ユニチャームのデオトイレのレビュー

最初にシステムトイレ(デオトイレ)を選んだ理由

最初に使用した猫用のトイレはユニ・チャームが販売している「デオトイレ」。いわゆる流行りの「システムトイレ」というタイプのもので、上の「スノコ」に固まらない猫砂、下の「トレー」にペットシーツを敷くことができる2層式になっている。

昔は存在しなかった構造のトイレだったと記憶しているが、現代ではアマゾンの猫用トイレの売れ筋ランキングで上位を独占してるほどシェア率も増えており、人気の高いトイレとなっている。Amazonの売れ筋を見ていると「ユニチャームのデオトイレ」や「花王のニャンとも」が人気のようだ。

わたしも猫のトイレは衛生的なもので、なおかつ手軽に汚物の処理を行いたかったので、「強力消臭」や「お手入れの簡単さ」を謳っているシステムトイレ(デオトイレ)に魅力を感じ、迷わず購入した。価格は2,000円前後と安価なうえ、トイレ本体と一緒にペットシーツと猫砂がついてるほど太っ腹。一生このメーカーの消耗品(サンドシート)に依存するものだと考えていた。

.

システムトイレの仕組み

普段はうんちの処理だけだから、確かに手間がかからない

システムトイレの仕組みは前述したように2層式になっており、上のスノコに同社のサンド(猫砂)を敷き詰め、下のトレイに尿を吸収する「ペットシーツ」を敷いて使用する。猫のうんちは上の皿に残り、尿はスノコの網目を通り抜け、下のペットシーツに吸収される。ペットシーツは一週間分の尿を吸い取ることができるので、普段は、1日1~2回うんちの処理をすればいいだけである。ペットシーツは毎週日曜日に交換するのみ。

また、フード付きのタイプを購入したので、猫がかいた砂が床に飛散しないメリットもあった。上のフードは取り外して使用することも可能だが、かなり邪魔になるくらい大きいので、取り外して使用したい場合は、同社から販売されているフードが付いていないデオトイレを購入したほうがよいだろう。フードは猫との相性が悪かったり、水洗いするのが面倒という人もいて取り外して使用する人もいるようだ。

.

消臭スプレー

デオトイレ専用の猫砂の消臭に疑問を感じたまき

デオトイレのペットシーツは1週間分の尿を吸収した状態でも、不快な臭いを感じたことがないほど消臭力が高かった。しかし、わたしが消臭力に疑問を感じたのは、デオトイレ専用の猫砂(サンド)である。レビューでは消臭効果に満足しているユーザーは非常に多いのだが、中にはわたしのように消臭効果に疑問を感じている人が少なからずいた。普通より嗅覚が敏感なのだろうか?

なにが疑問なのかというと、1週間ほどするとトイレの中から不快な臭いがするのだ。その嫌な臭いが尿か糞なのかは分からないが、とにかくトイレのフードを開けて掃除するたびに不快感を感じたうえ、本当に人や猫にとって衛生的なのだろうかと不安を感じた。そこで、悪臭や除菌対策として同社が販売している「デオクリーン」という消臭剤も購入し、さらに有名な消臭剤もかたっぱしから使用したが、満足のいくものは「デオマジック」しかなかった。

.

常陸化工「トイレに流せる木製猫砂」

デオトイレに固まる猫砂を使用するとシステムトイレを使う意味がなくなるまき

そこで購入したのが常陸化工が販売している「トイレに流せる木製猫砂」だ。この猫砂は消臭効果が高いというウリだけでなく、トイレに流せるという優れもの。さらにMONOQLO(2015/3)では、尿の吸収力が★5個であった。実際に使ってみると、消臭力が高いだけでなく、桧のいい香りがして、猫も木好きのわたしも満足できるものであった。

トイレに流せる木製猫砂

しかし、これを1ヶ月くらい使用して気づいたことがあった。この猫砂は尿を吸収すると団子のように固まるので、猫がうんちとおしっこをする度にトイレに捨てにいかなければいけないのだ。ゴミがでないというメリットがあるので問題ないと考えていたのだが、だんだんトイレに捨てに行く作業が面倒だと感じてきたのだ。さらに、猫砂が尿を吸収するのでペットシーツはあまり汚れなくなったのだ。ペットシーツの上にはいつも大量の猫砂の粉が溜まるだけであった。

ペットシーツの上に落ちたトイレに流せる木製猫砂

さらに何ヶ月も使用して、バカなわたしはようやく気づいたのだ。猫が尿や糞をするたびにトイレに捨てにいくのであれば、ペットシーツを敷く「システムトイレ」を使う意味がないことに(笑)。デオトイレに尿を吸収する猫砂を使用しているとペットシーツ代が無駄になるのだ。尿は猫砂が吸収して固まるので、従来のスノコがついていないハーフタイプのトイレしたほうが、ペットシーツ代がかからないうえ、お手入れも簡単になるとようやく気づいたのであった。

.

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ オレンジ PUNT-530 レビュー

アイリスオーヤマの「PUNT-530」を買った理由

そこで一般的なハーフタイプのトイレを購入しようと思ったのだが、前回同様、フード(ドーム型)が付いていないものは、猫が砂を蹴った際に部屋に猫砂が散らばったり、臭いが部屋に充満しにくいと考えていたので、今回もデオトイレと同じようにフード付きのトイレを購入しようと思いAmazonで各メーカーのトイレを見ていた。

すると気になった形状のトイレが目に飛び込んできた。それが写真のアイリスオーヤマから販売されている「上から猫トイレ PUNT-530」である。以前使っていたデオトイレと違い、ドームタイプになっていないものの、大きなバケツのような形状をしている。これなら、以前のものと同じように部屋に蹴った猫砂が飛散したり、臭いが部屋に充満しにくいだろうとポチった。

.

PUNT-530 レビュー

バケツ形状だから猫がおもいっきり砂をかいても飛び散らない

このトイレを使いはじめてから2ヶ月が経ったが、思っていた通り、飛び散り防止のフタのおかげで、猫が蹴ったり・かいた砂が部屋に大量に散乱したり、臭いが周辺に漏れたりすることはなかった。

ただし、猫の指と指のあいだに砂が挟まったりすることが多々あるので、完全に部屋や廊下に猫砂が転がらなくなるわけではない。毎日コードレス掃除機で吸い取っているが、1回のトイレで少なくて5粒以下、多くて10粒以下落ちるようだ。

PUNT-530-フタの溝部分

用を足した猫は上のフタに飛び上がって、フタの上を歩いから下に降りるので、体や足についた大半の猫砂がフタの凸凹部分にはまって床に落ちないようになっている。ただし、トイレの周りに障害物があると、フタの上を歩かずにトイレからでていくことがあるので、周りには飛び乗れるような物を置かないほうがよいだろう。
.

PUNT-530 スコップ

スコップを中に収納できるからおもちゃにしなくなった

糞や尿を吸収して固まった砂を取りだすスコップもついている。どのトイレにも標準付属されているような普通のスコップだが、このスコップはトイレの中にひっかけて収納することができるのだ。なので、猫がスコップを取り出して遊ぶことがなくなった。

猫砂 スコップ

以前使っていたデオトイレは、外側にスコップを収納するところがあったので、猫がスコップをおもちゃにして遊ぶことがあったのだ。ご覧の通り、デオトイレで使用していたスコップは猫が噛んだあとが無数に存在し、猫が届かない所にひっかけていた。
.

PUNT-530-水洗い

縦型デザインだから水洗いが簡単

やはり購入する前に思っていた通り、縦型デザインなので水洗いもしやすかった。大きさはシステムトイレのようなサイズであるものの、バケツのような形状をしているので、中が丸洗いしやすいのだ。毎月、お風呂で洗うのだが、この形状だと拭き取りもしやすい。ちなみに、上のフタは左右にあるボタンを押さえながら取り外すことができる。

ユニチャームのデオトイレ 分解

以前使っていたシステムトイレは基本的に4つのパーツで構成されているので、丸洗いしたり、細かい部分を洗うのが大変だった。なので、ネットでは水洗いが面倒なために、フードを取り外して使用しているユーザーも見かけた。けれども、家では砂の飛散や臭いの漏れを防ぐために、フードを取り付けて使用していたので、お手洗いが大変だったのだ。
.

高さがあるから子猫や高齢猫には向かない

このトイレは猫が好きな潜ったり登ったりできる形状をしているが、高さが約37cmあるので、子猫や老猫には向いていないだろう。降りるのは簡単かもしれないが、登ってくるのに一苦労することだろう。なので、猫砂トイレにするのであれば、たらい式のハーフタイプのトイレのほうを選んだほうがよいだろう。フード付きのトイレも同社や各メーカーから販売されているようなので、猫が砂をかいたときに飛び散る対策をとりたい場合は、フード付きのタイプを選んだほうがよいだろう。たらい式のタイプは「アイリスオーヤマ」や「リッチェル(コロル)」の製品が豊富です。

.

kcud(クード) ラウンドロック

トイレに捨てにいかず生ゴミ用のパッキン付きダストボックスに捨てるまき

猫砂は家のトイレに流していたが、1日何回もトイレに捨てにいくのが面倒に感じたので、猫トイレの横にゴミ箱を設置して捨てるようにした。最初は、ペット用のリターロッカーを使用していたが、一番手間がかからなくて経済的なのが、生ゴミ用のパッキン付きダストボックスであった。今は「kcudのラウンドロック(12.4L)」で落ち着いている。20Lのポリ袋が使え、パッキン付きなので気になる臭いは漏れない。

農業・酪農用デオマジック

あえて1日の糞尿を袋に小分けせずに捨てているのは消臭剤の効果を検証しているからである。上にもチラッと書いたが、現在使用している最強の消臭剤はデオマジックである。デオマジック「ペット用」「人用」「農業用」の3種類があるのだが、一番気に入っているのは、水で希釈した「農業・酪農用のデオマジック」だ。これを1日1スプレーするだけでピーナッツクリームの香りになるのだ。なので、うんちの入ったゴミ箱を開けるとチョコレートのような甘い香りがするという。
.