SCOTTIE、HELLO、ティッシュ

生活感を隠すデニム・ティッシュカバー

家は家庭で使用する日用品(消耗品)は、セールのときに楽天市場の「ケンコーコーム」や「爽快ドラッグ」で購入している。その中で毎回購入するものがティッシュである。送料無料にするためにティッシュの数量を増やして価格を調整するほど。なので、家には常にティッシュが50個以上ストックされている。安いときは5箱で150円を切るので、無くなったらというより、安いときに大量に買うといった感じである。

ただし、ティッシュにこだわりがないので、いつも一番安いメーカーの「スコッティ」や「ハロー」のものを購入している。お気に入りは袋詰されてるハローのティッシュ、紙と違ってゴミが出ないところがいいのだ。今回、この生活感を漂わすティッシュの箱を隠してくれるティッシュカバーを購入してみた。ちなみに、関係ないですが、AVで使われるティッシュは家と同じ「スコッティ」や「ハロー」の場合が多いです。

 

.

デニム・ティッシュカバー レビュー

お洒落で馴染み深いデニム素材

今回色々なティッシュケースやティッシュカバーを見ていて一目惚れしたのがこのティッシュカバーだ。どちらもデニム生地になっていて、親近感があり、男心をくすぐるお洒落でかっこいいデザインとなっている。ちなみに、現代の若者はデニム(ジーンズ)を履く人が少なくなっているらしく、昔、ぼくたちわたしたちが履いてたEDWIN、LEVI’S、BIG JOHN、BOBSON、Wranglerなどのジーンズブランドは存在感が薄くなっているようだ。

デニム・ティッシュカバー サイズ

いつもの癖でサイズを見ずにポチってしまったがけっこう全長が長い。長さを測ってみると37cmほどあった。ティッシュの箱の長さが23~24cmほどあるので、このティッシュカバーにティッシュを入れて机や棚の上に置くと場所をとることに気づいた。

引っ掛けられるティッシュケース

どこにでも掛け放題

このティッシュケースには紐付きスナップボタンが付いているのでフックだけでなく、身近なところに引っ掛けることができた。車内だと座席のヘッドレストや天井に付いてるアシストグリップなどにも引っ掛けられるだろう。というか、基本的に引っ掛けて使用するものなのかもしれない。家は猫を飼いだしてから、ティッシュやアルコールタオルの消耗が激しくなったので、もう2~3個購入して色々なところに引っ掛けたい。

ティッシュケース 背面ポケット

小物を入れられるポケット付き

購入する前は気づかなかったが、後ろにはポケットがついていた。ポケットに物を入れると置いて使えないので、やはり基本的に引っ掛けて使用するティッシュケースなんだろう。よく使う掃除グッズや掃除機のアタッチメントなんどを入れておくとサッと取り出せて便利かもしれない。

HELLO(ハロー)ティッシュカバー

サイズが(20×10×4.5cm)のHELLO(ハロー)のティッシュを入れてみた。すんなり入った。このティッシュはペラペラの袋にティッシュが入っているので、箱タイプと違ってゴミが出ないのが気に入っている。つい先日もケンコーコムで139円(5個)で販売されていたのでポチったという。

SCOTTIE(スコッティ)ティッシュカバー

サイズが(22.7×11.6×4.5cm)のSCOTTIE(スコッティ)の箱ティッシュも入った。SCOTTIEのティッシュは箱に400枚も入っているのに箱が平たいので余裕ではいりましたね。箱タイプのティッシュは濡れてしまうとダルンダルンになってしまうので、ティッシュカバーに入れておけば、キッチンや洗面所のような場所でも問題なく使用できるだろう。

エリエール ティッシュケース

サイズが(24.4×11.1×5.7cm)のエリエールの箱も入れることができた。この大きさがはいるのであれば、たいがいのメーカーのティッシュに使用することが可能だろう。ちなみにエリエールの保湿ティッシュは、高価なので普段家では買わない。保湿成分には甘味料としても使われるグリセリンが配合されている。すなわちお、金持ちの家のティッシュは甘いはず!