日立 コードレスクリーナー 性能比較表

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

日立 コードレスクリーナー 性能比較表

ラインナップ一覧

PV-BA100 PV-BA100 2014年2月に発売
日立が初めてコードレス掃除機市場に投入したモデル。放電率が高くメモリー効果の影響を受ける14.4Vニッケル水素電池が採用されていることから当サイトでは避けることに。
PV-BC200 PV-BC200 2015年4月に発売
PV-BCシリーズの標準クラスとなり、本体を先端から分離してハンディ掃除機としても使える2in1スタイルが採用されている。18Vのリチウムイオンバッテリーを搭載。
PV-BC500 PV-BC500 2015年2月に発売
PV-BCシリーズのプレミアムクラスとなり、PV-BC200と違い本体を先端から分離しなくてもハンディ掃除機として形態を変えられる。21.6Vのリチウムイオンバッテリーを搭載。

2014年に発売したモデル

日立初のスティックコードレスクリーナー

PV-BA100は、日立アプライアンスが初めて発売したスタンドタイプのスティックコードレスクリーナーです。本体を先端から取り外すことによりハンディクリーナーとしても使える2in1スタイルを採用しており、2015年に発売したモデルも、同じスタンドタイプの2in1スタイルを採用しています。

PV-BA100には、ニッケル水素電池が搭載されているため、個人的にこのモデルはおすすめしません。予算の都合でこのモデルを選ぶのであれば、PV-BC200にしたほうがよいと思います。なぜなら、長期保存に強く、継ぎ足し充電が可能で、メモリー効果の影響をうけないリチウムイオンバッテリーが搭載されているからです。

image 型番 連続使用時間 充電時間 電圧/容量 集じん容量 レビュー
PV-BA100 PV-BA100 強:13分
標準:40分
4時間 14.4V
1500mAh
ニッケル水素
0.25L アマゾンレビューレビュー
楽天評価レビュー

2015年に発売したモデル

PV-BC200とPV-BC500の違い

どちらも同じ年に発売されており、「PV-BC200」は標準クラス、「PV-BC500」はプレミアムクラスとなっています。従って吸引力は電圧の高いPV-BC500のほうが上です。形態方法にも違いがあり、PV-BC200はハンディタイプにする場合、本体を先端から取り外さなければいけないが、PV-BC500はハンドルを回転させるだけでハンディタイプに形態させることができる。

PB‐BC500とPV‐WBC500の違い

PB‐BC500とPV‐WBC500はデザインは同じであるが、対応電源/本体色/付属品に違いがあります。形状やその他の仕様は同等なので、国内の一般家庭で使う場合は、価格が安く付属品が充実しているPV-BC500を選んだほうがよいだろう。

1、対応電源
PB‐BC500は交流100Vだが、PV‐WBC500は交流100~240V。

2、本体色
PV‐BC500はシャンパンゴールド、パールレッド、メタリックシルバーの3色。
PV‐WBC500はシャンパンゴールド。

3、付属品等について。
PV‐BC500は伸縮曲がるブラシ吸口、すき間用吸口、ふとん用吸口。
PV‐WBC500はすき間用吸口のみとなり若干梱包箱がコンパクト。

image 型番 連続使用時間 充電時間 電圧/容量 集じん容量 レビュー
PV-BC200 PV-BC200 強:13分
標準:40分
4時間 18V
2000mAh
リチウム
0.25L アマゾンレビューレビュー
楽天評価レビュー
PV-BC500 PV-BC500 強:8分
標準:30分
3.5時間 21.6V
2500mAh
リチウム
0.2L アマゾンレビューレビュー
楽天評価レビュー
PV-BC500  PV-WBC500 強:8分
標準:30分
3.5時間 21.6V
2500mAh
リチウム
0.2L アマゾンレビューレビュー
楽天評価レビュー