題名: ダイソンv6コンビネーションノズルについて

メッセージ本文:
ダイソンv6トリガーのコンビネーションノズルは延長ホースとは違うのですか?

v6parts_01

立ちながら床の掃除ができる「延長管」と「モーターヘッド」

上が〔延長管(ロングパイプ)〕と〔モーターヘッド〕です。ハンディクリーナーに装着することにより、立ちながら効率よくフロア(床)の掃除が行えます。

v6trigger_コンビネーションノズル

使用頻度が一番高い「コンビネーションノズル」

上が〔コンビネーションノズル〕です。家具・家電に付着した埃、入り組んだ場所の掃除に最適です。(ダイソン-アクセサリ一覧のまとめ

v6trigger_延長ホース

伸びーる「延長ホース」

上が〔延長ホース〕です。先端に各ノズルを装着することが出来るので、本体がつっかえてしまうような棚や車内などの狭い場所の掃除に最適です。(ダイソン-アクセサリ一覧のまとめ

.

お問い合わせ有難うございます。
V6トリガーには、標準の専用ツール「コンビネーションノズル」「スキマノズル」「ミニモーターヘッド」の3点しか付属されていないので、「延長ホース」や「フトンツール」は同梱されていません。

V6シリーズのハンディクリーナーで、「延長ホース」や「フトンツール」も同梱されているモデルは、「V6 Mattress」と「V6 Triggerpro」となります。

 

延長管を取り付けたい(ハンディクリーナーを購入した場合)

また、「V6 Mattress」「V6 Trigger」「V6 Triggerpro」はハンディクリーナーなので、「延長管(ロングパイプ)」と「モーターヘッド」も同梱されていません。なので、立ちながらフロア(床)の掃除を効率よく行えません。

V6シリーズのハンディクリーナーを購入して、「やはり床も掃除をしたい」ということで、あとから「並行輸入品の延長管」と「モーターヘッド」を購入する人が多いので、よく考えてから購入したほうがよいと思います。

上は並行輸入品のDC62の延長管(ロングパイプ)です。自己責任となりますがV6ハンディクリーナーを購入して後悔したユーザーはこの延長管を購入しています。(V6専用のロングパイプも販売されています)前モデルであるDC62用の延長管ですが、V6シリーズのラインナップにも装着することが可能です。

V6シリーズのモーターヘッド

■カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド
■ソフトローラークリーナーヘッド
■ダイレクトドライブクリーナーヘッド

この延長管に上記の3種類のモーターヘッド(回転ブラシ付き)や、ノーマルヘッドである「フラットアウトツール」や「ハードフロアツール」を装着すれば床の掃除をすることが可能です。
———————————————

モーターヘッドの特徴と種類
フラットアウトツールの特徴
ハードフロアツールの特徴
ダイソン ハンディクリーナー性能比較表