メーカー各社の性能比較表はサイドバーからどうぞ

ハイコーキ

スポンサーリンク
ブログ

ハイコーキの一段式サイクロンユニットを使った感想

18Vシリーズに1段式サイクロン構造のモデルがラインナップ 2020年12月17日にハイコーキの18Vシリーズから新しいコードレスクリーナーが3モデル発売された。18Vシリーズに新しくラインナップされたモデルの大きな違いは集じん方...
ノズル・アクセサリ

[2段サイクロン式ユニット]と[サイクロンアタッチメント]の吸引力比較(ハイコーキ/マキタ)

と吸引力比較 ハイコーキのR36DA(SC)に標準装備されていると、マキタの外付け式の吸引力比較を行ってみた。サイクロンを2段式にすることにより、1段式よりフィルターが目詰まりしにくくなるメリットがあるものの、強い吸引力や慣れたゴ...
ブログ

ハイコーキ R36DA(SC)の2段サイクロン式ユニットを他のモデルに取り付けられるのか試してみた

2段サイクロン式ユニットを搭載した36Vコードレスクリーナーを購入したものの、木工で使用すると、ダストケースのお手入れが面倒に感じたり、集じん容量が小さくてゴミがすぐに一杯になるため、このまま使い続けるとうんざりしてくるだろうなと悟った...
ブログ

【2019年8月版】マキタ vs ハイコーキ vs リョービの吸引力対決

各メーカーの18Vのフラッグシップ機で検証してみることに サブ機のコードレスクリーナーと言えば昔からマキタが有名 電動工具メーカーの充電式クリーナーといえば、スティックコードレスクリーナーの歴史が古いマキタの製品が有名である。その歴...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました