ダイソンコードレスクリーナー ゴミの捨て方

おすすめのコードレスクリーナーを徹底調査!

ダイソンコードレスクリーナー ゴミの捨て方


ダイソンコードレスクリーナー(各部名称)
ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表

メニュー

ダイソンコードレスクリーナーの選び方 特徴 ダイソンがサイクロン方式にこだわる理由
ダイソンコードレスクリーナーの吸引力を検証 吸引力 ダイソンのコードレスクリーナーをよくCMで見るけどそんなにいいの?吸引力を徹底調査
ゴミの捨て方 ゴミの捨て方 ダイソンはダストボックスの底にフタが付いているから、他のメーカーより、ゴミの捨て方が簡単
フィルターのお手入れ方法 フィルター
お手入れ方法
フィルターは引き抜くだけだから簡単に着脱可能。分離能力が優れているから、お手入れの頻度も少ない
ダイソンのノズル一覧 ノズル一覧 掃除の用途が広がる専用ツール!ダイソンのクリーナー本体に装着できるノズル・アクセサリの特徴をまとめたページです。
ダイソンコードレスクリーナーの性能比較表 性能比較表 コードレスクリーナーの〔主要スペック〕〔モーター〕〔サイクロンの種類〕〔付属品〕が一目で分かる性能比較表

多くのゴミを吸い取る4つのテクノロジー

ダイソンデジタルモーター ダイソン
デジタルモーター
パワフルな吸引力を発生させる毎分最大110,000回転する350Wのダイソンデジタルモーター(DDM)
サイクロンテクノロジーの種類 サイクロン
テクノロジー
フィルターに到達する前に微細なゴミを分離する!吸引力が落ちにくい独自のサイクロンテクノロジー
ヘッドの種類 ヘッドの種類 フローリングや絨毯から多くの微細なゴミを取り除くためにカーボンとナイロンのブラシを組み合わせた3種類の床用ヘッド
リチウムイオンバッテリー バッテリー 21.6Vのリチウムイオンバッテリー(ニッケルマンガンコバルトバッテリー)により、高い吸引力が続きます

ゴミを捨てる手順


吸い取ったゴミはクリアビンに回収される

ダイソンのコードレスクリーナーで吸い取ったゴミは、遠心力によって空気から分離されクリアビンに回収されます。

まずはじめに大きなゴミはクリアビンの中で分離されます。次にクリアビン内で分離できなかった微細なゴミは、シュラウドの網目を通り抜け上部のサイクロン部分によって分離されます。

クリアビンで分離された大きなゴミはシュラウドの網目を通り抜けることが出来ないので、外側の壁面に反ってぐるぐると回り続けます。動画ではBB弾を大きなゴミに見立てています。

.

クリアビン(MAXライン)

MAXラインをゴミを捨てる目安に

ゴミの溜まるクリアビンにはゴミ捨ての目安となるラインがついています。クリアビンに溜まったゴミが〔MAXライン〕まで溜まってきたらゴミを捨てます。

.

ダイソン ゴミの捨て方

クリアビンを開ける前にサイクロン部分を軽く叩く

クリア瓶を開ける前にサイクロン部分の頭を軽く叩いておくことで、サイクロンの内部に付着している粉じんを落とすことが出来ます。クリアビンのフタを開けてから頭を叩くと埃が舞うので、フタを開ける前にあらかじめ叩いおいたほうがよいでしょう。ちなみに上部サイクロンに付着した粉じんは、中心部の赤い筒の中に落ちるので外からは見えません。

この叩いた衝撃で下のフタに隙間が生じて埃・チリが床に落ちることがあるので、必ず下のフタを左手で押さえながら叩くようにしましょう。

.

ダイソン クリアビンの開け方

埃が舞わないように蓋を押さえながら開ける

CMやYoutubeの動画では手軽にゴミが捨てられることをアピールしているため、高い場所からクリアビンを開けて勢いよくドサッとゴミを落としていますが、実際こんなゴミの捨て方をすると埃が舞ってしまいます。

埃の舞いを少しでも抑えるため、クリアビンの底をゴミ箱やゴミ袋の中に入れた状態で、左手でフタを押さえながらゆっくりと開くようにゴミを落とします。こうすることで埃の舞いを軽減させることが出来ます。

.

ゴミの捨て方

クリアビンの開け方

クリアビンの中に溜まったゴミを捨てる場合は、クリアビンの後部にある赤いトリガーを下に引きます。ゴミが落ちる際に埃やチリ(微細なゴミ)が舞うので、上で説明したようにフタを手で押さえながら、低い場所からゴミ箱にゴミをゆっくりと落としましょう。

.

ゴミ捨て時にパッキンを掃除しないと隙間から粉じんが落ちていく

クリアビンからゴミを落としたときに、必ずパッキンに埃や粉塵が付着します。パッキンに微細なゴミを付着させたままフタを閉めると、本体に振動が発生した際に一瞬フタが開き、振動でパッキンに入り込んだ粉じんがクリアビンの外に落ちていきます。

振動は床用のヘッドが床についた瞬間や壁にぶつかった際に発生します。掃除をしていてヘッドを持ち上げるシチュエーション(障害物を避ける時、他の場所を掃除する時など)はたくさんあるので必ず本体に振動が伝わります。掃除をしている時、クリアビンの底は視界に入っていないので、ゴミが落ちていることに気がつきにくい。

また、パッキン部にゴミが噛んでいると、クリアビン内でもサイクロンが発生しているので、空気や微細なゴミがパッキンの隙間に入り込んで外に漏れてしまうことがあります。排気がクリアビンから漏れていると「臭いの原因」にもなり、フィルターやポストモーターフィルターを装着している意味がなくなります。

クリアビンからゴミが落ちている
このパッキンに付着した粉塵は毛先の細いブラシでないと落とせません。わたしは静電気の発生しない動物の毛が使われたダスター刷毛を使っています。ホームセンター等で数百円で販売されています。

.

クリアビンのお手入れ方法


クリアビンの取り外し方

クリアビンの外し方

クリアビンを本体から外す場合は、まずはじめにビンのフタを開けた状態にします。(蓋の開け方はこちらを参照してください)次にクリアビンの後ろにある赤いボタンを下にスライドさせた状態でクリアビンを傾けながらゆっくりと外します。

慣れていないうちはクリアビンをスムーズに着脱させることが出来ませんが、慣れてくると簡単に着脱できるようになります。手順の説明が難しいのでクリアビンの着脱の手順はイラストや動画をご参照ください。

ダイソン-クリアビンのお手入れ

クリアビンの掃除の仕方

人によると思いますが、わたしは基本的にクリアビンはゴミを捨てるたびにお手入れをしてません。クリアビンやシュラウドの汚れが目立ってきた場合は、クリアビンを取り外して、水で固く絞った布などで拭き掃除します。

また、長く使っているとシュラウドの網目部分にもゴミがこびりつくことがあるので、標準付属されているブラシノズルやダスター刷毛などで掃いとります。

クリアビン 水洗い

水洗いしてはいけないクリアビン

クリアビンを水洗いすることは禁止されています。ダイソンはモーター駆動のヘッドが搭載されているので、ヘッドに備わっている回転ブラシはバッテリーから電気をとって回転させています。
そのため、金属接点と配線がクリアビンを通っているので、この電気の通る部分が水に濡れると故障の原因になります。誤って洗ってしまった場合はよく乾かしてから装着しましょう。


サイクロン内部の掃除の仕方

ダイソン-サイクロンの掃除方法

粉じんが大量に付着しているサイクロン部

ダイソンの頭(脳みそみたいな部分)には、円錐形の小型のサイクロンが複数配置されています。クリアビンでは空気から大きなゴミを分離しますが、このサイクロン部ではクリアビンでは分離しきれなかった微細なゴミ(粉じん)を分離してくれます。

ダイソンコードレスクリーナーのサイクロン部分は、お手入れをしなくても性能に支障はでないので掃除をする必要はないようです。しかし、わたしが分解して観察したところ、クリアビンから抜けていった空気と粉じんは、円錐形のサイロンの外側を通過しているので、意外に分離しているサイクロンの内部より、外側の入り組んだ箇所のほうが粉じんがこびりついていました。

サイクロン部はゴミと空気が流入する場所なので、ヘッドや延長ホースと同じように内部に粉じんが付着します。フィルターやクリアビンのお手入れをしても排気が臭い場合は、わたしはサイクロンに付着している粉じんに原因があると考えています。実際に臭気がしたときにサイクロンのお手入れをすると軽減されることもありました。

ダイソンは恐らくサイクロン部の掃除は推奨していませんし、サイクロン部分やクリアビンを水洗いすることも禁止しています。なので、ダイソンユーザーの一部には、エアダスター(スプレー缶)、コンプレッサー、ブロワーなど、空気を強力噴射するツールで、サイクロン内部の粉じんを吹き飛ばしている方がいます。

自己責任となりますが、下記はサイクロンを分解しなくても内部に付着している埃・粉じんを空気を強力噴射させて吹き飛ばしてくれるツールのまとめです。

.

コンプレッサー

コンプレッサーが身近にある方はコンプレッサーを使うべきだと思います。しかし、ダイソンの掃除の為だけにコンプレッサーを購入することはおすすめしません。なぜなら、コンプレッサー本体は空気をためておく大きなタンクがあるので、重たく場所をとりますし、価格も高価だからです。上の動画は数日前に掃除をしたものなのであまり汚れていませんが、半年もすれば煙突からでる煙のような粉じんが吹き飛んでいきます。

.

ブロワー

ブロワーとは強力な風を作り出すことが出来る電動工具です。主に落ち葉やゴミなどを吹き飛ばす用途で使われますが、風圧がかなり強いのでダイソンのサイクロン部分にこびりついた埃を吹き飛ばすことが可能です。

ブロワーは国内の電動工具メーカーの機種は高価ですが、メーカーにこだわらなければ3,000円前後で購入することも可能です。動画の機種は小型のコンプレッサーより安価ですし、スプレー缶のような消耗品ではないのでおすすめです。

この価格で風量調整機能もついており、動画では風量を弱めてPCの内部を掃除しています。(動画が撮れていなかったので、また今度取り直してアップロードします。宿題)

.

エアーダスター(スプレー缶)

エアダスター(エアスプレー)は、主に精密機器に溜まった埃の吹き飛ばしに使われるものです。スプレー缶の中に圧縮した空気が封入されており、空気を強力噴射することが出来る使い捨てのタイプです。コンプレッサーやブロワーより風圧は弱いですが、ホームセンターなどで安価な価格(1缶300円前後)で販売されています。

動画ではシュラウドのメッシュの内側にこびりついた埃を吹き飛ばしています。サイクロン部分の掃除が出来るのか、今度検証してみたいと思います。(宿題)

ダイソンコードレスクリーナー 性能比較表