ハードフロアツール

ハードフロアツールのレビュー

モータヘッドの耐久性が落ちる「固い床」

一般的な掃除機のモーターヘッドはナイロンブラシが植毛されているので、特に石のような固い床面を掃除すると、すぐにブラシが磨り減って短くなっていきます。また、掃除機のヘッドの接地面はプラスチックやゴムの素材が使われているので、頻繁に固い床に接触させていると破損しやすくなります。

コンクリートのような固い床をモーターヘッドで掃除をしているとブラシや車輪が消耗する

上の動画ではマンションの廊下や階段をダイソンのコードレス掃除機(DC35)で掃除をしていますが、こういったコンクリートのようなハードな床面をモーターヘッドで掃除をしていると、すぐに高速回転しているナイロンブラシが摩擦で消耗してしまいます。また、ヘッドのタイヤ(車輪)はゴム製なので、何度も前後に動かす動作をしていると、どんどん磨り減っていき、ヘッドと床の隙間がなくなってしまい、床に傷をつけやすくなってしまいます。


固い床面の掃除が得意

固い床面の掃除が得意な「ハードフロアツール」

ハードフロアツールは、名前のとおり「ハードフロア」の掃除に適しています。ハードフロアとは、「石畳」「タイル」「コンクリート」「フローリング」のような固い床のことです。こういった固い床材はオフィスビルや店舗などに多く、大きな家の床面でも使われていることがあります。一般的な家でも、「玄関」「ベランダ」「家回り」にも存在しています。


そこで、この「ハードフロアツール」を装着することにより、ヘッドの耐久性を落とすことなく、固い床面の掃除をすることができます。ヘッドの周りにはナイロンブラシが配置されているので、床を傷めることはありません。また、植毛されているブラシは硬く腰があるので、床や溝に付着したドロや砂、溝をかきだしながら吸い取ることが出来ます。

.

フローリングにも最適

フローリングの掃除にも最適な「ハードフロアツール」

このヘッドは毎日のフローリングの掃除にも最適です。重さが約240gなので、重たいモーターヘッドのように手に負担がかかりません。ヘッドは90度回転するので、机の下や家具の間のような狭い場所もヘッドを障害物に接触させることなく掃除することができます。また、廊下や階段の壁際に頑固にこびりついた埃もかきだせる利点もあります。

このヘッドは床に傷をつける要素もありません。床とヘッドとの隙間が広いので、ゴミがヘッドと床のあいだに噛んだりしません。また、接地する部分はタイヤでなくブラシなので、タイヤが不具合で停止することによりつく引っかき傷も発生しません。

ハードフロアツールの欠点

ハードフロアツールの欠点

ハードフロアツールの欠点は、平たい床面の掃除には適していますが、カーペットやラグの掃除をすることが出来ません。ブラシが繊維に引っかかるので前後に動かす動作が出来ません。

また、髪の毛や埃がヘッド周りのブラシに絡みつきやすいので、頻繁にお手入れしなけれをしなければいけません。しかし、モーターヘッドのように髪の毛や絨毯繊維が絡みついた回転ブラシを取り外す必要がないのであまり手間はかかりません。

.

ダイソン-ハードフロアツール

まとめ

いかがでしょうか、「ハードフロアツール」は、床用ヘッドの耐久性が落ちるようなハードフロア(固い床面)の掃除や、フローリングのような平たい床面に傷をつけたくない方に最適なヘッドです。毎日、床に発生する埃やチリをスイスイと手軽に掃除することができます。床にも細かい傷がつかないのでデリケートな場所の掃除も安心です。

ダイソンが販売している現行機種(コードレスクリーナー)全てに互換性があるので、どのモデルにも装着することが可能です。モーター駆動のヘッドじゃないので連続使用時間も伸びます。