ダイソンコードレスクリーナー サイクロンテクノロジーの特徴

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

ダイソンコードレスクリーナー サイクロンテクノロジーの特徴

目次です。


ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)
ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

メニュー

ダイソンコードレスクリーナーの選び方 特徴 ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由
ダイソンコードレスクリーナーの吸引力を検証 吸引力 ダイソンのコードレスクリーナーをよくCMで見るけどそんなにいいの?吸引力を徹底調査
ゴミの捨て方 ゴミの捨て方 ダイソンはダストボックスの底にフタが付いているから、他のメーカーより、ゴミの捨て方が簡単
フィルターのお手入れ方法 フィルター
お手入れ方法
フィルターは引き抜くだけだから簡単に着脱可能。分離能力が優れているから、お手入れの頻度も少ない
ダイソンのノズル一覧 ノズル一覧 掃除の用途が広がる専用ツール!ダイソンのクリーナー本体に装着できるノズル・アクセサリの特徴をまとめたページです。
ダイソンコードレスクリーナーの性能比較表 性能比較表 コードレスクリーナーの〔主要スペック〕〔モーター〕〔サイクロンの種類〕〔付属品〕が一目で分かる性能比較表

多くのゴミを吸い取る4つのテクノロジー

ダイソンデジタルモーター ダイソン
デジタルモーター
パワフルな吸引力を発生させる毎分最大110,000回転する350Wのダイソンデジタルモーター(DDM)
サイクロンテクノロジーの種類 サイクロン
テクノロジー
フィルターに到達する前に微細なゴミを分離する!吸引力が落ちにくい独自のサイクロンテクノロジー
ヘッドの種類 ヘッドの種類 フローリングや絨毯から多くの微細なゴミを取り除くためにカーボンとナイロンのブラシを組み合わせた3種類の床用ヘッド
リチウムイオンバッテリー バッテリー 21.6Vのリチウムイオンバッテリー(ニッケルマンガンコバルトバッテリー)により、高い吸引力が続きます

ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由

紙パック式掃除機

サイクロン掃除機をつくったきっかけ

紙パック式掃除機の紙パックの役割はゴミを溜めておくことだけでなく、吸い取った空気とゴミを分離させるフィルターの役割も兼ね備えています。ゴミを吸い込めば吸い込むほど紙パックの繊維にゴミは目詰まりするので、吸引力の低下につながっていました。


ダイソン社の創業者(ジェームズ・ダイソン氏)は、この紙パックにゴミが詰まり吸引力が低下する問題を解決するために、製材所の煙突に設置してあった空気と大鋸屑を分離させる分離機(サイクロン)の仕組みを応用して、独自のサイクロン掃除機を開発しました。

.

遠心力とは?

遠心力によって空気からゴミを分離

回転する遊具やアトラクションに乗ったときに、円の外側に向かって引っ張られる力を感じたことはないでしょうか?あの体を傾けるほど強い力。あの見えない力の正体こそが遠心力です。身近に遠心力を体感できるものといえば、スピードをだしている車やジェットコースターがカーブを曲がるときにも感じられます。

.

遠心力の単位

遠心力の単位

遠心力は「G」という単位で表され、遠心力の力が大きいほど外側に向かって引っ張られる力は強くなります。私たちが暮らしている地球の重力は1Gですが、F1レーサーの体には3Gの重力がかかり、脱水中の洗濯機の内部には10Gという遠心力が発生しているようです。そしてダイソンのサイクロン部分には80,000G~160,000Gもの強力な遠心力が発生しています。

.

サイクロンテクノロジー

遠心力を利用した集じん方式

この遠心力という大きな力を利用してゴミと空気を分離する集じんシステムを搭載しているのがダイソンのコードレスクリーナーです。ダイソンのサイクロンテクノロジーにはどれくらいの遠心力がかかっているのか、また強い遠心力が発生させることにより、どのようにゴミが分離されていくのか見ていきましょう。

.

一般的なサイクロン掃除機

円柱形-遠心力

円柱形の筒に竜巻を発生させると遠心力が発生する

円柱形の筒の中で小さいゴミを含んだ竜巻を人口的に発生させると、小さいゴミは筒の外周に弾き飛ばされ回転しながら下の回収容器に落下するので、ゴミと空気を分離させることができます。

一般的なサイクロンシステム

遠心力が弱く微細なゴミを分離できないから目詰まりしやすい

この円柱形のサイクロンシステムは一般的なサイクロン掃除機や集塵機の集じん方式の構造に似ていますが、遠心力が弱く微細なゴミまで分離することができず、すぐにフィルターが目詰まりを起こし吸引力が低下していました。目詰まりが発生しやすいと掃除をする度にフィルターの掃除をしなければいけません。

.

ダイソンのサイクロンテクノロジー

cone-centrifugal-force02

円錐形の筒に竜巻を発生させると強い遠心力が発生する

上で竜巻を発生させた円柱状の筒を円錐形に変えてみると、空気とゴミが回転するスピードがより速くなり遠心力も強くなります。遠心力が強くなることで円柱状の筒では弾き飛ばせなかった空気中の細かいゴミさえも弾き飛ばすことができるようになります。

ダイソン-サイクロンテクノロジー

遠心力が強く微細なゴミも分離できるから目詰まりしにくい

さらにこの円錐形の筒を増やしいくつも束ねていくと、より強いGをかけられるようになるので、他社のサイクロン掃除機では分離できない微細なゴミも分離することができるので、フィルターの目詰まりが発生しにくくなり吸引力が低下しにくくなります。

.

ダイソンのコードレス掃除機に採用されているサイクロンテクノロジーの種類

イメージ テクノロジー サイクロン数 モデル名前
Root Cyclone™ (ルートサイクロン)テクノロジー ルートサイクロン 合計:6個 DC16(2008年)
DC31(2009年)
DC34(2011年)
DC35(2011年)
DC45(2012年)
2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン 2ティアーラジアル
サイクロン
合計:15個(2層)
上段:5個
下段:10個
DC61(2013年)
DC62(2013年)
DC74(2014年)
V6(2015年)

コードレスクリ-ナーに採用されているサイクロンテクノロジー

上で説明した遠心力の仕組みを活かした装置がダイソンのコードレスクリーナーやハンディークリーナーに備わっています。新しいモデルになるほど円錐形の筒(サイクロン)が増え、より遠心力も増しており、集じん力と吸じん力がアップしているので、吸引力が強いだけでなく、従来の掃除機が分離しきれなかった微細なゴミもキャッチします。

ダイソンは「フィルターが目詰まりせず吸引力が変わらない」とうたっていますが、微粒子レベルの粉塵を100パーセント分離するのは難しいです。なのでやはり長く使っているとフィルターの目詰まりが発生するので、コードレス掃除機の場合は1ヶ月に1度フィルターの水洗いをしなければいけません。それでも一般的なサイクロン掃除機より目詰まりしにくいのでメンテの頻度は圧倒的に低くなります。

そして、私がお勧めするダイソンのコードレスクリーナー〔V6〕〔DC74〕〔DC62〕には、この15個ものサイクロンが2層にわたって配置された2 Tier Radial(ティアーラジアル)サイクロン技術が搭載されています。このサイクロン技術はキャニスター型の掃除機にも採用されている新しい装置です。

Root Cyclone™ (ルートサイクロン)テクノロジー

Root Cyclone™(ルートサイクロン)テクノロジー

ダイソンが2008年に初めて発売した「DC16」から、2012年に発売された「DC45」までのサイクロンテクノロジーには、この「ルートサイクロン」が採用されています。

国内メーカーのキャニスター式サイクロン掃除機で、ゴミと空気の分離能力が優れている掃除機は、サイクロン部分がこの「ルートサイクロン」と似た構造になっています。逆に円錐形のサイクロンが並んでいないサイクロン掃除機は、微細なゴミを分離する能力がほとんどないので、掃除をするたびにフィルターが目詰まりします。

コードレスクリーナーやハンディークリナーに搭載されている「ルートサイクロン」のサイクロン数は6個となります。「2 TIER RADIAL™(ティアーラジアル)サイクロン」のサイクロン数より少なくなりますが、吸い込んだゴミと空気の分離能力は他社のサイクロン掃除機より優れており、例えばペビーパウダーのようなゴミを吸引しても、フィルターに到達する前に分離する能力があります。

フィルターの取り外し方

ルートサイクロンが搭載されているモデルのフィルターはサイクロン部分と本体部分の間にあります。フィルターのお手入れ方法は、本体とサイクロン部分を取り外してフィルターを取り外し水洗いします。

分離能力が優れているといっても、長く使用していると浮遊するような粉じんがフィルターに目詰まりするので、マニュアルでは一ヶ月に一度水洗いすることを推奨しています。

.

2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン

2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン

2013年に画期的な動きがあり、この年に発売されたDC61/DC62には「2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」が搭載され、このサイクロンテクノロジーは、2014年~2015年の間に発売されたDC74やV6の後継機にも採用されています。そのため、比較的新しい3種類の本体だけを見てみると違いがないことが分かります。

「2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」は、サイクロンが2層構造になり、サイクロン部分が上下に配置することによりサイロン数が6個から15個に増えています。サイクロン数を増やすことにより、より強い遠心力を発生させることが出来るので、空気とゴミの分離能力は、従来のルートサイクロンより高くなっています。

フィルターの取り外し方

「2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」が搭載されている機種は、フィルターがサイクロン部分の中央にすっぽり納まっています。そのため手間をかけることなくフィルターをつまみ出して水洗いすることが出来ます。


ゴミの捨て方

ゴミはクリアビンに溜まる

ダイソンのコードレスクリーナーはクリアビンで大きなゴミを分離し、微細なゴミはクリアビン上部のサイクロン部分によって分離します。

.

クリアビン(MAXライン)

ゴミを捨てる目安

上で説明したサイクロン部分で空気と分離されたゴミは、下のクリアビンに回収されます。クリアビンに溜まったゴミが〔MAXライン〕まで溜まったらゴミを捨てます。

.

ゴミの捨て方

クリアビンの開け方

クリアビンの中に溜まったゴミを捨てる場合は、クリアビン横にある赤いトリガーを下に引きます。この時に底の蓋が開きゴミが勢いよく下に落ちて埃が舞うので、以下の手順でゴミを捨てることをおすすめします。

クリアビンを開ける前にサイクロン部分を軽く叩く

まずクリア瓶を開ける前に、サイクロン部分の頭を軽く叩いておくことで、サイクロンの筒部分に付着している埃を落とすことが出来ます。この叩いた衝撃で下の蓋に隙間が生じて埃が落ちることがあるので、必ず下の蓋を押さえながら叩きましょう。

埃が舞わないように蓋を押さえながら開ける

次にゴミ箱やゴミ袋の中にクリアビンを入れて、左手で底の開く部分を押さえながらゆっくりと開きます。こうすることにより、埃が舞うのを軽減させながらゴミをゴミ箱に捨てることが出来ます。埃が舞うので高い場所からゴミを落とさないようにします。

クリアビンからゴミが落ちている

クリアビンのパッキンの埃を除去しないとゴミが落ちる

クリアビンからゴミを落としたときに必ずパッキンに埃や粉塵が付着します。パッキンに微細なゴミを付着させたまま蓋を閉めると、本体に振動が発生したときに一瞬だけ蓋が開いて微細なゴミが床に落ちます。

また、大きな埃などが噛んでいると、クリアビン内でもサイクロンが発生しているので、空気や微細なゴミが漏れてしまいます。フィルターやポストモーターフィルターを装着している意味がなくなります。

このパッキンに付着した粉塵は毛先の細いブラシでないと落とせません。わたしは静電気の発生しない動物の毛が使われたダスター刷毛を使っています。ホームセンター等で数百円で販売されています。

.

クリアビン 水洗い

水洗いしてはいけないクリアビン

クリアビンを取り外すこともできますが、クリアビンを水洗いすることは禁止されています。コードレスクリーナーのヘッドに備わっている回転ブラシはバッテリーから電気をとって回転させています。
なので金属接点と配線がクリアビンを通っており、この部分が水に濡れると故障の原因になります。誤って洗ってしまった場合はよく乾かしてから装着しましょう。

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表