ペットの抜け毛がゴッソリ取れるグルーミングツールが意外に高価だった。ブログやYoutubeで批評を呼んでいる樋口一葉(約5000円)で買える高価な「ファーミネーター」と、野口英世(約1000円)で安価に買える「Benc Mate」を自腹で購入し、その真価をジャッジしてみた。

.

グールーミング(毛繕い)する猫

昼寝をする前に必ずグルーミング(毛づくろい)する愛猫

一ヶ月前から猫を飼いはじめたが、当サイトにはペット(犬・猫)の抜け毛で困ってる人のお問い合わせが多いので、どうせならと抜け毛の多いの種類の猫(ノルウェージャンフォレストキャット)を飼うことにした。


File:JJF- Norwegian Forest Cat in the snow

この猫は寒い環境に適した長毛種で、モフモフしたいほど毛が長いのが特徴的。なので、猫を飼いはじめてから、毎日家の床に犬のように長い毛が落ちるようになった。これならペットの抜け毛で悩んでる人の気持ちがわかるだけでなく、コードレス掃除機達もやりがいがもって働いてくれるだろう。

吐いた毛玉

毛玉すっきりん

長毛種はブラッシングしてやらないと毛玉ができたり病気になる

長毛種の猫について調べていると、短毛種に比べると毛玉を飲み込む量が多いので、体内に毛玉がたまりやすく、胃や腸に毛がたまる「毛球症」という怖い病気になることもあるらしい。そのため、健康のために1日に2回はブラッシングしてあげないといけないようだ。そこで、体内の毛玉を排出するおやつと一緒に、アマゾンでレビュー数が多い人気の「ファーミネーター」というグルーミングツールを購入してみることに。

ファーミネーターのSIAYI(しあい) のレビュー

ファーミネーターの類似商品が約1000円で売っていた

このファーミネーターは、色々なペット愛好家がブログやYoutubeで紹介しているだけあって、確かにたったのひとかきで大量の毛をとることができるほど効率がよいグルーミングツールであった。また、これでブラッシングをするようになってから、床や布製品に落ちる抜け毛も減った。

ただ、このファーミネーターを注文するときにひとつ気になったことがあり、それはファーミネーターと類似商品の価格に大きな差があったことだ。購入した時の「ファーミネーター 小型猫 S 長毛種用」の価格は4,080円。一方非常によく似た「Benc Mateの中小型犬猫用」は1,380円

価格帯やあちこちで絶賛されていることを見るとファーミネーターのほうが優秀なイメージがあるが、どちらも同じ性能であったら、Benc Mateのペット用ブラシを購入したほうがかなり経済的である。どうしても違いが気になったので、猫柱となるため2つを購入して家の猫に試してみた。

ファーミネーターのSIAYI(しあい) の違い

「ファーミネーター」と「Benc Mate」のグルーミングツールに大きな差はない

結論からいうと1ストロークで毛がとれる量は、「ファーミネーター」と「Benc Mate 」のグルーミングツールどちらも大差がなかった。ブラシ(刃)の先端を並べて見比べてみても違いがわからないほど非常によく似た構造になっている。ただし、尻尾や手足のような細かいところはブラシの幅が少し狭いファーミネーターのほうが取り回しやすかった。

一回のストロークで毛がとれる量に差がないので、予算をおさえたい場合は、Benc Mateのグルーミングツールのほうが断然おすすめだ。もう一度、これを購入する前にタイムマシーンで戻れるとしたら、自分は迷わずBenc Mateのグルーミングツールを選ぶだろう。

なぜ、「ファーミネーター」のほうが「フーリー」や「Benc Mate」人気があるのかというと、この業界に詳しくはないので正しくないかもしれないが、「フーリー」や「Benc Mate」より「ファーミネーター」のほうが早く販売されているからだろう。ちなみに、ネットでは「フーリー」のほうが作りがしっかりしているという使用感想が多く見られた。

 

刃幅を限定すると1ストロークで取れる毛の量はどの商品も違いはなかった。抜け落ちやすい柔らかいアンダーコートのみがよくとれる。ちなみに、どの商品も抜いた毛がすべて刃のあいだに挟まるとは限らず、すいた毛が体に残ったり、毛が舞ったりすることがあった。長毛の換毛期はさらに舞い上がりまくるので場所に注意。

追記:普段は下で紹介するスリッカーでブラッシングしていたが、長毛種(ノルジャン)の毛が生え変わる換毛期は、毎日ブラッシングを行っても床や布製品に付着する抜け毛に悩まされたので、効率よく毛がとれるBenc Mateやファーミネーターは大活躍した。ただし、長毛種の換毛期はグルーミング中にかなり毛が舞う欠点もあった。(キャッチしきれないほど大量に抜ける。)

ファーミネーターとBenc Mateの刃を見比べても違いがわからないほどそっくりになっていた。刃のピッチ(隣り合った刃のあいだの長さ)もほぼ同じ。ただし、小型のタイプの刃幅を比べると、ファーミネーターのほうが約2cmほど狭いので、手足や尻尾のような細かいところはファーミネーターのほうが取り回しやすかった。どちらも猫には使いやすいが、大型犬に使用する場合は刃幅が広いタイプのほう効率的だろう。

長毛種猫の毛玉を簡単に取る方法

長毛種の猫は、昔、飼っていた短毛種の三毛猫には見られなかった絡みついた毛玉が発生することがある。ファーミネーターとBenc Mateだと5mm程度の毛玉であれば簡単に取り除くこができた。ちなみに、下で紹介するスリッカーでは、この毛玉を取ることができなかった。

換毛期

追記、現在(夏前)、長毛種の換毛期(毛が生え変わる時期)を体験しているが、毎日2~3回スリッカーでブラッシングしても、とてもまにあわないほど毛が抜け落ちるのでなめていた。猫が毛玉を掃く頻度も高くなり、毛が絡みやすいデニム生地は1日で真っ白になってしまうほどだ。Amazonでは「上の商品画像のように大量の毛は抜けない。」というレビューが見受けられたし、自分も盛りすぎだろうと思っていたが、長毛種の換毛期は実際にこれくらい大量に毛をすくことができた。ちなみに、毎日猫のお腹や背中をなでているので気づいたことがあった。このグルーミングツールで毛をすきまくると、人間の体より暑い猫の体温があきらかに涼しく感じた。なので、暑い夏はこっちでスリッカーより、ファーミネーターかBenc Mateでブラッシングしたほうが猫も過ごしやすいことだろう。長毛種の換毛期にはこのグルーミングツールは必須である。(長毛の換毛期はグルーミング中に大量に毛が舞うのでグルーミングする場所に注意されたし。)

スリッカー(猫)

ご機嫌を損ねずにブラッシングしたい場合はスリッカーがおすすめ

上で比較したファーミネーターとBenc Mateのグルーミングツールは、ごっそりと毛がとれるものの、換毛期以外の時期は必要以上の毛をむしりとっている感がした。なので、これで長毛種の猫に必要なブラッシングの回数(1日/2回)ブラッシングをしていると、長毛種特有のモフモフ感がなくなっていった。

レビューの中にもやめ時が分からず薄毛(ハゲた)になったというレビューも見受けられた。なので、毎日このグルーミングツールでこめまにブラッシングするのはやめたほうがいいだろう。もし毎日ファーミネーターやBenc Mateでブラッシングするのであれば加減が必要である。

また、ファーミネーターとBenc Mateのグルーミングツールは効率よく毛がとれるものの、それなりに負荷(引っかかり感が強い)がかかるので、クシのようにスーッとスムーズにブラッングすることができなかった。そのため、レビューを見ていると嫌がる猫も多いようだ。うちの猫も刃が引っかかる感じが気に入らないようで、リラックスしてるときに使用しても逃げてしまうことがあった。

スリッカーだと嫌がらない猫

そんな、グルーミングツールの引っかかるような強い負荷に嫌がる猫や、死毛など簡単に抜けるような抜け毛だけ取れればいいと考えてる人におすすめなのが「スリッカーブラシ」だ。プロのトリマーの動画を見ていても、この「スリッカー」と「フーリー」を組み合わせて使っているようである。

スリッカーはファーミネーターやBenc Mateのグルーミングツールのように効率よく毛をとることはできないものの、猫の体毛に負荷をかけずスムーズにブラッシングできるので、家の猫は嫌がることもない。また、リラックスしているときに使用すると、喉を鳴らすほど気持ちがいいみたいだ。このソフトな優しさは猫だけでなく飼い主もクセになるほど気持ちがいい。

スリッカーの仕上がり

必要以上にアンダーコートを抜き取らないので、長毛種猫の特徴であるフワフワ感を残したままブラッシングすることができる。ファーミネーターなどと違い、長さが10cm前後にもなるトップコート表面にも傷がつかないのでツヤがでて仕上がりも美しい。抜けた毛はファーミネーターなどと違って、ほぼすべてがクシ部分に絡みつくので、抜いた毛がたくさん舞うこともなかった。

ローレンス、マルカンのスリッカー

スリッカーを猫に1つだけ購入するのであれば、細かいところもブラシングできる小さいサイズ(SS、S、M)のものがおすすめだ。右のものはプロのトリマーの人がよく使っている810円で購入した「ローレンス SS」、左はそれより安価な価格564円で購入した「マルカン SS」だが、素人の自分には双方のメーカーの性能の差がよくわからなかった。ちなみに、強い負荷に機嫌を損ねる猫にはソフトタイプがおすすめだ。

スリッカー 毛の撮り方

スリッカーはファーミネーターやBenc Mateのように、ブラシに絡みついた毛を簡単に取れることができないので、毛が溜まってきてから取ったほうが簡単に取れた。

ブラッシング逃げる猫の対処法

死毛などが簡単に抜ける負荷のかからないスリッカーでも猫が嫌がって逃げてしまう場合は、餌で釣りながらブラッシングするとよいだろう。家の場合は食事の前にブラッシングすると逃げない。(食事中は可哀想なのでブラッシングはしていない。)食事前以外にブラッシングする場合は、香ばしい煮干し(イリコ)を口に加えながらブラッシングしている。ごほうびとして最後に食べさせる場合は、無塩の煮干しを使いたい。(顔を近づけすぎると引っかかれることがあるので注意。)

パニックマウス

追記:ブラッシング中に逃げる対策として、紐で縛り付けた「パニックマウス」や「チューダース」も効果的だった。猫を引きつけるカシャカシャ音とヒラヒラした羽が付いているので、ネズミに夢中になっているあいだにサッとブラッシングすることができた。

毛玉ボール

ブラッシングで取れた抜け毛を使って毛玉ボールやフェルトの人形のようなものが作れるようなので、ブラッシングで取れた抜け毛をせっせと集めている。ペットはいつか死ぬので、ブラッシングした抜け毛をためこんで、毛玉ボールやフェルトの人形のようなものを作って部屋に置いておけば、癒やしになるのではないだろうか。