VC-CL1200 分解方法

2015年に発売された東芝のVC-CL1200のサイクロン部分を分解してみた。このモデルはダイソンと違い、ほとんどのパーツがネジで固定されているため、ドライバーさえあれば誰でも簡単にばらせます。

VC-CL1200 サイクロン部分

VC-CL1200 サイクロン部分

まずはじめに、ダストカップを取り外し、メッシュフィルターの下にある円形のパーツを回して取り外します。

.

VC-CL1200 メッシュフィルターの外し方

VC-CL1200 メッシュフィルターの外し方

次にサイクロン部分をひっくり返し、4箇所のネジをゆるめてメッシュフィルターとパッキン部分を取り外します。

.

vc-cl1200-サイクロン部分 取り外し方

vc-cl1200-サイクロン部分 取り外し方

次に2段目のサイクロン部分のネジを4箇所ゆるめて、円錐のサイクロン部分と上部カバーを取り外します。

.

分解したパーツ

ダイソンのコードレス掃除機に比べると、誰でも簡単にサイクロン部分を取り外せるので、もし2段目のサイクロン部分にゴミが詰まっても安心だろう。ちなみにVC-CL1200はダイソンの製品と違い、サイクロン部分を水洗いできることが魅力となっているが、いちいちこのようにドライバーで分解する必要はありません。

固定されているネジの素材は全てステンレス製なので水洗いしても錆びにくくなっています。最後に取り外したネジを締め付けるときは、ピンセットでネジ溝にはめこんでから締め付けたほうがよいでしょう。ドライバーの磁力を強めても先端にネジが引っ付かないので苦労します。