布団も掃除できるコードレス掃除機

この度コードレス掃除機の購入を検討しております。
床の掃除だけでなく布団の掃除もしたいと考えているのですが『ダイソンのV8』にしようか『パナソニックのiT』にしようか悩んでいます。
どちらの掃除機がよいのか教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします。

パナソニック(iT) ハンディ状態

iT(MC-BU500J)には布団を掃除できるアタッチメントが付属されていない

コードレスクリーナー1本でフロアの掃除から布団などの寝具も掃除したい場合、ダイソンのV8のほうが適しています。なぜなら、パナソニックのiTには寝具を掃除できるノズルが付属されていないからです。また、布団を掃除する場合、一般的にハンディクリーナーの形状にして使用しますが、iTは延長管を取り外してハンディクリーナーの状態にした長さが約70cmもあるため非常に使いづらくなります。

一方、ダイソンのV8シリーズにラインアップされているスティック型コードレス掃除機には、寝具を掃除できるフトンツールが付属されているモデルが存在します。本体から延長管を取り外し、直接本体にフトンツールを装着できるため、布団クリーナーのようにコンパクトになり、布団や枕などの寝具の掃除がしやすくなります。

パナソニックのiTがダイソンより優れている部分

パナソニックのiTがダイソンのV8より優れている部分は、「軽い操作性(スティック形状時)」と「壁際の掃除が得意」ということです。また、高価格帯の製品の中で一番スリムなので「省スペースで収納」できる利点も存在します。ダイソンが持っていない機能も搭載されており、モーターヘッドの回転ブラシを止めながら掃除ができるモードと、床に落ちている微細なゴミの有無が分かるハウスダストセンサーも搭載されています。
パナソニックの性能比較表

現在、ダイソンV8シリーズにラインアップされているスティック型コードレスクリーナーは5機種となります。うち4機種に布団の掃除ができる「フトンツール」が同梱されています。各モデルの付属品がひと目で分かるダイソンの比較表を参考にしていただければ幸いです。
ダイソンの性能比較表