CL103DX-レビュー

さらにターボが強くなったマキタターボ2

2016/1/4に、『通販生活』春号がウェブサイトで発表されたというメールマガジンが届いていました。この注目新商品の中には、従来機種よりさらにパワーアップされた通販生活限定のマキタ充電式クリーナーが追加されていました。早速、注文して従来の機種(CL103DW)と比較してみた。

「従来機種:CL103DW」と「新機種:CL103DX」の違い

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
吸込仕事率 強:14W
ターボ:20W
強:16W
ターボ:27W
連続使用時間 標準:30分
強:15分
ターボ10分
標準:30分
強:15分
ターボ12分
充電時間 3時間 4時間
重量 1.3kg 1.3kg
保証期間 3年 5年
カラー  ○  ● ○
.

CL103DX-吸引力(吸込仕事率)

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
吸込仕事率 強:14W
ターボ:20W
強:16W
ターボ:27W

吸込仕事率

コードレス掃除機の吸込仕事率とは吸引力の目安となる数値なので、仕事率の数値が高いほうが吸引力が強いということになります。

通販モデルのマキタ掃除機は、「標準」「強」「ターボ」の3つの吸い込みモードに切り替えることが可能で、モードを切り替えることにより吸引力を調整することが可能です。床の掃除でよく使用する「強モード」や「ターボモード」は、従来機種より新しいモデルのほうが吸引力が強くなっていました。

特にターボモードは27Wと大幅にアップしており、他メーカーや一般販売されているマキタクリーナーの10.8Vシリーズより強くなっています。コードレス掃除機の紙パック式モデルはゴミが溜まってくると吸引力が顕著に低下するのでこのパワーアップは嬉しいですね。

ターボは押しっぱなしにしなくてもよくなった

ターボモードを搭載した従来機種「CL103DW(通販生活限定)」や比較的新しい「CL105D(一般販売)」はターボに切り替える場合はボタンを押し続けなければいけませんでした。親指で押しながら掃除をするのは女性やシニアの方にはきついものでしたが、この機種は一度ボタンを押すと押しっぱなしにしなくてもターボモードに切り替わるので楽にターボモードで掃除することができます。(good)

.

CL103DX-連続使用時間

 

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
連続使用時間 標準:30分
強:15分
ターボ10分
標準:30分
強:15分
ターボ12分

連続使用時間

新機種は従来機種よりモーターの回転数が30%アップしているので吸引力がさらに強くなっています。なので、連続使用時間が短くなるのかと思っていましたが、バッテリーの容量が2.0Ahと従来機種より0.5Ah多くなっているので、連続使用時間に差はありません。逆にターボの場合ですと2分ほど長くなっています。

当サイトで紹介しているマキタクリーナーは、バッテリーをワンタッチで外すことが可能で掃除機以外のツールにも使いまわすことができますが、電動工具等に使いまわす予定がないのであれば、この機種のターボモードは軽量タイプ級では吸引力が強い部類なので、通販生活限定のマキタ掃除機はおすすめです。

.

CL103DX-充電時間

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
充電時間 3時間 4時間

充電時間はどれくらい?

充電時間ですが、新機種は4時間と従来機種より1時間長くなっていました。使用する人や部屋の広さによりますが、「ターボ」でも約12分使用できるので、2~3部屋の掃除であれば、途中で充電が切れることはないと思います。

広範囲を掃除する場合は、バッテリーの残量が途中でなくなってしまいますので、当サイトで紹介しているバッテリーをワンタッチで取り外せるモデルのほうが向いています。予備バッテリーを購入すれば、バッテリーの残量がなくっても連続して使用することが可能ですし、充電時間も約1時間と4倍のスピードでフル充電します。

.

CL103DXの重量(重さ)

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
重量 1.3kg 1.3kg

本体重量

バッテリーの容量やモーターのパワーがアップしていますが、重量は従来機種の重さ1.3kgと変わりません。1.3kgというと1.5リットルのペットボトルより軽い重さなので、女性、子供、シニアの方でも軽々と持てる重さです。実際にヘッドを床につけて掃除をすると手にかかる重さは1.3kgより軽くなります。

.

CL103DXの保証期間

スペック CL103DW(従来機種) CL103DX(新モデル)
保証期間 3年 5年

保証期間はどれくらい?

保証期間は5年なので、従来機種より2年も長くなっています。従来機種は3年でしたが、3年でも一般販売されているモデルは1年しか効かないのでうらやましいほど長いです。修理部品の保有期間は10年間なので、万が一故障しても安心です。

バッテリーは必ず使い続けていると劣化するので、バッテリーの寿命がきて使えなくなった場合は保証対象外となります。バッテリーは単品販売されており自分で簡単に交換することが可能です。

マキタのコードレス掃除機は故障しやすいモーターヘッドを使っていませんし、モーターに負荷がかかるようなツールではないので、家庭で使用した場合は故障しにくくなっています。従来機種の故障件数が少ないから5年に引き上げたのだと思います。

.

CL103DX-床用ヘッド

倒れにくい床用ヘッド

床用ヘッドの吸い込み口は、従来機種や一般的なモデルと変わっていません。回転ブラシが備わっていないので、平たい床面の掃除は得意ですが、絨毯やラグの奥深くに入り込んだゴミや絡みついた髪の毛などをかきとる能力はありません。チープなつくりですがとても軽いので手に負担がかかりませんし、狭い場所の掃除にも最適です。

最近のマキタクリーナーはヘッドがマイナーチェンジされいるようで、ヘッドにはマキタのロゴが入り首の部分には溝があります。この機種にも改良されたヘッドが標準装備されていました。従来のマキタ掃除機は壁に立てかけていると、左右に倒れやすかったのですが、溝がストッパーの役割をするので、壁に立てかけていても左右に倒れにくくなります。掃除中に物をどかせたりしたときに立てかけておいても倒れにくくなるので便利です。

ただし、ぶつかったりするとすぐに倒れるので、人通りがおおい場所にはこのまま収納することは出来ません。本体の底面にはハンガーがついているので、壁にフックなどに引っ掛けて収納するようにします。家具と家具の間のような倒れにくい場所だと、そのまま立てかけて収納しても問題ないと思います。

.

CL103DX-本体カラー

本体カラー

従来機種はアイボリーとオレンジの2色しかありませんでしたが、新機種には新しくブラックが追加されています。今回わたしはブラックが好きなわけではないのですが、アイボリーとオレンジは持っているのでブラックを選んでみました。ブラックは小さな傷がついても目立ちやすいので、気になる方は他の色したほうがよいと思います。

通販生活ではマキタ専用のスタンドも別販売しています。ブラックだとアイボリーやオレンジの専用スタンドに合わないと思いましたが、よくみると新たにスタンドもブラックの色が追加されているようです。


開封画像

CL103DX-開封画像

掃除機が入ってるとは思えないほど軽い箱

まずはじめにマキタクリーナーを購入すると、長方形のコンパクトなダンボールが送られてきます。本当に本体が入っているのかというくらい軽さなので不安になるでしょうが安心してください、入ってます。

.

CL103DX-付属品

使用準備(付属品)

上の写真に写っているものが全てです。一般的な掃除機と同じように、本体に延長管とTノズルを装着するだけなので、年配の方でも簡単に組み立ててすぐに使うことが出来ます。

.

CL103DX-紙パック

紙パック10枚標準付属

CL103DXの集じん方式は紙パック式ですが、最初に本体に装備されているのは「不織布パック」です。これは紙パックと違い、水洗いすることにより繰り返し使えるダストパックですが、目詰まりしやすくすぐに吸引力が低下し、手入れも面倒なので紙パックに交換することをおすすめします。

基本的にマキタの掃除機には紙パックが10枚標準付属されています。この紙パック(A-48511)は一般用のマキタ掃除機と同じものなので、無くなった場合は、送料のかからないAmazonで購入したほうがお得です。もし予備の紙パックがなくなった場合は、新しいものが届くまで不織布パックを使って掃除することも出来ます。

.

CL103DX-スイッチ

スイッチの入れ方

一般販売されているマキタクリーナーはトリガースイッチのモデルがあり、このスイッチを引き続けていると指が痛くなるというレビューがちらほら見られます。このモデルのスイッチは従来機種と同じワンタッチ式なので、力のないお年寄りや女性に優しいスイッチになっています。

はじめにスイッチを入れると「強モード」になります。ボタンを繰り返し押すことにより「強モード」「ターボモード」「標準モード」の順で切り替わっていきます。「切ボタン」を押すとスイッチを切ることが出来ます。例えば「ターボモード」でスイッチを切っても、スイッチを入れるときは「強モード」から始まります。

.

CL103DX-充電方法

充電方法

従来機種と同じで側面にアダプターの差込口があるので、プラグを差し込み充電します。充電中はスイッチの近くにあるランプが点灯し、充電が完了するとランプが消えます。自動で停止するので過充電の心配はありません。

たまに4時間も充電していたら電気代がかかるのではないかという質問がくるのですが、例えばこの機種だと30分(標準)使えるようにするために、4時間もかけて充電するので、高い消費電力は求められません。地域やプランによりますが、一回の充電にかかる電気代は1~2円程度ですし、充電が完了すれば自動で停止します。

.


CL103DX-バッテリー交換方法

バッテリーの交換方法

通販生活限定のマキタクリーナーは内臓式のバッテリーなので、バッテリーの寿命が訪れて交換する際に本体をばらさなければいけないのか?と不安になる方もいると思います。しかし、誰でも簡単に取り外して交換することが出来るので、自分で交換することが可能です。

交換の仕方は本体後部にある蓋を下に向かってスライドさせます。電池を少しだけ引き出した状態にして、コネクターの爪を押しながら外します。あとはバッテリーを引き抜くだけです。新しく交換する場合は、バッテリーを差し込んでからコネクターを差し込むだけです。

バッテリーの購入方法

通販生活限定モデルなので、バッテリーは通販生活から購入することが出来ます。マキタのターボ(CL103DX)交換用充電池はこちらのページから購入することが出来ます。従来機種よりバッテリーの容量は増えていますが、5,200円なので価格は変わっていません。


まとめ

通販生活マキタ掃除機 使用感想

サブ機として最適な安価機種

一昔前のコードレス掃除機と言えばキャニスター掃除機のサブ機として使われていましたが、最近、家電メーカーが販売している高価な高級タイプコードレスクリーナーは、サブ機というよりメイン機に変わるほど、ダストピックアップ率(ゴミ除去率)があります。

通販生活限定で販売されているマキタ掃除機ーや当サイトで紹介している7.2V/10.8Vのマキタ掃除機は、高級タイプのコードレスクリーナーより吸引力が低く、ヘッドにも回転ブラシが備わっていないので、カーペットの掃除は苦手ですが、フローリングや畳のような平たい床面の掃除は得意です。

毎日、家で生活をしているとゴミが目につくシーンがあると思います。お菓子の食べこぼし、床についている埃・髪の毛・糸くず等、わざわざキャニスター掃除機をだすまでもないゴミを掃除する場合は、この安価な軽量タイプのマキタ掃除機は最適です。特に、お年寄りや主婦の方にプレゼントすると喜ばれると思います。

プレゼント

プレゼント付

通販生活では、8,640円以上の買い物をするとプレゼントがもらえます。マキタのターボ(CL103DX)は8,640円以上するので、上記の中からプレゼントを選ぶことが出来ました。プレゼントがつくかどうかはカートに入れたときに分かります。

自分は冷え性なので、「裏側アルミコーティング ソフトブランケット」を選びました。アルミシート(サバイバルシート)は非常に保温性が高く、キャンプ・登山・災害などの非常時に使用されることもあります。ボタンがついており羽織ることも可能でした。羽織るとアカズキンのようになるが肩が暖かかった。(体の熱が閉じ込められるので暖かい。)

マキタにおすすめのノズル

家具に埃がたまっていたり、家電製品に埃が付着しているのを目にしたことはありませんか?別販売品のラウンドブラシを装着すると、家具や家電を傷つけずに掃除することが出来ます。また、ブラシがゴミをかきだしてくれるので、キーボードやエアコンのフィルターのような入り組んだ場所の掃除にも最適です。

このラウンドブラシはわたしが一番よくつかうノズルです。色々なノズルが販売されていますが、一番人気が高いのでおすすめです。リョービのノズルホルダーを使用すると、延長管にノズルを収納することが出来るので、その場ですぐに交換が出来て便利です。