マキタから発売されたサイクロンアタッチメント(A-67169)の使用レビュー

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

マキタから発売されたサイクロンアタッチメント(A-67169)の使用レビュー

サイクロンでゴミを遠心分離するサイクロンアタッチメント(A-67169)

マキタのサイクロンアタッチメント(A-67169)使用レビュー

吸引力の変わらない掃除機「ダイソン」…いいえ「マキソン」に変身させよう!

・吸引力が落ちにくくなる
・本体側のゴミ捨てやフィルターお手入れの頻度が低減する
・ゴミ捨てが簡単に行える
・埃や塵を舞い上がらせずゴミが捨てられる
・消耗品(紙パック・フィルター)の交換頻度が低減する

2018年1月にマキタから充電式クリーナー用「サイクロンアタッチメント(A-67169)」が発売された。このアタッチメントをクリーナー本体の吸込口と延長パイプの間に取り付けて使用することにより、ダストカップや紙パックへのゴミの侵入が少なくなり、吸引力が低下しにくくなるのだ。その他にゴミ捨てが簡単かつ衛生的に行えるようになったり、クリーナー本体のゴミ捨て頻度を減らせるなどのメリットも存在する。

.

ゴミを遠心分離するから、強い吸引力を維持できる!

マキタのスティックコードレスクリーナーには「カプセル式」と「紙パック式」の2種類があり、どちらも本体にゴミが溜まってくるとフィルターが目詰まりをおこし、吸引力が低下するデメリットが存在した。そして、吸引力が低下するたびに「ゴミ捨て」や「フィルター手入れ」を行わければいけなかった。特にカプセル式や紙パック式でダストバッグを使用していた場合、埃が舞い上がるうえ、フィルターのお手入れを毎回行わなければいけないので、億劫だった人も多いのではないだろうか。

今回発売された「サイクロンアタッチメント」は、クリーナー本体と延長パイプのあいだに取り付けて使用する。最大のメリットは、床用ヘッドから吸い込んだゴミを青いダストケース内で遠心分離するため、本体のカプセル内や紙パック内への大小のゴミの侵入が少なくなり、吸引力が落ちにくくなることだ。あの面倒だったゴミ捨てやフィルターのお手入れの頻度が低減されるメリットは大きいと考える人も多いのではないだろうか。

木工粉じん(オガクズ)

マキタのスティッククリーナーは建設現場に出入りする業者にも愛用されている。建築現場で発生する厄介なゴミと言えば材料を加工した際にでる細かい切り屑だろう。なぜなら、すぐにフィルターを目詰まりさせるうえに、ゴミ捨て時に粉じんが舞い上がるからだ。このような微細なゴミもサイクロンアタッチメントによって遠心分離することができた。さらに、ゴミ捨て時に塵を舞い上がらない嬉しいメリットも。メーカーによると木工粉じんを90%分離できるという。(0:12

ペットの餌(カリカリ)

犬や猫などの代表的な餌といえばドライフード(カリカリ)だろう。ペットのドライフードは一般家庭の床に落ちているゴミの中では比較的嵩があり重たい部類。実はサイクロンアタッチメントを取り付けて使用すると風路が増えるため、本機の仕様より少し吸引力が低下するのだ。しかし、吸引力が低下した状態でもドライフードのような重たいゴミをなんなく吸引することができた。固形のゴミはほぼ100%遠心分離できるためダストカップの容量が許す限り吸引力は下がらない。(0:42

ペットの砂

私が毎日床で目にするゴミがペット用のトイレの砂。砂が飛び散りにくいトイレに変えても、足の指に挟まった猫砂が床に転がっているのだ。この散らばっている砂をいつもコードレス掃除機で吸引するのが日課だが、検証では紙パックがいっぱいになるほどの量を吸引させてみた。このような固形のゴミだとドライフードと同じ様にダストカップ内で100%遠心分離でき、吸引力が全く低下しないため、ダストケースの集じん容量が許す限り吸いあげることができた。(1:01

ペットの毛(犬・猫)

我が家には抜け毛の多い長毛種の猫がいるため、毎日、「床」「廊下」「階段」掃除をしなければいけない。「ペットの毛」「綿埃」「髪の毛」「糸くず」のような不定形なゴミもダストケース内で遠心分離することができた。うれしいことに、このような軽くて不定形なゴミはダストケース内の底でくるくる回転しているうちに団子状になるため、簡単にゴミ捨てが行えるようになった。(2:35

硬貨(500円玉)

上で紹介した色々ゴミを吸った後に、吸引力が低下していないか検証するため、掃除機の通販番組でおなじみの硬貨を吸引してみた。用意したのは500円玉、100円玉、10円玉、各10枚ずつ。本体のフィルターにゴミがあまり侵入していなかったので、重たい硬貨も吸い上げることができた。お金も本体のカプセルや紙パック内に侵入することはないので、ダストケース内の集じん容量が許す限りいくらでも吸い上げることができるだろう。(吸込口に硬貨が詰まるためヘッドを外して検証してます)(1:28
.

高機能フィルター

フィルターが目詰まりしにくくなるから、面倒な「ゴミ捨て」や「フィルターお手入れ」から解放される

フィルター式やサイクロン式の掃除機を販売しているほとんどのメーカーが「ゴミ捨てが簡単」と謳っているが、実際はゴミ捨て時のフィルターお手入れに手間がかかったり、鼻がムズムズするような粉じんが舞い上がることから、不満を漏らしていたユーザーも多いのではないだろうか?

マキタのカプセル式モデルも簡単にカプセル内のごみを捨てることができるものの、フィルターに付着した大量の粉じんをダスター刷毛で除去するのが手間だったりする。また、フィルターのお手入れ時に粉じんが舞い上がるため、不衛生でしかめっ面になるほど厄介な工程であった。

フィルターの目詰まり
上のフィルターは動画で色々なゴミを吸引+家中を掃除したあとのものだ。大鋸屑のような小さいゴミを吸引したのにもかかわらずフィルターは真っ白な状態であった。しかし、写真で改めてよく見ると微細な粉じんが少しフィルター表面に付着していた。

このことからサイクロンアタッチメントで完全に微細なゴミを分離できるわけではないものの、面倒だったフィルターのお手入れが低減されるのは間違いないだろう。定期的に行っている面倒かつ不衛生な本体ゴミ捨てが低減されるメリットは大きい。

.

埃の舞い上がり

ダストケースが細いから、「ホコリ」や「チリ」を舞い上がらせずにゴミ捨てが行える

ゴミが回収されるダストケースはワンタッチで取り外せるうえ、ジュースの缶のように細いので、埃を大量に舞い上がらせずにゴミ捨てを行うことができる利点も存在する。ダストケースは細長い形状なので、ゴミ箱の奥に入れながら捨てることによってゴミがドサッと落ちたときの埃の舞い上がりを軽減できるのだ。

本体側のゴミ捨ての場合、カプセルをあけた瞬間に埃が舞い上がり、さらにフィルターの汚れを除去するときも埃が舞い上がって不衛生であった。そのため、我が家では蓋付きの大きめのゴミ箱の中でゴミ捨てやメンテを行っていた。

.

紙パックとフィルタ

ゴミの侵入が少なくなるから、消耗品の交換頻度が低減され経済的

マキタの紙パック式モデルはカプセル式に比べると、簡単かつ衛生的にゴミ捨てが行えるメリットがあるため人気が高い。しかし、紙パックの集じん容量が少ないため、紙パックを買い足すランニングコストがかかるデメリットも存在する。また、カプセル式を使用しているユーザーの中にも、新しく登場した高機能フィルターを使わず、従来の目詰まりしやすい白いフィルターを使用している人もいるのではないだろうか。

サイクロンアタッチメントを取り付けて掃除をすると、本体側のダストカップ、紙パックにゴミが侵入しにくくなるため、吸引力が落ちにくくなったり、ごみ捨てやお手入れが楽になるだけでなく、これらの消耗品の交換頻度も低減されるメリットもあった。消耗品の交換頻度が減るため、毎日掃除をする人やすぐに目詰まりするゴミを吸引する用途に使用しているユーザーには経済的なアタッチメントとなることだろう。

.

サイクロンアタッチメント A-67169 ゴミ捨てライン

ゴミを捨てる目安

ゴミがたまるダストケースにはゴミ捨て目安となる「ゴミ捨てライン」がついている。ゴミ捨てラインより下は、すりガラスを通したように見えるので、中の汚いゴミが見えない配慮がされている。写真のダストケースの中には下に居るネズミとおなじものを入れている。

マニュアルではダストケースにたまったゴミがゴミ捨てラインまできたらゴミを捨ててくださいと記載されているが、微細なゴミがダストケースにたまっている場合、飛散した粉じんが本体側に侵入しやすくなるので、こまめにゴミ捨てを行ったほうがよいだろう。

ダストケースの集じん容量は400ml、カプセル式の集じん容量が600ml以上なので集じん容量は少し少なくなってしまうが、「吸引力が低下しにくい」「ゴミ捨て時の埃の舞い上がり軽減」「簡単にゴミ捨てが行える」のメリットを考えると妥協するような仕様ではないだろう。

.

マキタ サイクロンアタッチメント(A-67169)水洗い

簡単に分解して水洗いできるから衛生的

サイクロンアタッチメントは丸洗いすることができるので衛生的だ。サイクロンアタッチメントは3つのパーツで構成されており、ダストケースは上部にある2ヶ所のボタンを抑えながら外すことができ、メッシュフィルターはくるりと回すだけで簡単に取り外すことができた。

サイクロンアタッチメント A-67169 分解

アタッチメントの内部風路が一番汚れるので、水洗いするときはバケツの中に沈めてジャブジャブ洗うか、シャワーなどの強い水圧を利用して洗うとよいだろう。サイクロンといっても、ダイソンのように複雑な構造でなく、簡単な構造(単気筒)なので、水気をよく切って部屋に置いておけば一日で乾かすことができた。

.

リョービ サイクロンアダプター

他のメーカーにも流用できるの?

リョービからも同じ構造のサイクロンユニットが発売されたときに、「他の電動工具メーカーの製品に取り付けられないか」という複数のお問い合わせをいただいたので、マキタのサイクロンアタッチメントが各メーカーのスティックコードレス機に取り付けられるか調べてみた。ちなみに各メーカーの現行機種(~2018年)の本体吸込口や延長管の口径は電圧に関係なく全て同じです。

サイクロンアタッチメント(A-67169)対応機種

マキタに取り付けられた
当然だがマキタが発売した商品なので、同社が発売している現行機種のスティック機には全て取り付けられる。しかし、サイクロンアタッチメントを装着すると風路が増し吸引力が低下するため、メーカー発表によると吸込仕事率15W以下のモデルへの装着は推奨されていない。

サイクロンアタッチメント(A-67169)リョービに取り付け

リョービに取り付けられた
リョービも同じ構造のアタッチメント(サイクロンユニット)を販売しているが、リョービのモデルにもマキタのサイクロンアタッチメントを装着して使用することは可能であった。リョービとマキタのサイクロンユニットの違いはこちらのページからどうぞ。(マキタとリョービのサイクロンアタッチメントの違い

サイクロンアタッチメント(A-67169)ボッシュに取り付け

ボッシュに取り付けられた
ボッシュが販売しているスティックコードレス掃除機にも装着して使用することができた。ボッシュのモデルはフィルターのお手入れがかなり面倒なので、サイクロンアタッチメントを取り付けて掃除すると煩わしいメンテの頻度が劇的に減り快適に。

サイクロンアタッチメント(A-67169)日立工機に取り付け

日立工機はテープを巻かないと取り付けられない
日立工機のスティックコードレス掃除機だけ、他の電動工具メーカーに比べると吸込口の口径がわずかに広い。そのため、本体吸込口に差し込む部分にだけビニールテープを2巻ほど貼らなければ取り付けられなかった。テープは写真のように差し込まれる部分全てに貼りつけなければ、グラついて掃除の途中に抜け落ちることがあったので注意されたし。
.

マキタ サイクロンアタッチメント(A-67169)の欠点と短所

取り付けることで生じる5つの欠点

一見、非常に便利に見える新しく登場したサイクロンアタッチメントであるが、メリットだけでなくデメリットも存在する。購入する前に知っておきたい4つの短所を紹介しておきたい。

A-67169の対応機種

1つ目が、吸引力が低下することだ。サイクロンアタッチメントは空気を曲げる構造になっているだけでなく、ダストケースを装着した分だけ風路が増えるため吸引力が落ちるのだ。そのため、公式は吸込仕事率が15W以下の機種の取り付けは推奨していない。しかし、マキタユーザーなら分かると思うが、ゴミを大量に吸引するとすぐにフィルターが目詰まりして吸引力が低下するので、吸込仕事率が下っても吸引力が低下しにくいメリットは大きい。

マキタ サイクロンアタッチメント(A-67169)の重さ

2つ目が、クリーナー全体の重量が重たくなることだ。サイクロンアタッチメントの重量は350gなので、缶ジュース(350ml)の重さがプラスされると考えるとよいだろう。ちなみに、わたしの体感では、ハンドルとヘッドを結ぶ中心軸状の上にアタッチメントを固定したほうがわずかに軽く感じた。

サイクロンアタッチメント A-67169 伸びる長さ

3つ目が、サイクロンアタッチメントを付けた分、全長が伸びてしまうことだ。当サイトで測ってみたところ、アタッチメントを取り付けると約13cm伸びることがわかった。使いなれたスティック機が13cmも長くなったり、身長が低い人だと違和感を感じるのではないだろうか。

A-67169 家具下

4つ目が、サイクロンアタッチメントを装着すると本体を水平に傾けられなくなるため、家具下の隙間を奥まで掃除できなることだ。サイクロンアタッチメントを延長管の上に固定しても高さが約15cmになるため、この高さより家具と床のスペースが狭い場合は、奥まで掃除が出来ないと考えたほうがよいだろう。

サイクロンアタッチメント ハンディクリーナー

5つ目が、アタッチメントを取り付けてる状態だとハンディクリーナーとして使用することができないことだ。そのため、マキタのコードレスクリーナーでハンディ機メイン(机、棚、机のような卓上の掃除)として使用しているユーザーには、なんの役にも立たないアタッチメントとなる。
.

A-67169のまとめ

まとめ

・フィルターが目詰まりしにくくなるから、吸引力が低下しにくくなる
・ワンタッチで取り外せる細長いダストケースにゴミが回収されるから、ゴミ捨てが簡単になる
・ゴミ箱に入れながらゴミ捨てが行えるから、粉じんが舞い上がりにくい
・本体へのゴミの侵入が少なくなるから、紙パックの購入頻度が減る

マキタの「サイクロアタッチメント(A-67169)」をスティック型コードレス掃除機に装着すると、吸い込んだ空気とゴミをダストケース内で遠心分離するため、本体側へのゴミの侵入が劇的に少なくなる。そのため、上記のようなメリットがあった。コードレス掃除機をフロア(床)メインで掃除をしていて、すぐに目詰まりするようなゴミを普段吸引しているユーザーにはおすすめのアタッチメントだ。何か分からないことなどがあれば「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

.

マキタの性能比較表はこちら