ダイソンコードレスクリーナー 埃を舞い上がらせないようにゴミを捨てる方法

思ったより埃は舞い上がらない

ダイソンのコードレスクリーナーはゴミを捨てるときに埃が舞うという口コミをネットでたくさん見ましたが「実際はどうなんだろう?」また埃、を舞いあがらせないようにゴミを捨てる方法はないのか色々と試してみた。

まず、電動工具メーカーのカプセル式のコードレスクリーナーと比べると、ゴミ捨て時はダイソンのほうが埃が舞い上がりにくいようだ。なぜなら、マキタや日立工機のコードレスクリーナーはカプセル内のゴミは捨てやすいですが、フィルターに付着した粉じんをミニホウキや棒などで掃いとらなければいけないからだ。このフィルターのお手入れするときに必ず埃が舞いあがるので、私は息を止めるかベランダでしている。

一方ダイソンのコードレスクリーナーは、赤いレバーを下に引くとゴミの溜まるクリアビンの底フタが開く。これを高い場所からゴミ箱に勢いよくドサーッと落とせば埃が舞い上がってしまうが、ゴミ箱や袋の中でクリアビンのフタを手で押さえながら開けば想像していたより埃は舞いあがらなかった。

.

埃を舞い上がらせずにゴミを捨てる方法

ダイソン コードレスクリーナー埃の落とし方

蓋を開ける前に3ヶ所を軽く叩く

ユーチューバーの動画やCMでは特徴を分かりやすく説明しているからか、ゴミ捨て時に、ゴミを高いところから勢いよく落として、パンパンとクリアビンを叩いているユーザーがいるが、同じようなゴミの捨て方をすると埃が舞い上がりやすいので真似しないほうがよいだろう。

なので、ゴミを落とす前にあらかじめ『サイクロン部分』と『クリアビン』を軽く叩き粉じんを落としてから、ゴミ箱の上で手で蓋をゆっくりと押さえながら開くと埃はさらに舞い上がりにくなった。ちなみにサイクロン部分を上から叩いたときに、クリアビンのフタが振動し、わずかな隙間から粉じんが漏れだすことがあるので、クリアビンの蓋が動かないように下から押さえながら叩きます。

クリアビン

蓋は手で押さえながらゆっくりと開ける

底のフタを開けるときに勢いよくゴミが落とすと埃が舞いやすいので、蓋を手で押さえながらゆっくりと開くと埃の舞い上がりを軽減させることができました。

ただし、軽減させるだけで埃を少しも舞い上がらせることなく捨てるのは難しいので、埃の舞い上がりを少しでも抑えたい場合は、ダストカップの小さいシャープのFREEDや日立アプライアンスのPV-BC500がおすすめです。

ダストビンにこびりついた埃

全ての微細なゴミを取り除くことは不可能

ちなみにフタを開けてゴミを落としただけでは、クリアビンやシュラウド(メッシュ)に付着している埃や粉じんを完全には落とすことはできない。必ず隅のほうに微細なゴミが付着している。このゴミが気になる方は、クリアビンを本体から取り外してブラシなどで掃いとらなければいけないので、他メーカーのフィルター式の掃除と一緒で手間がかかります。

自分のようにクリアビンの中の汚れがあまり気にならない人間だと、ダイソンはゴミ捨て時に手間がかからず便利です。しかし、クリアビン中の汚れがちょっとでも気になるような方ですと、ゴミ捨て時に毎回クリアビンを外してお手入れしないといけません。さらに、この時に埃が舞いあがり不衛生なので、神経質な方がダイソンを使うと嫌いになるかもしれません。

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表