ダイソンコードレスクリーナーのサイクロン部分を分解せずに1分で掃除する方法

分解するのが面倒臭い

分解するのが面倒臭い

ダイソンのコードレスクリーナーで2ティアーラジアルサイクロが採用されている機種は素人では分解しづらくなっている設計になっています。またサイクロン部分を水洗いすることは禁止されています。メーカーの話では、サイクロン部分は掃除しなくても問題ないとのことですが、クリアビンを取り除き中を覗いて見ると、サイクロン部分の回りに粉塵が大量にこびりついています。

私は面倒くさがりの性格なので、手軽に掃除ができるコードレスクリーナーとは相性がぴったりです。けれども、分解してサイクロン部分を掃除するの嫌なので、手っ取り早くエアツールでサイクロン部分にこびりついている粉塵を吹き飛ばすことにしました。

.

ブロワー


ダイソンをブロワーで掃除

手の届かない場所の粉じんを一瞬で吹き飛ばす

私はコンプレッサーを持っているのでエアダスターを使えますが、コンプレッサーは少し高価なうえ、本体が大きく場所もとるので、今回は誰でも入手できて扱いやすいE-Valueのブロワーで吹き飛ばすことにしました。

ブロワーとは強力な風を吹き起こすことができる電動工具です。コンプレッサーより小さく片手で持てる重さなので誰にでも扱いやすいです。どれくらい強力な風が起こせるかというと、フローリングに置いた卵1パックを滑らしてしまうほど、強い風を発生させることができます。

コード式だからずっと使えて経済的

ブロワーは、高価なプロ用モデルは10,000円以上しますが、価格は安いDIY用のモデルは3,000円前後で販売されています。コード式なので長い目で見ると空気の量が限られている消耗品のエアースプレー缶より経済的です。というかエアースプレー缶の風圧では、粉じんの溜まりやすいサイクロンの外側に付着したゴミを吹き飛ばせません。

ブロワーでの掃除の仕方

サイクロン上部
サイクロン上部

サイクロン部分 上部

まずはじめに筒状のフィルターを外してサイクロン部分の上からブロワーで掃除してみることに。

シュラウドを抜けた空気と微細なゴミはすべての小さなサイクロンへ均等に分かれ、微細なゴミと空気が分離されます。この微細なゴミと分離された空気は筒状のフィルターが収まっていた穴の縁(写真:ピンクの部分)から排出されます。

なので、穴の縁の部分に向けて風を送ると真っ白な粉塵が吹き飛んでいきました。フィルターが収まっている部分の通気口は穴の縁にしかないので、穴の奥にブロワのノズルを差込んでも強風を送っても意味がありませんでした。

.

ダイソン シュラウド
ダイソン シュラウド

サイクロン部分 下部

サイクロン部分で分離された微細なゴミはシュラウドの底からクリアビンに落ちます。なのでシュラウドの底から上に向けてブロワーで吹き飛ばします。このときにかなり大量の粉じんが舞うので注意してください。

サイクロン部分
サイクロン部分

わずか数分でこんなに綺麗に

この写真を見ると何かで拭き取ったように見えますが、数十秒間だけブロワーの風で吹き飛ばしたのみです。ブロワーの風は予想以上に強力なので、ここからでは見えない円錐のサイクロン部分の周りにこびりついた粉じんも綺麗に取り除けていると思います。

注意点

この掃除を室内ですると部屋が真っ白になるので、屋外で吹き飛ばし作業をしたほうがよいでしょう。私はマスクを着用してお風呂場でしました。

強力な風を送り込むとモーターが高回転で空周りするかもしれないので、掃除をする前に、必ずクリアビンを外しておきます。クリアビンを外すと空気の逃げ道ができます。

実はブロワーが発生させる風というのはものすごく強力で、例えばこれでデスクトップPCの中を強モードで掃除すると内部の部品がへし折れることもあります。サイクロン部分に壊れるような部分はないと思いますが、故障した場合は自己責任となります。不安な場合は風量を弱~中にするとよいでしょう。


E-Value EBL-500V(風力 調整機能付き)