高機能フィルターは7.2Vや10.8Vのクリーナーに装着できるのか?

A-58207

高機能フィルター(A-58207)はこちらのページでレビューしましたが、お手入れの手間がかからなくなるのでお勧めのフィルターです。
新しく購入したモデルと一緒に高機能フィルターも注文したので、7.2Vや10.8Vのモデルに取り付けてみました。
高機能フィルターは、単体でも販売されており、ワーキングプロさんのショップで、約600円ほどで販売されているので、リーズナブルな価格で購入することができます。

7.2Vと10.8Vの吸い込み口比較

7.2Vと10.8Vの比較

こちらは7.2V(左)と10.8V(右)のカプセル式クリーナーのフィルター取り付け部分の写真です。
10.8Vのモデルは長く使用しているので、フィルターを差しこむ部分が少しひん曲がっていますが全く同じです。

14.4Vと10.8Vの吸い込み口比較

10.8Vと14.4Vの比較

こちらは10.8V(右)と14.4V(左)のカプセル式クリーナーのフィルター取り付け部分の写真です。
色とゴミを内部に侵入させないためのガード(網)の部分が違いますがほとんど同じです。
ちなみに14.4Vと18Vのフィルター取り付け部分も全く同じです。
どのモデルも全て同じなので、マキタクリーナーの〔フィルター〕〔紙フィルター〕〔ダストバッグ〕〔先端ノズル〕は、電圧が違うモデルでも全て兼用することができます。

高機能フィルター 7.2Vクリーナーに装着

高機能フィルター 10.8Vクリーナーに装着

7.2Vと10.8Vクリーナーに取り付け

どちらのモデルにも高機能フィルターを装着することができました。
14.4Vや18Vに比べると、若干ゆるい感じがしたので、しっかり奥まではめ込み回したほうがよいでしょう。
これでフィルターのお手入れも少なくなるはず。