題名: ダイソンv6コンビネーションノズルについて

メッセージ本文:
ダイソンv6トリガーの「コンビネーションノズル」は「延長ホース」とは違うのですか?

v6parts_01

立ちながら床の掃除ができる「延長管」と「モーターヘッド」

上の写真に写っているものが「延長管(ロングパイプ)」と「モーターヘッド」です。ハンディクリーナーに装着することにより、立ちながら効率よくフロア(床)の掃除が行えます。

v6trigger_コンビネーションノズル

使用頻度が一番高い「コンビネーションノズル」

上が「コンビネーションノズル」です。家具や家電の表面に付着した埃、キーボードや家電のフィルターのような入り組んだ場所の掃除に最適です。(ダイソン-アクセサリ一覧のまとめ

v6trigger_延長ホース

伸びーる「延長ホース」

上が「延長ホース」です。先端に各ノズルを装着することが出来るので、本体がつっかえてしまうような棚や車内のような狭い場所の掃除に最適です。(ダイソン-アクセサリ一覧のまとめ

.

お問い合わせ有難うございます。
V6トリガーには、標準の専用ツール「コンビネーションノズル」「スキマノズル」「ミニモーターヘッド」の3点しか付属されていないので、「延長ホース」や「フトンツール」は同梱されていません。

V6シリーズのハンディクリーナーで、「延長ホース」や「フトンツール」も同梱されているモデルは、「V6 Mattress」と「V6 Triggerpro」となります。

 

ハンディクリーナーに延長管(ロングパイプ)を取り付ける方法

また、「V6 Mattress」「V6 Trigger」「V6 Triggerpro」はハンディクリーナーなので、「延長管(ロングパイプ)」と「モーターヘッド」が同梱されていません。なので、立ちながらフロア(床)の掃除を効率よく行えません。V6シリーズのハンディクリーナーを購入して、「やはり床も掃除をしたい」ということで、あとから「並行輸入品の延長管」と「モーターヘッド」を購入する人が多いので、よく考えてから購入したほうがよいと思います。

既にハンディクリーナーを購入してしまい後悔している方でも、海外の正規品となりますが、延長管や床用ヘッドを単品で購入することは可能です。上は並行輸入品のDC62の延長管(ロングパイプ)です。自己責任となりますがV6ハンディクリーナーを購入して後悔したユーザーはこのDC62用の延長管を購入しています。(V6専用のロングパイプ)も販売されていますがDC62用より割高となっています。DC62は2013年に発売されたモデルとなり、家にあるDC62の延長管はV6のモデルには装着できませんでした。しかし、アマゾンに販売されているDC62用の延長管(並行輸入品)は、レビューを見ているとV6シリーズのラインナップにも装着することが可能なようです。

V6シリーズのモーターヘッド

ハンディクリーナーにモーターヘッドを取り付ける方法

上の延長管に回転ブラシが搭載されている上記の3種類のモーターヘッド(V6用)や、回転ブラシが付いていないノーマルヘッド「フラットアウトツール」や「ハードフロアツール」を装着すれば床を効率よく掃除をすることが可能です。アマゾンで販売されているものは価格が安いですが、全て海外の正規品(並行輸入品)なので自己責任となります。なお、アニマルプロに標準装備されている「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」は、現在アマゾンでは販売されていないようである。たまに「ヤフオク」で見かけますが、V8用のモーターヘッドは、V6やそれ以前に販売されたモデルには装着できないので注意されたし。
———————————————

モーターヘッドの特徴と種類
フラットアウトツールの特徴
ハードフロアツールの特徴
ダイソン ハンディクリーナー性能比較表