東芝 スティック型コードレス掃除機の性能比較表

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

東芝 スティック型コードレス掃除機の性能比較表

2段式サイクロン構造

東芝ってどんなメーカー?
東芝コードレス掃除機の特徴

イメージ 機種名 連続使用時間 充電時間 質量 集じん容量 付属品 レビュー
vc-cl100-icon 2014年
VC-CL100
標準:20分
強:8分
約5時間 2.3kg 0.25L 充電台
すき間ノズル
ブラシ
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー
vc-cl200-icon 2015年
VC-CL200
弱:20~25分
自動:6~20分
強:6分
約5時間 1.9kg 0.2L 充電台
すき間ノズル
丸ブラシ
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー
vc-cl1200 2015年
VC-CL1200
弱:20~25分
自動:6~20分
強:6分
約5時間 1.9kg 0.2L 充電台
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
洋服布用ブラシ
延長ホース
収納バッグ
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー
vc-cl300-icon 2016年
VC-CL300
弱:20~25分
自動:8~20分
強:8分
約5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダー
すき間ノズル
丸ブラシ
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー
vc-cl1300-icon 2016年
VC-CL1300 
弱:20~25分
自動:8~20分
強:8分
約5時間 1.9kg 0.2L 壁掛け用ホルダー
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
延長ホース
エアーブローノズル
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー
アマゾンレビューレビュー
楽天レビューレビュー

よくある質問や疑問

ガンダムのビームライフルみたいな掃除機があるんだけど?

VC-CL100は、トルネオVコードレスシリーズの第一弾となるモデルなので大目に見ましょう。第二弾のモデルに比べると質量が重たく、重心バランスに問題があるので体感重量は新モデルより手に負担がかかります。同梱品は充電台と隙間ノズルのみとなります。「ブラシノズル」や「伸縮ホース」は本体に備わっています。

VC-CL200とVC-CL1200の違いって何?

VC-CL200VC-CL1200は、前モデル(VC-CL100)の後継機種。VC-CL200は下位モデル、VC-CL1200は上位モデルに位置します。どちらも本体やヘッドの仕様は同じとなり、本体の色や付属品に違いがあります。(付属品まとめ)吸引力や稼働時間は同じなので、床の掃除オンリーであれば安価なVC-CL200、床だけでなく幅広い掃除もしたい場合は専用アクセサリが多いVC-CL1200のほうがおすすめです。

VC-CL300とVC-CL1300の違いって何?

VC-CL300とVC-CL1300は同時期(2016年)に発売された「トルネオV コードレス」第三弾目となるモデルです。VC-CL300は「スタンダードモデル」、VC-CL1300は「フルスペックモデル」となります。上の比較表を見ていただけるとわかりやすいと思いますが、本体の仕様やモーターヘッドに搭載されているブラシが同じなので、吸引力や集じん力は同等となります。違いは、VC-CL1300には標準用アクセサリーである「壁掛け用ホルダー」「すき間ノズル」「丸ブラシ」に加え、「ふとん用ブラシ」「延長ホース」「エアーブローノズル」が同梱されています。従って、床から布団、車内、吹き飛ばし掃除など幅広い掃除をしたいのであれば、アタッチメントが豊富な「VC-CL1300」を選んだほうがよいでしょう。フロアのみの掃除が用途であれば、「VC-CL300」を購入したほうが経済的です。

VC-CL1200とVC-CL1300の違いって何?

VC-CL1300はトルネオV コードレスシリーズ第三弾目となるモデルです。従来モデルと同じモーター、モーターヘッド、サイクロン方式が搭載されているので、吸引力や集じん力は同等です。そのかわり、モーター、バッテリー、サイクロン部分などの重たいパーツがバランスよく配置されているので、VC-CL1200よりヘッドを持ち上げた時に手にかかる重荷が約3割少なくなっています。新しいアタッチメント(エアーブローノズル)も追加されており、ブロワーのように風を吹き出すことができます。その他に充電方式も変わっており、従来製品では本体と延長管を分割して充電スタンドに差し込んで充電していたが、VC-CL1300では壁掛け用ホルダーに変更されてため、本体と延長管を分割せずに省スペースで収納することができる。