マキタのバッテリーを安く購入・交換する方法

セパレートチャージとは?

私はマキタで業務用のコードレスクリーナーを購入し使っています。CL141FD これはバッテリーが本体から取り外せて、別にある充電器に取り付け充電し終われば再び本体に取り付けるという式になっています。このバッテリーの寿命は、数年しかもたないのでしょうか。

セパレートチャージ式が採用されている製品のメリット

マキタのような大手電動工具メーカーから販売されている「スティック型コードレス掃除機」は基本的に「セパレートチャージ式」が採用されているので、バッテリーをワンタッチで取り外してから充電器で充電を行ないます。この充電器は急速充電することができるので、家電メーカーの製品より早く充電することができる利点があります。(家電メーカーのバッテリー(3.0Ah前後)の充電時間は3~4時間、マキタや日立工機は約20分)

また、バッテリーをワンタッチで取り外せるので、単品販売されている予備バッテリーを購入することで連続運転時間を2倍に延ばすことや、自分でバッテリーを簡単に交換できる強みもあります。ちなみに現在、大手電機メーカーが販売しているスティック型コードレスクリーナーの中で、「セパレートチャージ式」を採用しているのは、シャープのFREEDシリーズのみです。(充電時間80分、バッテリーもAmazon等で単品で販売されているので入手しやすい)

バッテリーは充放電を繰り返していると必ず寿命が訪れる

基本的にバッテリーは充放電を繰り返すことで寿命が訪れます。例えばパナソニックから販売されている充電池(単三電池)も充放電を繰り返すことで、使える容量が少しずつ少なくなっていき、やがて満充電してもすぐに使えなくなってしまいます。

バッテリーの充放電回数はメーカーによって異なります。また、例えば充放電回数が300回と表記されていても、おそらくこの回数はバッテリーが完全に潰れた状態ではなく、容量が70%以下位の状態を指していると思うので300回充放電を行なったとしても、劣化により連続使用時間は短くなりますが、使えなくなるというわけではありません。

手間と使える期間を考えると高価だと思わない

ちなみにマキタの場合、毎日電動工具でバッテリーの容量を使い切り満充電を行なった場合、約2年ほどでバッテリーに寿命が訪れます。コードレス掃除機で使用した場合は、2年以上持つでしょうが3年も持たないと思います。ちなみに、わたしは週に2回ほどしか充電を行なわないので同じバッテリーを5年以上つかっています。

マキタの14.4Vシリーズには「BL1430」というバッテリーが搭載されており、このバッテリーの価格は楽天市場で約1万円ほどで販売されています。約2年で寿命がきたとしても、バッテリー代を月に換算すると400円程度なので高いと思いません。ちなみにバッテリーの寿命が一番長いのは東芝のコードレス掃除機です。(充電回数 約2,000回)

小形リチウムイオン電池の寿命特性 NTTバッテリー技術部長 市村雅弘氏

リチウムイオン電池を長持ちさせる方法

わたしは、毎日コードレス掃除機で床表面に落ちている埃・チリ・髪の毛を吸引しているので、掃除機をかけるのに費やす時間は5~10分ほどです。なので、毎日バッテリーの容量を使い切る人より交換時期が倍近く長くなります。また、充電する際は、そのまま継ぎ足し充電を行なわず、バッテリーの残量が無くなってから充電するようにしていました。

以前、記事(リチウムイオンバッテリーを長持ちさせる充電方法)に書いたのですが、リチウムイオンバッテリーの残量は、50%以下にしながら充放電したほうが、寿命が延びるというデーターがあります。こういった使い方は稼働時間が短いコードレス掃除機では難しいので、毎回バッテリーの残量を使い切らずに掃除が終わるのでしたら、バッテリーを使いきってから充電するようにしたほうが少しは寿命が延びるかと思います。

マキタのバッテリーを安く交換する方法

互換バッテリーは純正バッテリーより安い

マキタくらいシェア率の高い電動工具メーカーになると、純正品でない安価な互換バッテリーが色んな業者から販売されています。純正品の半分ほどの価格で購入できるため購入者も多いようですが、レビューを見ているとすぐに故障したというレビューも多く見受けられます。なので、互換バッテリーを購入する場合は、レビューをよく見てから購入したほうがよいでしょう。

リフレッシュサービスで中身だけを新品にして経済的に交換

また、昔からバッテリーをリフレッシュ(セルの交換)をしてくれる業者も存在し、簡単に説明するとバッテリーパックの中には3.7Vの電池が複数入っており、この電池のみを新品のものに取り替えてくれるサービスです。なので、外見は今まで使ってきたバッテリーなので傷や汚れが付いたままですが新品と同様の性能があります。業者によりサービス料は様々ですが、楽天市場の安いショップでは純正品の半分ほどの価格(送料無料)で交換してくれる上に、3ヶ月の保証期間がついているところもあります。