キクタニミュージック ウクレレ・バイオリン兼用スタンド VS-100 黒

床に転がってるクリーナー

マキタコードレスクリーナーの専用スタンドは高価なので、色々と調べてみるとギタースタンドを利用している人たちのブログがヒットしました。
ギタースタンドの価格を調べてみると約1,000円程と非常に安価。
なるほど、これは良いことを知ったと思い、自分もギタースタンドを購入しようと思ったが、「いや待てよ。ウクレレ用のスタンドの方がコンパクトで邪魔にならないのではないか。」と調べてみると、ウクレレ用のスタンド(VS-100)も販売されていた。
300円ほど割高だが、こっちのほうがコンパクトで良さ気なので購入。
後悔のはじまりであった。

倒れるウクレレスタンド

倒れるスタンド

妄想ではバッチリだったのに、なんとういうことでしょう倒れた・・・。
どうも後ろの脚が短いことと、角度がついているので、本体の重みに耐えられなくなり倒れてしまうようだ。
あ、あと、背もたれ部分(アーム)があまり長く伸ばせないのも要因の1つかな。
こんなことなら、最初からギター用のスタンドを購入するべきであった。
誰だよ。ウクレレ用のスタンドのほうがコンパクトで良いと言ったのは。
(おまえだろ)

マキタクリーナー|ウクレレスタンドを代用

ストレートホースを外す

色々試してみたが不安定ですぐ倒れてしまいそうだったので、ストレートホース(延長ホース)を外して立てかけてみると安定した。
後ろの脚を長くDIYしようと思ったが、ストレートホースを外して立てかけることにした。
ハンディクリーナーとして使用するにはおすすめだが、ストレートホースをつけて掃除をする場合は、毎回ホースとTノズルを着脱しないといけないので不向き。

ストレオートホース
ストレートホースは下の部分にゴムをつけてはめこんでいる。
このゴムは本来ギターが転倒しないように、上の背もたれ部分についていたものなので付属されていた。

マキタクリーナー|ウクレレスタンドを代用

14.4Vや18Vは×

背もたれ部分に7.2Vや10.8Vはどんぴしゃであったが、14.4Vや18Vの本体が太いので、上手くはまらなかった。
不安定なので、ちょっとぶつかるとクリーナーだけ倒れてしまいそう。
パイプ
パイプを突っ込んでアームを広げようと思ったが、このまま10.8V用として使用することに。
ちなみに7.2Vや10.8Vであれば、カプセル・紙パック式どちらのモデルも問題なかった。