ダイソンのコードレスクリーナーに採用されているサイクロンテクノロジー種類

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

ダイソンのコードレスクリーナーに採用されているサイクロンテクノロジー種類


ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)

アイコン モデル名 発売日&仕様
Dyson DC35 レビュー DC35
レビュー記事
発売日:2011年2月
吸込仕事率:通常28W/MAX65W
Dyson DC45 レビュー DC45
レビュー記事
発売日:2012年9月
吸込仕事率:通常28W/MAX/65W
Dyson DC62 レビュー DC62
レビュー記事
発売日:2013年10月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson DC74 レビュー DC74
レビュー記事
発売日:2014年10月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson V6 レビュー V6
レビュー記事
発売日:2015年5月
吸込仕事率:通常28W/MAX100W
Dyson V8 レビュー V8
レビュー記事
発売日:2016年5月
吸込仕事率:通常28W/MAX115W
ダイソンV7 メニュー V7
レビュー記事
発売日:2017年5月
吸込仕事率:通常21W/MAX100W
ダイソン V10 アイコン V10
レビュー記事
発売日:2018年3月
吸込仕事率:省電力13W/通常28W/MAX130W

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

.

メニュー

ダイソンコードレスクリーナーの選び方 特徴 ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由
ダイソンコードレスクリーナーの吸引力を検証 吸引力 ダイソンのコードレスクリーナーをよくCMで見るけどそんなにいいの?吸引力を徹底調査
ゴミの捨て方 ゴミの捨て方 ダイソンはダストボックスの底にフタが付いているから、他のメーカーより、ゴミの捨て方が簡単
フィルターのお手入れ方法 フィルター
お手入れ方法
フィルターは引き抜くだけだから簡単に着脱可能。分離能力が優れているから、お手入れの頻度も少ない
ダイソンのノズル一覧 ノズル一覧 掃除の用途が広がる専用ツール!ダイソンのクリーナー本体に装着できるノズル・アクセサリの特徴をまとめたページです。
ダイソンコードレスクリーナーの性能比較表 性能比較表 コードレスクリーナーの〔主要スペック〕〔モーター〕〔サイクロンの種類〕〔付属品〕が一目で分かる性能比較表

多くのゴミを吸い取る4つのテクノロジー

ダイソンデジタルモーター ダイソン
デジタルモーター
パワフルな吸引力を発生させる毎分最大110,000回転する350Wのダイソンデジタルモーター(DDM)
サイクロンテクノロジーの種類 サイクロン
テクノロジー
フィルターに到達する前に微細なゴミを分離する!吸引力が落ちにくい独自のサイクロンテクノロジー
ヘッドの種類 ヘッドの種類 フローリングや絨毯から多くの微細なゴミを取り除くためにカーボンとナイロンのブラシを組み合わせた3種類の床用ヘッド
リチウムイオンバッテリー バッテリー 21.6Vのリチウムイオンバッテリー(ニッケルマンガンコバルトバッテリー)により、高い吸引力が続きます
.

ダイソン|サイクロンテクノロジーの種類

過去、国内の電機メーカーは、いかに紙パック掃除機の吸引力を強くするか、運転音を静かにするかを愚直に追求してきた。そんな中で海外から黒船のとごとく現れたダイソンのサイクロン掃除機。ランニングコストがかからず、吸引力が低下しにくいサイクロン掃除機はたちまち話題となり人気となった。そして、現在、日本の掃除機メーカーのほとんどが、サイクロン式の製品を販売しており、お互いが切磋琢磨し合った状態となっている。

.

1段式サイクロン構造の特徴

他社のサイクロン掃除機は「1段式サイクロン」だから目詰まりしやすい

ダイソンと国内メーカーのサイクロン掃除機の大きな違いは、吸い込んだ空気と分離する性能にある。一般的に国内メーカーのサイクロン掃除機は「1段式のサイクロン」が採用されており、ゴミが溜めるダストカップ内で空気とゴミを遠心分離しているため、ダストカップ内で飛散したゴミがフィルターに侵入し目詰まりしやすい。その結果、吸引力が低下しやすく、頻繁にフィルターのお手入れをしなければいけない。

.

2段式サイクロン構造の特徴

ダイソンのサイクロン掃除機は「2段式サイクロン」だから目詰まりしにくい

ダイソンのサイクロン掃除機は「2段式サイクロン」が採用されており、ダストカップ内で遠心分離できなかった微細なゴミを上部に設置されている円錐形サイクロンで遠心分離。サイクロン部では強力な遠心力が発生しているため、目に見えない微細なゴミまでも遠心分離することができる。国内メーカーの製品よりフィルターが目詰まりしにくいため、面倒なフィルターお手入れの頻度が軽減するうえ、強い吸引力を維持することができる。

.

ダイソンのコードレス掃除機に採用されているサイクロンテクノロジー

ダイソンのルートサイクロンの特徴

「ルートサイクロン」の特徴

「ルートサイクロン」が採用されてるモデル

DC16(2008年)-ハンディタイプ
DC31(2009年)-ハンディタイプ
DC34(2011年)-ハンディタイプ
DC35(2011年)-スティックタイプ
DC45(2012年)-スティックタイプ

2008年にダイソンが国内で初めて発売したコードレス掃除機(DC16)から、2012年に発売されたDC45までのモデルには「ルートサイクロン」が採用されている。ルートサイクロンは同心円状に6個の円錐形サイクロンが配置されている。コードレス掃除機の中では一番古いサイクロンテクノロジーとなるものの、ダストカップ内で遠心分離している競合製品とは違い、吸い込んだ空気とゴミを遠心分離する能力ははるかに優れている。

ルートサイクロンが採用されているモデルは、本体とサイクロンのあいだに「楕円形のプレモーターフィルター」が配置されている。そのため、フィルターをお手入れする場合は、本体とサイクロンを切り離すというちょっとした手間がかかる。前述したとおり、古いサイクロンテクノロジーであるが、空気とゴミを遠心分離能力は優れているため、毎日使用しても面倒なフィルターのお手入れの目安は1ヶ月に一度で十分である。

.

「2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」の特徴

2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」の特徴

「2 Tier Radial™ サイクロン」が採用されてるモデル

DC61(2013年)-ハンディタイプ
DC62(2013年)-スティックタイプ
DC74(2014年)-スティックタイプ
V6(2015年)-ハンディ&スティックタイプ
V7(2017年)-ハンディ&スティックタイプ
V8(2016年)-スティックタイプ

2013年に発売したDC62には画期的な動きがあり、従来モデルより回転数と出力がアップした「ダイソンデジタルモーターV6」を搭載。また、それと同時に2層に配置された15個のサイクロン「2ティアーラジアルサイクロン」が搭載された。従来機より強い吸引力と2倍以上のサイクロン数によって、さらに強力な遠心力を発生することができるため、吸い込んだ微細なゴミを遠心分離する能力は従来モデルより優れている。

2ティアーラジアルサイクロンが採用されているモデルは、サイクロンの上部に「円柱形のプレモーターフィルター」が配置されている。このフィルターは差込式に改良されたため、従来モデルに採用されていたものと違い、簡単かつ素早くフィルターの着脱が行えるようになった。空気とゴミを遠心分離する能力は高くなったが、従来モデルと同様、フィルターのお手入れ(洗浄)目安は1ヶ月に一度となっている。

Dyson-ポストモーターフィルター

V6以降に発売されたモデルには、本体後部に「ポストモーターフィルター」が新しく搭載されている。ポストモーターフィルターは空気清浄機などにも使われているHEPAフィルターと同等の性能を持っているため、花粉症やPM2.5のようなハウスダストを捕集することができる。アレルギーで悩まされている家族や小さなお子様がいる家庭では、部屋の空気より綺麗な空気を排出するV6以降のモデルがおすすめである。

.

ダイソン-Radial Root™(ラジアルルートサイクロン)

「Radial Root™(ラジアルルート)サイクロン」の特徴(14気筒)

「2 Tier Radial™ サイクロン」が採用されてるモデル

V10(2018年)-スティックタイプ

2018年に発売されたV10シリーズには、14個のサイクロンが放射状に配置された「ラジアルルートサイクロン」が採用されている。従来モデルに比べるとサイクロンの数は減っているものの、出力と回転数がアップした「ダイソンデジタルモーターV10」を搭載。さらにクリアビン、サイクロン、モーターを直線的に配置したことにより風量が力アップ。サイクロン内部では、79,000Gの遠心力が発生しており、従来モデルと同様に吸い込んだ空気と微細なゴミを遠心分離することができる。

ラジアルルートサイクロンが搭載されているモデルには、プレモーターフィルターとポストモーターフィルターが一体型となった「フィルターユニット」が採用されている。このマイナーチェンジされたフィルターは本体後部に配置されており、左に回すことにより簡単に取り外すことができる。そのため、ポストモーターフィルターが搭載されているV6,V7,V8より、簡単にフィルターの着脱やお手入れが可能となっている。お手入れの目安は、マニュアルに1ヶ月に1度と記載されている。

.

サイクロンの種類(まとめ)

イメージ テクノロジー サイクロン数 モデル名前
Root Cyclone™ (ルートサイクロン)テクノロジー ルートサイクロン 6個 DC16(2008年)
DC31(2009年)
DC34(2011年)
DC35(2011年)
DC45(2012年)
2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン 2ティアーラジアルサイクロン 上段:5個
下段:10個
DC61(2013年)
DC62(2013年)
DC74(2014年)
V6(2015年)
V8(2016年)
2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン ラジアルルートサイクロン 14個 V10(2018年)
.

ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由

紙パック式掃除機

紙パック式掃除機は目詰まりすると吸引力が低下する

わたしたち日本人が慣れしたんできたキャニスター掃除機にセットされた紙パックの役割はゴミを溜めておくことだけでなく、吸い取った空気とゴミを分離させるフィルターの役割も兼ね備えている。そのため、ゴミを吸い込めば吸い込むほどゴミが紙パックの繊維に目詰まりするので、吸引力の低下につながっていた。

ダイソン社の創業者(ジェームズ・ダイソン氏)も、紙パックにゴミが詰まると吸引力が低下する問題を解決するため、製材所の煙突に設置してあった空気と大鋸屑を分離させる分離機(サイクロン)の仕組みを応用して、独自のサイクロン掃除機を開発した。

.

遠心力とは?

身近に存在する遠心力

回転する遊具やアトラクションに乗ったときに、円の外側に向かって引っ張られる力を感じたことはないだろうか?人の重たい体を引っ張りつけるほど強い力、あの見えない力の正体こそが遠心力である。例えば、身近で強い遠心力を体感できるものといえば、スピードをだしている車やジェットコースターがカーブを曲がるときにも感じられるはずだ。

.

サイクロンテクノロジー

ダイソンは遠心力を利用して空気とゴミを遠心分離

この遠心力という引っ張られる力を利用して、吸い込んだ空気とゴミを分離する集じんシステムを搭載しているのがダイソンのコードレスクリーナーだ。ダイソンのサイクロンテクノロジーにはどれくらいの遠心力がかかっているのか、また強い遠心力が発生させることにより、どのようにゴミが分離されていくのか見ていこう。

.

遠心力の単位

強力な遠心力が発生してるからフィルターが目詰まりしにくい

遠心力は「G」という単位で表され、遠心力の力が大きいほど外側に向かって引っ張られる力は強くなる。私たちが暮らしている地球の重力は1Gだが、F1レーサーの体には3Gもの重力がかかっている。さらに脱水中の洗濯機の内部には10Gという遠心力が発生している。そして、ダイソンの円錐形のサイクロン部分では80,000G~160,000Gもの強力な遠心力が発生しているのだ。ダイソンの吸引力が強いと言われるのは、強力な遠心力によって、フィルターに目詰まりするような微細なゴミを遠心分離するため、吸引力が低下しないためである。

.

一般的な掃除機のサイクロンテクノロジー

円柱形-遠心力

円柱形の筒に竜巻を発生させると遠心力が発生する

円柱形の筒の中で小さいゴミを含んだ竜巻を人口的に発生させると、小さいゴミは筒の外周に弾き飛ばされ回転しながら下の回収容器に落下するため、吸い込んだゴミと空気を遠心分離することができる。

一般的なサイクロンシステム

遠心力が弱く微細なゴミを分離できないから目詰まりしやすい

この円柱形のサイクロンシステムは、競合メーカーのサイクロン掃除機や集塵機の集じん方式に採用されいるが、直径が広いダストカップ内で発生する遠心力は弱く、微細なゴミまで分離することができない。また、ダストカップ内で飛散した微細なゴミがフィルターに付着し目詰まりを起こしていた。そのため、一度にゴミをたくさん吸引すると、すぐに吸引力が低下し、うんざりするフィルターのお手入れをこまめに行わなければいけなかった。

.

ダイソンのサイクロンテクノロジー

cone-centrifugal-force02

円錐形の筒に竜巻を発生させると強い遠心力が発生する

上で竜巻を発生させた円柱状の筒を円錐形に変えてみると、空気とゴミが回転するスピードがより速くなり遠心力も強くなる。遠心力が強くなることで円柱状の筒では弾き飛ばせなかった空気中に浮遊する細かいゴミでさえも弾き飛ばすことができるようになるのだ。

ダイソン-サイクロンテクノロジー

遠心力が強く微細なゴミも分離できるから目詰まりしにくい

さらにこの円錐形の筒を増やしいくつも束ねていくと、より強いGをかけられるようになるため、ダイソンの掃除機は他社のサイクロン掃除機では分離できない超微細なゴミも遠心することができるのだ。そのため、フィルターの目詰まりが発生しにくくなり、吸引力が低下しにくくなる。さらに、面倒なフィルターのお手入れから解放されるというメリットも存在する。

.

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表