターをお手入れする必要がある。

V7のフィルターは国内メーカーのようにダストカップに組み込まれておらず、サイクロン上部に差し込まれているため、簡単に着脱することが可能。さらに、水洗いして繰り返し使用することができるため、紙パックのようにランニングコストもかからず経済的だ。なお、特徴の詳細は後述するが、V7には本体後部にポストモーターフィルターが搭載されており、このフィルターも水洗いすることが可能。

.

排気は綺麗なの?

Dyson V6 Fluffy 粒子集塵率デモ

ハウスダストも捕集するからアレルギー体質の人にも最適

ダイソンのコードレスクリーナーは、2015年に発売されたV6シリーズ以降にはHEPAフィルターと同等の性能を持つ、「ポストモーターフィルター」を採用しており、0.3ミクロンという小さな微細な粒子を99.97%捕集することが可能。

分かりやすく説明すると掃除機本体に空気清浄機にも採用されているフィルターを搭載しているので、アレルギーの原因となる目に見えないハウスダストまでも捕らえることができるのだ。このポストモーターフィルターは水洗いすることが可能となっており、繰り返し使用することが可能となっている。

.

ジャパネットの「V7 モーターヘッド(SV11 ENT)」は本当に安いの?

ダイソン V7の最安値

驚くような価格ではないうえ、税込みだと価格.comのほうが安い

「ダイソンが驚きの価格」というキャッチコピーと共に初売特価された「ダイソン V7 モーターヘッド(SV11 ENT)」。しかし、今回登場したダイソンは、改良されたジャパネットオリジナルモデルではないうえに、価格も「価格.com」に掲載されているショップのほうが最安値なので、おすすめではありません。「ダイソン V7 Motorhead(SV11 ENT)」を最安値で購入したのであれば、価格.comに掲載されているショップから注文したほうがお買い得です。

ダイソン 新春初売りセール

公式オンラインストアの「V7 Fluffy」が最安値で登場!1/7まで

また、フローリングメインであれば、同シリーズにラインアップされている「V7 Fluffy」のほうがおすすめです。なぜなら、CMでお馴染みの大小のゴミを吸い取り、拭き取り効果の高い「ソフトローラークリーナーヘッド」が搭載されているからです。

ちなみに、「ダイソンの直販サイト」で1/1(火)0:01からV7 Fluffyが登場しました。購入者全員に「お掃除ツール」がプレゼントされるうえ、価格comの最安値と同じになっているため、V7 Fluffyを購入するのであれば公式オンラインストアから注文したほうがお買い得です。

.

ダイソン歴代モデルの「性能「付属品」「クチコミ」「レビュー」がひとめでわかる性能比較表は「ダイソン 比較表」からからどうぞ。

少しでも予算や軽さにウェイトを置きたい場合はV7シリーズ。本体重量が少し重たくなってもよく、連続使用時間を重視したい場合はバッテリー容量が大きいV8シリーズ。予算に余裕がある場合は、さらにゴミが捨てやすくなり、2つのフィルターが一体化されたV10シリーズがおすすめです。比較的新しいモデルのレビュー記事は下のリンク先からどうぞ。

ダイソン V7のレビュー記事」はこちらからどうぞ
ダイソン V8のレビュー記事」はこちらからどうぞ
ダイソン V10のレビュー記事」はこちらからどうぞ

マキタ信者がおすすめするマキタのコードレス掃除機ランキング

売上ランキングより役立つ目的別おすすめモデル

マキタクリーナーのおすすめランキング

マキタ信者が目的や用途にあったモデルをピックアップ

一昔前までハンディクリーナといえば吸引力が弱く、連続使用時間も短かったため、目についたゴミを吸引するキャニスター掃除機の予備機として使われてきた。それが今、吸引力の向上とモーターやバッテリーの軽量化により、ハンディクリーナー本体に延長管と床用ヘッドを装着して家中丸ごと掃除ができるスティックコードレス掃除機が台頭。現在、大手家電メーカーはメイン機として使える高機能タイプのラインアップを充実させている。

そんなダイソンや大手家電メーカーなどのハイエンド機に並んで売上ランキングの上位に君臨しているのが、電動工具メーカーの充電式クリーナーだ。中でもマキタのクリーナーは建築現場の職人たちや、新幹線やテーマパークなどの清掃現場で愛用されており、軽くてコンパクトなフォルムと使い勝手の良さから家庭で使う人たちが増えている。そこでこのページでは、マキタ信者の私があなたの用途や目的に合ったモデルをピックアップしたい。

.

選択肢から外したい電圧

マキタクリーナーの7.2Vと14.4Vをおすすめしない理由

マキタの着脱式バッテリーの特徴●マキタクリーナーの着脱式バッテリーは[4種類]の電圧が存在
●電圧:[7.2V][10.8V]と[14.4V][18V]
●急速充電器で充電するから充電時間が早い
●予備バッテリーを用意すれば連続運転時間は2倍
●同じ電圧の電動工具との間で使い回すことができる
家庭用モデルに採用されてるバッテリ(7.2V/10.8V)●7.2Vと10.8Vは家庭用モデル(重量の差100g程度)
●最新の10.8V(スライド式)の方が圧倒的に吸引力が強い
●7.2V(差込式)バッテリーと互換性のあるツールの数(13モデル
●10.8V(差込式)バッテリーと互換性のあるツールの数(27モデル
●10.8V(スライド式)バッテリーと互換性のあるツールの数(70モデル
業務用モデルに採用されてるバッテリ(14.4V/18V)●14.4Vと18Vはプロ用モデル(重量の差100g程度)
●14.4Vと18Vの電動工具の重量に差がなくなってきてる
●14.4Vと18Vの本体やバッテリーの実勢価格は1割程度の差
●14.4Vのバッテリーと互換性のあるツールの数(120モデル
●18Vのバッテリーと互換性のあるツールの数(192モデル

新規で[7.2V]と[14.4V]のクリーナーを買うメリットはない

当サイトでおすすめしているマキタの充電式クリーナーは、外付けタイプのリチウムイオンバッテリーを採用しているモデル。同社の電動工具と同じバッテリーを採用しており、電圧が同じシリーズの電動工具とのあいだで使いまわしができるのが特長。さらに急速充電器でバッテリーを充電するため、家電メーカーの製品より充電スピードが早い。また、予備バッテリーを用意すれば、連続運転時間を大幅に延長できるメリットもある。

現在、マキタの充電式クリーナーに採用されている電動工具のバッテリーの電圧は[7.2V][10.8V][14.4V][18V]の4種類。家庭用モデルの「7.2V/10.8V」と、プロ用モデルの「14.4V/18V」の大きな違いは、[重量]と[吸引力]と[連続運転時間]にある。軽さを重視したいのであれば「7.2V/10.8V」シリーズのモデル、吸引力と使用時間を重視する場合は「14.4V/18V」シリーズのモデルを選ぶのが一般的となっている。

しかし、7.2Vと10.8Vシリーズのモデルの重量の差は約100g程度なのに関わらず、新しく登場した10.8V(スライド式)バッテリーを採用した[CL107FD]や[CL108FD]のほうが、7.2Vシリーズのモデルより吸引力が圧倒的に強い。14.4Vと18Vシリーズのモデルに関しても重量の差は約100g程度のうえ、バッテリーや本体の価格も1割ほどの差しかない。新規でバッテリーと充電器が付属されているセット品を購入するのであれば、価格や重さに大きな差がなく、パワーが強いうえ、バッテリー1つで使い回せるツールが多い[10.8Vシリーズ]や[18Vシリーズ]のモデルのほうがおすすめである。

.

「吸引力」と「連続使用時間」を重視したい

マキタ CL281FDFCWの吸引力の強さが分かる動画(コードレス掃除機)

カプセル式なら18Vシリーズの「CL281FD」

こんな人におすすめ●マキタのカプセル式で一番吸引力が強いモデルを探してる
●一回の充電で家中丸ごと掃除をしたい
●ランニングコスト(紙パック代)をかけたくない
●バッテリ1つで192個のツールを使い回せる
○吸込仕事率:60W/42W/15W(パワフル/強/標準)
○連続使用時間:15分/20分/50分(パワフル/強/標準)
○充電時間:22分
○集じん容量:650ml(カプセル)
○本体重量:1.4kg(バッテリ含む)
※高機能フィルタEX使用時の吸込仕事率

吸引力と運転時間を重視したい人におすすめなのが、マキタのラインナップの中で一番高い電圧のバッテリーを搭載している18Vシリーズのモデル。現在、プロの建築現場等で主流となっている18Vのクリーナーのパワーや使用時間は現行機種の中でトップクラス。クリーナーの連続使用時間は強モードで20分と家中丸ごと掃除ができるスタミナとパワーを持つ。また、途中で充電が切れても約22分で満充電することができるので、すぐに掃除を開始することも可能だ。

紙パックなどの消耗品にランニングコストをかけたくない人や、毎日大量のゴミを吸引する用途におすすめのモデルがカプセル式の「CL181FD」だ。ゴミはカプセルの中に溜まりパカっと開けて捨てるだけなのでランニングコストがかからず経済的。こまめにゴミを捨てることができるので、一日に大量のゴミを吸引する建築現場でも人気がある。さらに「高機能フィルターEX」を採用しているので、従来モデルに同梱されていた不織布のフィルターより目詰まりしにくくなっている。

CL281FDから始まるモデルは、[CL281FDZW][CL281FDRFW][CL281FDFCW]の3機種。それぞれの違いは付属品の有無となり、同社の18V専用「充電器」と「バッテリー」を持っている人は本体のみの[CL281FDZW]。初めて18V充電式クリーナーを購入する場合は、本体にバッテリーと充電器が付属された[CL281FDRFW][CL281FDFCW]を選ぼう。なお、[CL281FDFCW]には微細なゴミによるフィルターの目詰まりが低減される「サイクロンアタッチメント」も同梱されている。

.
マキタ CL282FDFCWの吸引力の強さが分かる動画!Makita Vacuum Cleaner review and demo.CL282FD Hoover

紙パック式なら18Vシリーズの「CL282FD」

こんな人におすすめ●マキタの紙パック式で一番吸引力が強いモデルを探してる
●一回の充電で家中丸ごと掃除をしたい
●簡単かつ衛生的にゴミ捨てをしたい
●バッテリ1つで192個のツールを使い回せる
○吸込仕事率:60W/42W/15W(パワフル/強/標準)
○連続使用時間:15分/20分/50分(パワフル/強/標準)
○充電時間:22分
○集じん容量:330ml/500ml(紙パック/高機能ダストバッグ)
○本体重量:1.5kg(バッテリ含む)
※高機能ダストバッグ使用時の吸込仕事率

マキタのカプセル式は簡単にゴミが捨てられるが、実際はカプセルをパカッと開けてゴミをポイと捨てて終わりではない。フィルターに付着したゴミや、フィルター付け根の溝部分にゴミが詰まるので、ゴミを捨てるたびにブラシなどで除去する手間がかかるのだ。また、お手入れの際に埃が舞い上がってくしゃみがでるほど不衛生。ごみ捨てが面倒なクリーナーを使ったことがある人は、簡単なゴミ捨てが出来るモデルを探している人も多いのではないだろうか。

こまめにゴミ捨てをするのが面倒だったり、面倒なフィルターのお手入れとサヨナラしたい人におすすめのモデルがCL282FDである。CL182FDは使い捨ての紙パックを採用しているので、ゴミに触れたり、埃を舞い上がらせずにワンタッチでごみ捨てが出来る手軽さが特長。紙パックはAmazonや楽天でも販売されており入手もしやすい。また、お手入れは必要となるが、同梱されている水洗いが可能な「高機能ダストバッグ」を使えば、繰り返し使うことができ経済的。

CL282FDから始まるモデルは[CL282FDZW][CL282FDRFW][CL282FDFCW]の3機種。同社の18Vの「バッテリー」や「専用充電器」を持っている人は本体のみの[CL282FDZW]。18Vのバッテリーや充電器を持っていない人はセット品の[CL282FDRFW][CL282FDFCW]を選ぼう。吸い込んだ空気とゴミを遠心分離できるサイクロンアタッチメントが必要な場合は[CL282FDFCW]を選びたい。吸い込んだ大小のゴミを遠心分離するため、紙パックの消耗も大幅に低減される。

.

「予算」と「軽さ」を重視したい

カプセル式なら10.8Vシリーズの「CL108FD」

こんな人におすすめ●手が疲れにくい軽いモデルを探してる
●ランニングコスト(紙パック代)をかけたくない
●バッテリ1つで70個のツールを使い回せる
○吸込仕事率:32W/20W/5W(パワフル/強/標準)
○連続使用時間:10分/12分/25分(パワフル/強/標準)
○充電時間:22分
○集じん容量:600ml(カプセル)
○本体重量:1.0kg(バッテリ含む)
※標準付属品フィルタ使用時の吸込仕事率

14.4Vや18Vシリーズのモデルはパワーがある分、重たいバッテリーやモーターが手元に配置されているため、手が疲れやすいという口コミが多く存在する。そこで以前おすすめしていた軽量モデルが、(差込式)バッテリーが搭載されている7.2Vや10.8Vシリーズのクリーナー。しかし、現行機種で軽い操作性+パワーがあるのは、10.8V(スライド式)バッテリーが採用されているモデルだ。力のない女性や年配の人が片手でヒョイと持てる軽さはもちろん、新たに「パワフルモード」を搭載し、吸引力も大幅にアップしている。

紙パックなどの消耗品にランニングコストをかけたくない場合におすすめしているのがカプセル式のモデル。付属されているフィルターは水洗いすれば繰り返し使えるので経済的。別販売品の「高機能フィルター」を使用すれば、目詰まりしにくくなるので、水洗いする頻度も減り、強い吸引力を維持できる。現在、アマゾンではCL106FDの評価が高くレビュー数も多くついているが、2018年に吸引力がパワーアップしたCL108FDが登場。10.8Vの軽いカプセル式にする場合は迷わずCL108FDを選ぼう。

 

.

紙パック式なら10.8Vシリーズの「CL107FD」

こんな人におすすめ●手が疲れない軽いモデルを探してる
●簡単かつ衛生的にゴミ捨てをしたい
●バッテリ1つで70個のツールを使い回せる
○吸込仕事率:32W/20W/5W(パワフル/強/標準)
○連続使用時間:10分/12分/25分(パワフル/強/標準)
○充電時間:22分
○集じん容量:330ml(紙パック)
○本体重量:1.1kg(バッテリ含む)
※標準付属品フィルタ使用時の吸込仕事率

2016年に発売されたCL107FDは売れに売れて2017年には品切れ状態が長く続いた。10.8V(スライド式)初となるコードレス掃除機CL107FDは軽いだけでなく、10.8Vとは思えないほどのパワーを持っており人気になったのだ。その人気は現在の「価格.comの掃除機売上ランキング」でもハイエンド機に混じって上位に君臨しているほど。軽さにウェイトを置く場合は、10.8Vシリーズの中で一番吸引力が強いCL107FDが一番のおすすめだ。

CL107FDは簡単かつ衛生的にゴミを捨てられる紙パック式を採用。ゴミ捨て時に埃が舞い上がったり、フィルターのお手入れをするのが面倒だと感じる人におすすめのモデルだ。本体重量は1.1kgと軽く、手元に配置されているバッテリーも業務用に比べるとコンパクト。バッテリーが切れるまで掃除をしても手が疲れない軽さ。さらに吸引力の目安となる吸込仕事率は業務用の14.4Vシリーズのモデルに匹敵するほど。その上、価格も業務用モデルに比べて1/2程度なのでリーズナブル。

 

.

管理人おすすめのマキタの充電式クリーナー

CL107FDSHWとマキタのターボ60を推奨する理由

10.8VシリーズならCL107FDSHW+サイクロンアタッチメント

CL107FDSHWがおすすめの理由●同社の7.2V~10.8V(着脱式)の中で吸込仕事率№1
サイクロンアタッチメントを装着できる吸引力

紙パック式の「CL107FDSHW」をおすすめする理由は、着脱式バッテリーを採用した7.2V~10.8Vシリーズの中で一番吸引力が強いからである。紙パックは消耗品なのでランニングコストがかかるデメリットが存在するが、「サイクロンアタッチメント」を装着すすることにより紙パックの交換頻度は大幅に低減するため紙パックのデメリットを解消できる。また、カプセル式よりゴミ捨てが簡単になるのも嬉しいポイントだ。サイクロンアタッチメントを装着する吸引力が4割ほど低下するデメリットも存在するが、家庭で発生するゴミはCL107FDのパワーであればなんなく吸引することができるうえ、紙パックの目詰まりを低減させて吸引力が持続するメリットは大きい。

 

.

マキタのターボ60

●バッテリーを取り外して充電器で充電するのが面倒な場合は、本体に充電プラグを差し込んで充電する「マキタターボ60」がおすすめ!

CL107FDSHWは着脱式バッテリーを採用しているため、バッテリーを充電器で充電するのが面倒だと感じる人や、本体からバッテリーを取り外すのが難しいという批判レビューが散見される。そんな人におすすめなモデルが通販生活限定で販売されている「マキタのターボ60」だ。マキタターボ60は内蔵バッテリーを採用しており、充電アダプターを本体に差し込んで充電するため、お年寄りの方でも簡単に充電することができシニア層から高い人気がある。吸込仕事率はCL107FDを超える35W、新しい「ロック付サイクロンアタッチメント」を取り付けられるのも高ポイント。

.

CL281FDFCWがおすすめの理由

18Vなら迷わず「CL281FDFCW」がおすすめ

建築現場だけでなく家庭でも人気になると思う理由●同社の中で吸引力が一番強い
●ランニングコストがかからない
●サイクロンアタッチメントは紙パックよりゴミ捨てが簡単
●HEPAフィルター(別売)の装着で排気性能が大幅に向上

カプセル式の「CL281FD」がおすすめの理由は、吸引力の指標となる吸込仕事率が電動工具メーカーで一番高いからである。さらに、FDFCWに付属されている「サイクロンアタッチメント」を装着して使用すれば、吸引力が同等である紙パック式の「CL282FD」より、ゴミ捨てやお手入れが簡単になるメリットが大きい。「紙パックのほうがゴミ捨てが簡単」という意見もあるが、紙パックの着脱に加え、「バルブステー」と「紙パック格納部」のお手入れの手間を考えると、「サイクロンアタッチメント」のほうが素早くゴミ捨てが終わるのだ。

その他に、新しく発売された空気清浄機にも採用されている「HEPAフィルター(A-68965)」は、カプセル式のモデルにしか装着できないため、HEPAフィルターをCL281FDに装着すれば排気性能は紙パックや高機能フィルタEXの捕集効率を凌駕。紙パックや高機能フィルターは30~35μm(杉花粉程度)の微粒子を90~95%捕集できるのに対し、HEPAフィルターはPM2.5より小さい微粒子(0.3~1µm)を99.97%捕集できるのだ。カスタマイズしたCL281FDFCWはアレルギー持ちの人や小さな子供がいる家庭にも高ポイント。

 

.

知っておくと便利な専用ツール

サイクロンアタッチメント(A-67169/A-68856)

サイクロンアタッチメントのメリット●ゴミが本体側に侵入しにくくなる
●フィルターが目詰まりしにくくなる
●目詰まりによる吸引力低下が軽減
●ゴミ捨てが簡単になる
●ゴミ捨て時に埃が舞い上がりにくい
●紙パック代がかからなくなる

マキタから発売されている「サイクロンアタッチメント」は、ヘッドから吸い込んだ空気とゴミを遠心分離して青いダストケース内に回収できるアタッチメント。

本体と延長管のあいだに取り付けて使用することにより、微細な粉じんによるフィルターや紙パックの目詰まりを防ぐことができることから人気が高い。さらに、ゴミ捨てがカプセルや紙パックより簡単になり、埃を舞い上がらせずにゴミ捨てができるメリットは大きい。その他に、紙パックの消耗が低減され経済的になることから、紙パック式のモデルに取り付けて使用している人も増えている。

 

2018年以前に発売されたモデルには「A-67169」を取り付けよう。
2019年以降に販売されたパイプロックボタンが採用されているモデルにはロック付きの「A-68856」を取り付けよう。
.

じゅうたんノズルDX

じゅうたんノズルDXのメリット●絨毯に絡みついた糸くずやペットの毛を簡単に集じんできる
●フローリングと絨毯に対応してるからノズル付け換え不要
●フローリングを軽い力でヘッドを前後に滑らせるようになる

マキタのクリーナーはフローリングや畳のようなフラットな場所は得意。しかし、高機能タイプのクリーナーのようにヘッドに回転ブラシが搭載されていないので、カーペットやラグの掃除が苦手。フローリングメインの掃除であれば標準装備されている床用ヘッドで十分だが、ペットの抜け毛・髪の毛・糸くず・綿埃のようなゴミがカーペットに付着して困っている場合は、効率よく集じんできる「じゅうたんノズルDX」をおすすめしたい。

 

.

マキタ|高機能フィルター

高機能フィルター

高機能フィルターのメリット●フィルタに付着したゴミをサッと落とせる
●フィルタが目詰まりしにくくなる
●面倒な水洗いの頻度が減る
●吸引力が低下しにくくなる
※14.4/18Vのカプセル式には標準装備

このページでおすすめしている10.8Vシリーズのカプセル式モデルには、素材が「不織布のフィルター」が採用されている。このフィルターは水洗いして繰り返しつかえるメリットがあるものの、微細なゴミを吸引するとすぐに目詰まりを起こすデメリットも存在する。このため、フィルターが目詰まりして吸引力が低下する度に面倒な水洗いをする必要があるのだ。

そこで、おすすめしているのが14.4/18Vシリーズにも標準付属されるようになった「高機能フィルター」だ。高機能フィルターは従来のフィルターより目が細かくなっているのでフィルターが目詰まりしにくく、フィルターに付着したゴミをブラシでサッと落とすだけ。毎日掃除をしても月に一回の水洗いで十分、毎週行っていた面倒な水洗いから解放されるメリットは大きい。

 

.

2016年 おすすめのスティック型コードレス掃除機

2017年のおすすめ コードレス掃除機


このページでは家電メーカーや電動工具メーカーから販売されている「2016年のおすすめスティック型コードレス掃除機」を紹介しています。家電メーカーのハイエンドタイプは発売された当初は高額なので、予算重視で選びたい場合は、価格が安くなってきている去年発売されたモデルもおすすめです。2015年 おすすめのスティック型コードレス掃除機はこちらのページからどうぞ。

.

2016cordless_cleaner_stick_

家電メーカーのコードレス掃除機

本格的な掃除ができるスティック型コードレス掃除機が脚光を浴び始めたのは2013年。この年にダイソンがキャニスター掃除機の代わりになりうるレベルのDC62を発売したのがブームになるきっかけとなった。それまでは、ダイソンやエレクトロラックといった海外メーカーのコードレス掃除機が市場を独占していたが、2014年から遅れをとっていた国内の大手家電メーカーもコードレス掃除機に力を入れはじめ、毎年新しいモデルを発売してきた。その結果、現在では海外メーカーに匹敵する吸引力や、競合メーカーにない強みを兼ね備えており、完成形と呼びたくなるほど充実した特徴や独自性を持ったモデルが登場している。家電メーカーが販売しているハイエンドタイプのコードレス掃除機は価格が高価であるが、カーペットの集じん力が優れている回転ブラシ付きのモーターヘッドを搭載しているので、メイン機に代わるほど強い吸引力とダストピックアップ率(ゴミ除去率)を備えている。

2016cordless_cleaner_stick

電動工具メーカーのコードレス掃除機

電動工具メーカーのコードレス掃除機は、家電メーカーのハイエンドタイプに比べると価格が安く、吸引力もそこそこ強いので人気がある。大手家電メーカーと違い、毎年新しいモデルを発売しておらず、どのメーカーもヘッドや集じん構造が非常に似ているので、基本的に新規でバッテリーと充電器が付属されているセット品を購入する場合は、吸込仕事率が高いメーカーのモデルを選んだほうがよいだろう。電動工具メーカーは7.2V/10.8V/14.4V/18Vと、4種類のバッテリーを搭載したコードレス掃除機を販売しており、7.2V/10.8Vのモデルは体感重量が軽く、サブ機として最適であるが、業務用として使われる14.4V/18Vのモデルに比べると吸引力や連続使用時間が劣る。14.4V/18Vのモデルは、建築現場、観光施設、新幹線などでも使用されるほど吸引力が強いが、7.2V/10.8Vのモデルに比べると価格が高くなる。どちらも回転ブラシが付いていないノーマルヘッドが搭載されているので、フローリングのような平たい床面の掃除は得意であるが、カーペットの集じん力はモーターヘッドが搭載されている家電メーカーに比べると劣る。

.

(7.2V)電動工具メーカーのおすすめ

カプセル式なら、日立工機-R7DL

基本的に国内電動工具メーカーのスティック型コードレス掃除機は、回転ブラシが備わっていないノーマルヘッドが採用されており、同じ工場で作ったのではないかというほど外観もサイズも瓜二つになっている。従って、ヘッドの集じん力には差がないので、吸込仕事率が高いモデルを選ぼう。現在、7.2Vのカプセル式の製品で一番吸込仕事率が強いのは、2016年に日立工機から販売されている「R7DL」なので、吸引力重視で選びたい場合は「R7DL」がオススメ。(R7DLのレビュー記事

紙パック式のおすすめは無し

紙パック式を選びたい場合、充電時間(20分)が早いマキタの「CL072DS」がオススメなのだが、このモデルは2009年に発売されたモデルになので競合メーカーの製品と比べると吸引力が弱い。なので、予算をもう少し増やせる余裕があるのであれば、同社の10.8Vシリーズの「CL107FD」がオススメ。ちなみにマキタの「CL072DS」より、吸込仕事率が強い紙パック式の製品は、日立工機の「FR7D」とリョービの「BHC-720L」があるが、どちらも内蔵バッテリーが採用されているので充電時間が3時間と長い。

.

(10.8V)電動工具メーカーのおすすめ

カプセル式なら、日立工機-R10DAL

10.8Vクラスのカプセル式(フィルター)のスティック型コードレス掃除機と言えばマキタの製品が有名であるが、去年はライバル社である日立工機がR10DLを発売しマキタを猛追、さらに今年はR10DLの後継機種(R10DAL)を発売、このモデルは吸込仕事率が24Wと、マキタが今年発売した(CL106FD)より吸込仕事率が強くなっているので、吸引力重視であれば日立工機の(R10DAL)をおすすめする。フィルターを定期的に水洗いするのが面倒であれば、「マキタの高機能フィルター」を取り付けることをおすすめする。(R10DALのレビュー記事

紙パック式なら、マキタ-CL107FD

集じん方式が紙パック式のコードレス掃除機は、ゴミ捨てを簡単かつ衛生的に捨てられるメリットがあるものの、電圧が10.8Vの吸引力だと、ゴミが満タンになる前に吸引力が著しく低下するので、これまで10.8Vの紙パック式コードレス掃除機は、当サイトではあまりオススメしていなかった。しかし、2016年にマキタから発売されたCL107FDは、吸込仕事率が32Wと同クラスの製品の中で群を抜いて吸引力が強くなっているので自信を持っておすすめする。私自身もこれまで部屋の掃除には同社のCL100DWを愛用していたが、CL107FDの吸引力に驚きバトンタッチしたくらいである。(CL107FDのレビュー記事

.

(14.4V)電動工具メーカーのおすすめ

カプセル式なら、日立工機-R14DSAL

電動工具メーカーは、家電メーカーのように毎年新しいモデルを発売するわけではないので、現行機種で一番吸込仕事率の強いメーカーを選んだほうがよい。また、どのメーカーもモーターとバッテリーを配置している場所が同じなので、同じ電圧/容量のバッテリーを装着した場合、体感重量に大きな差はないと考えてもよいだろう。現在、集じん方式がカプセル式のモデルで吸込仕事率一番強いのは、日立工機が2014年に発売した「R14DSAL」である。吸込仕事率は35Wとライバル社マキタの14.4Vの現行機種より10Wも強くなっているので強力だ。標準付属されているフィルターは目詰まりしやすく、毎日掃除をする場合、頻繁に水洗いを行わなければいけないので、フィルターの水洗いが億劫だと感じる方は、目詰まりしたフィルターをブラシで解消できるマキタの高機能フィルターを取り付けることをおすすめする。(R14DSALのレビュー記事

紙パック式のおすすめは無し

現在、大手電動工具メーカーで紙パック式のコードレス掃除機を販売しているのは、マキタとリョービだけである。現行機種で吸込仕事率が強いのは、リョービが2015年に発売したBHC-1410(吸込仕事率25W)であるが、標準付属されているバッテリーの容量が1.5Ahなので、リョービのBHC-1410を購入するのであれば、稼働時間が約2倍もあるマキタのCL142FDRFW(吸込仕事率25W)のほうが個人的におすすめである。また、消耗品である紙パックやバッテリーの価格が安いという利点もある。

14.4Vにオススメがない理由は、2016年にマキタが発売した10.8VのCL107FDの吸込仕事率が32Wと、14.4V/18Vシリーズのモデルに匹敵するほどの吸引力を持っているからである。なのでサブ機として使うなら、軽くてそこそこ吸引力が強い「CL107FD」のほうが個人的におすすめである。ただし、14.4V~18Vシリーズの業務用モデルに比べると、強モードの連続運転時間が短くなるので、稼働時間を重視する場合はCL142FDRFWを選びたい。CL107FDの稼働時間を延ばしたいのであれば、予備バッテリー(BL1015)を用意しておきたい。

.

(18V-紙パック式)電動工具メーカーのおすすめ

カプセル式なら、日立工機-R18DSAL

18Vの業務用コードレス掃除機(カプセル式)といえばマキタのCL180FDRFWが有名であるが、「CL180FDRFW」は2010年に発売されたモデルなので、競合メーカーと比べると老朽化しつつ戦力にならないレベルとなっているのが現状。マキタのライバル社である日立工機が2014年に発売した「R18DSAL」は、吸込仕事率が40Wもあり、電動工具メーカーのカプセル式の製品の中で一番強い吸引力を備えているので吸引力重視ならおすすめだ。ただし、フィルターが目詰まりしやすく、毎日使用した場合、頻繁に水洗いをしなければいけないので、水洗いが面倒と感じる人は、マキタの高機能フィルターを取り付けて使用することをおすすめする。(R18DSALのレビュー記事

紙パック式なら、リョービ-BHC-1800

これまで国内の電動工具メーカーの18Vクラスだと紙パック式のモデルはマキタしか販売されていなかったので、マキタの「CL182FDRFW」しか選択肢がなかった。しかし、2015年にリョービが発売した「BHC-1800」は、マキタの「CL182FDRFW」より吸込仕事率が2倍も強くなっている。さらに、ダストケース内にゴミを集じんできる「サイクロンユニット」も付属されているので、吸引力を低下させずにゴミを回収することも可能だ。ただし、パワーが強すぎて、音がどの製品よりも五月蝿くなっている短所もあるので大きな音が響く集合住宅での使用はおすすめしない。(運転音比較動画)ちなみに、2016年にはマキタは「CL107FD」という紙パック式のモデルを発売している。このモデルは10.8Vにもかかわらず、18Vの「CL182FDRFW(2010年発売)」より吸引力が強くなっているので、近いうちにマキタの14.4Vや18Vシリーズから新しいモデルが発売される可能性があるかもしれない。(BHC-1800のレビュー記事

.

ダイソン V8シリーズ

▽こんな方におすすめ
・ゴミを大量吸引しても吸引力が低下しにくいものを探している
・フィルター式でゴミ捨てが簡単なものを探している
・目詰まりによるフィルターのお手入れを頻繁にしたくない
・髪の毛やペットの毛が絡まらないものを探している(Fluffyのみ)

ダイソンといえば吸引力が1番強いイメージがあるが、今では国内のメーカーもスティック型コードレス掃除機も強化され、ダイソン並みに強い吸引力や、ダイソンの弱点を克服する個性的な製品も多く登場している。しかし、微細なゴミを大量に吸引しても、最も吸引力が低下しにくい製品は、今も昔も2重構造のサイクロンシステムを搭載しているダイソンである。2016年に発売されたV8シリーズのラインナップは従来モデルより吸引力がアップし、フロアの掃除で使用する標準モードの連続使用時間も約30分に延長されているのでおすすめ。さらに、これまでのモデルになかった画期的なゴミ捨て機構が搭載されており、シュラウドに絡みついたゴミをこそぎ落とすスクレイパーが配置されているので、従来のモデルよりゴミ捨てやクリアビン(ダストカップ)内のお手入れが簡単になっている。(ダイソンはラインナップが多く、初めての人は各モデルの違いが分かりづらいと思うのでダイソンV8のレビュー記事をごらんください)。

.

東芝 トルネオVコードレス

▽こんな方におすすめ
・国内メーカーで吸引力が低下しにくいものを探している
・高価格帯のハンディタイプで軽いものを探している
・ハンディタイプで手首に負担がかからないものを探している
・ゴミセンサーが搭載されたものを探している
・ブロワー機能(吹き飛ばし)が搭載されたものを探している

去年、ハイエンドタイプの中で「軽さ」と「使い勝手がいい」と定評があった東芝のトルネオVコードレス。今年の新モデルも軽量で強度のある素材(グラスファイバー)が採用されているので、重さが2kg以下とハイエンドタイプの中では軽い部類となっている。さらに、バッテリー、モーター、サイクロン部の位置を調整し、ハンドルを持ったときのバランスを最適化しているため、体感重量は従来モデルより軽くなっている。

ハンディタイプのコードレス掃除機で、軽い力でヘッドを前後に動かすしやすいモデルは「パナソニックのiT」や「シャープのFREED」などがあるが、東芝のトルネオVコードレスVは掃除をしている際の体感重量が軽いだけでなく、質量も1.9kgと超軽量級なので、大手家電メーカーのハイエンドモデルの中でヘッドを上げ下げする動作では二番目に軽く感じた。掃除機本体の質量は従来モデルも同じなので、予算重視であれば従来モデルの「VC-CL200」「VC-CL1200」もおすすめだ。

集じん方式はサイクロン式となっており、ダイソンと同じ2重構造のサイクロンシステムは引き続き搭載されているので、和製サイクロンの中でも最も吸引力が低下しにくいコードレス掃除機となっている。2016年に発売されたトルネオVコードレスは従来モデルになかった新しい機能も採用されており、本体にアタッチメンとを装着することにより、強い風を吹き出すことができる「エアブロー機能」を搭載している。棚や埃をかぶった対象物にあてることにより、ハタキを使わずに埃や隙間にたまった埃を吹き飛ばせるので、さらに幅広い掃除が可能となっている。(VC-CL1300のレビュー記事

.

パナソニック IT

▽こんな方におすすめ
・壁際や狭い場所の掃除が得意なものを探している
・ハンディタイプで手首に負担がかからないものを探している
・ゴミセンサーが搭載されたものを探している
・掃除機本体を省スペースでも収納できるものを探している

手首に負担のかかりにくいコードレス掃除機を探している場合、掃除機の本体重量を比較して選ぶと痛い目を見る。現にマキタや日立工機などの業務用コードレス掃除機(14.4V/18V)は重さが1.5kg前後と、家電メーカーのハイエンドタイプに比べると非常に軽くなっている。しかし、重たい大容量バッテリーがハンドル下に配置されているため、手首にダイレクトに重さが伝わってくるので、男性の人でも5分も掃除をしていると手首がだるくなってくる。

一方、パナソニックITのようにハンドルとヘッドを結ぶ中心軸上に重たいモーター、バッテリー、集じん部分をバランスよく配置している製品は、質量は軽い製品に比べると重たいかもしれないが、掃除をしている際の体感重量は非常に軽く長時間掃除をしていても手首に負担がかかりにくい。力のない人で手首に負担をかけたくない人は、パナソニックのITや東芝のトルネオVコードレス(2015~2016年モデル)がおすすめだ。この2機種を店頭で持ってヘッドをストロークさせて重たいと感じるのであれば、電動工具メーカーやアイリスオーヤマ、プラスマイナスゼロのような7.2V~10.8Vのローエンドタイプしか選択肢がない。

ITは他メーカーのモーターヘッドとは違う個性的な特徴を持っており、手首をひねることにより、ヘッドをT字型からI字型に変形することができるので、ノズルを交換しなくても狭い場所の掃除ができる利点がある。さらに、ヘッドの前面が壁に当たると、普段は閉じているシャッター部が開き、回転ブラシで壁際に溜まりやすい埃を逃さず集じんしてくれる「ガバとり」構造を搭載しているので、どのメーカーより壁際の掃除が得意な強みも持っている。ハンドルのパネル操作により、回転ブラシを止めることもでできるので、抜け毛の多いペットやロングヘアーの家族がいる家庭で使用すると、面倒なヘッドのお手入れから開放されるだろう。
iTのビュー記事

.

シャープ FREED

▽こんな方におすすめ
・手首に負担のかかりにくいものを探している
・充電時間が早いものを探している(約80分)
・バッテリーの交換費用が安いものを探している
・予備バッテリーを使用できるものを探している
・フィルターのお手入れが簡単に行えるものを探している
・ゴミセンサーが搭載されたものを探している
・ハンディタイプで自立するものを探している

シャープのFREEDは去年のモデルから、手に力をかけずにスイスイ掃除ができる自走式のモーターヘッドが採用されている。シャープの他に日立アプライアンスの製品も自走式のモーターヘッドを搭載しているが、個人的にエルゴラピードのように、重心を下に置き、ヘッドのタイヤを大きくしたタイプのヘッドのほうが、手に力をかけずに前後にストロークさせやすかった。また、FREEDは2005年から軽量化と重心バランスの最適化を追求した「マジックバランス」を採用しており、掃除をかけている際は手首に負担がかかりにくいが、手首にかかる体感重量は東芝のトルネオVコードレスやパナソニックのITのほうが軽く感じた。

なぜおすすめなのかというと、1つ目は電動工具メーカーと同じように充電方法は「セパレートチャージ式」を採用していることである。一般的に家電メーカーのハイエンドタイプのコードレス掃除機はバッテリーをフル充電するのに4~5時間かかる。一方、FREEDは本体からバッテリーをワンタッチで取り外して充電器で充電するので、約80分という短い時間でフル充電することが可能なのだ。さらに単品されているバッテリーを追加で購入することにより、予備バッテリーとして使えるので稼働時間を2倍に延長させることも可能だ。バッテリーに寿命がきた際も自分で簡単に交換でき、他の家電メーカーと比べるとバッテリーが安いのも嬉しいポイント。ちなみに、2016年の上位モデル「EC-SX520」には、バッテリーが標準で2個付属されている。また、去年のモデル「EC-SX210」「EC-SX310」のバッテリーと互換性もある。

2つ目におすすめするポイントは「ダストカップセット」である。ダイソン以外のコードレス掃除機はフィルターが目詰まりしやすい構造になっているので、定期的に目詰まりしたフィルターのお手入れをしなければいけない。フィルターのお手入れをする際に埃が舞い上がったり、水洗いしないといけないので人によっては面倒な作業と感じる人も多い。一方、FREEDはフィルターがダストカップに組みつけられているが、フィルターの上にあるつまみを回すことで、ダストカップとフィルターを分解せずに、フィルターに付着した埃や塵を振動でダストカップ内に落とすことができるので、定期的に行うフィルターのお手入れが面倒な方にかなりおすすめだ。また、ダストカップは口がコップのように小さいので埃を舞い上がらせずに捨てられる利点もあり衛生的。
2016年FREEDのレビュー記事

.

シャープ RACTIVE Air(ラクティブ エア)

▽こんな方におすすめ
・高価格帯のハンディタイプで一番軽いものを探している
・手首に負担のかかりにくいものを探している
・充電時間が早いものを探している(約80分)
・バッテリーの交換費用が安いものを探している
・予備バッテリーを使用できるものを探している

シャープが今年の12月に発売した「RACTIVE Air(ラクティブ エア)EC-A1R」の最大の特長は「軽さ」。本体に延長管とヘッドを装着した状態の重さは、当サイトで軽い操作性で一押ししていた東芝のトルネオVコードレス(1.9kg)よりもさらに軽い1.5kg。1.5kgという重さは、今年発売された高価格帯のハイエンドタイプの製品の中で一番軽量となっている。さらに、ヘッドと延長管を外した本体のみの重さは1.04kgなので、ヘッドを床につけて掃除している状態だとマキタの業務用クリーナーより体感重量は軽い。

充電方法は上で紹介したFREEDと同じセパレートチャージ式が採用されているので、本体を好きな場所に収納して、着脱式のバッテリーを充電器で急速充電(約80分)することができる。また、FREEDと同じバッテリー(BY-5SB)が搭載されているので、単品販売されているバッテリーを購入すれば、連続使用時間を2倍に延ばせる予備バッテリーとして使うことも可能。バッテリー(BY-5SB)は、大手家電メーカーの中では一番安く販売されているので、バッテリー交換も経済的に行える。
EC-A1Rのレビュー記事

 

.

エレクトロラックスのエルゴラピード

▽こんな方におすすめ
・手首に負担のかかりにくいものを探している(体感重量500g)
・デザイン性が高いものを探している
・自立するものを探している
・自立させながら充電が行える充電スタンド付を探している
・ヘッドに絡みついた髪の毛を簡単に除去できるものを捜している

スティック型コードレス掃除機には、ダイソンのように重心が上にあるハンディタイプだけでなく、重心が下にあるスタンドタイプも販売されている。スタンドタイプの特長は、ハンディタイプより重心が床下近くにある分、掃除機をかけてる際、手首にかかる負担が大幅に軽減されることと、スタンドや壁を利用せずに本体を自立させることだ。エルゴラピードの場合、体感重量が500gとほとんど本体の重さを感じないので、掃除機に費やす時間が長くなる広い部屋の掃除に適している。(ただし、質量が重たいので、掃除機を持ち上げる動作が多い用途では手が疲れる)

日立アプライアンスもエルゴラピードと同じスタンドタイプを採用しているが、上位モデルを比較すると、使い勝手や価格の面ではエルゴラピードのほうが優位である。また、ハンディ掃除機として使用する場合、日立の「PV-BD400」や「PV-BD700」は、ハンドルを縮めて使わなければいけないので、掃除機の重さを軽くすることができず、手首に負担がかかりやすい。一方、エルゴラピードは、ハンディ掃除機として使う場合、ハンドユニットを本体から取り外して使うので、子供やお年寄りまで軽々と持てる重さとなっている。

ハンドユニットがワンタッチで取り外せるのもエルゴラピードの特長。例えば、日立アプライアンスや東芝の製品は、バッテリーに寿命がきた場合、バッテリーが単品で販売されていないので、販売店やサービスセンターに掃除機を持っていき交換を依頼する必要がある。そのため、バッテリー交換費用はバッテリー代だけでなく工賃もかかるので経済的ではない。また、バッテリー交換するために本体を預けてるあいだ掃除をすることができない短所もある。しかし、エルゴラピードはバッテリーが内臓されているハンドユニットが単品で販売されているので、ハンドユニットをネット等で注文することで、簡単に自分でバッテリー交換を行える。ハンドユニットを丸ごと交換するので、バッテリーだけでなく、モーターやダストカップも新品になるのもうれしい。

今年のエルゴラピードは6種類のモデルがラインアップされているので購入する際は注意が必要だ。わたしがおすすめするのは、フロアから卓上、寝具、自動車内の掃除まで幅広く使えるノズルが標準付属されている「ZB3233B」「ZB3234B」である。双方の違いは本体カラーが違うのみ。どちらも18Vのバッテリーを搭載しているので、今年ラインアップされているエルゴラピードの中で一番吸引力が強い。「ZB3105AK」「ZB3106AK」のバッテリーの電圧は14.4V、「ZB3101」「ZB3103」のバッテリーの電圧は10.8Vと、おすすめしているモデルより電圧が低いので吸引力が劣ってしまう。また、「ZB3233B」「ZB3234B」にだけUVライトと回転ブラシを搭載した、本格的な寝具の掃除ができる布団ヘッドが付属されているのも魅力となっている。

.

AnkerのHomeVac Duo

▽こんな方におすすめ
・価格が安価でモーターヘッドを搭載したモデルを探している
・デザイン性が高いものを探している

予算重視なら1万円台のHomeVac Duo

スティック型コードレス掃除機が人気となったのは、ダイソンがキャニスター掃除機の代わりになりうるDC62を発売した2013年。翌年(2014)から国内の大手家電メーカーもスティック型コードレス掃除機に力を入れ始め、現在ではダイソン並みの強い吸引力や、ダイソンにない特長を持っている製品が登場している。しかし、毎年発売価格も上がってきており、現在ではキャニスター掃除機より高額になっており、なかなかハイエンドタイプの製品に手が伸ばしにくいユーザーも多いのではないだろうか。

今年からコードレス掃除機の市場に乱入してきたAnkerは、21.6Vの高電圧バッテリーと、回転ブラシを搭載したモーターヘッドを搭載しているにもかかわらず1万円台とかなり群を抜いて低価格なので、予算重視の人におすすめである。AnkerはGoogle出身者である数名の若手によって設立された企業であり、モバイルバッテリーや周辺機器の販売や製造を手掛けており、アマゾンや楽天市場などでもベストセラーに入っているので、ネットで頻繁に通販をする人なら馴染みのあるメーカーではないだろうか。

2016年から家電分野に参入したため、現在販売されているモデルは、同年の6月に発売された「HomeVac Duo」のみ。エレクトロラックス社のエルゴラピードと同じ重心が床下近くにある「スタンドタイプ」を採用している。価格は1万円台と低価格なのにも関わらず、家電メーカーのハイエンドタイプと同じ高電圧バッテリー(21.6V)を搭載、さらにモーター駆動の回転ブラシが備わっているモーターヘッドを標準装備しているので、フローリングだけでなく、カーペットに絡みついた髪の毛や、奥深くに入り込んだ取りにくい埃や塵も集じんすることができる。

2in1スタイルなので、ハンドユニットを本体から取り外しハンディ掃除機として使用可能だ。ハンドユニットに装着できる隙間ノズルやブラシノズルも付属されているので、サッシのような狭い箇所やキーボードのような入り組んだ場所の掃除もできる。また充電スタンドも付属されているので、使いたいときにサッと取り出すこともできる。ただし、エルゴラピードのようにハンドユニットを単品で販売していないので、バッテリーの寿命がきた場合、本体まるごと買い換えなければいけない。とはいっても実勢価格は12,000円なので、すべて新品になることを考えればリーズナブルである。
HomeVac Duoのレビュー記事

ジャパネットたかたで販売されているダイソン「SV07 WH ENT SV」の特徴

ジャパネットたかたの「SV07 WH ENT SV」の疑問

ダイソン コードレススティッククリーナー SV07 シルバー SV07 WH ENT SV

ジャパネットのダイソンは最新モデル(上位クラス)は本当?

ポイント●2015年に発売されたV6をベースにしたオリジナル品
●ダイソンの歴代モデルでは4コ前の型落ち
●ジャパネットオリジナルモデルの中では最新

現在(2018/9/29~10/19)、ジャパネットたかたがセールを行っているダイソンのコードレスクリーナーはSV07(WH ENT SV)というモデルである。このモデルの生産国と発売日を調べてみるとマレーシア産で2018/3/5と記載されている。同年の3/21にもSV07 (WH ENT FU)という色違いのモデルのセールを行っており、その時も2018年モデル(上位クラス)と記載して販売していたようだ。

ダイソンの歴代モデルを使ってきた人ならすぐに分かると思うが、このSV07から始まるモデルは2015年5月にダイソンから発売されたV6の本体がベースとなったオリジナルモデルである。現在、ダイソンのフラッグシップ機は2018年に発売されたV10。そして、去年までのフラッグシップ機はV8なので、ダイソンがラインアップしたモデルと比較するとミドルクラスのV7より劣っているモデルと言える。

しかし近年、ジャパネットたかたが発売しているオリジナルモデルを調べてみると、DC45→DC62→V6の本体をベースにした製品を通信販売しているようなので、ジャパネットオリジナルとしてラインアップされた中では最新モデル(上位クラス)と謳っているのであれば間違いではない。ただし、前述したようにダイソンの歴代モデルの中だと、2015年に発売された4個前のモデルである。

.
税抜き 29,800円
税込み 32,184円
送料 972円
合計 33,156円

ジャパネットのダイソンは本当に安いのか?

じゃパネッタたかたの広告に掲載されているSV07(WH ENT SV)の価格は29,800円だが、これは送料と税金が含まれていない金額なので、消費税と送料をプラスすると合計金額は(33,156円)となる。この価格をベースとなっている「Dyson V6 Motorhead」と比較すると、33,156円では購入できないので安いと言えるだろう。

あとで「フトンツール」などの専用ツールが欲しくなっても、アマゾンで販売されてV6に対応した「並行輸入品のアクセサリ」を注文できるので安心だ。床以外の掃除ができる便利な専用ツール一覧は「ダイソンのアタッチメントの種類一覧」のページからどうぞ。

ダイソン SV07 WH ENT SV(スタンド付き)

なお、ダイソンを立てかけて充電+収納ができるスタンド付きだと41,774円(税・送料込)になってしまうので、V6に対応したダイソン専用スタンドをアマゾンや楽天市場で注文したほうが経済的だ。壁に穴を開けられない環境で収納用ブラケットを壁に固定できない場合は、予算に応じた「ダイソン専用スタンド」を選ぶとよいだろう。

 

.
モデル名 重量 吸込仕事率 連続使用時間 充電時間
V6-SV07
ジャパネット
2.16kg 通常:28W
MAX:100W
通常:17分
MAX:6分
3.5時間
V7
2017年
2.47kg 通常:21W
MAX:100W
通常:20分
MAX:6分
3.5時間
V10
2016年
2.61kg 通常:28W
MAX:115W
通常:30分
MAX:7分
5.0時間
V10
2018年
2.58kg 通常:28W
MAX:130W
通常:20分
MAX:8分
3.5時間

SV07 WH ENT SVの性能はどうなの?

こんな人におすすめ●軽いモデルを探してる
●予算重視のモデルを探してる
●排気が綺麗なモデルを探してる
●掃除機がけに費やす時間が17分以下

ジャパネットで販売されているSV07はV6の本体と同じなので、吸引力や駆動時間と言った基礎的なスペックはV6Motor headと同等である。当サイトの「ダイソン おすすめランキング」ではV6は、軽さや予算を重視している人におすすめしている。V6から空気清浄機にも採用されているHEPAフィルターと同等の「ポストモーターフィルター」を搭載しているので、DC74以前のモデルより排気性能が向上しており、ぎりぎりおすすめできる型落ちモデルとなる。

しかし、比較的新しいモデル(V7/V8/V10)と比較するとバッテリーの容量がグッと減るので、スタミナが弱い欠点が存在する。床の掃除で使用する[標準モード]の使用時間は20分だが、床用のモーターヘッドを装着した使用時間は17分。掃除機に費やす時間が17分以上を超える場合は、そろそろバッテリーが切れるかなと焦りながら掃除をしないといけなくなる。V6では3LDK以上の部屋になると一回の充電で家中丸ごと掃除をするのは難しいことを頭に入れておこう。

その他に、V6以前のモデルはダストカップのふたをワンタッチで開いてゴミを落とす仕様だったが、比較的新しいモデル(V7/V8/V10)はレバーで引き上げてゴミをスクレイパーでこそぎ落としながら捨てる「新ゴミ捨て機構」が採用されている。レバーを引き上げるという半手動の操作が加わったが、これまでダストカップ内で詰まってでてこなかったゴミもストレスフリーで捨てることができ、不満を解消している。V6以前のモデルはゴミが詰まりやすいので、こまめにゴミ捨てを行う癖をつけよう。

ジャパネットたかた(SV07 カーボンファイバーブラシ搭載ワイドモーターヘッド)

公式モデルとの大きな違いはモーターヘッドの幅

基本的にジャパネットオリジナルのモデルは、床用ヘッドの幅が公式で販売されているダイソンの「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」より少し広くなっているようだ。ダイソンから販売されているDC62とV6に採用されている「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」の幅を測ってみると(約21cm)。一方の、ジャパネットオリジナルに標準装備されているワイドモーターヘッドの幅は(約25cm)と幅広い仕様になっている。狭い場所や机や椅子のような家具下の掃除はコンパクトなヘッドのほうが取り回しやすいが、広い部屋のフロアを掃除する場合は、ジャパネットモデルに搭載されているワイドモーターヘッドのほうが効率がよいだろう。

.

SV07 WH ENT SVの口コミやレビューの調べ方

ジャパネットたかたの公式ページで(SV07 WH ENT SV)のレビューを書き込むことはできないので、気になる吸引力、重さ、使い勝手などの感想は、アマゾン、楽天市場、価格comで見られる「V6 Motorheadのレビュー」を参考にすると良いだろう。その他に、本体の吸引力とモーターヘッドのダストピックアップ率(ゴミの除去率)だけを参考にしたい場合は、吸込仕事率と搭載されているモーターヘッドの種類が同じ「DC62 Motorheadのレビュー」も参考になるだろう。

.
.

マキタ・日立工機・BOSCHのバッテリーからスマホ充電ができるUSBアダプター

マキタや日立工機のバッテリーでスマホの充電ができるUSBアダプターの種類
(2015年記事-リライト)
この記事の続きを読む

電動工具や掃除機は大容量バッテリーを付けたほうがパワーが強くなるの?

マキタ、日立工機のリチウムイオンバッテリー 満充電時の電圧(電圧降下の影響)

差出人: p
題名: 大容量バッテリを使ったほうがクリーナの吸引力が強くなりますか?

メッセージ本文:
問い合わせ内容 :
makitaやhitachi-kokiの電動工具に使われてるスライド式リチウムイオンバッテリは容量が多いタイプのほうがパワーが強く感じます。どうして容量が多いバッテリは電圧が高くなっているのですか?バッテリーの交換を検討してますがクリーナや電動工具に少しでも強いパワーを求める場合は大容量のバッテリを使ったほうがよいのでしょうか?

このメールは 別サイト (DIY工具紹介部) のお問い合わせフォームから送信されました

この記事の続きを読む

日立工機やマキタのコードレス掃除機に取り付けられる布フィルターとHEPAフィルターのレビュー

日立工機[布フィルター][HEPAフィルター]レビュー

HEPA・布フィルターを取り付けて得られる3つのメリット
●[HEPAフィルター]は綺麗な空気を排気する
●[布フィルター]は目詰まりしにくい+お手入れがしやすい
●マキタのカプセル式モデルにも装着できる
▽HEPA・布フィルターを取り付けて生じる3つのデメリット
●吸引力が体感で3~4割低下する
●[布フィルター]より[高機能フィルター]のほうがお手入れが楽
●吸引力が弱い7.2V~10.8Vシリーズの取り付けは無謀
▽買うまえに知っておきたい5つのポイント
●[HEPAフィルター]と[布フィルター]はセットで使用するもの
●[布フィルター]より[高機能フィルター(マキタ製)]のほうがお手入れが楽
●7.2V~10.8Vシリーズには無謀
●マキタのカプセル式モデルにも装着できる
●排気口のフィルターを外すと吸引力がアップする

この記事の続きを読む

電動工具メーカーのコードレス掃除機のヘッドのゴムベラを外したら滑りがよくなるまき

汗をかくとTシャツやタオルが臭くなる原因と対策方法

汗をかくとシャツやタオルが臭くなる原因

臭いの原因は汗ではなく衣類に潜んでいる菌だった

どういうわけか気温が暑くなってくると、自分は体を無性に動かしたくなってくる。気温が寒くて日照不足の冬場に鬱の気が増すデーターがあるがあれは本当なのだろう。

もともと、体を動かして汗をかくことが好きな人間なので、夏場は冬場より筋トレの頻度が圧倒的に高くなる。お風呂も年中のぼせるほど熱い湯に浸かっているほどだ。

最近、筋トレ後に気づいたのだが、汗をかいた状態でシャツを着替えずにそのままにしていると、不快な臭いを発するTシャツと、無臭のTシャツが存在することに気がついた。

つまり、人間の汗や皮脂には臭いはなく、シャツに不快な臭いを発する原因が隠れてるということだ。

そこでネットであらゆる臭いの原因を調べてみると、不快な臭いの発生=菌が繁殖した状態ということが分かった。汗をかいて服が湿ったときに菌が増殖して汗を分解がはじまり臭いを発しているのだ。

私は朝と夜に入浴するくらいのお風呂好きなうえ、一度着用した衣類は自分で洗濯している。それなのに湿った衣類を放置したときに臭いがするということは、洗剤や熱湯でも死なないバチルス菌並の生命力がある菌が衣類にも潜んでいるということだ。

この記事の続きを読む

外資に買収されて会社名が変わる日立工機(HiKOKI)の電動工具やコードレス掃除機を買っても大丈夫なの?

日立工機 買収(電動工具・コードレス掃除機)買わないほうがいいの?

差出人: S様
題名: 日立工機の製品は買わないほうがいいんでしょうか?

メッセージ本文:
日立工機が買収されて会社名が変わるという噂を聞きました。
日立のコードレス掃除機や新しい電動工具を買おうと検討中ですが、日立工機が買収されることで今後どうなるのでしょうか?
日立のインパクトドライバーとバッテリーや充電器を持っていますが、マキタに買いかえた買い換えるほうが得策なんでしょうか?

このメールは 別サイトのお問い合わせフォームから送信されました

日立工機をKKRに売却した理由(買収)

インフラやITに特化するため舵を切った親会社(日立製作所)

電動工具メーカーの「日立工機」は、国内シェア第2位・世界シェア第7位(2017年調べ)とプロやDIYユーザーからも人気の高いブランドです。2016年、日立工機の親会社(日立製作所)は、中核事業と位置づける社会インフラや情報技術のITに経営資源を集約するため、今後、グループ内で業務面および財務面でシナジー効果が見込めそうにない日立工機を売却検討する発表を行いました

2017年、経営が順調で将来性が見込める日立工機を買収したのは、世界有数の資産運用会社であるであるKKR。その後、親会社がKKRが設立した「HKホールディングス」に移動し完全子会社化しました。そして、今年(2018年)の6月に社名が日立工機(株)から工機ホールディングス(株)変更され、さらに同年10月からブランド名が日立工機から「HiKOKI(ハイコーキ)」に変わる予定となっています。

.

AKB48グループに例えるとわかりやすい

週末にやっている「世界ふしぎ発見!」の番宣で、「この木なんの木~♪」からはじまる特徴的な歌詞の音楽が流れるCMがあります。誰もが一度は見たことがあるあのCMは、日立製作所を頂点とする日立グループのCMです。あの中でたくさんの企業名が下から上へとロールしていましたが、あれが日立グループの企業の一部です。日立グループはSONYに次いで国内で2番めに大きなグループで、その数は1000社を超えていたため、全ての小会社をCMの中に網羅することができないほどした。

現代ですごく大きなグループといえば、TVをつけると必ずメンバーの誰かでている「AKB48グループ」が有名だと思います。WIKIによると、AKB48以外に(SKE48・NMB48・HKT48・NGT48・STU48・JKT48・BNK48・TPE48・MNL48)などの姉妹グループが活動しており、2018年の時点で、AKB48グループには日本国内に385人、海外に214人、すべて合わせると599人のメンバーが所属しているそうです。変わった例えですが、この秋元康がプロデュースしたグループは肥大化した日立グループと少し似ています。

そんな歌ったり・踊ったりすることが好きなAKBグループのメンバーの中に、漫画をプロ並に描くことが得意なメンバーがいたとします。グループ全体で見たときに、彼女を自社で抱えていても大したマネジメントは期待できないうえ、自分で仕事を取ってこないとならないでしょう。それならば、漫画が得意な彼女を講談社や小学館のような会社に漫画家として所属させたほうが彼女の価値が高まるうえ、自社の雑誌で大々的に売り出せば人気が飛躍的に上がる可能性があります。

日立工機 売上

日立工機は今後もマキタを脅かすメーカー

日立工機の電動工具はマキタのようにブランド力の高いメーカーで、去年(2017年)の売上収益は1,787億円、純利益は40億円と右肩上がりの黒字企業です。親会社が黒字の子会社を売る場合、何か前向きな理由があるか、本業の業績が芳しくない場合がありますが、日立の場合は前者となります。日立は市場の変化に危機感を感じて、幅広い分野の事業から、ITとインフラ技術両方を持っている強みを活かし、システムやソリューションといったサービスを提供する方向に力を注ぎ始めています。

大手企業の日立工機に入社した社員の立場になって考えると、企業価値が高い状態でいきなり東証1部からの上場を廃止。さらに天下の日立グループからも外されたうえ、親会社が変わったということで衝撃的な出来事だったでしょう。また、「HITATI-日立工機」のブランドで慣れ親しんだユーザーにとっても、親会社が変わりブランド名が「HiKOKI(ハイコーキ)」に変わることで、寂しく感じたり・不安になっている人もいるのではないでしょうか。

強力なパートナー(KKR)傘下に入ったことにより、従来経営陣が出来なかった大胆な改革を行い価値があがることも

しかし、今後も日立工機は電動工具を開発&製造し販売を続けます。日立は最近、WEBでの修理受付サービスを開始、さらに電動工具やバッテリーの保証期間をマキタより長い2年間に延ばしました。さらには、電圧を18Vから36Vに切り替えられるバッテリー(マルチボルトシリーズ)や36Vに対応した電動工具の発売。また、コードレス掃除機の新モデルをだす頻度もマキタより高く、業務用モデルのパワーも圧倒的に強いです。マキタ信者の管理人ですが、今後もおすすめできる信頼度の高い電動工具メーカーです。

掃除機やルンバが動かしたり&吸い上げたりすることができないマット

掃除機やロボット掃除機(ルンバ)でズレない&剥がれないマット

▼「おくだけ吸着 タイルマット」4つのメリット
・掃除機のヘッドが動かしたり吸い上げなくなった
・ルンバがズラしたり巻き上げなくなった
・猫がめちゃくちゃに荒らさなくなった
・簡単に洗濯できるから衛生的になった

この記事の続きを読む