動画で使用しているものは(CL180FDRFW)

どのモデルがおすすめ?

切断/切削系の電動工具を使うと、辺りはあっという間に大鋸屑でいっぱいになります。
これを紙パック式のモデルで切り屑を吸引すると、あっという間に紙パックがいっぱいに。
ざっとホウキで掃きとっても、紙パック式は木粉を吸引すると急激に吸引力が落ちるので、建設現場やDIY作業で使用する場合は、吸引力が持続するカプセル集じん(フィルター)タイプのモデルがおすすめです。
マキタの14.4Vと18Vのクリーナーには、従来の(プレフィルター+フィルター)が廃止され、目詰まりしにくい高機能フィルターが採用されています。
この高機能は、今年の7月に購入したもので、これまで一度も水洗いしていません。
薄汚れていますが、未だに吸引力を保っています。
目詰まりしにくいので、7.2Vや10.8Vのカプセル集じんのクリーナーをお使いの場合は、高機能フィルターに取りかえたほうがよいと思います。