コードレス掃除機のお手入れにダスター刷毛を使ったほうがいい理由

埃と糸くず

埃と糸くず

微細なゴミはフィルターの侵略者

一見ゴミが落ちていない綺麗な部屋や廊下、コードレスクリーナーで掃除をしてから、ダストカップの中を覗いてみるとびっくり。一体どこにこんなゴミが落ちていたのかと思うほど、フィルターにはびっしりとチリや綿埃が付着していることがある。

各メーカーからさまざまなコードレス掃除機が販売されているが、ほとんどの製品がゴミをダストカップに溜めるフィルター式を採用していおり、コードレス掃除機はキャニスター掃除機と比べると集じん容量が小さいため、頻繁にダストカップの中のゴミを取り出し、フィルターのお手入れをしなければいけない。

フィルターのお手入れ方法

面倒で不衛生なフィルターのお手入れ

フィルターの掃除は、汚いゴミを見たり触ったりしないといけないのでお手入れが嫌いな人も多いのではないだろうか。さらにお手入れの最中に埃が舞いあがるため、マスクを着用したり、息を止めてフィルターの掃除をすることもあり、自分の大嫌いなお手入れの1つ。そのためフィルターが目詰まりしやすい構造のコードレス掃除機はできれば使いたくない。

こんな面倒な手間がアレルギーとなり、紙パック式のコードレス掃除機に乗り換える人も多いいのではないだろうか。しかし、コードレス掃除機は紙パック式の製品が少ないうえ、集じん容量が小さいため、ゴミが溜まってくると顕著に吸引力が低下することと、消耗品の購入費用がかかる短所がある。

ダスター刷毛とは?

ダスター刷毛

200~300円で売られている魔法のホウキ

コードレス掃除機のフィルターにティッシュをかぶせているユーザーもいるようだが、自分はフィルターについたゴミを触るのが嫌なうえ、フィルターにティッシュを巻く作業も面倒なため、フィルターに付着したゴミは「ダスター刷毛」で取り除いている。

このダスター刷毛は、必ずペンキ屋さんの職人さんの腰袋に入っている道具の1つで、塗装部分の埃を掃くミニホウキのようなものである。ホームセンターなどでも数百円で販売されており、様々なサイズがあるが、1~2インチのサイズのものが、フィルターの掃除に向いている。ちなみに写真のものは、サイズが2インチのもので毛の幅が約5cmほどあります。

.

ダスター刷毛とミニホウキの比較

ミニホウキや付属のブラシだと微細なゴミが取り除きにくい

100円ショップに販売されてるミニホウキや付属されているブラシでもいいんじゃないかと思う人もいるかもしれないが、確かに100円ショップのブラシは、ピンクでハートもついているし可愛いのだが、植毛されているブラシが太くて硬いナイロン製なので、微細な埃が取りのぞきにくううえ、フィルターの生地を痛めてしまうのだ。


フィルターやダストカップのお手入れは、付属のブラシやブラシノズルでお手入れをすることを推薦しているメーカーもあるが、シェーバーに付属されているような毛量が少なくて太いナイロンブラシなため効率よく微細なゴミが取り除けなかったりする。また、ブラシノズルはソファーや卓上を掃除する専用ツールなので、フィルターやダストカップのお手入れに使うのは不衛生である。

毛先が細いから目詰まりした微粒子も除去できる「ダスター刷毛」

ダスター刷毛には、先端がカットされていない動物の毛(豚)が使われているため、ナイロン製植物の繊維のミニホウキよりも毛先が細く植毛密度も高くなっている。そのため、フィルターの表面や溝に付着している微細なゴミをフィルターの生地を傷めずに効率よく取り除いてくれる

本体に付着した埃

動物の毛だから静電気が発生しない

レコード盤の掃除には、静電気の発生しないカーボンファイバーのブラシが使われているそうだ。ダスター刷毛にもナイロン製とは違い動物の毛が使われているので、静電気が発生しくくなっている。そのためフィルターだけでなく、静電気によってダストカップや本体に付着した埃等も効率よく確実に除去できます。

.

ゴミを捨て以外にもやらなければいけないこと

ダスター刷毛 お手入れ

手の入らない狭い場所の掃除が得意

コードレス掃除機で毎日掃除をしてゴミ捨てを行っている人なら分かると思うが、ゴミ捨てはカプセル内のゴミを取り除いて終わりではない。「フィルターの付け根」「カプセルと本体の継ぎ目」「フィルターのパッキン」にも、埃が付着しているので取り除かなければいけない。このような狭い場所は毛先が細くて腰のあるダスター刷毛ではないと除去できません。

本体に付着した埃

静電気によって付着した埃も簡単に取り除ける

また、ゴミ捨てを行うと必ず本体やダストカップの表面にも静電気により埃が付着する。これは本体の色が白い以外の製品を使ってる人だとよく分かると思う。このような静電気で付着した埃というのは、付属されているナイロンのブラシでは効率よくとれません。ダスター刷毛は静電気が発生しにくい動物の毛が使われているので効率よく取り除くことができる。

.

ダスター刷毛

入り組んだ場所の掃除も得意!隅々までブラシが入っていく

コードレス掃除機の汚れる場所はフィルター部分だけではない。ゴミと空気が通る場所は全て汚れるから厄介。放置していると埃がこびりつくので、こまめに付着した埃を取り除かないとに排気から嫌な臭いがする原因にもなりうる。ダスター刷毛だとヘッドの吸込口のような入り組んだ場所の簡単に掃除することができる。

ダイソン クリアビンからゴミが漏れる

パッキンに埃が噛んでるとゴミが漏れる

ダイソンや日立のコードレスクリーナーのように、ダストカップ(クリアビン)の底に蓋がついているタイプは、ダストカップに溜まったゴミを捨てたときに、底のパッキンに付着した埃も取り除かなければいけない。

なぜなら、パッキンにゴミを付着させた状態でダストカップの蓋を閉めると、稼働中にカップの中では遠心力が発生しているので、掃除機の排気や埃が漏れて臭いの原因になるからである。

また、ダストカップの蓋のパッキンに埃や粉塵が噛んでいると、本体に強い振動が発生したときに、蓋にわずかに隙間が開きゴミが落ちていくことがある。パッキンに微細なゴミが付着している状態で、サイクロン部分(本体頭)を軽く叩いてみると、微細なゴミが外に漏れて落ちていくのが確認できる。

1年2年3年と使っていると、ダイソンはパッキンが劣化してくるので、パッキンにゴミが付着していると、ちょっとした振動で隙間が開きやすくなる。例えば、ヘッドを前後に動作させているとき、ヘッドを床におろしたときの振動で微細なゴミが漏れて床に落ちていくこともあった。

なので、ゴミ捨て時に必ずパッキンも掃除するにしたほうがよいだろう。ちなみにパッキンの狭い隙間に付着している埃は太いブラシや静電気の発生するナイロンブラシでは取り除けない。静電気の発生しない動物の毛が使われたダスター刷毛でないと効率よく除去できないので、ダイソンの掃除機にもおすすめである。

.

ダイソン フィルター落下防止

パッキンが綺麗だとフィルターは落ちにくい

ダイソンは購入したばかりのときは本体を逆さまに向けても筒状のフィルターが落ちなかったが、使い始めて数ヶ月で落ちるようになった。数ヶ月という短期間でパッキンは劣化しないため、そのフィルターのパッキンやフィルターをはめこむ穴の縁には、埃や粉塵が付着している可能性が高い。

フィルターの表面は白くなって触るとサラサラしていないだろうか?この状態だとスイッチを入れていない時に逆さまに向けたり、ちょっとした振動でフィルターが抜けてしまうことがある。ダスター刷毛で掃くようにすると逆さまにしても落ちなくなります。それでも落ちやすい場合は、水で絞った布やティッシュ等で拭き取ります。

ミニホウキのナイロンブラシでは、毛先が太くいうえ静電気も発生するため、パッキンに付着した埃は取り除けない。レコードを掃除するブラシはダイソンのヘッドのブラシに配置されているカーボンファイバーブラシが使われている。ダスター刷毛はカーボン製ではないが、動物の毛なので静電気が発生しにくく毛先が細いためパッキンについた埃も取り除くことができるのだ。

ダスター刷毛でフィルターをお掃除

掃除の仕方 ダスター刷毛で目詰まり解消

いきなりフィルターに付着しているゴミを刷毛で掃いとると大量の埃(粉塵)が舞い上がってしまうため、柄の先をつかって埃の塊や大きなゴミを取り除く。大きなゴミや埃の塊を柄で取ったら、刷毛の部分で掃いとる。

このときにどうしても目に見えない細かい粉塵が舞ってしまうため、大きなゴミ箱やゴミ袋の中、屋外で取り除いたほうがよいだろう。フィルター式のモデルは、紙パック式のモデルより、吸引力も強く消耗品に費用がかからないため経済的だが、ゴミを取り除く際に埃が舞うのが短所である。

ちなみに上の画像のマキタの高機能フィルターは3ヶ月間使用しているが、まだ一度も水洗いしていない状態である。ダスター刷毛の柄で軽くこすり取れば、ゴミに触らずに簡単にゴミが落ち、毛先の細い刷毛で掃けば目詰まりも解消される。従って、従来のフェルトのフィルターのように目詰まりする度に水洗いをしなくてもいいのでおすすめである。

汚れがひどくなってきたら別の掃除機で!

ちなみに自分はフィルターのお手入れはいい加減なので、ざっとダスター刷毛で掃い取るだけである。汚れがひどくなってきたと感じたら、別の掃除機にブラシノズルを取り付けてフィルターに付着した粉じんを吸引している。いよいよ本体の排気から嫌な臭いがしてきたら、重い腰をあげて水洗いをするという面倒くさがり屋。

ダスター刷毛のサイズ

ダスター刷毛は何処で販売されているの?適したサイズは?

ダスター刷毛(ラスター刷毛)は、ホームセンターで数百円という安価な価格で販売されているので、わずらわしいフィルターなどのお手入れで悩んでいる方は是非購入して試してみてください。黒いブラシのタイプは、黒豚の毛なので細く腰があるのでおすすめです。

色々なサイズが販売されており迷うと思いますが、1つだけ購入するのであれば、刷毛の寸法は幅が5cmほどのものがおすすめです。幅が2.5cmのものは細部や溝部分の掃除に最適です。逆に写真右のような幅広いものは、掃除機のお手入れには向いていません。


25mm 動画


25mm 50mm 動画

by カエレバ