CL105DWとCL105DWNの違い

以前、ブログで紹介した2015年に発売された「CL105DW」は、マキタの10.8Vシリーズの中で人気のある家庭用スティック型コードレス掃除機「CL100DW」や「CL102DW」より吸込仕事率が高いので、アマゾンでのレビュー数は100件を超え、そこそこ人気が高く売れているようだ。

しかし、2016年に発売された「CL105DWN」は、「CL105DW」と吸引力は同じであるが連続使用時間が数分延長されており、重さも変わらないので、今購入するなら価格があまり変わらない「CL105DWN」を購入したほうが良いだろう。

連続使用時間以外にも改良された部分などがあり、この記事では、「CL105DW」と「CL105DWN」の違いを分かりやすく解説しよう。

.
CL105DW
カラーバリエーション
CL105DWN
カラーバリエーション
cl105dwni(アイボリー) cl105dwni(アイボリー)
CL105DWI(アイボリー) CL105DWNI(アイボリー)
cl105dwni(レッド) cl105dwni(レッド)
CL105DWR(レッド) CL105DWNR(レッド)
cl105dwnp(ピンク)
CL105DWNP(ピンク)

カラーバリエーションの違い(ピンクが新たに追加!)

2015年に発売された「CL105DW」のカラーバリエーションは、(アイボリー)と(レッド)の2色がラインナップされていた。一方、2016年に発売された「CL105DWN」は、(アイボリー)と(レッド)に加え、新たに(ピンク)が追加、3色のラインナップが用意されている。

ちなみに、「CL105DW」と「CL105DWN」のデザインはよく似ているので、本体だけ見ると見分けがつかないほどそっくりになっている。

.

CL105D専用バッテリ|196885-1

CL105DW 吸引モード CL105DWN
20分 標準 23分
10分 12分
7分 パワフル 8分

連続使用時間の違い(数分間延長されている)

新しい「CL105DWN」は、前モデルの「CL105DW」に比べると連続運転時間が少し延長されている。その差はわずか数分であるが、コードレスクリーナーで広範囲を掃除していると、あとちょっとというところで充電が切れてしまうことが多々あるので、この数分は大きいように思える。

.

cl105d-パワフルモード

CL105DW CL105DWN
長押ししているあいだ ターボモードの入れ方 一回ボタンを押すだけ

ターボモード切り替え方の違い(長押ししなくてもよくなった!)

後発に発売された「CL105DWN」は、「CL105DW」より吸込仕事率が高くなっていると思ったが、仕様が同じなので吸引力に差はない。しかし、スイッチの仕様に少し変化があるようだ。

前モデルの「CL105DW」は、ターボモードを使用する際、常にボタンを押し続けなければいけなかった。一方「CL105DWN」は、ターボモードを使用する際、ボタンを長押ししなくても、1度ボタンを押せば、ターボモードに切り替えて掃除をすることができようになっている。「CL105DW」の煩わしかった部分が解消されていて使いやすい。

.

CL105DWNI ヘッドの違い

床用ヘッドの違い(じゅうたん用ノズルDXを標準装備!)

前モデルの「CL105DW」には、これまでマキタのスティック型コードレス掃除機に採用されていた「床用ヘッド」が標準装備されている。このヘッドはフローリングのような平たい床面の掃除は得意であるが、カーペット(絨毯)のような掃除が苦手という短所があった。そのため、カーペットに絡みついた髪の毛や糸くずを集じんするためには、別販売品の「じゅうたんのずる」を装着して掃除する必要があった。

一方、新しい「CL105DWN」には、フローリングやカーペットに対応している「フロア・じゅうたんノズル」が標準装備されており、わざわざ床の種類に合わせてヘッドを付けかえる手間が必要ない。この「フロア・じゅうたんノズル」は、2016年に発売された「じゅうたん用ノズルDX」と同じ構造になっており、床との接地面にエチケットブラシが配置されているので、床をすいすいと滑らせるようにヘッドを前後に動かすことができる。従来のヘッドに比べると手にかかる負担が軽減されるのでおすすめである。

「じゅうたん用ノズルDX」のレビュー記事はこちらからどうぞ)

.
CL105DW 仕様 CL105DWN
2015年 発売日 2016年
標準:5W
強:14W
ターボ:20W
吸込仕事率 標準:5W
強:14W
ターボ:20W
標準:8分
強:12分
ターボ:23分
連続仕様時間 標準:7分
強:10分
ターボ:20分
1.0kg 本体重量 1.0kg
押し続ける ターボの入れ方 一回押すだけ
ダストバッグ:500mL
紙パック:330mL
集じん容量 ダストバッグ:500mL
紙パック:330mL
10.8V(1.3Ah) バッテリー 10.8V(1.3Ah)

まとめ

いかがだったでしょうか。「CL105DW」と「CL105DWN」の主な違いは、「連続使用時間」「ヘッド」「ターボモードの切り替え方」に違いがありました。現在、アマゾンや楽天市場で「CL105DW」と「CL105DWN」の価格を調べると、どちらも同じような価格で販売されているので、レビュー数が少なく不安だと思いますが、新しく発売された「CL105DWN」を迷わず購入したほうがお得です。

.